教員名 横井 克彦 写真
フリガナ ヨコイ カツヒコ
所属 人間栄養学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
(専門分野)
微量栄養素学(微量・超微量元素を含むミネラルとビタミンの栄養学・栄養生理学)
特に、亜鉛、鉄、ニッケル、錫、ルビジウム、ビタミンB6等を対象としている。

(研究内容)
@超微量元素の必須性と生理作用(特に、ニッケル、ルビジウム等)
A微量栄養素(亜鉛、鉄、ビタミンB6等)の過不足が生理・心理的機能へ及ぼす影響
B微量栄養素の生体利用性と必要量
C微量栄養素ならびに生理活性物質分析法の開発
D集団データに基づく栄養素必要量の推定

(担当科目)
[学部生活文化学科]
人体構造機能学、栄養生理学実験、卒業論文指導

[大学院人間栄養学研究科人間栄養学専攻]
博士前期課程
微量栄養素学特論、栄養学史特論、研究計画法特論、人間栄養学総合講義、人間栄養学総合演習、演習、課題研究、修士論文指導
博士後期課程
微量栄養素学特殊研究、演習、博士論文指導

(学位)
博士(医学)
所属学会 等 International Society for Trace Element Research in Humans
International Association of Bioinorganic Scientists
American Society for Nutrition
American Physiological Society
日本栄養・食糧学会:参与
日本微量元素学会:評議員
日本ビタミン学会
日本衛生学会
日本公衆衛生学会

(学会および社会における活動)
昭和62年 日本栄養・食糧学会編集幹事(平成 2年まで)
平成 7年 Journal of Trace Elements in Experimental Medicine(Official Journal of the International Society for Trace Element Research in Humans国際微量元素学会)編集委員(平成 8年まで)
平成10年 第六次改定日本人の栄養所要量策定検討会ワーキンググループメンバー、無機質(ミネラル)担当(平成11年まで)

平成14年 7月 独立行政法人国立健康・栄養研究所 DRIプロジェクトワーキンググループ委員(平成16年 3月まで)
平成14年 8月 日本微量元素学会 微量元素摂取・投与基準検討委員会委員(平成17年6月まで)
平成15年 9月 日本人の栄養所要量−食事摂取基準−策定検討会ワーキンググループ構成員(平成16年3月まで)
平成17年 5月 日本栄養・食糧学会 平成18・19年度 参与に再任 (平成16・17年度 参与)
平成17年 7月 日本微量元素学会 第6期 評議員(任期3年)
平成17年 7月 日本微量元素学会 栄養ならびに毒性評価委員(任期3年)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(教材)
1. 公衆衛生学講義レジュメ(音羽病院看護学校) 昭和63年〜平成元年
2. 公衆衛生学実習書(京都大学医療短期大学部) 昭和63年〜平成 6年
3. 栄養生理学実験レジュメ(聖徳大学人文学部)平成14〜18年

(著書)
1. 「生体内金属元素(糸川嘉則、五島孜郎編集)」、第8章 新しい必須微量元素の模索 分担執筆(単著) 平成6年 東京:光生館, 1994, pp. 133-148. 著者:横井克彦
2. Chapter 2. Influence of vitamins on metal ion absorption and excretion. In “Berthon G ed.: Handbook on Metal-Ligand Interactions in Biological Fluids. Vol.1”, 分担執筆(共著) 平成7年 New York, Basel, Hong Kong: Marcel Dekker, Inc., 1995, pp. 437-444. 著者:Yokoi K, Sandstead HH
3. 「ミネラルの事典(糸川嘉則編集)」、第13章ルビジウム 分担執筆(単著) 平成15年 東京:朝倉書店 2003, pp. 421-428. 著者:横井克彦
4. 「ミネラルの事典(糸川嘉則編集)」、第3章銅 分担執筆(単著) 平成15年 東京:朝倉書店 2003, pp. 248-265. 著者:横井克彦
5. Nutritional Aspects of Metals & Trace Elements. In: Encyclopedia of Inorganic Chemistry, Second Edition. 分担執筆(単著) John Wiley and Sons, Ltd., West Sussex, UK. 2005: pp 3725-3732.
著者:Yokoi K
6. 「食品衛生検査指針(理化学編)」第1章 食品成分 7.無機質 (2)個々のミネラルの測定法 Gモリブデン分析法 分担執筆(単著)東京:社団法人 日本食品衛生協会 2005. Pp.191-193. 著者:横井克彦
7. 「生命元素の事典(桜井 弘編)」、2.3.7. ルビジウム Rb 分担執筆(単著) 東京:オーム社, 2006. Pp.155-158. 著者:横井克彦
8. 「栄養・食糧学データハンドブック(日本栄養・食糧学会編)」、第9章 食事摂取基準. 東京:同文書院, 2005. Pp.278-322 分担執筆(共著) 著者:五十嵐脩、石田裕美、梅垣敬三、江崎治、岡野登志夫、奥恒行、柏崎浩、金子佳代子、岸恭一、木戸康博、久保田恵、小林修平、柴田克己、瀧本秀美、伊達ちぐさ、田中茂穂、田中平三、玉井浩、戸谷誠之、外山健二、西牟田守、早川享志、藤田美明、升重正一、松下佳代、山田和彦、山本茂、横井克彦、吉池信男、由田克士、吉田宗弘、渡邊敏明(五十音順)

(学術論文)
1. 尿中錫の水素化物加熱原子化による高感度定量法 共著 昭和62年 日衛誌42:881〜886
2. 鉄欠乏ラットにおける生体内ミネラル類の変動 共著 昭和63年 微量栄養素研究5:43〜50
3. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理による生体内ミネラル類の動向−その2,微量元素欠乏飼料飼育ラットの生体内鉄、銅濃度および血液学検査値について 共著 昭和63年 JJPEN 10:393〜398
4. ラットにおけるTPN施行時の銅の動態 共著 昭和63年 栄養アセスメント5:167〜170
5. 臍帯血漿中ビタミンK類濃度 共著 昭和63年 栄養アセスメント5:62〜64
6. 胎盤におけるマグネシウムと他のミネラル類の分布 共著 昭和63年 マグネシウム7:9〜14
7. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理による生体内ミネラル類の動向−その1,微量元素欠乏飼料飼育ラットの生体内亜鉛、マンガン、T3、T4濃度について 共著 昭和63年 JJPEN 10:387〜392
8. マンガン投与量、投与経路の違いによるラット生体内濃度について 共著 昭和63年 微量栄養素研究5:51〜56
9. 輸液用微量元素薬剤(鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素)投与ラットの生体内マグネシウム濃度−とくにMn濃度の影響についての考察− 共著 昭和63年 マグネシウム7:111〜116
10. ラットにおけるTPN施行時の亜鉛の動態 共著 昭和63年 栄養アセスメント5:171〜174
11. ラットにおけるTPN施行時のMgおよびCaの動態 共著 昭和63年 栄養アセスメント5:175〜178
12. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理による生体内ミネラル類の動向−その3,微量元素欠乏飼料飼育ラットの生体内マグネシウムおよびカルシウム濃度について 共著 昭和63年 JJPEN 10:399〜405
13. Determination of tin in biological samples by gaseous hydride generation-atomic absorption spectrometry. 共著 昭和63年 Recent Progress in Trace Nutrients Research(Trace Nutrients Research 4)1988:133〜138
14. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理によるラット生体内ミネラル類の動向−鉄、銅濃度および血液学検査値について 共著 平成元年 JJPEN 11:441〜446
15. 完全静脈栄養時の必須微量元素補給効果−微量元素欠乏ラットにおける効果− 共著 平成元年 日衛誌44:831〜838
16. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理によるラット生体内ミネラル類の動向−亜鉛、マンガン濃度について 共著 平成元年 JJPEN 11:436〜440
17. マンガン投与量、投与経路の違いによるラット脳内マンガン濃度 共著 平成元年 日衛誌44:667〜672
18. Thiamin及びthiamin tetrahydrofurfuryl disufideの経皮吸収 共著 平成元年 ビタミン63:621〜625
19. 鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素補給TPN栄養管理によるラット生体内ミネラル類の動向−マグネシウム及びカルシウム濃度について 共著 平成元年 JJPEN 11:447〜451
20. 完全静脈栄養用微量元素製剤投与によるラット生体内微量元素含量の変動 共著 平成元年 日衛誌44:887〜893
21. 完全静脈栄養の施行時および離脱後におけるラット生体内微量元素の動態 共著 平成元年 栄養アセスメント6:225〜228
22. 必須微量元素を補給した完全静脈液投与によるラット生体内微量元素含量の変動 共著 平成元年 日衛誌43:1140〜1148
23. Magnesium,calcium and other minerals in placenta. 共著 平成元年 The Fifth International Magnesium Symposium.Kyoto,August 1988.Magnesium Research 1989;2:90〜91.
