教員名 石本 敏也 写真
フリガナ イシモト トシヤ
所属 文学科
職位 准教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
博士(文学)
民俗文化論T・U、文化人類学、歴史文化入門II
所属学会 等 日本民俗学会
日本社会学会
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
『農山村落における民俗変遷の研究−阿賀野川流域の藁製祭具−』(博士論文) 単著 平成15年 3月 筑波大学博士課程歴史・人類学研究科学位論文
『東浦原郡史資料編8 民俗』 共著 平成16年 3月 東浦原郡史編さん委員会

(学術投稿論文)
1. 厄祓人形祭祀の「処理」に関する一考察 平成12年11月 『日本民俗学』224号pp.67〜98
2. 民俗行事の変遷−動態要素分析法の提起− 平成14年 4月 『民俗学論叢』17号pp.23〜36
3. 藁人形祭祀における性器説話 平成14年 9月 『史境』45号pp.54〜72
4. 仕事と遊び−藁細工の伝承− 平成16年 3月 『高志路』351号pp.12〜19
5. アルバムのなかの巡礼−編集し直される四国八十八箇所− 平成17年2月 『日本民俗学』241号pp. 1〜30
6. 活用される民俗慣行−鹿瀬町中村の「村送り板」− 平成17年3月『高志路』355号pp.13〜21
7. 子供と年寄りの百万遍−農業の機械化以降の民俗行事の変遷− 平成18年6月『高志路』360号pp.1〜10
8. 阿賀野川流域の厄祓人形 平成19年9月 『西郊民俗』200・201合併号pp51〜58


(口頭発表)
1.人形道祖神の祭祀後に関する一考察−新潟県東浦原郡一帯のショウキサマを事例として− 平成11年10月 日本民俗学会第51回年会神奈川大学(神奈川県)
2.会津地方における厄祓人形譚 平成13年10月 日本民俗学会第53回年会帝塚山大学(奈良県)
3.高度経済成長期における民俗行事 平成14年10月 日本民俗学会第54回年会筑波大学(茨城県)
4.アルバムのなかの巡礼 平成15年10月 日本民俗学会第55回年会山口大学(山口県)
5.記念を描く人たち−上野公園の似顔絵描き− 平成16年10月 日本民俗学会第56回年会園田学園女子大学(兵庫県)
6.田作りの農意識―佐渡トキの田んぼを守る会の活動を事例として― 平成17年10月 第57回日本民俗学会
7.農業機械における水田技術 平成18年10月 日本民俗学会第58回年会山形大学(山形県)
作成日付 2017/07/31