教員名 笹嶋 明 写真
フリガナ ササジマ アキラ
所属 情報処理教育センター
職位 准教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
「社会学的アプローチによる会計研究」
キーワード:機能主義、社会理論、構造化理論
商学修士
所属学会 等 昭和59年 9月 日本会計研究学会会員(現在に至る)
昭和60年 1月 日本経営分析学会会員(現在に至る)
昭和62年10月 日本簿記学会会員(現在に至る)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(教材)
1. (共著)氏原茂樹編著『会計学の基礎』税務計理協会 平成10年 4月10日
2. (共著)内山力編著『企業金融の会計』国文館 平成 2年 7月16日
3. 簿記講義用の問題プリント 昭和63年 4月〜
4. 『経済学特論』の講義用レジュメ 平成10年 4月〜
5. 『複式簿記入門』の講義用レジュメ 平成13年 2〜 3月
6. 『管理会計論』の講義用レジュメ 平成 6年 4月〜

(著書)
1. 企業金融の会計 共著 平成 2年 7月 同文館出版
2. 経営分析と経営情報 共著 平成 9年 3月 同文館出版
3. 会計学の基礎 共著 平成10年 4月 税務計理協会

(学術論文)
1. 会計基準設定プロセスの枠組み 単著 昭和57年11月 創価大学大学院紀要第4集pp.1〜19
2. 経営者の会計選択に影響する諸要素 単著 昭和58年11月 創価大学大学院紀要第5集pp.1〜18
3. 利益戦略における会計政策の有効性 単著 昭和61年 9月 星稜女子短期大学星稜論苑第7号pp.143〜158
4. 実証会計理論研究の問題点と方向 単著 平成 4年 3月 七尾短期大学七尾論叢第4号pp.65〜72
5. 管理会計研究における構造化理論の有効性の再検討 単著 平成19年12月 聖徳大学研究紀要人文学部第18号pp.9〜16
6. IASB/FASBの収益認識モデル案の再検討 単著 平成27年3月 聖徳大学研究紀要聖徳大学第25号pp.83〜90
7. コンピュータ環境下における実務指向の簿記教育についての一考察 単著 平成28年3月 聖徳大学研究紀要聖徳大学第27号pp.59〜65
作成日付 2017/09/26