教員名 岩永 秀子 写真
フリガナ イワナガ ヒデコ
所属 看護学科
職位 教授
学位
専門分野
研究内容
担当科目
学位  :修士(看護学)
専門分野:看護学、基礎看護学
研究内容:基本的看護技術の科学的根拠の明確化、看護学生の自己教育力の育成
担当科目:「看護学概論」「看護アセスメント学T」「看護アセスメント学U」「看護技術論T」「看護技術論U」「看護理論」「看護研究U」「基礎看護学実習T」「基礎看護学実習U」「統合実習」
所属学会 等 平成3年7月 日本看護学教育学会(現在に至る)
平成3年7月 日本看護研究学会(平成23年3月まで)
平成5年7月 日本看護学教育学会第3回学術集会実行委員
平成6年5月 日本健康心理学会(平成18年3月まで)
平成6年7月 日本保健医療行動科学会(平成23年5月まで)
平成7年10月 日本看護科学会(平成23年3月まで)
平成10年5月 日本教育心理学会(平成18年3月まで)
平成10年6月 第13回日本保健医療行動科学会大会実行委員
平成10年10月 第3回聖路加看護学会学術集会実行委員
平成11年6月 横浜南共済病院看護研究指導(平成12年3月まで)
平成12年9月 東海大学医学部付属病院看護研究指導(平成13年3月まで)
平成13年4月 伊勢原市介護認定審査会委員(平成15年3月まで)
平成13年8月 日本看護学教育学会第11回学術集会実行委員
平成13年8月 東海大学医学部付属病院看護研究教育コース講師「看護研究」
平成13年11月 第3回日本私立看護系大学協会セミナー実行委員および交流セッションコーディネーター
平成14年7月 東海大学医学部付属病院看護研究教育コース講師「看護研究」
平成14年8月 第28回日本看護研究学会学術集会プログラム委員,査読委員,一般演題発表の座長
平成15年4月 日本看護研究学会雑誌編集委員会からの委嘱による査読
平成15年9月 神奈川県看護協会実習指導者講習会講師「実習指導論」
平成15年9月 東海大学医学部付属病院看護研究指導(平成16年11月まで)
平成16年8月 日本看護歴史学会第18回大会実行委員
平成16年9月 神奈川県看護協会実習指導者講習会講師「実習指導論」「実習指導の評価」
平成16年12月 第24回日本看護科学学会学術集会実行委員
平成17年6月 日本ルーラルナーシング学会(平成18年8月まで)
平成17年7月 東海大学医学部付属病院看護研究指導(平成18年3月まで)
平成17年8月 日本看護歴史学会第19回学術集会実行委員
平成17年12月 神奈川県看護協会実習指導者講習会講師「実習指導の評価」
平成18年8月 日本看護学教育学会理事(平成21年9月まで)
平成18年12月 第26回日本看護科学学会学術集会実行委員
平成19年3月 日本看護学教育学会第17回学術集会抄録の査読
平成19年6月 日本人間工学会看護人間工学部会(平成23年3月まで)
平成19年8月 日本看護学教育学会第17回学術集会一般演題発表の座長
平成19年8月 栃木県看護協会実習指導者講習会講師「看護師教育課程 大学」
平成20年8月 栃木県看護協会実習指導者講習会講師「看護師教育課程 大学」
平成20年9月 自治医科大学附属病院看護部 看護研究発表の講評
平成21年4月 医療の質・安全学会(平成23年3月まで)
平成25年8月 日本看護技術学会(現在に至る)
研究実績
・著書
・論文
・講演等
の活動
(著書)
1 新・看護のための数値表 共著 平成7年8月 メヂカルフレンド社
2 看護診断をふまえた経過別看護3 回復期 共著 平成7年9月 学習研究
3 応用看護技術ミニガイド イワナガ ヒデコ 平成10年2月 学習研究社
4 基礎看護技術 臨地実習での学習展開 岩永 秀子 平成11年4月 医歯薬出版

(学術論文)
1 看護技術を支える知識に関する一考察−全身清拭の文献を通して− 共著 平成4年3月 順天堂医療短期大学紀要 第3巻 p.1〜p.12
2 身体の各部位と体位による皮膚血流量の変化 共著 平成4年3月 順天堂医療短期大学紀要 第3巻 p.13〜p.21
3 看護技術を支える知識に関する一考察−排泄の文献を通して− 共著 平成5年3月 順天堂医療短期大学紀要 第4巻 p.1〜p.15
4 体位変換による皮膚血流量の変化 共著 平成5年3月 順天堂医療短期大学紀要 第4巻 p.16〜p.24
5 看護技術を支える知識に関する一考察−バイタルサイン測定の文献を通して− 共著 平成6年3月 順天堂医療短期大学紀要 第5巻 p.1〜p.16
6 看護技術の学習初期における自己学習に影響を与える因子−基礎看護技術実技試験を通して− 共著 平成6年3月 順天堂医療短期大学紀要 第5巻 p.17〜p.25