24. Effects of total parenteral nutrition containing essential trace elements on magnesium-calcium ratio in cardiac tissue of rats. 共著 平成元年 The Fifth International Magnesium Symposium.Kyoto,August 1988.Magnesium Research 1989; 2:21〜22.
25. ラットにおける銅欠乏時のミネラル栄養状態 共著 平成 2年 微量栄養素研究7:125〜130
26. Effect of dietary tin-deficiency on growth and mineral status in rats. 共著 平成 2年 Biol. Trace Elem. Res. 23:223〜231
27. Determination of tin in biological samples using gaseous hydride generation-inductively coupled plasma atomic emission spectrometry. 共著 平成 2年 Anal.Biochem.191:71〜77
28. 飼料中鉄・銅不足がラットの鉄または銅の栄養状態に与える影響 共著 平成 2年 Biomed. Res. Trace Elements 1:109〜110
29. Miniature hydride generator system for inductively coupled plasma-atomic emission spectrometry. 共著 平成 2年 Fresenius'J. Anal. Chem. 336:423〜424
30. 心房性ナトリウム利尿ペプチドの頭蓋内圧に対する効果−先天性水頭症ラットによる検討 共著 平成 2年 脳神経42:638〜687
31. セルロース、パラチノース及びパラチノース縮重合物投与時のラットの組織中ビタミンB1濃度に及ぼす影響 共著 平成 2年 ビタミン64:659〜663
32. パラチノースおよびパラチノース縮重合物がラットの生体内ミネラルバランスに及ぼす影響 共著 平成 2年 栄食誌43:127〜131
33. ラット生体内マグネシウム及びその他ミネラルへのゲルマニウム投与の影響 共著 平成 2年 マグネシウム9:50〜59
34. マグネシウム−セレニウム欠乏ラットにおけるミネラルとグルタチオンペルオキシダーゼ活性の変化について 共著 平成 2年 Biomed. Res. Trace Elements 1:111〜112
35. Effect of dietary iron-deficiency on mineral levels in rats. 共著 平成 3年 Biol. Trace Elem. Res.29:257〜265
36. Determination of nonheme iron using inductively coupled plasma-atomic emission spectrometry. 共著 平成 3年 Biol. Trace Elem. Res. 31:265〜279
37. 鉄−銅欠乏ラットの血液生化学性状について 共著 平成 3年 微量栄養素研究8:23〜28
38. 水素化物発生−誘導結合アルゴンプラズマ発光分析法によるゲルマニウム測定条件の検討 共著 平成 3年 Biomed. Res. Trace Elements 2:91〜92
39. マグネシウム及びその他ミネラルの母子間移行 共著 平成 3年 JJSMgR 10:55〜59
40. ストレス反応のカルシウム欠乏による増悪化 共著 平成 3年 Biomed. Res. Trace Elements 2:93〜94
41. マグネシウム欠乏ラットの生体内ミネラルバランスに及ぼす鉄摂取量の影響 共著 平成 3年 JJSMgR 10:19〜27
42. ストレスの栄養条件(カルシウムおよびマグネシウム欠乏)による修飾 共著 平成 3年 Therapeutic Research 12:2759〜2773
43. 低蛋白質、低カルシウム栄養による生体内ミネラル・アンバランス 共著 平成 3年 微量栄養素研究8:151〜155
44. Prospective Overview(to K. Takaki:On the cause and prevention of kak'ke[Transactions of the SEI-I-KWAI,1885;39(Suppl.4):29-37]) 共著 平成 4年 Nutrition 8:382〜384
45. パラチノースおよびパラチノース縮重合物摂取がラットの組織中の各種無機元素含量に及ぼす影響 共著 平成 4年 栄食誌45:49〜54
46. 鉄摂取量の違いによるマグネシウム欠乏ラットの血清生化学性状の変化 共著 平成 4年 JJSMgR 11:70〜80
47. ストレスによるカテコールアミン、セロトニンおよびその代謝物の変化とカルシウム欠乏の影響 共著 平成 4年 Therapeutic Research 13:2526〜2530
48. Application of inductively coupled plasma-mass spectrometry for determination of biological half life of plasma zinc in humans. 共著 平成 4年 Proceedings of First National Conference on Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry. Philadelphia,Pennsylvania,USA. 1992:17〜23.
49. ICP質量分析法による血漿亜鉛消失速度定数の測定 共著 平成 5年 Biomed. Res. Trace Elements 4:59〜60
50. ラットにおける錫欠乏 共著 平成 5年 微量栄養素研究10:145〜149
51. A gel filtration high-performance liquid chromatographic method for determination of hepatic and renal metallothionein of rat and in comparison with the cadmium-saturation method. 共著 平成 5年 Biol. Trace Elem. Res. 36:183〜190
52. Determination of the plasma zinc disappearance constant using stable zinc isotope and inductively coupled plasma-mass spectrometry,and its application for assessing zinc status. 共著 平成 6年 Biomed. Res. Trace Elements 5:69〜76

53. Iron and zinc nutriture of premenopausal women:Associations of diet with serum ferritin and plasma zinc disappearance,and of serum ferritin with plasma zinc and plasma zinc disappearance. 共著 平成 6年 J. Lab. Clin. Med. 124:852〜61
54. 低ルビジウム飼料摂取がラットの微量元素栄養状態に及ぼす影響. 共著 平成 6年 微量栄養素研究11:157〜160
55. 低ルビジウム飼料摂取がラットの組織中主要ミネラル濃度に及ぼす影響. 共著 平成 6年 栄食誌47:295〜299
56. 電子メイルを用いた遠隔地分散型健康管理データベースマネジメントシステムの開発. 共著 平成 6年 Japan Unix Society News Letter Summer pp.22〜28
57. Mild zinc deficiecny in sideropenic women. 共著 平成 6年 In Wahlqvist,M.L.,Truswell,A.S.,Smith,R.and Nestel,P.J.(Ed.):Proceedings of the XV International Congress of Nutrition:IUNS Adelaide.Nutrition in a Sustainable Environment. September 26th-October 1,1993. Smith-Gordon,London,UK/Nishimura,Niigata,Japan,1994,pp.913〜914.
58. Antagonistic relationships between minerals. 共著 平成 6年 In:Somogyi JC,Itokawa Y,ed.Antinutrients.Proceedings of the Workshop Held in the XV International Congress of Nutrition,September 30,1993,in Adelaide,Australia.In:Nutrition/Ernaerung 18;Supplement 1.1994 pp.9〜10.
