教員名 ジョナサン バーマン 写真
フリガナ ジョナサン バ-マン
所属 短大 総合文化学科
職位 講師
学位
専門分野
研究内容
担当科目
Computer Aided Language Learning(Call), Phonetics, Esp

1. Computer Aided Language Learning(Call),Phonetics,Esp
Computer,Phonetics,Call,Esp

言語学修士
所属学会 等 平成 6年 TESOL(英語教師協会)会員(現在に至る)
平成 9年 JALT(全国語学教育学会)会員(現在に至る)
平成 9年 JACET(大学英語教育学会)会員(現在に至る)
平成12年 Computer Language Learning Association
平成15年 English Phonetics Transcription Association
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(教材)
1.アカデミックリスニング・スピーキングT
2.アカデミックリスニング・スピーキングU
3.アカデミックライティングT
4.アカデミックライティングU
5.会話V
6.発音
7.テクニカルライティングU
8.テクニカルリーデングT
9.テクニカルリーディングU

(学術論文)
1. A phonological study of voiceless alveolar and velar stops in Down’s Syndrome.(ダウン症患者における無声歯茎音と円唇軟口蓋音の音韻学的研究) 単著 平成 7年 ERIC Document Reproduction Service No.ED 385 105
2. A Discussion on the Phonological Acquisition of Language.(言語の音韻の習得におけるディスカッション) 単著 平成 7年 The Dong-A University Academic Language Educational Research Journal.pp.355〜365
3. Teaching ESL at a Korean University(韓国の大学でのESLの生徒の指導経験) 単著 平成 7年11月 The Dong-A Herald. Dong-A University,p.9
4. What every Student Should Know about English.(すべての学生が英語について知るべきこと) 単著 平成 8年 3月 The Dong-A Herald, Dong-A University,p.30
5. The INTERNET: A vision of its future in academia.(インターネット:学術的な世界での将来のビジョン) 単著 平成 8年 5月 The Dong-A Herald, Dong-A University,p.19Pusan,Korea.
6. Recognition of voiceless fricatives by Japanese L2 Learners.(日本人学習者による、無声摩擦音の認識) 共著 平成 9年 3月 Proceedings of the Acoustical Society of Japanpp.127〜128
7. Perception of English Voiceless Fricatives By Native Speakers of Japanese(日本人ネイティブによる英語の無声摩擦音の感知) 共著 平成 9年 3月 NEW SOUNDS 97:Proceedings of the Third International Symposium on the Acquisition of Second Language Speech.pp.186〜195
8. Using the Web for Reading and Discussing Issues.(リーディングとディスカッションのためのweb利用法) 単著 平成 9年 9月 The proceedings of JACET 36th Annual Conventionpp.430〜432.Tokyo:JACET
9. ‘Stop,Look,Listen’: Some advice for professors.(立ち止まれ、見よ、聞こう:教授のためのアドバイス) 共著 平成10年 6月 KoTESOL Journal. Volume2,Issue 4.p.12
10. Medical Ethics: The Essential Need for Communication.(医学倫理:コミュニケーションのために最も重要なもの) 共著 平成10年10月 Located at NHK Website.
11. A Study in the Aptitude of Down’s Syndrome Voiceless Alveolar and Velar Stops(ダウン症患者の無声歯茎音と円唇軟口蓋音の学習能力の研究) 単著 平成11年 Center for Language Research Reviewpp.101〜113
12. What do Corporations Need from the University? An Analysis of English Skills Needed by Computer Specialists in Seven Major Companies in Japan.(企業は大学に何を求めているのか、日本の7つの主要な企業での、コンピュータースペシャリストにより求められる、英語力の分析) 共著 平成12年10月 Technical Report of The University of Aizu.
13. Identification of English voiceless fricatives by Japanese listeners: The influence of Vowel context on sensitivity and response bias.(日本人リスナーによる英語無声音摩擦音確認) 共著 平成13年 Acoustical Science and Technology22(5)pp.334〜343
14. “Emulation:Definition、Discussion、and Debate”(エミュレーション:定義つけ、ディスカッションとディベート) 単著 平成14年 Proceedeings of the Digital and Academic Liberty of Information
作成日付 2017/10/01