教員名 森 直子
フリガナ モリ ナオコ
所属 人間栄養学科
職位 准教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
(担当科目)公衆栄養学T・U、公衆栄養学実習、臨地実習X(保健所・保健センター実習)など
(学位) 博士(農学)
所属学会 等 日本栄養改善学会
日本栄養食糧学会
日本公衆衛生学会
腸内細菌学会
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1. 管理栄養士国家試験問題の傾向と対策(2013年度版)中野慶子・大久保岩男編 平成24年7月 アイケイコーポレーション
2. エキスパート管理栄養士養成シリーズ 公衆栄養学実習(第3版)上田伸男編 平成28年3月 化学同人
3. 栄養科学シリーズNEXT 公衆栄養学概論 友竹浩之・郡俊之編 平成28年6月 講談社
4. 干しいも事典 : 美味しさ◎栄養◎品種◎産地◎作り方◎料理◎歴史◎文化 いも類振興会編 平成28年10月 いも類振興会

(学術論文)
1. ヒト及びヒト周辺での黄色ブドウ球菌の分布と性状, 聖徳大学短期大学部研究紀要第29号(U),1996
2. Effects of various kinds of edible seaweeds in diets in the debelopment of D-galactosmaine- induced hepatitis in rats. Journal of Nutrition al Science and Vitaminology 53.315-323, 2007
3. Efffect of four kinds of edible seweed on the development of rat-D-galactosamine-induced hepatitis in relation to intestinal fermentation or its dietary fiber. Journal of Nutritional Science and Vitaminology 53.446-450, 2007
4. 色による味覚への影響, 日本味と匂学会誌, 15.429-432, 2008
5. 新潟県中越地震における地域コミュニティと子供の食環境に関する実態調査, 日本公衆衛生雑誌 56.456-462, 2009
6. 新潟県中越地震における震災直後の子供の食生活について, 日本公衆衛生雑誌 56.463-467, 2009
7. グレープフルーツおよびラベンダーの匂い刺激による生理・心理機能への影響, 日本味と匂学会誌, 2010
8. ストレスレベル別便秘傾向者に対する発酵乳の飲用効果, 栄養学雑誌 70. 3-16, 2012
9. 定期健康診断において貧血・貧血傾向と判定された女子学生の食事摂取状況について, 聖徳大学研究紀要 23. 111-119, 2012
10.干しいもの摂取が女子学生の排便に及ぼす影響, 日本食品科学工学会誌 61.144-149,2014
11.Effect of steamed and cured slices of sweetpotato intake on bowel movement.〜Regulatory Systems of Health Claims in Japan〜 NARO/KARC Sweetpotato Research Front, Vol.30, Nov.26, p.6, 2014(査読なし)
12.食品産業界における栄養士・管理栄養士の採用状況と期待される資質, 聖徳大学・聖徳大学短期大学部紀要 聖徳の教えを育む技法 第9号,2014
13.流通系企業への就職を志望する栄養士・管理栄養士課程学生を対象とした講座の試行, 聖徳大学・聖徳大学短期大学部紀要 聖徳の教えを育む技法 第9号,2014
14.Effect of probiotic and prebiotic fermented milk on skin and intestinal conditions in healthy young female students. Biosci Microbiota Food Health 35.105-112, 2016
15.Psychosocial determinants of fruit and vegetable consumption in a Japanese population. Int J Environ Res Public Health. 2016 Aug 5;13(8). pii: E786. doi: 10.3390/ijerph13080786.

(報告書)
1. 文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進」医療・福祉・健康(食・栄養)分野 職域プロジェクト「豊かな食を支えるシステムの提案と構築」報告書分担執筆 平成26年3月 