59. Change of stress response in calcium-deficient rats. 共著 平成 6年 In Wahlqvist,M.L.,Truswell,A.S.,Smith,R.and Nestel,P.J.(Ed.):Proceedings of the XV International Congress of Nutrition:IUNS Adelaide.Nutrition in a Sustainable Environment. September 26th-October1,1993. Smith-Gordon,London,UK/Nishimura,Niigata,Japan,1994,pp.883〜884.
60. 成人女子の微量元素栄養の問題点 単著 平成 6年 Biomed. Res. Trace Elements 5:125〜126,1994
61. Iron,zinc and copper levels in different tissues of clinically vitamin A-deficient rats. 共著 平成 7年 Biol. Trace Elem. Res. 49:75〜84
62. Effect of vitamin A deficiency on iron,zinc,copper and manganese status in rats. 共著 平成 7年 Biomed. Trace Elem. Res. 6:189〜190
63. Highly sensitive and simple liquid chromatographic determination in plasma of vitamin B6 and its derivatives, especially pyridoxal-5'-phosphate. 共著 平成 7年 In:Hatano H,Tanai T,ed.Proceeding to the International Symposium on Chromatography. The 35th Anniversary of the Research Group on Liquid Chromatography in Japan. Yokohama,Japan. January 22-25,1995.Singapore:World Scientific Publishing Co.,1995,pp.111〜117.
64. Effect of low dietary rubidium on plasma biochemical parameters and mineral levels in rats. 共著 平成 8年 Biol. Trace Elem. Res. 51:199〜208
65. Highly sensitive and simple liquid chromatographic determination in plasma of B6 vitamers,especially pyridoxal-5'-phosphate. 共著 平成 8年 J. Chromatogr. A 722:295〜301
66. Tissue manganese levels and liver pyruvate carboxylase activity in magnesium-deficient rats. 共著 平成 8年 Biol. Trace Elem. Res. 52:171〜179
67. Iron accumulation in tissues of magnesium deficient rats with dietary iron overload. 共著 平成 8年 Experimental hemochromatosis model. Biol. Trace Elem. Res. 51:177〜197
68. Neurological disorder and excessive accumulation of calcium in brain of clinically vitamin A deficient rats. 共著 平成 8年 Biol.Trace Elem. Res. 53:57〜64
69. Effect of age and dietary protein level on tissue mineral levels in female rats. 共著 平成 8年 Biol. Trace Elem. Res. 54:55〜74
70. カドミウム曝露ウサギに見られた赤血球浸透圧脆弱性の変化 共著 平成 9年 Biomed. Trace Elem. Res. 8:305〜306
71. 錫およびルビジウムの必須性に関する研究 単著 平成 9年 日本栄養・食糧学会誌50:15〜20,1997. 総説
72. Simplified pretreatment method for the analysis of plasma samples applicable to zinc kinetics and inductively coupled plasma-mass spectrometry. 共著 平成11年 Biol. Trace Elem. Res. 68:143〜158
73. クロム・モリブデンの栄養評価について 共著 平成11年 栄養評価と治療16(2):229〜233,1999. 解説
74. クロム・モリブデン 単著 平成11年 臨床栄養95:712〜715,1999. 解説
75. 鉄 単著 平成11年 臨床栄養95:593〜596,1999. 解説
76. Marginal dietary pyridoxine and supplemental dietary homocystine and methionine affect the response of the rat to nickel deprivation. 共著 平成12年 In:Metals Ion in Biology and Medicine,vol.6,Eds. J.A. Centeno,Ph. Collery,G. Vernet,R.B. Finkelman,H. Gibbs and J.C. Etienne. Paris,France:John Libbey Eurotext,2000,pp.525〜527.
77. クロム、モリブデンの生理機能と栄養としての意義−最近の知見 単著 平成12年 JJPEN 22:165〜169,2000. 総説
78. Use of bioimpedance spectroscopy to estimate body water distribution in rats fed high dietary sulfur amino acid. 共著 平成13年 J. Nutr. 131:1302〜1308
79. Colorimetric determination of chloride in biological samples by using mercuric nitrate and diphenyl carbazone. 単著 平成14年 Biol. Trace Elem. Res. 85(1):87〜94
80. Selenium deprivation in Fisher-344 rats results in decreased plasma and tissue homocysteine concentrations and altered plasma homocysteine and cysteine redox status. 共著 平成14年 J. Nutr. 132:1122〜1128,2002
81. The essential role of nickel affects physiological functions regulated by the cyclic-GMP signal transduction system. 共著 平成14年 Metal Ions in Biology and Medicine 7,Eds. L. Khassanova,Ph. Collery,I. Maymard,Z. Khassanova,J.-C. Etienne.Paris,France:John Libbey Eurotext,2002,:29〜33
82. Nickel deficiency diminishes sperm quantity and movement in rats. 共著 平成15年 Biol. Trace Elem. Res. 93: 141-154, 2003.
83. Numerical methods for estimating iron requirements from population data. 単著 平成15年 Biol. Trace Elem. Res. 95: 155-172, 2003.
84. 超微量元素の栄養について 単著 平成15年 食生活学会誌13:226-231, 2003 総説
85. Association between plasma zinc concentration and zinc kinetic parameters in premenopausal women 共 平成15年 Am. J. Physiol. Endocrinol. Metab. 285(5): E1010-E1020, 2003.
86. ミネラルの生理機能(2)−微量元素― 単著 平成15年 ILSI Japan75: 4-16, 2003. 総説
87. 微量元素の機能 単著 平成15年 ソフト・ドリンク技術資料2003年1号 67-77. 総説
88. Zinc deficiency decreases plasma erythropoietin concentration in rats. 共著 印刷中 Biol Trace Elem Res 107(3):289-292, 2005. 著者:Konomi A and Yokoi K
89. Effects of zinc and/or iron deficiency on rectal temperature in rats. 共著 Biol Trace Elem Res 109:49-54, 2006. 著者:Konomi A and Yokoi K
90. 宅配糖尿病治療食のミネラル含有量の検討.共著 臨床栄養 108(3):329-334,2006. 著者:星野徳子、横井克彦
91. 鉄・亜鉛の単独および同時欠乏が血漿中各種ミネラル濃度に与える影響.Biomed. Res. Trace Elements 18(3): 2007 (印刷中). 著者:許斐亜紀、横井克彦
92. 集団データに基づくミネラル必要量の推定. Biomed. Res. Trace Elements 18(3): 2007 (印刷中). 著者:横井克彦
93. Association between zinc pool sizes and iron stores in premenopausal women without anaemia. Br J Nutr 2007 (印刷中). 著者:Katsuhiko Yokoi1, Harold H. Sandstead, Norman G. Egger, Nancy W. Alcock, V. M. Sadagopa Ramanujam, Hari H. Dayal, and James G. Penland.


