教員名 長井 栄子 写真
フリガナ ナガイ エイコ
所属 看護学科
職位 准教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
保健学修士・老年看護学
認知症高齢者の転倒予防、地域高齢者の転倒予防
老年看護学援助論、生活支援援助論、老年看護学実習T、老年看護学実習U、看護研究U、生活支援看護実習、統合実習
所属学会 等 平成4年 4月 日本看護協会 会員(現在に至る)
平成4年 4月 千葉県看護協会 会員(平成23年3月まで)
平成16年4月 千葉県看護協会 施設等会員代表者(平成19年3月まで)
平成17年4月 日本看護科学学会 会員(現在に至る)
平成19年4月 日本看護技術学会 会員(平成26年3月まで)
平成20年4月 日本看護学教育学会 会員(平成26年3月まで)
平成22年4月 お茶の水看護学研究会 会員(現在に至る)
平成23年4月 栃木県看護協会 会員(平成24年3月まで)
平成24年4月 千葉県看護協会 会員(現在に至る)
平成24年4月 日本老年看護学会(現在に至る)
平成24年4月 日本認知症ケア学会(現在に至る)
平成25年4月 日本公衆衛生学会(現在に至る)
平成26年4月 日本保健福祉学会(現在に至る)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1.なぜがわかる看護技術LESSON 共著 平成18年6月 学習研究社
2.メディカルアンカーくすりのミニ事典 共著 平成19年2月 学習研究社
3.看護観察のキーポイントシリーズ 高齢者 共著 平成23年3月 中央法規出版

(学術論文)
1.看護婦の経験過程における危機とサポート体制のあり方について 単著 平成12年3月 放送大学卒業研究(学士論文)
2.千葉県立衛生短期大学第二看護学科の今後担うべき役割 共著 平成15年3月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第21巻 第2号pp.49〜63
3.教師の看護実習指導場面の再構成 共著 平成17年3月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第23巻 第2号pp.9〜16
4.学生が成人看護実習で受持つ患者の高齢化に伴う学習内容の変化と今後の教育課題 共著 平成17年3月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第23巻 第2号pp.25〜33
5.慢性病患者の看護における教育方法の検討 共著 平成18年3月 「千葉県立衛生短期大学紀要」第24巻 第2号pp.17〜24
6.臨地実習における看護学生のストレスマネジメント支援プログラム開(修士論文) 単著 平成19年3月 筑波大学大学院(特定課題研究報告書)A4判 本論部分128頁(1枚800〜1000字程度)
7.第1看護学科3年次各論実習における看護技術経験の実態調査 共著 平成19年12月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第26巻 第1号pp.139〜148
8.慢性期看護実習における体験可能な技術の特徴と指導の要点 共著 平成19年12月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第26巻 第1号pp.129〜137
9.成人看護学実習での看護過程展開において学生が体験する困難―実習終了後のアンケート調査を基に― 共著 平成20年1月 『第38回日本看護学会−看護教育−論文集』pp.114〜116
10.ロールプレイングを取り入れた慢性病患者の看護に関する演習の検討―学生による看護場面シナリオ作成を実施して― 共著 平成20年1月 『第38回日本看護学会−看護教育−論文集』pp.45〜47
11.成人看護学領域における状況設定演習の臨地実習への活用状況―学生評価による演習の検討― 共著 平成20年2月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第26巻第2号pp.113〜121
12.看護学生の喫煙に関する知識・行動・認知の状況と防煙教育について 共著 平成21年2月 『第39回日本看護学会−看護教育−論文集』pp.83〜85
13.臨地実習における看護学生のストレスマネジメント支援―イメージ法を用いた支援プログラムの実践と検討― 共著 平成21年3月 『自治医科大学看護ジャーナル』第6巻pp.15〜27