(学会発表 国内)
1. 「食品・調理器具及びヒトでの黄色ブドウ球菌の分布状況」 第43回日本栄養改善学会1996年9月 東京(昭和女子大学・東京栄養食糧専門学校)
2. 「ヒト及びヒト周辺から検出された大腸菌群」 第14回千葉県栄養士会地域活動栄養士協議会研究発表会 1998年9月 千葉(千葉県立衛生短期大学)
3. 「Pestalotipsis属糸状菌群による木質成分の利用性」 日本農芸化学会2005年3月 広島(広島大学)
4. 「D-ガラクトサミン肝障害における海藻の影響」 第59回日本栄養食糧学会 2005年5月 東京(東京農学大学)
5. 「天草の食物繊維がラットにおけるD-ガラクトサミン肝障害の発症に及ぼす影響」 第11回日本食物繊維学会学術集会 2006年11月 神奈川(関東学院大学)
6. 「デジタルカメラを用いた食事調査法の検討−第一報 食品の出現頻度について−」第54回日本栄養改善学会 2007年9月 長崎(長崎ブリックホール)
7. 「デジタルカメラを用いた食事調査法の検討−第二報 食品の重量推定について−」第54回日本栄養改善学会 2007年9月 長崎(長崎ブリックホール)
8. 「デジタルカメラを用いた食事調査法の検討−第三報 エネルギー量及び栄養素量の推定について−」 第54回日本栄養改善学会 2007年9月長崎(長崎ブリックホール)
9. 「海藻の食物繊維がラットにおけるD- ガラクトサン肝障害の発症に及ぼす影響」 第12回日本食物繊維学会学術集会 2007年11月 兵庫(クラウンプラザ神戸)
10.「新潟県中越地震における食環境実態調査 −地域社会におけるライフラインと食環境について−」第55回日本栄養改善学会 2008年9月 神奈川(鎌倉女子大学)
12.「色により味覚への影響」日本味と匂学会第42回大会 2008年10月 富山
13.「新潟県中越地震における食環境実態調査 −地域社会におけるライフラインと食環境について−」第55回日本栄養改善学会 2008年9月神奈川(鎌倉女子大学)
14.「色により味覚への影響」日本味と匂学会第42回大会 2008年10月 富山
15.「地震災害における子供の食生活について」第56回日本栄養改善学会 2009年9月 北海道(札幌コンベンションセンター)
16.「グレープフルーツおよびラベンダーの匂い刺激による生理・心理機能への影響」日本味と匂学会第43回大会 2009年9月 北海道(旭川)
17.「日本ならびに台湾都市部における保健医療系・管理栄養士養成大学に在籍する女子学生の食生活実態調査」第57回日本栄養改善学会 2010年9月 埼玉(女子栄養大学)
18.「台湾都市部地域における学生生活習慣実態調査」第57回日本栄養改善学会 2010年9月 埼玉(女子栄養大学)
19.「便秘傾向の女子学生における排便頻度と生活習慣について」第57回日本栄養改善学会 2010年9月 埼玉(女子栄養大学)
20.「便秘傾向の女子学生に対するビフィズス菌発酵乳摂取による排便頻度の改善効果」第57回日本栄養改善学会 2010年9月 埼玉(女子栄養大学)
21.「ビフィズス菌発酵乳による便秘改善効果への欠食率の影響」第57回日本栄養改善学会 2010年9月 埼玉(女子栄養大学)
22.「女子学生における貧血傾向 および貧血者の食生活の実態と 食習慣介入指導の効果」第58回日本栄養改善学会 2011年9月 広島
23.「ヘモグロビン値によって判定された貧血・貧血傾向の女子学生の栄養素等摂取状況について」第58回日本栄養改善学会 2011年9月 広島
24.「野菜摂取促進運動に対する大学生の意識ならびに大学進学前の食習慣と野菜摂取量の関係について」第58回日本栄養改善学会 2011年9月 広島
25.「女子学生におけるビフィズス菌発酵乳摂取が排便と肌に及ぼす影響-生活習慣とストレスについて-」第66回日本栄養・食糧学会 2012年5月 宮城(東北大学)
26.「貧血・貧血傾向の女子学生の自記式記入法による食事調査結果について-学科・専攻によるバイアス-」第59回日本栄養・改善学会 2012年9月 愛知(名古屋国際会議場)
27.「地産地消推進に関する教材研究〜千葉県の地場産物の認識と購買行動に関する実態調査〜」第16回千葉県学校保健学会 2012年11月 千葉(千葉大学)
28.「朝夕の食事付き学生寮に住む女子学生の体調と食事について」第60回日本栄養改善学会 2013年9月 兵庫(神戸国際会議場)
29.「児童の食に関する知識・技能の実態と栄養教諭に期待される役割」第60回日本栄養改善学会 2013年9月 兵庫(神戸国際会議場)
30.「野菜・果物の摂取行動に関する要因分析」第61回日本栄養改善学会 2014年8月 神奈川(パシフィコ横浜)31.「男女別の野菜・果物の摂取習慣摂取行動および意識について」74回日本公衆衛生学会 2015年11月 長崎(長崎ブリックホール)
31.「行動変容ステージ別の野菜・果物の摂取習慣摂取行動および意識について」74回日本公衆衛生学会 2015年11月 長崎(長崎ブリックホール)
32.「地域別の野菜・果物の摂取習慣摂取行動および意識について75回日本公衆衛生学会 2016年11月 大阪(グランフロント大阪)

(国際学会)
1. The influence of seaweed on the hepatotoxicity of D-galactosamine. 18th International congress of nutrition Nutrition Safari(ICN2005)South Africa 2005.
2. Effect of community associations and lifelines against food life in the disaster. 15th International Congress of Dietetics 2008 (ICD2008) Japan 2008.
3. Japanese regional attitudes toward food environment in the natural disaster: A survey in 2007, school children and their parents. 19th International congress of nutrition 2009 (ICN2009) Thailand 2009.
4. Effect of drink type yoghurt containing B. breve on constipation tendency in young Japanese women. Asian Congress of Nutrition 2011 (ACN2011) Singapore 2011.
5. Effect of fermented milk on defecation and skin condition in healthy young female students. Asian Congress of Nutrition 2015 (ACN2015) Japan 2015.

(受託研究)
1. 平成21年 ヤクルト本社中央研究所共同研究「便秘傾向の女子学生に及ぼすビフィズス菌発酵乳の飲用効果について」研究代表者
2. 平成22年 ヤクルト本社中央研究所共同研究「ビフィズス菌発酵乳の女子学生に対する美肌効果試験」研究代表者
3. 平成25年 文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進」医療・福祉・健康(食・栄養)分野 職域プロジェクト「豊かな食を支えるシステムの提案と構築」研究部会 分担研究者

(その他社会活動)
1. 平成 9年 千葉県栄養士会地域活動協議会役員(平成12年3月まで)
2. 平成22年 千葉県栄養士会研究教育栄養士協議会役員(平成25年3月まで)
3. 平成24年 日本栄養改善学会評議員(現在に至る)
4. 平成24年 日本栄養士会雑誌査読委員(現在に至る)
5. 平成24年 Journal of Nutritional Science and Vitaminology査読員
6. 平成29年 日本栄養改善学会理事選挙管理委員
作成日付 2017/09/06