教員名 神野 茂樹 写真
フリガナ ジンノ シゲキ
所属 人間栄養学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
博士(医)
担当科目:生化学
所属学会 等 日本癌学会、日本生化学会
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1. バイオサイエンス戦略マニュアル(新しい素材とマーカープローブ) (瀬野悍二編)(共著者161名) 共著 平成2年7月 共立出版
2. 細胞周期研究法 (岡山博人編)(共著者19名) 共著 平成7年9月 羊土社
3. 遺伝子工学ハンドブック 第2版 共著 平成8年4月 羊土社
  新訂 新遺伝子工学ハンドブック (第3版) 共著 平成11年9月 羊土社
  改訂第4版 新遺伝子工学ハンドブック (村松正實、山本雅編) 共著
平成15年10月 羊土社
4. 癌遺伝子、癌関連遺伝子 (田矢洋一、山本雅編) 共著 平成9年 羊土社
5. ノックアウトマウス・データブック (黒川清、笹月健彦監修) (共著者491名) 共著 平成9年12月 中山書店
6. 基礎生化学実験法 第2巻 生体試料 (日本生化学会編) (共著者43名) 共著 平成12年1月 東京化学同人
7. クロマチンと遺伝子機能制御 (堀越正美編) (共著者44名) 共著 平成15年6月 シュプリンガー・フェラーク東京

