教員名 眞壁 哲夫 写真
フリガナ マカベ テツオ
所属 文学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
経済学学士、経済学修士

研究分野と研究内容
1. 金融のグローバル化の研究
資本移動,金融危機,金融危機と経済危機

2. 「日本的経営」の研究
日本的人事,株の持ち合い,国際会計

3. 技術革新と経済発展の研究
技術革新の歴史的展開,社会システム,グローバル化

担当科目
日本経済、国際経済、金融、異文化マネジメント
所属学会 等 平成18年11月 「大学コンソーシアム柏」(事務局・柏市)オブザーバー
平成19年12月 同上会員(現在に至る)

平成23年 政治社会学会に参加
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(学術論文)
1.「現代ビジネス学科のインターンシップ−現状と課題 」共著 平成18年12月 聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第1号,
「「キャリア教育」の試み」共著 平成19年12月、聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第2号,
 「「キャリア教育」の試みU・・・マンション購入擬似体験」共著 平成20年12月、聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第3号,
 「「キャリア教育」の試みV・・・ライフプラン設計」共著 平成21年12月、聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第4号
 「「キャリア教育」の試みW・・・改めて「基礎力」の充実を」共著 平成23年2月、聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第5号
 「「キャリア教育」の試みX・・・原点に戻って」共著 平成24年2月、聖徳大学・聖徳大学短期大学部発行『聖徳の教え育む技法』第6号

(発表)
1. Proceedings on “ International Conference on Contemporary issues in Financial Markets and Accounting “ 共著 平成17年年10月 台南女子技術学院

(その他の論文)
1. 日本長期信用銀行『調査月報』151に「電力業の設備投資と資金調達」を発表、 昭和52年 9月。
2. 日本長期信用銀行『調査特報』に「石油精製・販売業の企業間格差とガソリン販売力」を発表、 昭和52年 9月。
3. 日本長期信用銀行『長銀レポート』109に「アメリカのエネルギー政策と国際緊張」を発表。 昭和52年10月。
4. 毎日新聞社『エコノミスト』に「脱石油の政治経済学−ナショナリズムと産業構造転換」を発表、 昭和52年11月。
5. 日本長期信用銀行『調査特報』に「日本経済の中期ビジョン」を共同で発表、 昭和53年 7月。
6. (財)中東経済研究所『現代中東研究』VOL.1-3に「世界経済と中東の工業化」を発表、 昭和53年 7月。
7. (財)機械振興協会経済研究所『中東地域の自動車市場に関する特定研究調査報告書』に「経済開発の動向」を発表、昭和54年3月
8. 日本長期信用銀行『エネルギー室情報』1に「最近の石油情勢について」を発表、 昭和54年 5月。
9. オーム社『エネルギー読本』に、「石炭利用の経済性と問題点」を発表、 昭和57年 2月。
10. (社)金融財政事情研究会『週刊金融財政事情』第39巻第17号に「独自の経済戦略に基いた銀行行動が要請されている」を発表、昭和63年 5月。
11. (財)エンジニアリング振興協会『エンジニアリングを取り巻く環境変化と21世紀への課題』に
「世界の資金動向の変化、世界のファイナンス状況の変化」を発表、平成 5年 3月。
12. North -Holland社とthe Center for Japan-U.S. Business and Economic Studies,Leonard N. Stern School of Business,
New York Universityが発行しているJapan and the World Economy, vol.11(1999)pp.157-158で ”Policy Paper New trends in International Banking”を発表。
13.(株)日本金融通信社『月刊 金融ジャーナル』平成23年11月号に「日本経済復興への新たな道と金融」を発表。
作成日付 2014/07/28