14.看護実践力の向上を目指した成人看護実習直前技術演習の検討(第1報)−病床での看護場面を想定した実技点検− 共著 平成21年3月 『千葉県立衛生短期大学紀要』第27巻第1号pp.117〜124
15.集中治療部における褥瘡ケアに関する看護師の自己評価 共著 平成22年3月 『自治医科大学看護ジャーナル』第7巻pp.37〜47
16.皮膚・排泄ケア認定看護師が推奨している褥瘡予防・治療ケア用品の使用状況の検討 共著 平成22年3月 『自治医科大学看護ジャーナル』第7巻pp.25〜36
17.介護老人保健施設入居高齢者の嚥下機能の簡易測定方法 の検討 共著 平成22年9月 『お茶の水看護学雑誌』第5巻1号pp.11〜17
18.ユニットケアを実施している介護老人保健施設における認知症高齢者への安全なケア提供上の困難と工夫―ケアスタッフへのインタヴュー調査より 共著 平成23年3月 『自治医科大学看護学ジャーナル』第8号pp.61〜74
19.ユニットケアを実施している介護老人保健施設における認知症高齢者への安全なケア提供上の困難と工夫―管理者層へのインタヴュー調査より 共著 平成24年3月 『自治医科大学看護学ジャーナル』第9号pp.3〜12
20.認知症高齢者を対象とした介護老人保健施設実習における教員の指導内容の検討―実習記録上の学生へのコメント内容の分析から― 共著 平成24年10月 『城西国際大学紀要』第21巻1号pp.69〜82
21.JIU生涯学習受講住民の健康および医療・福祉ニーズ調査 共著 平成24年10月 『城西国際大学紀要』第21巻1号pp.57〜68
22.Inter-professional education(IPE)プログラム実施報告―看護学生の気づきと学び− 共著 平成24年10月 『城西国際大学紀要』第21巻1号pp.83〜94
23.山武保健所所管区域における社会資源の現状―インターネット公開情報を活用して― 共著 平成24年10月 『城西国際大学紀要』第21巻1号pp.95〜106
24.臨床実習指導者研修会の効果の検討―研修会参加者の実習指導者としての資質・能力に関する認識の変化から― 共著 平成26年3月 『城西国際大学紀要』第21巻8号pp.35〜55
25.山武地域に居住する60歳以上の高齢者の医療・福祉の充足感と健康行動、健康関連QOLに関する実態調査 共著 平成26年3月 『城西国際大学紀要』第21巻8号pp.57〜68

(その他)
1.応用力が身につく看護過程骨粗鬆症患者の看護ケア 共著 平成21年10月 『ナーシングカレッジ』13巻11号 pp.46〜62
2.安静臥床の必要な入院高齢者の日常生活動作能力維持プログラムの検討 共著 平成22年3月 『自治医科大学看護学ジャーナル』第7号pp.113〜114
3.看護業務の相対的評価に関する研究―高齢者に関わる看護業務の分析から― 共著 平成23年3月 『自治医科大学看護学ジャーナル』第8号pp.177〜179
4.微弱無線タグを用いた看護師の所在確認システム試験運用 共著 平成23年3月 『自治医科大学看護学ジャーナル』第8号 pp.193〜194

(学会発表)
1.がん専門病院におけるICUでの ターミナルケアを考える−アンケート調査からみた患者・家族へのかかわりの実際について− 平成6年1月 第9回千葉集中治療研究会(於千葉大学)
2.がん専門病院におけるICUでの ターミナルケアを考える 平成6年2月 第21回日本集中治療医学会総会(於名古屋国際会議場)
3.臨地実習前後における看護学生の心理特性の変化からの一考察 平成18年6月 第21回日本保健行動科学会学術大会(於大阪産業大学)
4.看護学生への臨地実習支援プログラム開発に関する研究 平成18年9月 第13回ヘルスカウンセリング学会学術大会(於市川市文化会館)
5.ロールプレイングを取り入れた慢性病患者の看護に関する演習の検討―学生による看護場面シナリオ作成を実施して― 平成19年8月 第38回日本看護学会−看護教育−(於幕張メッセ)
6.成人看護学実習での看護過程展開において学生が体験する困難―実習終了後のアンケート調査を基に― 平成19年8月 第38回日本看護学会−看護教育−(於幕張メッセ)
7.看護実践力の向上を目指した成人看護実習直前技術演習の試み?病床での看護場面を想定して? 平成19年10月 日本看護技術学会第6回学術集会(於前橋市民文化会館)
8.臨地実習における看護学生のストレスマネジメント支援―イメージ法を用いた支援プログラムの実践と検討― 平成19年12月 第27回日本看護科学学会学術集会(於東京国際フォーラム)
9.看護学生の喫煙に関する知識・行動・認知の状況と防煙教育について 平成20年8月 第39回日本看護学会−看護教育−(於長良川国際会議場)
