教員名 川村 博文 写真
フリガナ カワムラ ヒロフミ
所属 社会福祉学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
(学位)
 社会福祉学修士 
社会福祉士 精神保健福祉士
(専門分野)
 保健医療ソーシャルワーク
(担当科目
 医療ソーシャルワーク論 保健医療制度論 ソーシャルワーク論
所属学会 等 (加入学会)
日本社会福祉学会・日本社会福祉士会・日本精神保健福祉士協会・日本ソーシャルワーカー協会 日本医療ソーシャルワーク学会

(活動)
平成 5年 5月 社団法人日本医療社会事業協会常任理事就任 平成06年05月〜平成11年4月まで組織部長
平成 8年 4月 NPO法人地域福祉サービス協会ホームヘルパー養成講座講師 (平成18年 3月まで)
平成19年 5月 NPO法人立川マック(アルコール依存症者回復リハビリテーション施設)副代表・運営委員 (現在に至る)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1.患者とともに -寄り添う医療ソーシャルワーク- 単著 平成28年3月 新潮社 全219頁
2.保健医療制度論学習指導書 単著 平成27年4月初版 平成29年3月改訂初版 聖徳大学通信教育部 全93頁             
3.在宅医療ソーシャルワーク 共著 平成20年5月 勁草書房 全224頁
4.社会福祉士養成新カリキュラムテキスト保健医療サービス第2版 共著 平成23年10月 久美出版 全192頁
5.ソーシャルワーク実践へのいざないU 実践を深める相談援助演習テキスト 共著 平成24年2月 日本医療企画 全138頁

(学術論文)
1. 高次脳機能障害者に対するソーシャルワークのアプローチに関する研究 単著 平成20年 3月 日本社会事業大学大学院博士前期課程修士論文

(学会口頭発表)
1. 高次脳機能障害に対応するソーシャルワークの課題 単 平成19年 6月 第46回日本社会事業大学社会福祉研究大会 場所:日本社会事業大学
2. 高次脳機能障害者に対するソーシャルワークのアプローチに関する考察 単 平成20年 6月 第47回日本社会事業大学社会福祉研究大会 場所:日本社会事業大学
3. 新科目保健医療サービスに関する考察1 単 平成22年 6月 第49回日本社会事業大学社会福祉研究大会 場所:日本社会事業大学
4. ソーシャルワーカーの事例検討会に関する考察 平成25年 6月 第52回日本社会事業大学社会福祉研究大会 場所:日本社会事業大学

(報告書)
1. わが国の在宅医療における医療ソーシャルワーカー実践事例の調査研究―医療ソーシャルワーカーの国家資格化と養成カリキュラムのあり方を求めて 共著 平成18年 8月 在宅医療助成勇美記念財団2005年度研究報告書 全102頁
2. 学校保健システムを利用した効果的な精神保健福祉早期介入モデルの開発とその評価 共著 平成19年 7月 平成18年度日本社会事業大学学内共同研究(福祉臨床研究)報告書 全116頁
3. 高次脳機能障害に対応するソーシャルワークの課題 単著 平成20年 1月 社会事業研究47 pp.125〜128
4. 高次脳機能障害者に対するソーシャルワークのアプローチに関する考察 単著 平成21年 1月 社会事業研究48 pp.80〜83

(雑誌等)
1. 医療ソーシャルワーカー業務・歴史に関する考察 単著 平成16年7月 pp.48〜55、平成16年8月 pp.44〜51、平成16年9月 pp.46〜53、平成16年10月 pp.44〜54 月刊誌民医連医療投稿論文
2. 社会保険旬報 座談会 最近の転院問題、その背景と現状とMSWの役割を考える(司会)平成21年02月11日、2月21日 社会保険研究所

(問題集等)
1. 社会福祉士国家試験過去3年頻出重要問題2011 (再掲)  共著 平成22年6月 実教出版 全390頁
2. 社会福祉士国家試験過去3年頻出重要問題2012 (再掲)  共著 平成23年7月 実教出版 全390頁
作成日付 2018/07/31