教員名 野上 遊夏 写真
フリガナ ノガミ ユカ
所属 児童学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
家庭科教育法

修士(教育学)
所属学会 等 日本家政学会
日本衣服学会
日本家庭科教育学会
日本教育情報学会
日本保育学会
日本子ども家庭福祉学会
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(教材)
1. 通気性の簡便測定法の開発 平成 7年 9月
(著書)
1.教職入門- 共著 平成19年 4月 萌文書林
2.若者がまちを創る 共著 平成20年 3月 聖徳大学生涯学習研究所(悠雲社)
3.少子社会の子どもと生活環境ー少子社会における地域システムの研究 共著 平成20年 3月 聖徳大学生涯学習研究所(ぎょうせい)
4.小学校家庭科教育研究 共著 平成21年 1月 学芸図書
(学術論文)
1. 衣服間空気層の測定女子児童の場合 共著 平成 7年 3月 日本衣服学会誌第38巻 2号pp.43〜52
2. 家庭科教育における衣服地の含気率簡便測定法 共著 平成 7年10月 日本衣服学会誌第39巻 1号pp.43〜49
3. 漁労従事者の作業衣服に関する基礎資料 共著 平成 7年12月 東京学芸大学紀要第6部門 第47集pp.39〜56
4. 衣服間空気層に関する研究(修士論文) 単著 平成 8年 2月 東京学芸大学大学院
5. 近世以降の文学作品におけるコルセット着用に関する被服衛生学的考察 -16〜20世紀初頭の男性作家と女性作家の表現上の比較- 共著 平成17年 3月 日本衣服学会誌48-2
6.学童期の食事環境が大学生の食習慣・心身の健康におよぼす影響 共著 平成18年 聖徳大学人文学部研究紀要第17号
7.親子の集いの場【ピッコロ】における実践 共著 平成20年 5月(刊行予定)聖徳大学学術フロンティア叢書
8.幼稚園教員養成における教育実習プログラム改革に関する取り組みー学生によるポスターセッションの実施事例 共著 平成20年12月 聖徳の教え育む技法,No.3
9.幼児の通園靴に対する保護者の消費者意識,聖徳大学児童学研究所紀要,平成19年 3月
10.文学作品にみられる纏足の描写−身体拘束に対する意識の変化について−,共著 平成19年 3月 日本衣服学会誌51-2
11.幼児教育実習事前指導プログラムの改善−学生チューターによる実習生支援の取り組み−,共著 平成21年12月 聖徳の教え育む技法No.4
(口頭発表)
1.衣服間空気層と人体保温に関する研究−男性の場合
2.衣服間空気層と人体保温に関する研究―女性の場合 共 平成 5年 5月平成 5年 5月 日本家政学会第45回大会日本家政学会第45回大会
3.被服衛生学と文学との接点−コルセットの場合 共 平成 6年11月 日本衣服学会第46回研究発表会(京都)
4.衣服の素材の相違による運動負荷時の皮膚温変化 共 平成 8年 5月 日本家政学会第48回大会(東京)
5.被覆面積の相違による運動時の皮膚温の変化 共 平成 8年 5月 日本家政学会第48回大会(東京)
6.衣服がぬれた場合の保温と着装の関係 共 平成 8年 5月 日本家政学会第48回大会(東京)
7.衣服間空気層に関する研究 共 平成15年11月 日本衣服学会第55回年次大会(広島)
8.園児服の傾向-カタログにみられる現状- 共 平成16年10月 日本衣服学会第56回研究発表会
9.文学作品にみられる纏足に関する記述における衣服と健康との関連 共 平成18年10月 日本衣服学会 第58回年次大会(京都)
10.幼児の通園靴に対する保護者の消費者意識 共 平成19年11月 日本衣服学会第59回研究発表会 福岡教育大学
11.教育実習支援のためのデータベース構築−学生相互の情報交換ツールとして−,日本教育情報学会,第25回年会,平成21年8月,立命館大学
12.小学校高学年女児にみられるヘアスタイルの変遷−1950年代以降の雑誌から−,日本衣服学会第61回年次大会,平成21年11月
13.大学の子育て支援センター利用者の子育て意識〜利用者アンケートから〜 共 平成23年6月,日本子ども家庭福祉学会第12回全国大会,熊本学園大学

(ポスター発表)
1.子どもの頃の食事環境がその後の食習慣・心身の健康に及ぼす影響 共 平成18年 7月 日本家庭科教育学会第49回大会(東京)
2.実習における自己効力感とその関連要因ーその1:尺度の作成と実習前後の比較を中心にー 共   平成23年5月,日本保育学会第64回大会,玉川大学
作成日付 2018/04/01