(学術論文)(査読あり)
1. Stimulation of DNA Synthesis in Adult Rat Hepatocytes in Primary Culture by a New Hepatocyte Growth Accelerator : KZ-1026 (2-(1,3-dithiol -2-yliden)-1-phenyl 1,3-butanedione). 共著 平成1年1月 Tissue Culture Research Communications 7, 1-8
2. Quantitative measurement of cell motility with transformed phenotype.
 共著 平成1年5月 Jpn. J. Cancer Res. 80, 408-412
3. A digital image processing system for quantitating dynamic morphology in cultured mammalian cells.  共著 平成1年12月 Exp Cell Res. 185, 342
-52
4. High-frequency transformation method and library transducing vectors for cloning mammalian cDNAs by trans-complementation of Schizosaccharomyces pombe.  共著 平成2年11月 Nucleic Acids Res. 18,
6485-6489
5. An additional homolog of the fission yeast cdc25+ gene occurs in humans and is highly expressed in some cancer cells. 共著 平成3年10月
 New Biol. 3, 959-968
6. Wee1(+)-like gene in human cells. 共著 平成3年9月 Nature. 353, 80-
83
7. Oncogenic signal-induced ability to enter S phase in the absence of anchorage is the mechanism for the growth of transformed NRK cells in soft agar.  共著 平成4年5月 New Biol. 4, 504-511
8. Cyclin G: a new mammalian cyclin with homology to fission yeast Cig1.
 共著 平成5年8月 Oncogene. 8, 2113-2118
9. Cdc25A is a novel phosphatase functioning early in the cell cycle.
共著 平成6年4月 EMBO J. 13, 1549-1556
10. Requirement for tyrosine phosphorylation of Cdk4 in G1 arrest induced by ultraviolet irradiation. 共著 平成7年7月 Nature. 376, 358-
362
11. Cell cycle start from quiescence controlled by tyrosine phosphorylation of Cdk4. 共著 平成11年1月 Oncogene. 18, 565-571
12. Isolation of a mammalian homologue of a fission yeast differentiation regulator. 共著 平成11年5月 Mol Cell Biol. 19, 3829-
3841
13. Oncogenic stimulation recruits cyclin-dependent kinase in the cell cycle start in rat fibroblast. 共著 平成11年11月 Proc Natl Acad Sci USA. 96, 197-13202
14. Functionalized Fullerene as an artificial vector for transfection.
共著 平成12年12月 Angew. Chem. Int. Ed. 39, 4254-4257
15. Cdk6-cyclin D3 complex evades inhibition by inhibitor proteins and uniquely controls cell's proliferation competence. 共著 平成13年4月
Oncogene. 20, 2000-2009
16. Synthesis and transfection capability of multi-fanctionalized fullerene polyamine. 共著 平成13年12月 Chemistry Letters 2001, 1214-
1215
17. Cdc6 requires anchorage for its expression. 共著 平成14年3月
Oncogene 21, 1777-1784
18. Mammalian Rcd1 is a novel transcriptional cofactor that mediates retinoic acid-induced cell differentiation. 共著 平成14年10月 EMBO J.
21, 5235-5244
19. Overexpression of Cdk6-cyclinD3 highly sensitizes cells to physical and chemical transformation. 共著 平成15年2月 Oncogene 22, 992-1001
20. Bone morphogenetic protein-2-induced osteoblast differentiation requires Smad-mediated down-regulation of Cdk6. 共著 平成16年8月 Mol.
Cell. Biol. 24, 6560-6568
21. Synthesis and transfection capability of multi-fanctionalized fullerene polyamine. 共著 平成18年3月 Mol. Pharm. 2006, 124-134
22. Gene Delivery by Aminofullerenes: Structural Requirement for Efficient Transfection. 共著 平成18年6月 Chemistry 2006, 167-175
23. Chemical DNA damage activates p21 WAF1/CIP1-dependent intra-S checkpoint. 共著 平成19年12月 FEBS Lett. 581, 5879-5884
24. ATP-dependent activation of p21WAF1/CIP1-associated Cdk2 by Cdc6.
共著 平成20年5月 Proc Natl Acad Sci USA. 105, 4757-4762
25. Cdc6 determines utilization of p21(WAF1/CIP1)-dependent damage checkpoint in S phase cells. 共著 平成20年6月 J Biol Chem. 283, 17864
-17872
26. Mammalian target of rapamycin complex 1 signaling opposes the effects of anchorage loss, leading to activation of Cdk4 and Cdc6 stabilization. 共著 平成22年7月 FEBS Letters 584, 2779?2785
27. Rho-associated Kinase Connects a Cell Cycle-controlling Anchorage Signal to the Mammalian Target of Rapamycin Pathway. 共著 平成23年7月
 J Biol Chem. 286, 23132-23141
28. Cdc6 Protein Activates p27KIP1-bound Cdk2 Protein Only after the Bound p27 Protein Undergoes C-terminal Phosphorylation. 共著 平成23年2
月 J Biol Chem. 287, 6275-6283.
29. Cdc6 Protein Obstructs Apoptosome Assembly and Consequent Cell Death by Forming Stable Complexes with Activated Apaf-1 Molecules. 共著 平成
23年5月 J Biol Chem. 287, 18573-18583.

(総説)(査読無し)
1.Mammalian G2 regulatory genes and their possible involvement in genetic instability in cancer cells. 共著 平成3年2月 Princess Takamatsu Symp. 22, 231-238
2.Cell cycle control in fission yeast and mammals: identification of new regulatory mechanisms. 共著 平成8年8月 Adv Cancer Res. 69,17-62
3.遺伝子発現 共著 平成8年12月 小児科臨床49,2549-2559
4.発癌刺激による細胞周期開始機構 単著 平成12年5月 医学のあゆみ 194,
291-296
5.Oncogenic cell cycle start control. 共著 平成13年6月 Mutat Res. 477,
23-29
6.転写制御と癌―細胞周期 単著 平成13年12月 Molecular Medicine」38,
1453-1457
7.S期開始の制御機構と発癌 単著 平成18年11月 実験医学 24, 1604-1609

(翻訳書)
1.ラット脳のニューロンに遺伝子を導入するためのHSV-1ベクターシステム
共著 平成1年11月 羊土社「実験医学」Vol.7 No.16
2. 分子遺伝学の基礎 共著 平成6年9月 東京化学同人
作成日付 2018/07/31