10.実習指導者の効果的な指導場面の分析−看護教員の視点から− 平成21年8月 第40回日本看護学会−看護教育−(於岡山コンベンションセンター)
11.A大学病院における皮膚・排泄ケア認定看護師の活動による褥瘡ケアの影響−ICUにおける褥瘡ハイリスクケア加算前後の変化− 平成21年9月 第11回日本褥瘡学会学術集会(於大阪国際会議場)
12.実習指導者による「学生指導のための事例検討会」に教員が参加する意味 平成21年9月 日本看護学教育学会第19回学術集会(於日本赤十字北海道看護大学)
13.看護師の所在確認システムの有用性〜モニタアラーム聞き逃しリスクの評価ツールとして〜 平成22年11月 第5回医療の質・安全学会学術集会(於幕張メッセ国際会議場)
14.単音節分解を用いた介護老人保健施設入居高齢者の「発話」の分析 平成22年12月 第30回日本看護科学学会学術集会(於札幌コンベンションセンター)
15.介護老人保健施設における認知症高齢者へのユニットケア実施施設職員による安全なケア提供上の困難と工夫 平成22年12月 第30回日本看護科学学会学術集会(於札幌コンベンションセンター)
16.Effect of Life Review on the Mental and Physical Factors Affecting Elderly Individuals Residing in Elderly Care Facilities(老健入居要介護高齢者のライフレビュー介入による心身の効果) 平成23年8月 The 21st World Congress on Psychosomatic Medicine(At National Museum of Korea)
17.排尿障害のある高齢者への援助技術演習から学生が考えた排尿自立への援助 平成23年8月 日本看護学教育学会第21回学術集会(於大宮ソニックシティ)
18.脳血管疾患により嚥下障害を有する高齢者への看護の検討−1事例を通して− 平成23年10月 日本看護技術学会第10回学術集会(於日本赤十字看護大学・広尾キャンパス)
19.看護師の所在確認システムを用いた人員配置評価の試み 平成23年11月 第6回医療の質・安全学会学術集会(於幕張メッセ国際会議場)
20.高齢者のせん妄発症に関連した看護実践事例の文献検討 平成23年11月 第16回栃木看護学会学術集会(於栃木県教育会館)
21.ICLSコース受講後の役割遂行に対する自信について―医学部学生と看護学部学生の比較― 平成24年3月 第4回日本医療教授システム学会総会(於学術総合センター)
22.高齢者施設における認知症高齢者への安全なケア提供上の工夫因子―ユニットケア実施の有無による比較検討― 平成24年7月 日本老年看護学会第17回学術集会(於金沢歌劇座・金沢21世紀美術館)
23.生涯学習の場に通う住民の健康課題と医療・福祉ニーズに関する実態調査 平成24年12月 第32回日本看護科学学会学術集会(於東京国際フォーラム)
24.臨床実習指導者研修参加者の実習指導能力に関する認識―実習指導者経験の有無による違い 平成25年8月 日本看護学教育学会第23回学術集会(於仙台国際センター) 
25.臨床実習指導者研修会参加者の実習指導に関する認識(その1)参加動機による実習指導能力の認識の違い 平成25年8月 日本看護研究学会(於秋田県民会館、アトリオン、秋田キャッスルホテル) 
26.臨床実習指導者研修会参加者の実習指導に関する認識(その2)実習指導者としての資質の認識 平成25年8月 日本看護研究学会(於秋田県民会館、アトリオン、秋田キャッスルホテル) 
27.認知症高齢者への安全に向けた介護老人保健施設のケアの特徴―看護師の自己評価から― 平成25年10月 日本公衆衛生学会(於三重県総合文化センター、アストプラザ(アスト津))
28.地域在住高齢者の抑うつリスクに関連する要因の検討―社会とのかかわりと主観的体力の複合的な関連に焦点をあてて― 平成25年10月 日本公衆衛生学会(於三重県総合文化センター、アストプラザ(アスト津))
29.介護予防教室に参加する高齢者の対人スキル特性とその関連要因 平成25年10月 日本公衆衛生学会(於三重県総合文化センター、アストプラザ(アスト津))
30.臨床実習指導者研修会実施前後における参加者の実習指導への認識の変化 平成25年12月 日本看護科学学会(於大阪国際会議場)
31.地区組織活動が高齢者の健康とコミュニティへ及ぼす影響の検討―当事者の生の声から― 平成26年11月 第73回日本公衆衛生学会総会(於宇都宮共和大学宇都宮キャンパス)
作成日付 2017/08/25