(学会発表)
1. Determination of tin in biological samples by gaseous hydride generation-atomic absorption spectrometry. 共 昭和62年 Recent Progress in Trace Nutrients Research. Fourth Symposium on Trace Nutrients Research 31 October,1987.Kyoto,Japan. 国際会議サテライト
2. 鉄欠乏ラットにおける生体内ミネラル類の変動 共 昭和63年 第5回微量栄養素研究会シンポジウム 1988年4月30日 京都センチュリーホテル
3. マンガン投与量、投与経路の違いによるラット生体内濃度について 共 昭和63年 第5回微量栄養素研究会シンポジウム1988年4月30日 京都センチュリーホテル
4. Magnesium,calcium and other minerals in human placenta. 共 昭和63年 Fifth Internatonal Magnesium Symposium,August 8-12,1988.Kyoto International Conference Hall,Kyoto,Japan. 国際会議
5. Effects of total parenteral nutrition containing essential trace elements on magnesium- calcium ratio in cardiac tissue of rats. 共 昭和63年 Fifth International Magnesium Symposium,August8-12,1988. Kyoto International Conference Hall,Kyoto,Japan. 国際会議
6. Mineral status in tin deficient rats. 共 平成元年 The 14th International Congress of Nutrition,August 20-25,1989.Seoul,Korea.[Abstracts p.476] 国際会議
7. Effects of palatinose and its condensate on mineral concentrations of tissues in rats. 共 平成元年 The 14th International Congress of Nutrition,August 20-25,1989.Seoul,Korea.[Abstracts p.568] 国際会議
8. Effect of iron deficiency on mineral status in rats. 共 平成元年 The 14th International Congress of Nutrition,August 20-25,1989.Seoul,Korea. [Abstracts p.475] 国際会議
9. Determination of tin in biological samples by inductively coupled plasma emission spectrometry using gaseous hydride generation. 共 平成元年 Second Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans. August 28-September 1,1989.Tokyo,Japan.[J. Tr. Elem. Exper. Med. 2:92,1989] 国際会議
10. Effects of palatinose and palatinose condensate feeding on mineral contents of tissues in rats. 共 平成元年 Second Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans. August 28-September 1,1989.Tokyo,Japan.[J. Tr. Elem. Exper. Med. 2:89,1989] 国際会議
11. Effects of subacute germanium drinking on health status in rats. 共 平成元年 Second Meeting of the International Society for Trace Element Research in Humans. August 28-September 1,1989.Tokyo,Japan. [J. Tr. Elem. Exper. Med. 2:137,1989] 国際会議
12. ラットにおける鉄及び銅欠乏時のミネラル栄養状態 共 平成 2年 第60回日本衛生学会 1990年4月1日 博田 九州大学[日本衛生学雑誌45:282,1990]
13. パラチノースおよびパラチノースの縮重合物がラットの組織中ミネラル濃度に与える影響 共 平成 2年 第60回日本衛生学会 1990年4月2日 博田 九州大学[日本衛生学雑誌45:307,1990]
14. ゲルマニウム負荷ラットにおけるカルシウムの動向 共 平成 2年 第24回関西カルシウム懇話会 1990年4月21日 大阪 新阪急ビルレストランパレス
15. ラットの健康状態に及ぼすゲルマニウム摂取の影響 共 平成 2年 第44回日本栄養・食糧学会 1990年5月10日 仙台 東北大学
16. ラットにおける銅欠乏時のミネラル栄養状態 共 平成 2年 第7回微量栄養素研究会 1990年5月14日 京都センチュリ−ホテル
17. ラットにおける鉄欠乏時の銅栄養状態 共 平成 2年 第13回栄養アセスメント研究会 1990年5月19日 大阪ロイヤルNCB会館
18. 飼料中鉄・銅不足がラットの鉄または銅の栄養状態に与える影響 共 平成 2年 第1回日本微量元素学会 1990年6月28日 東京 日大会館 [Biomed. Res. Trace Elements 1:109〜110,1990]
19. マグネシウム−セレニウム欠乏ラットにおけるミネラルとグルタチオンペルオキシダーゼ変化について 共 平成 2年 第1回日本微量元素学会 1990年6月28日 東京 日大会館Biomed. Res. Trace Elements 1: 111〜112,1990
20. ラットにおけるゲルマニウム中毒の病態 共 平成 2年 第12回日本中毒研究会 1990年7月20,21日 久留米石橋文化センター
21. 腎機能低下を伴うゲルマニウム中毒患者のゲルマニウム蓄積と排泄 共 平成 2年 第12回日本中毒研究会1990年7月20,21日久留米 石橋文化センター
22. 母体から胎児へのCu・その他ミネラルの移行の検討 共 平成 2年 第29回日本栄養・食糧学会近畿支部大会 1990年10月6日 神戸 神戸女子大学
23. 鉄および銅の栄養評価に関する実験的検討 共 平成 2年 第49回日本公衆衛生学会 1990年11月7-9日徳島 徳島市中央公民館
24. マグネシウム及びその他のミネラルの母子間移行 共 平成 2年 第10回日本マグネシウム研究会 1990年11月29日東京虎の門パストラル
25. マグネシウム欠乏ラットの生体内ミネラルバランスに及ぼす鉄摂取量の影響 共 平成 2年 第10回日本マグネシウム研究会 1990年11月29日東京虎の門パストラル
26. ラットのミネラル栄養状態に及ぼすゲルマニウムの影響 共 平成 2年 環境科学会1990年会 1990年11月30日 東京 虎の門パストラル
27. Mineral status in iron and copper deficient rats. 共 平成 3年 The 6th Asian Congress of Nutrition,September 16-19,1991.Putra World Trade Center,Kuala Lumpur,Malaysia. 国際会議
28. Thiamin,exercise & circadian rhythm (human study). 共 平成 3年 The 6th Asian Congress of Nutrition,September 16-19,1991.Putra World Trade Center,Kuala Lumpur,Malaysia. 国際会議
29. Effects of iron intake on mineral imbalance in magnesium deficient rats. 共 平成 3年 The First International Congress on "Vitamins and Biofactors in Life Science",September 16-20,1991,Kobe,Japan. 国際会議
30. Blood biochemical parameters in aged multiparous female rats. 共 平成 3年 The 4th Asia/Oceania Congress of Gerontology,October 31-November 3,1991.Yokohama,Pacifico Yokohama,Japan. 国際会議
31. Survey of blood mineral concentrations and nutritional status of patients admitted in a geriatric hospital. 共 平成 3年 The 4th Asia/Oceania Congress of Gerontology,October 31-November 3,1991.Yokohama,Pacifico Yokohama,Japan. 国際会議
32. 誘導結合プラズマ発光分析によるラット肝臓中非ヘム鉄の定量 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
33. カルシウム及びその他ミネラルの母児間移行 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
34. 長距離ランナーの尿中チアミン排泄 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
35. 難消化性糖類(パラチノース及びパラチノース縮重合物)がラットの生体内微量元素レベルに及ぼす影響 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
36. 生活排水に関する意識調査 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
37. マグネシウム欠乏ラットにおける鉄沈着の鉄過剰摂取による増悪 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
38. ストレスの栄養条件による修飾−カルシウム、マグネシウム欠乏の影響− 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
39. 低蛋白質、低カルシウム栄養による生体内ミネラルアンバランス 共 平成 3年 第61回日本衛生学会 1991年4月2-4日 京都
40. 鉄および銅欠乏がラットの肝臓中非ヘム鉄濃度に及ぼす影響 共 平成 3年 第45回日本栄養・食糧学会総会 1991年5月10-12日京都
41. 遠赤外線放射セラミック被覆釜が炊飯米の粘弾性と食味に及ぼす効果 共 平成 3年 第45回日本栄養・食糧学会総会 1991年5月10-12日京都
42. ”ふりかけ”中ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム含有量の検討 共 平成 3年 第45回日本栄養・食糧学会総会 1991年5月10-12日京都
43. 鉄−銅欠乏ラットの血液生化学性状について 共 平成 3年 第8回微量栄養素研究会1991年5月14日 京都 センチュリーホテル
44. ストレス反応のカルシウム欠乏による増悪化 共 平成 3年 第1回日本微量元素学会総会 1991年7月4-5日 大阪 オオサカサンパレス
45. Interaction between iron and copper in rats. 共 平成 4年 International Society for Trace Element Research in Humans Third International Conference and NTFES Fourth Nordic Conference on Trace Elements in Health and Disease. May 25-29,1992.Stockholm (Huddinge),Sweden.[Abstracts P50] 国際会議
46. Iron accumulation in liver of rats fed magnesium deficient and iron intake-Hemochromatosis model-International Society for Trace Element Research in Humans 共 平成 4年 Third International Conference and NTFES Fourth Nordic Conference on Trace Elements in Health and Disease. May 25-29,1992.Stockholm (Huddinge),Sweden [Abstracts P19] 国際会議
