教員名 長橋 雅俊 写真
フリガナ ナガハシ マサトシ
所属 文学科
職位 講師
学位
専門分野
研究内容
担当科目
学位:博士(言語学)
所属学会 等 平成16年6月 関東甲信越英語教育学会会員
平成17年6月 日英・英語教育学会会員
平成20年4月 外国語メディア教育学会会員
平成20年8月 全国英語教育学会 第34回東京研究大会 大会実行委員(平成20年8月9日及び10日開催)
平成20年9月 日本言語テスト学会会員
平成20年9月 日本言語テスト学会 ワークショップ講師(平成20年9月14日開催)
平成21年8月 関東甲信越英語教育学会 第32回埼玉研究大会 大会実行委員(平成21年8月22日及び23日開催)
平成23年10月 日英・英語教育学会 役員(現在に至る)
平成23年10月 ELEC同友会英語教育学会会員
平成24年4月 関東甲信越英語教育学会 マルチメディア委員会(現在に至る)
平成24年10月 日英・英語教育学会 事務局兼運営委員長(平成26年9月末日まで)
平成25年9月 第19回日英・英語教育学会研究大会 大会実行委員長(平成25年9月21日開催)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(学術論文)
1. Assessment of Writing Process and Products by Japanese EFL Students(修士論文) 単著 平成18年1月 筑波大学大学院教育研究科
2.Comparison of Writing Processes of Japanese EFL Students Between Computer- and Paper-Based Test Modes 単著 平成19年9月 日英・英語教育学会 JABAET Journal vol. 11
3.Topic and Rater Criteria for Assessing Essays of Japanese EFL Learners(博士課程中間評価論文) 単著 平成20年1月 筑波大学大学院人文社会科学研究科
4.コーパス分析とラッシュ・モデルを用いたライティング・テストでの困難度比較 単著 平成20年11月 財団法人日本英語検定協会 STEP BULLETIN vol. 20
5.コンピュータ支援環境におけるライティング指導の事例研究 単著 平成22年3月 全国英語教育学会 Annual Review of English Language Education in Japan
(ARELE) vol. 22
6.Consecutive Interpreting Approach に基づくプロソディー重視の口頭練習が L2 筆記再生に与える効果 共著 平成24年1月 英語教育協議会(ELEC)英語展望 No.120
7.A Study of Influential Factors Surrounding Writing Performances of Japanese EFL Learners:From Refinements of Evaluation Environment Toward Practical Instruction(博士論文) 単著 平成25年12月 筑波大学大学院人文社会科学研究科

(口頭発表)
1.筆記手段の違いによる英語ライティング・プロダクトへの影響の検証 単独 平成18年8月 全国英語教育学会 第32回高知研究大会(高知大学)
2.英語ライティング・テストにおける筆記手段と言語産出の関係 単独 平成18年9月 日英・英語教育学会 第11回研究大会(成蹊大学)
3.エッセイ・ライティングにおける発達途上の学習者に適合したトピック選びへの一考察 単独 平成19年8月 全国英語教育学会 第33回大分研究大会(大分大学)
4.いかにして作文の妥当な評価得点を決定すべきか 単独 平成20年8月 全国英語教育学会 第34回東京研究大会(昭和女子大学)
5.ライティング評価における採点者と評価項目の診断 単独 平成20年9月 日英・英語教育学会 第13回研究大会(成蹊大学)
6.日本人英語学習者におけるL2ライティング・プロセスの研究: 作文行為と結果との関係 単独 平成21年8月 全国英語教育学会 第35回鳥取研究大会(鳥取大学)
7.コンピュータ教室環境におけるエッセイ・ライティングの指導成果と展望 単独 平成22年8月 全国英語教育学会 第36回大阪研究大会(関西大学)
8.通訳訓練法を応用した口頭練習がテクスト再現活動に与える効果 共同 平成22年8月 全国英語教育学会 第36回大阪研究大会(関西大学)
9.英語エッセイの評価に求められる教師の特性とは 単独 平成22年9月 日本言語テスト学会 第14回全国大会(豊橋技術科学大学)
10.筆記方法の変化におけるライティング・プロセスへの影響:手書き及びワードプロセッサによる比較 単独 平成23年8月 全国英語教育学会 第37回山形研究大会(山形大学)

(シンポジウム)
1.リメディアル教育の実践から学生と教室活動とを洞察する 発表題目:学力不足と単位修得不振の学生と向き合う 共同 平成24年9月 日英・英語教育学会 第18回研究大会(麗澤大学)

(ワークショップ)
1.SPSSを使って分散分析をしてみよう 共同 平成20年9月 日本言語テスト学会 第12回全国大会(常磐大学)
作成日付 2015/07/24