7 セラピュ−ティックタッチ研究の動向と今後の課題(第一報) 共著 平成6年3月 順天堂医療短期大学紀要 第5巻 p.43〜p.51
8 基礎看護技術の実技試験における自己学習に影響を与える因子 共著 平成7年3月 順天堂医療短期大学紀要 第6巻 p.1〜p.13
9 看護技術を支える知識に関する一考察−体位と同一体位の持続に関する文献を通して− 共著 平成7年3月 順天堂医療短期大学紀要 第6巻 p.86〜p.101
10 入院患者の安静度別による手指細菌汚染の実態 共著 平成8年3月 順天堂医療短期大学紀要 第7巻 p.1〜p.8
11 ベッドブラシの細菌学的汚染に関する検討−ベッドブラシの使用頻度による汚染とベッドブラシの消毒方法− 共著 平成8年3月 順天堂医療短期大学紀要 第7巻 p.9〜p.16
12 自己評価視点の提示が看護学生の技術練習に及ぼす影響−基礎看護技術の実技試験を通して− 共著 平成8年3月 順天堂医療短期大学紀要 第7巻 p.17〜p.26
13 看護学生の自己教育力−4年制大学生と看護専門学校生の比較− 単著 平成8年11月 Quality Nursing 第2巻第11号 p.973〜p.980
14 保健行動の地域特性−都市部と農漁村部の保健行動とその実行要因の地域特性−(修士論文) 単著 平成9年3月 北里大学大学院看護学研究科 修士課程
15 看護学生の自己教育力におよぼす看護婦イメージの影響 共著 平成9年11月 日本看護学教育学会誌 第7巻第3号 p.17〜p.28
16 長崎県小値賀島住民の保健行動特性 単著 平成10年4月 日本看護科学会誌 第18巻第1号 p.30〜p.39
17 看護学部学生のソーシャルサポートと健康意識 共著 平成10年12月 東京女子医科大学看護学部紀要 第1巻 p.29〜p.35
18 臨床看護婦(士)の職務満足と職場内における対人関係との関連 共著 平成14年3月 東海大学健康科学部紀要 第7号 p.35〜p.43
19 東海大学健康科学部看護学科におけるカリキュラム評価システムの構築−学生による臨地実習授業評価のシステム化と今後の課題− 共著 平成15年3月 東海大学健康科学部紀要 第8号 p.37〜p.44
20 東海大学健康科学部看護学科におけるカリキュラム評価システムの構築−卒業時の学生によるカリキュラム評価アンケートの作成− 共著 平成15年3月 東海大学健康科学部紀要 第8号 p.53〜p.58
21 三角筋,中殿筋における筋肉内注射の適切な部位の検討 共著 平成16年3月 東海大学健康科学部紀要 第9号 p.29〜p.33
22 湯たんぽに関する看護技術の安全性の検討−臨床における湯たんぽの使用状況と熱傷事故の実態調査から− 共著 平成16年3月 日本看護学教育学会誌 第13巻第3号 p.19〜p.27
23 ゴム製湯たんぽの安全な使用法の検討−湯たんぽ表面温度とマウス皮膚組織への影響− 共著 平成16年9月 日本看護研究学会雑誌 第27巻第4号 p.53〜p.59
24 接触圧と加温温度の相乗作用による低温熱傷発症−マウスを用いての実験的検討− 共著 平成17年3月 北里看護学誌 第7巻第1号 p.1〜p.9
25 中心静脈カテーテルに関する感染予防対策の実態調査 共著 平成18年3月 東海大学健康科学部紀要 第11号 p.1〜p.9
26 東海大学健康科学部看護学科における「学生による臨地実習授業評価システム」の改訂プロセスと今後の課題 共著 平成18年3月 東海大学健康科学部紀要 第11号 p.21〜p.28
27 東海大学健康科学部看護学科におけるカリキュラム評価システムの構築−卒業生によるカリキュラム評価アンケートの作成− 共著 平成18年3月 東海大学健康科学部紀要  第11号 p.51〜p.55
28 感染予防のための尿道留置カテーテルの管理に関する実態調査 共著 平成19年3月 川崎市立看護短期大学紀要 第12巻第1号 p.17〜p.25
29 看護学生の健康の自己管理と支援体験における学び 共著 平成24年4月 順天堂保健看護研究 第1巻 p.34-40

(その他)
(研究報告書)
1 チューブ型感圧センサーを用いた体動検知装置の実用化に向けた基礎的研究 共著 平成21年3月 自治医科大学看護学ジャーナル 第6巻 p.145-146
2 空気改質用電子蓄電材による自律神経活動および睡眠への影響 共著 平成21年3月 研究報告書(産学協同研究)
3 チューブ型感圧センサーを用いた体動検知装置の実用化に向けた基礎的研究(第2報) 共著 平成22年3月 自治医科大学看護学ジャーナル 第7巻 p.99-100
4 本学看護学部における3年次OSCEの実施と今後の課題 共著 共立女子大学看護学雑誌 第3巻 p.62-69