47. Application of inductively coupled plasma-mass spectrometry for determination of biological half life of plasma zinc in humans. 共 平成 4年 First National Conference on Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry. September 19-20,1992.Philadelphia,Pennsylvania,USA.[Abstracts pp.17〜23]
48. Association of iron and zinc status. 共 平成 4年 IAEA Regional Seminar,Isotope Tracers in Human Nutrition Research,November 16-20,1992.Hyderabad,India. 国際会議
49. Association of iron and zinc status. 共 平成 5年 The Southern Society for Clinical Investigation. February 3-4,1994.New Orleans,LA,USA.[Clinical Research 1993;41:756A] 米国学会
50. Association of iron and zinc status. 共 平成 5年 Experimental Biology 93,March 30,1993.New Orleans,Louisiana,USA.[FASEB Journal 1993;7:A274 (#1591)] 米国学会
51. ルビジウムがラットの組織中ミネラル濃度並びに血清生化学検査値に及ぼす影響. 共 平成 5年 第47回日本栄養・食糧学会総会 1993年5月15-17日 東京 日本都市センター 全共連ビル [講演要旨集 196,1993]
52. ICP質量分析法による血漿亜鉛消失速度定数の測定 共 平成 5年 第4回日本微量元素学会1993年7月3,4日 栃木 自治医科大学研修センター
53. Mild zinc deficiecny in sideropenic women. 共 平成 5年 5th International Congress of Nutrition,September 26-October 1,1993.Adelaide,Australia. 国際会議
54. Change of stress response in calcium-deficient rats. 共 平成 5年 15th International Congress of Nutrition,September 26-October 1,1993.Adelaide,Australia. 国際会議
55. Antagonistic relationships between minerals. 共 平成 5年 Antinutrients.The Workshop Held in the XV International Congress of Nutrition,September 30,1993.Adelaide,Australia. 国際会議
56. Interrelationship between iron and copper metabolism in rats. 共 平成 5年 34th Annual Symposium of American College of Nutrition. October 8-11,1993.Holiday Inn-Mart Plaza,Chicago,IL,USA.[American College of Nutrition 1993;12:589] 米国学会
57. 鉄と亜鉛栄養状態の関連. 共 平成 6年 第4回日本疫学会 1994年1月26-27日 仙台 市民会館
58. 米国女性における鉄欠乏症と軽度亜鉛欠乏症の併発−ICP質量分析計の栄養学への応用 共 平成 6年 第64回日本衛生学会 1994年4月6-7日 金沢市 文化ホール
59. 老齢雌ラットの血液生化学性状 共 平成 6年 第48回日本栄養食糧学会総会 1994年5月13-15日 福岡 中村学園大学
60. 低カルシウム−低マグネシウム食摂取ラットの血液生化学性状について 共 平成 6年 第48回日本栄養食糧学会総会 1994年5月13-15日 福岡 中村学園大学
61. 低ルビジウム飼料摂取がラットの微量元素栄養状態に及ぼす影響 共 平成 6年 第11回微量栄養素研究会 1994年5月17日 京都 センチュリーホテル
62. 成人女子における微量元素栄養の問題点 単 平成 6年 第5回日本微量元素学会シンポジウム:食物からの微量元素摂取と健康科学1994年6月2-3日 熊本 メルパルク熊本
63. ビタミンA欠乏ラットの鉄、亜鉛、銅栄養状態 共 平成 6年 日本ビタミン学会第46回大会 1994年6月9-10日 神戸 国際会議場
64. ラットにおける錫欠乏 共 平成 6年 第10回微量栄養素研究会 1994年6月23-24日 京都 センチュリーホテル
65. ラットの鉄、銅、亜鉛栄養状態へのビタミンA欠乏の影響 共 平成 6年 日本レチノイド研究会第5回学術集会 1994年11月11日東京 渋谷 日本薬学会 長井記念会館
66. 低タンパク食とカルシウム代謝 共 平成 6年 第33回関西カルシウム懇話会 1994年11月12日 大阪 大阪大林ビル
67. 幼若ラットにおけるマグネシウム代謝への低タンパク−低カルシウム食の影響 共 平成 6年 第14回日本マグネシウム研究会総会 1994年11月19日 東京 東京農業大学
68. Highly sensitive and simple liquid chromatographic determination in plasma of vitamin B6 and its derivatives,especially pyridoxal-5'-phosphate 共 平成 7年 International Symposium on Chromatography. The 35th Anniverary of the Research Group on Liquid Chromatography in Japan. January 22-25,1995.Pacifico Yokohama,Yokohama,Japan. 国際会議
69. 悪性新生物死亡率と環境要因の関連 共 平成 7年 第5回日本疫学会 1995年1月26-27日 大阪 日本生命中之島研修所[Supplement to Journal of Epidemiology,vol.5.No.1,1995:358]
70. Effect of low-rubidium diet on mineral status in rats. 共 平成 7年 Second International Congress on Vitamins and Biofactors in Life Science (ICVB),February 16-19,1995.Sheraton Harbor Island Resort,San Diego,California,USA. 国際会議
71. Determination of B6 vitamers in plasma by simple isocratic high-performance liquid chromatography with pre-column derivatization. 共 平成 7年 Second International Congress on Vitamins and Biofactors in Life Science (ICVB),February 16-19,1995.Sheraton Harbor Island Resort,San Diego,California,USA. 国際会議
72. 食道がん死亡率と環境要因の関連 共 平成 7年 第65回日本衛生学会総会 1995年3月29-31日 愛知県豊明市 藤田保健衛生大学医学部
73. 脂質代謝異常を伴った肥満ラットの選択. 共 平成 7年 第65回日本衛生学会総会 1995年3月29-31日愛知県豊明市 藤田保健衛生大学医学部
74. Effect of low rubidium diet on tissue mineral levels in rats. 共 平成 7年 Experimental Biology 95.April 9-13,1995.Atlanta,GA,USA. 米国学会
75. Effect of magnesium deficiency on iron metabolism in rats. 共 平成 7年 Experimental Biology 95.April 9-13,1995.Atlanta,GA,USA. 米国学会
76. Calcium and manganese concentrations in different tissues of clinically vitamin A deficient rats. 共 平成 7年 第12回微量栄養素研究会シンポジウム 1995年5月23日 京都 センチュリーホテル
77. 亜鉛欠乏ラットにおけるアンギオテンシン変換酵素活性の変化 共 平成 7年 第6回日本微量元素学会 1995年7月17-18日 東京 日本都市センター [Biomed. Trace Elem. Res. 6:287〜288,1995]
78. Effect of vitamin A deficiency on iron,zinc,copper and manganese status in rats. 共 平成 7年 第6回日本微量元素学会 1995年7月17-18日 東京 日本都市センター
79. Application of nonlinear models to estimate zinc requirements of rats. 共 平成 7年 Fourth International Congress of the International Society for Trace Element Research in Humans.September 25-28,1995.Taormina,Italy. [J. Tr. Elem. Exper. Med. 8:128 (A-127),1995] 国際会議
80. Secondary manganese deficiency and liver pyruvate carboxylase activity in magnesium deficient rats. 共 平成 7年 Fourth International Congress of the International Society for Trace Element Research in Humans. September 25-28,1995.Taormina,Italy.[J.Tr.Elem.Exper.Med.8:88 (A-50),1995] 国際会議
81. 阪神大震災における生活用水の水質と災害時の水利用に対する考察 共 平成 7年 環境科学会1995年会 1995年10月2-4日
82. Application of hydride evolution-inductively coupled plasma emission spectrometry for measuring germanium. 共 平成 7年 The 7th Asian Congress of Nutrition. October 6-11,1995.Beijing,China. 国際会議
83. 阪神大震災直後の被災地における飲料水、生活用水、浴槽水の水質について 共 平成 7年 第54回日本公衆衛生学会総会 1995年10月12-14日 山形県民会館
84. 満および高中性脂肪血症をともなったWistar系ラット 共 平成 7年 第17回日本臨床栄養学会 1995年11月3-4日 東京 日本都市センター[日本臨床栄養学会雑誌 17:102,1995]
85. ラットの栄養状態への自由運動の影響(低マグネシウム栄養との関連) 共 平成 7年 健康科学会 1995年11月11日 東京
86. リボフラビン欠乏ラットのCa、Mgの栄養状態 共 平成 7年 第15回日本マグネシウム研究会 1995年11月18日 鹿児島城山観光ホテル
87. Comparison of tri-exponential and truncated models in plasma zinc (Zn) kinetics. 共 平成 8年 The Meeting of the Central Society for Clinical Research,September 19-21,1996.Drake Hotel,Chicago,IL,USA.[Journal of Investigative Medicine 1996;44:355A] 米国学会
88. A convenient approach to determine the rapidly exchangeable zinc pool in humans. 共 平成 8年 The American College of Nutrition.37th Annual Meeting,October 11-13,1996.Cathedral Hotel,San Francisco,CA,USA.[American College of Nutrition 1996;15:530 (Abstract 60)] 米国学会
89. 亜鉛安定同位体を用いた人体における交換性亜鉛プールの定量 共 平成 9年 第67回日本衛生学会総会1997年4月2-5日東京[日衛誌 1997;52(1):107].
