環境報告書

理事長・学園長挨拶

聖徳学園の創立者川並香順先生、孝子先生は、常々「すぐれた人材の育成は最良の教育環境から」という信念をもっておられました。このことは本学園の基本的な教育方針として受け継がれており、学園の施設・設備に見られるような美しい教育環境が整備されています。
また、本学園は地球に優しいエコロジーに対処し、それを実現しています。

こうした背景のもとで本学園は、国際的認証規格であるISO9001(教育の質マネジメントシステム)とlSO14001(環境マネジメントシステム)両方を、日本の教育機関としては初めての同時取得を果たしました。この両システムは、本学園の建学の精神である「和ヲ以テ貴シトナス」とする使命および目標を達成するものであり、この理念を教育の質的向上、日常業務の内容充実に反映させております。

創立者の築き上げたこの建学の精神と教育・環境への取り組みが、ISO を通じて国際的に評価され認められたことは、学生・生徒・児童・園児および保護者のさらなる満足へとつながり、それはさらに次世代へと引き継がれるものであると確信しております。

今年度も、本学園の環境に係る取り組みを報告書として上梓いたしました。環境に係わる一般的な取り組みはもちろんのこと、教育機関としての学園の環境教育に対する取り組みも積極的に紹介し、環境への取り組みをますます充実させていく所存です。

学校法人東京聖徳学園
理事長・学園長 川並 弘純

環境報告書

PDFファイルで環境報告書をご覧いただけます。

環境報告書2017

ページの先頭へ