(学会発表)
1 看護技術の学習初期における自己学習に影響を与える因子−基礎看護技術実技試験を実施して− 共同 平成5年7月 日本看護学教育学会第3回学術集会(於 千葉)
2 基礎看護技術の実技試験における自己学習に影響を与える因子 共同 平成6年7月 日本看護学教育学会第4回学術集会(於 東京)
3 自己評価視点の提示が看護学生の技術練習に及ぼす影響−基礎看護技術の実技試験を通して− 共同 平成7年8月 日本看護学教育学会第5回学術集会(於 千葉)
4 ベッドブラシの細菌学的汚染に関する検討−ベッドブラシの使用頻度による汚染とベッドブラシの消毒方法− 共同 平成7年7月 第21回日本看護研究学会学術集会 (於 北海道)
5 入院患者の安静度別による手指細菌汚染の実態 共同 平成7年7月 第21回日本看護研究学会学術集会 (於 北海道)
6 農漁村地域住民の保健行動特性 共同 平成9年6月 第12回日本保健医療行動科学会(於 神戸)
7 看護学生の自己教育力−看護婦イメ−ジが自己教育力に及ぼす影響− 共同 平成9年8月 日本看護学教育学会第7回学術集会(於 神戸)
8 湯たんぽの援助技術に関する実態調査−日本の医療機関における湯たんぽの使用状況と熱傷事故− 共同 平成14年7月 日本看護学教育学会第12回学術集会(於 札幌)
9 ゴム製湯たんぽの安全な使用方法の検討−湯たんぽ表面温度の経時的変化と湯たんぽ貼用によるマウスの皮膚の組織学的変化− 共同 平成15年7月 "第29回日本看護研究学会学術集会(於 大阪)
10 感染予防のためのカテーテル管理方法に関する実態調査(1)−尿道留置カテーテルについて− 共同 平成15年8月 日本看護学教育学会第13回学術集会(於 長野)
11 感染予防のためのカテーテル管理方法に関する実態調査(2)−中心静脈カテーテルについて− 共同 平成15年8月 日本看護学教育学会第13回学術集会(於 長野)
12 役割を明確に設定したロールプレイ演習での体験に対する感じ方と内省的気づき 共同 平成20年8月 日本看護学教育学会第18回学術集会(於 茨城) 平成3年7月 共同 平成21年11月 医療の質・安全学会第4回学術集会(於 東京)
14 患者の転倒リスクを予測する看護師の「臨床知」の内容の明確化―チームカンファレンスの分析から― 共同 平成21年11月 医療の質・安全学会第4回学術集会(於 東京)
15 転倒・転落につながる状態についての臨床知―転倒・転落予知メモ、転倒後の振り返りメモの分析から― 共同 平成21年11月 医療の質・安全学会第4回学術集会(於 東京)
16 転倒・転落につながる状態についての臨床知―神経内科病棟看護師グループインタビューより― 共同 平成21年11月 医療の質・安全学会第4回学術集会(於 東京)
17 看護学生の健康自己管理支援体験における学び 共同 平成23年6月 第1回順天堂保健看護研究会(於 三島)
18 基礎看護学実習における看護学生のキャリアビジョン形成を促進する教育方法の検討 共同 平成26年8月 日本看護学教育学会第24回学術集会(於 千葉)

(依頼原稿)
1 国家試験にでるキーポイントI 成人看護学(5)・老人看護学 共著 平成4年1月 クリニカルスタディ 第13巻第1号 p.107〜p.114
2 臨床で使われる用語と略語 単著 平成4年9月 准看護婦資格試験 第33巻第11号p.64〜p.65
3 国家試験サブノ−ト[第1回]基礎看護学 共著 平成4年10月 エキスパ−トナース学生版 第1巻第2号 p.111〜p.120
4 臨床で使われる用語と略語 単著 平成5年3月 准看護婦資格試験 第34巻第3号 p.64〜p.65
5 症状と看護/浮腫 単著 平成5年9月 看護学生 第41巻第6号 p.41〜p.45
6 症状と看護/排尿障害 単著 平成6年12月 看護学生 第42巻第10号 p.15〜p.19
7 なぜに答える看護手技 無菌法@ 清潔操作 単著 平成12年10月 Expert Nurse  第16巻第11号 p.60〜p.65
8 なぜに答える看護手技 無菌法A 無菌操作 単著 平成12年11月 Expert Nurse 第16巻第12号 p.60〜p.65
9 症状別の看護ケア 高体温 単著 平成13年4月 クリニカルスタディ 第22巻6号 p.112〜p.117
10 気づきから始まる看護 呼吸器感染を繰り返す気管支拡張症の患者への看護介入 単著 平成13年10月 クリニカルスタディ 第22巻11号 p.52〜p.58
11 看護教育カリキュラム評価途上にある東海大学健康科学部看護学科の取り組み 共著 平成14年4月 看護教育 第43巻4号 p.261〜p.264
作成日付 2016/10/10