90. Mathematical models for 24-hour and 9-day kinetics in humans. Poster (#2355) 共 平成 9年 Presented at the Experimental Biology 97,New Orleans,LA,April 6-9,1997.[FASEB Journal 1997;11(3):A407] 米国学会
91. Relationship between body composition and rapidly exchangeable zinc pool in humans. Poster (#2358) 共 平成 9年 Presented at the Experimental Biology 97,New Orleans,LA,April 6-9,1997.[FASEB Journal 1997;11(3):A407] 米国学会
92. Simplified pretreatment method for plasma samples applicable to zinc kinetic studies. 共 平成 9年 Poster (#2354) Presented at the Experimental Biology 97,New Orleans,LA,April 6-9,1997.[FASEB Journal 1997;11(3):A407] 米国学会
93. カドミウム曝露ウサギに見られた赤血球浸透圧脆弱性の変化. 共 平成 9年 第8回日本微量元素学会 1997年7月23-24日 東京[抄録集 p.113 (P-II-2)].[Biomed. Trace Elem. Res. 8:305〜306,1997]
94. The exchangeable zinc pool size relates to lean body mass (LBM) and skeletal muscle mass (SMM) in humans. 共 平成 9年 Poster presented at the Meeting of the American Society of Clinical Nutrition 97.[American Journal of Clinical Nutrition 1997;66(1):212 (A51)] 米国学会
95. 血漿亜鉛中キレート化亜鉛画分の意義 −特に、人体亜鉛動態解析への応用− 共 平成10年 第68回日本衛生学会総会1998年3月23-27日岡山 [日衛誌 1998;53(1):309].
96. Measurement of plasma chelatable zinc for zinc kinetic studies in humans.Poster (#1268) 共 平成10年 Presented at the Experimental Biology 98,San Francisco,CA,April 18-22,1998.[FASEB Journal 1998;12(4):A217] 米国学会
97. Polyatomics in zinc isotope ratio analysis of plasma samples by ICP-MS and applicability of nonextracted samples for zinc kinetics. 共 平成10年 Poster (#1269) Presented at the Experimental Biology 98,San Francisco,CA,April 18-22,1998.[FASEB Journal 1998;12(4):A217] 米国学会
98. The intake of micronutrients influences zinc kinetic parameters. 共 平成10年 Poster (#1282) Presented at the Experimental Biology 98,San Francisco,CA,April 18-22,1998.[FASEB Journal 1998;12(4):A219] 米国学会
99. Chelatable zinc as a nutritional indicator of zinc. Minisymposium (Abstract Number 438.1) 共 平成11年 Presented at the Experimental Biology 99,Washington,DC,April 17-21,1999.[FASEB Journal 1999;13(4):A544] 米国学会
100. Determination of the rapidly exchangeable zinc pool in humans by a random urine specimen. Poster (Abstract Number 448.3) 共 平成11年 Presented at the Experimental Biology 99,Washington,DC,April 17-21,1999.[FASEB Journal 1999;13(4):A569] 米国学会
101. Estimation of body water by impedance spectroscopy (BIS) I rats fed methionine or homocystine. Poster (Abstract Number 354.4) 共 平成12年 Presented at the Experimental Biology 2000,San Diego,CA,USA,April 15-18,2000.[FASEB Journal 2000;14(4):A497] 米国学会
102. Dietary homocystine induces renal damage in rats. 共 平成12年 Minisymposium (Abstract Number 559.5) Presented at the Experimental Biology 2000,San Diego,CA,USA,April 15-18,2000.[FASEB Journal 2000;14(4):A796] 米国学会
103. Dietary nickel alters the response of rats to deficient dietary pyridoxine,and to high dietary homocystine or methionine. 共 平成12年 Poster (Abstract Number 373.9) Presented at the Experimental Biology 2000,San Diego,CA,USA,April 15-18,2000.[FASEB Journal 2000;14(4):A539] 米国学会
104. Marginal dietary pyridoxine and supplemental dietary homocystine and methionine affect the response of the rat to nickel deprivation. 共 平成12年 Presented at the Sixth International Symposium on Metal Ions in Biology and Medicine,San Juan,Purto Rico,USA,May 7-10,2000.[Scientific Program and Book of Abstracts PL-135,2000]. 国際会議
105. Supplemental sulfur amino acids (SAA) affect pyridoxine metabolism. 共 平成12年 Oral (Abstract Number 8) Presented at the 32nd Great Lakes 2000 Regional Meeting,American Chemical Society,Fargo,North Dakota,USA,June 4-6,2000.[Program and Abstracts of Presentation,2000,p.17] 米国学会
106. Malapropos risk assessment of some supposedly harzardous mineral elements could have deterimental economic and health consequences. 共 平成12年 Oral (Abstract Number 9) Presented at the 32nd Great Lakes 2000 Regional Meeting,American Chemical Society,Fargo,North Dakota,USA,June 4-6,2000.[Program and Abstracts of Presentation,2000,p.17] 米国学会
107. Nickel deficiency induces renal damages and hypertension in rats which is augmented by sodium chloride. Poster (Abstract Number 747.11) 共 平成13年 Presented at the Experimental Biology 2001,Orlando,FL,USA,March 31-April 4,2001.[FASEB Journal 2001;15(5):A973] 米国学会
108. Dietary nickel deprivation decreases sperm motility and evokes hypertension in rats. 共 平成13年 Poster (Abstract Number 747.10) Presented at the Experimental Biology 2001,Orlando,FL,USA,March 31-April 4,2001.[FASEB Journal 2001;15(5):A972] 米国学会
109. Dietary sulfur amino acids and nickel deprivation affect the distribution of vitamin B6 vitamers in rats. 共 平成13年 Poster (Abstract Number 747.12) Presented at the Experimental Biology 2001,Orlando,FL,USA,March 31-April 4,2001.[FASEB Journal 2001;15(5):A973] 米国学会
110. Selenium deprivation decreases the activity of liver betaine homocysteine methyltransferase in rats. Poster (Abstract Number 744.18) 共 平成13年 Presented at the Experimental Biology 2001,Orlando,FL,USA,March 31-April 4,2001.[FASEB Journal 2001;15(5):A969] 米国学会
111. 超微量元素に関する最近の知見 -ニッケルを中心として 単 平成13年 第68回(社)日本栄養・食糧学会関東支部大会シンポジウム「食品中の微量成分が生体に与える影響に関する最近の知見」2001年10月20日 千葉県松戸市 聖徳大学[議事録1〜5頁]
