教員名 村田 カズ 写真
フリガナ ムラタ カズ
所属 短大 保育科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
専門分野 認識心理学、発達心理学
研究内容 発達と障害支援、対人行動の発達プロセス、数の認識
担当科目 発達心理学、保育の心理学、障害児保育、障害児保育研究、実践保育学各論
学  位 文学修士
所属学会 等 昭和62年 4月 日本心理学会会員(現在に至る)
昭和62年 4月 東京都小平市健康センター 乳幼児健診および経過観察心理相談員(現在に至る)
平成元年 4月 日本発達心理学会会員(現在に至る)
平成 5年 4月 東京都足立区発達支援委員会委員(平成19年3月まで)
平成 3年 4月 東京都北区赤羽保健センター 乳幼児健診および経過観察心理相談員(平成25年3月まで))
平成15年10月 東京都国立市子ども家庭支援センター運営協議委員(平成19年11月まで)
平成18年10月 日本保育学会会員(現在に至る)
平成18年10月 国際幼児教育学会会員 (現在に至る)
平成19年 4月 東京都江戸川区立保育園巡回相談員(平成24年3月まで)
平成22年11月 文部科学省・教科用図書検定調査審議会専門委員(平成29年3月まで)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1.『発達障害児の心理学と育児・保育』 共著 平成16年10月 ブレーン出版
2. ヒューマンアカデミー 保育士合格講座 「発達心理学」 単著 平成17年12月 ヒューマンアカデミー
3. ヒューマンアカデミー 保育士合格講座 「精神保健」 単著 平成17年12月 ヒューマンアカデミー
4.『人間関係』 共著 平成22年5月 一藝社 
5.『子どもの教育の原理』 共著 平成23年10月 萌文書林
6.『保育の心理学』 共著 平成25年4月 ナカニシヤ出版
7.『障害児保育』 共著 平成27年5月 萌文書林

(学術論文)
1. 「順序と位置はどのように記憶されるか」 共著 昭和63年10月 心理学研究第59巻4号pp.248-251
2. 「3歳前後児を対象とする親子集団指導の役割」 単著 平成16年12月 聖徳大学研究紀要短期大学部第37号pp.63-67
3. 「1歳保育園児の自発的指さし行動の分析」 共著 平成19年 9月 国際幼児教育研究Vol.14pp.37-43国際幼児教育学会
4. 「乳児の視線の先と視線移動―保育園児の観察を通して― 」 共著 平成21年3月 聖徳大学児童学研究所紀要第11号pp.83-86
5. 「幼稚園実習に関する学生の意識調査」共著 平成21年12月 紀要・聖徳の教え育む技法第4号pp.189-203
6.「実習に関する学生の意識調査」共著 平成22年12月 紀要・聖徳の教え育む技法第5号pp.141-155
7. 「実習体験の語り」共著 平成24年3月 聖徳大学研究紀要短期大学部 第44号pp.17-24
8.“Individual differences in what 2-year-old children look at― Observations in a daycare”共著 Infant Behavior & Developmant Vol.35,No.4 December 2012
9.「発達を促す遊びを立案し実践する授業〜保育科生を対象としたアクティブ・ラーニングの試み〜」単著 平成28年3月 聖徳の教え育む技法 第10号pp.93-104
10.「日米英の幼児教育内容の検討―日米英の幼児期における算数教育の比較―」共著 平成28年3月 聖徳大学児童学研究所紀要第18号pp.85-92

(口頭発表等)
1. イスラームの子育て 単著 平成15年 9月 日本心理学会第67回大会発表論文集p.1117
2. シンポジウム『保育園における特別なケアが必要な園児を対象とする巡回相談の役割(その3)』の司会 平成18年 3月 日本発達心理学会第17回大会
3.「2歳前後の保育園児の変化(1)(2)」 共著 平成19年 3月 日本発達心理学会第18回大会発表論文集 278-279
4.「1歳半前後の保育園児の変化(1)見ているものの変化」共著 平成20年3月 日本発達心理学会第19回大会発表論文集 210
5.「1歳半前後の保育園児の変化(2)触れているものの変化」共著 平成20年3月 日本発達心理学会第19回大会発表論文集 211
6.“Does the Gaze of Toddlers Serve as an Indicator of their Disposition? Observations in a Day-care Center”共著 July,2008 20th Biennial ISSBD Meeting
7.「保育園2歳児クラスにおける仲間関係―2歳9ヶ月児のやりとり―」共著 平成20年9月 日本心理学会第72回大会発表論文集 1101
8.「2歳から3歳の保育園児の観察―接触する「もの」と「人」における個人差―」共著 平成20年9月 日本心理学会第72回大会発表論文集 1102
9. 「保育園児の観察(1)〜1歳児の「もの」と「人」への接触〜」共著 平成21年3月 日本発達心理学会第20回大会発表論文集 241
10.「保育園児の観察(2)〜1歳児の「ひと」への接近〜」共著 平成21年3月 日本発達心理学会第20回大会発表論文集 242
11.シンポジウム『保育現場での行動観察』の企画と司会 平成21年3月 日本発達心理学会第20回大会
12.「2歳から3歳までの保育園児の観察」共著 平成22年3月 日本発達心理学会第21回大会発表論文集 439
13.「実習に関する学生の意識調査〜実習経験が自己効力感に及ぼす影響〜」共著 平成22年5月 日本保育学会第63回大会発表論文集 679
14.「実習体験の語りが聞き手と語り手双方に及ぼす影響」共著 平成23年5月 日本保育学会第64回大会発表論文集 681
15.「乳児期と幼児後期の対人行動の関連〜1歳児と5歳児の比較〜」共著 平成25年3月 日本発達心理学会第24回大会発表論文集 167
16.「自由遊び場面における行動特徴の発達的変化〜保育園児2名の1歳半時と3歳時の比較〜」共著 平成25年9月 日本心理学会第77回大会発表論文集
17.“Behavioral Changes in Nursery School Infants Aged Between 18 and 36 Months”共著 July,2014 The 23rd Biennial ISSBD Meeting
18.「就学年齢とその教育内容についての検討(その1)〜米との比較〜」共著 平成27年5月 日本保育学会第68回大会発表論文集
19.「就学年齢とその教育内容についての検討(その2)〜英との比較〜」共著 平成27年5月 日本保育学会第68回大会発表論文集
20.「幼児教育におけるナショナル・カリキュラム導入の検討(その1)英国の場合」共著 平成27年9月 日本心理学会第79回大会発表論文集
21.「幼児教育におけるナショナル・カリキュラム導入の検討(その2)米国の場合」共著 平成27年9月 日本心理学会第79回大会発表論文集
22.“Influence of Numeration System on Mathematical Literacy (Case1)Numeration System”July,2017 The 31st International Congress of Psychology
23.“Influence of Numeration System on Mathematical Literacy (Case2)Comparative Study of French and Japanese”July,2017 The 31st International Congress of Psychology
作成日付 2018/04/01