112. Relationships between plasma zinc and zinc kinetic parameters in premenopausal women. 共 平成14年 Presented at the Experimental Biology 2002,New Orleans,LO,USA,April 20-24,2002. 米国学会
113. The essential role of nickel affects physiological functions regulated by the cyclic-GMP signal transduction system. 共 平成14年 The 7th International Symposium on Metal Ions in Biology and Medicine. May 5-9,2002,Saint Petersburg,Russia. 国際会議
114. ジフェニルカルバゾンを用いる尿中塩素イオン濃度の比色定量法 単 平成14年 第56回日本栄養・食糧学会 2002年7月19-21日札幌 北海道大学高等教育機能開発総合センター
115. Associations between iron (Fe)and zinc (Zn)status. 共 平成15年 2003 International Nutritional Anemia Consultative Group (INACG) Symposium. Marrakesh,Morocco. February 6,2003.[Abstract Th-62,2003:32] 国際会議
116. Associations between iron and zinc nutriture in premenopausal women 共 2003 Experimental Biology 2003,San Diego,CA,USA,April 11-15,2003. 米国学会
117. Mathematical model for estimating iron requirements from population data 単 平成15年 4月 Experimental Biology 2003,San Diego,CA,USA,April 11-15,2003. 米国学会
118. 集団データに基づく栄養素必要量の推定 単 平成15年 5月17〜19日 第57回日本栄養・食糧学会大会、福岡国際会議場
119. 低カルシウム・高脂肪食が起こす脂質代謝異常 共 平成15年 5月17〜19日 第57回日本栄養・食糧学会大会、福岡国際会議場
120. Nickel deficiency alters eye mitochondrial morphology and impairs brightness discrimination of rats 共 平成16年 Experimental Biology 2004, Washington, D. C., USA, April 17-21,2004 米国学会
121. Use of oral contraceptives alters zinc kinetic parameters in women 共 平成16年 Experimental Biology 2004, Washington, D. C., USA, April 17-21,2004.
122. Interactions of zinc and iron in body temperature control and iron metabolism of rats 共 平成16年 Experimental Biology 2004, Washington, D. C., USA, April 17-21,2004. 米国学会
123. ラットにおけるロイシン過剰摂取による健康障害 共 平成16年 第50回日本栄養改善学会学術総会、岡山県倉敷市川崎医療福祉大学、平成15年9月16〜18日[栄養学雑誌2003;61(5),263, 2H-13p (第50回日本栄養改善学会学術総会講演集)]
124. 糖尿病治療食中ミネラルの定量 共 平成16年 第58回日本栄養・食糧学会大会、仙台市東北大学川内北キャンパス、平成15年5月21〜23日[第58回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2004;2H-14a]
125. ラットにおける鉄と亜鉛の相互作用 共 平成16年 第58回日本栄養・食糧学会大会、仙台市東北大学川内北キャンパス、平成15年5月21〜23日[第58回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2004;2D-5a]
126. 1日おき絶食がラットの健康状態に及ぼす影響 共 平成16年 第58回日本栄養・食糧学会大会、仙台市東北大学川内北キャンパス、平成15年5月21〜23日[第58回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2004;2D-1a]
127. 亜鉛サプリメント摂取は血清亜鉛濃度を正常化する 共 平成16年 日本食品化学学会第10回 総会・学術大会 豊中市 千里ライフサイエンスセンター2004年6月17日〜18日 [日本食品化学学会第10回 総会・学術大会講演要旨集 2004;65 (一般演題30)] 著者:服部加奈子、幸泉智英、村上和也、許斐亜紀、横井克彦
128. 学習能力と貧血傾向との関連 共 平成16年 日本教育心理学会第46回総会 富山市 富山大学2004年10月9日〜11日 著者:鈴木由美、横井克彦、江指隆年
129. Zinc and iron nutriture of premenopausal women and essentiality for cognition. 共 平成16年International Society For Trace Element Research In Humans (ISTERH), Seventh International Conference, Nov. 7-12, 2004. Shangri-La Hotel, Bangkok, Thailand. [J. Tr. Elem. Exper. Med. 17:266 (12.33), 2004] 著者:Sandstead H, Yokoi K, Penland J, Egger N, Ramanujam VMS, Alcock N, and Dayal H国際会議
130. Effect of zinc and iron deficiency on rectal temperature and iron parameters in rats. 共 平成16年International Society For Trace Element Research In Humans (ISTERH), Seventh International Conference, Nov. 7-12, 2004. Shangri-La Hotel, Bangkok, Thailand. [J. Tr. Elem. Exper. Med. 17:189 (1.12), 2004] 著者:A. Konomi, and K. Yokoi. 国際会議
131. Influences on biochemical and sexual functions of zinc supplementation in men. 共 平成16年International Society For Trace Element Research In Humans (ISTERH), Seventh International Conference, Nov. 7-12, 2004. Shangri-La Hotel, Bangkok, Thailand. [J. Tr. Elem. Exper. Med. 17:190 (1.14), 2004] 著者:T. Koizumi, K. Hattori, K. Murakami, A. Konomi, and K. Yokoi K国際会議
132. 食品中鉄の生体利用性−ピュアココアとホシヒジキ− 共 平成17年 第59回日本栄養・食糧学会大会、東京都世田谷区 東京農業大学、平成17年5月13〜15日 著者:横井克彦、小田木美喜、許斐亜紀
133. 銅欠乏に伴う脂質代謝異常は飼料中カルシウムによって影響される共 平成17年 第16回日本微量元素学会大会、京都市 京都大学百周年時計台記念館、平成17年6月30〜7月1日 著者:横井克彦、栗橋加苗、許斐亜紀
134. 糖尿病治療食によるミネラル給与量の検討共 平成17年 第59回日本栄養・食糧学会大会、東京都世田谷区 東京農業大学、平成17年5月13〜15日 著者:星野徳子、横井克彦
135. 鉄・亜鉛の単独および同時欠乏が血漿中各種ミネラル濃度に与える影響共 平成17年 第59回日本栄養・食糧学会大会、東京都世田谷区 東京農業大学、平成17年5月13〜15日 著者:許斐亜紀、横井克彦
136. 脂肪摂取とカルシウム摂取量の差異が雌性ラットに及ぼす影響 共 平成17年 第59回日本栄養・食糧学会大会、東京都世田谷区 東京農業大学、平成17年5月13〜15日 著者:横山芽衣子、齋藤美幸、飯塚優、高橋佳奈、中嶋洋子、横井克彦、江指隆年
137. 亜鉛欠乏は血漿中エリスロポエチン濃度を低下させる 共 平成17年 第17回日本微量元素学会大会、 京都市 京都大学百周年時計台記念館、平成17年6月30〜7月1日 著者:許斐亜紀、横井克彦
138. 亜鉛摂取による血清亜鉛濃度の正常化と精液中亜鉛損失への影響 共 平成17年 第17回日本微量元素学会大会、京都市 京都大学百周年時計台記念館、平成17年6月30〜7月1日 著者:幸泉智英、服部加奈子、村上和也、許斐亜紀、横井克彦
139. Intra-individual variability of menstrual iron loss in young Japanese women. 共 平成17年 Experimental Biology 2005, San Diego, USA, April 2-6, 2005. 著者:K. Yokoi, and Y. Konuma米国学会
140. A preliminary report: effect of supplemental beef product on cognitive performance in premenopausal women. 共 平成17年 Experimental Biology 2005, San Diego, USA, April 2-6, 2005. 著者:K. Yokoi, Y. Suzuki, A. Konomi and T. Esashi 米国学会
141. Body water distribution, plasma erythropoietin concentration and hematological parameters in zinc and/or iron deficient rats. 共 平成17年 Experimental Biology 2005, San Diego, USA, April 2-6,2005. [FASEB J 18:A93-A94, 2004. (Abstract 98.3)] 著者:Aki Konomi, Katsuhiko Yokoi 米国学会
142. Relatively Higher Plasma Pyridoxal 5'-Phosphate Concentration in Young Women Taking No Supplements Associated with More Complaints in Mood and Feeling Patterns.
共 平成17年 International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors. IUBMB Symposium No. 344 Comprising the 4th International Symposium on Vitamin B6, PQQ, Carbonyl Catalysis and Quinoproteins and the 4th International Congress on Vitamins and Related Biofactors. Nov. 6-11, 2005. Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji, Hyogo, Japan. 著者:T. Sawada and K. Yokoi. 国際学会
143. Plasma aldosterone concentration depressed by iron deficiency in rats. 共 平成18年 Experimental Biology 2006, San Francisco Moscone Convention Center, San Francisco, USA, April 1-5, 2006. [FASEB J 20:A193, 2006. (Abstract 140.12)] 著者:Aki Konomi, Katsuhiko Yokoi 米国学会
144. Low calcium diet alters liver lipid concentrations in copper-deficient rats. 共 平成18年 Experimental Biology 2006, San Francisco Moscone Convention Center, San Francisco, USA, April 1-5, 2006. [FASEB J 20:A1066-1067, 2006. (Abstract 672.6)] 著者:K. Yokoi, K. Kurihashi, A. Konomi 米国学会
145. カルシウム欠乏がコレステロール代謝に及ぼす影響. 共 平成18年 第60回日本栄養・食糧学会大会、静岡県静岡市 静岡コンベンションアーツセンター グランシップ 静岡県立大学、平成18年5月19〜21日[第60回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2006;285. 3D-5a]
146. 鉄欠乏性貧血に伴う低血圧では血漿中アルドステロン濃度が低下している. 共 平成18年 第60回日本栄養・食糧学会大会、静岡県静岡市 静岡コンベンションアーツセンター グランシップ 静岡県立大学、平成18年5月19〜21日[第60回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2006;334. 3G-2p] 著者:許斐亜紀、横井克彦
147.銅・カルシウム欠乏がラットの血漿および肝臓中ミネラル濃度に及ぼす影響. 共 平成18年 第60回日本栄養・食糧学会大会、静岡県静岡市 静岡コンベンションアーツセンター グランシップ 静岡県立大学、平成18年5月19〜21日[第60回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2006;186. 2H-10p] 著者:横井克彦、栗橋加苗、許斐亜紀
148. 集団データに基づくミネラル必要量の推定. 単 平成18年 第17回日本微量元素学会大会、 静岡県静岡市 静岡コンベンションアーツセンター グランシップ、平成18年7月12〜7月14日 [Yokoi K. Mathematical approach to estimate mineral requirements from population data. Biomed Res Trace Elem 17(2):168, 2006] 著者:横井克彦
149. Influences on biochemical and sexual functions of zinc supplementation in men. 共 平成19年 The Third Health Psychology in Asia. A cultural collage towards a future perspective, Sep. 1-2, 2007, Center for Scholarly Information, Waseda University, Tokyo, Japan. 著者:T. Sawada and K. Yokoi 国際会議
150. 亜鉛安定同位体によるヒトの亜鉛代謝解析の検討. 共 平成19年 第24回微量栄養素研究会シンポジウム 2007年6月7日 京都市 京都リサーチパーク [講演要旨集 15頁] 著者:横井克彦
151. 鉄・亜鉛の単独および同時欠乏が生体に及ぼす影響. 共 平成19年 第24回微量栄養素研究会シンポジウム. 2007年6月7日 京都市 京都リサーチパーク [講演要旨集 16頁] 著者:許斐亜紀、横井克彦
152. ヒジキの摂取が生体に及ぼす有害作用. 共 平成19年 第61回日本栄養・食糧学会大会、京都府京都市 京都国際会議場 平成19年5月18〜20日[第60回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2007] 著者:横井克彦、許斐亜紀、小田木美喜
153. ミセル化酸化亜鉛と未処理酸化亜鉛の生体利用効率の比較. 共 平成19年 第18回日本微量元素学会大会、福井県国際交流会館、平成19年7月5〜7月6日[Biomed. Trace Elem. Res. 18(2):170, 2007] 著者:Katsuhiko Yokoi, Aki Konomi, Yasutaka Sugiyama, Noboru Sakaguchi, and Lekh Raj Juneja.
154. 亜鉛欠乏が造血に及ぼす影響. 共 平成19年 第61回日本栄養・食糧学会大会、京都府京都市 京都国際会議場 平成19年5月18〜20日[第61回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2007] 著者:許斐亜紀、横井克彦
155. 用量の異なるルビジウムの給与がラットの組織中ルビジウム濃度に及ぼす影響. 共 平成19年 第61回日本栄養・食糧学会大会、京都府京都市 京都国際会議場 平成19年5月18〜20日[第61回日本栄養・食糧学会大会講演要旨集2007] 著者:松原由佳、許斐亜紀、横井克彦
156. ラットにおける亜鉛の用量反応関係. 共 平成19年 第18回日本微量元素学会大会、福井県国際交流会館、平成19年7月5〜7月6日[Biomed. Trace Elem. Res. 18(2):169, 2007] 著者:Aki Konomi, Lekh Raj Juneja, and Katsuhiko Yokoi
157. ルビジウム欠乏が血漿クレアチニン及びルビジウム濃度に及ぼす影響. 共 平成19年 第18回日本微量元素学会大会、福井県国際交流会館、平成19年7月5〜7月6日[Biomed. Trace Elem. Res. 18(2):184, 2007] 著者:Yuka Matsubara, Aki Konomi, and Katsuhiko Yokoi
158. Dose response relationship between dietary zinc and body weight gain in rats: Curve analysis by Fisher’s model. 共 平成19年 Experimental Biology 2007, Washington DC Convention Center, Washington, DC, USA, April 28-May 2, 2007. 著者:Katsuhiko Yokoi, Aki Konomi 米国学会
159. Zinc deficiency depresses red cell production in rats. 共 平成19年 Experimental Biology 2007, Washington DC Convention Center, Washington, DC, USA, April 28-May 2, 2007. [FASEB J 21:A171, 2007. (Abstract)] 著者:Aki Konomi, Katsuhiko Yokoi 米国学会

(訳書)
1. 最新栄養学(第6版)-専門領域の最新情報-Part VI.Chapter 27.鉄 分担執筆(単著) 平成 3年 建帛社(東京)pp.369〜383
2. 最新栄養学(第6版)-専門領域の最新情報-Part VI.Chapter 29.銅 分担執筆(単著) 平成 3年 建帛社(東京)pp.398〜407
3. 最新栄養学(第6版)-専門領域の最新情報-Part VI.Chapter 32.マンガン 分担執筆(単著) 平成 3年 建帛社(東京)pp.426〜437
4. 最新栄養学(第8版) 鉄 分担執筆(単著) 平成14年 7月 建帛社(東京)
5. 最新栄養学(第9版) 銅 分担執筆(単著) 建帛社(東京)(印刷中)
作成日付 2017/10/01