免許、資格の取得なら、サポート充実の聖徳大学 総合女子大学 聖徳大学・短期大学部・大学院のニュースを紹介するページです。−聖徳大学は、保育、管理栄養士養成、教員養成の分野で高い実績を誇る総合女子大学です。各種免許、資格の取得をサポートします。 http://www.seitoku.jp/univ 2018-08-16T23:50:35+01:00 text/html 2018-08-31T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 2018警察音楽隊研修会「吹奏楽コンサート」を開催します(先着順入場・無料) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1343  聖徳大学SOA音楽研究センター主催「2018警察音楽隊研修会 吹奏楽コンサート」を下記日時で開催します。北は北海道警から南は沖縄県警までの警察音楽隊員が参加します。 【日 時】 平成30年8月31日(金)13:00開演 ※12:30より聖徳大学吹奏楽研究会による「開演前のミニコンサート」を行います。 【場 所】 聖徳大学川並香順記念講堂 【出 演】 警察音楽隊研修会研修生 (合同演奏:聖徳大学吹奏楽研究会/特別出演:茨城県警察音楽隊、千葉県警察音楽隊) 【曲 目】 サンバ デ アイーダ、祝典行進曲、ディープ・パープル・メドレー 他 【定 員】 1,400名(先着順入場・無料) <問い合わせ先>  聖徳大学SOA音楽研究センター事務室  〒271-8555千葉県松戸市岩瀬550  TEL 047-365-1111(代表) ■チラシ(PDF)はこちら text/html 2018-08-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 音楽学部声楽・オペラコース主催「佐藤しのぶ客員教授・森島英子教授 公開講座~歌と生きる~」を開催します(一般聴講可・入場無料) http://www.seitoku.jp/events/20180811_kokaikoza.pdf text/html 2018-07-28T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 看護学研究所主催講演会「最新の低侵襲心臓治療」を開催します(無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1337 聖徳大学看護学研究所では、下記の講演会を開催します。 ◇日 時  平成30年7月28日(土)10:30~12:00 ◇会 場  聖徳大学1号館2階 1219教室 ◇テーマ  「最新の低侵襲心臓治療」 ◇講 師  長沼 亨(医療法人社団誠馨会新東京病院心臓内科部長) ◇参加費  無料(定員200名・事前申込不要) ◇主 催  聖徳大学看護学研究所 ◇後 援  松戸市、松戸市教育委員会、市川市教育委員会、柏市教育委員会、取手市教育委員会  心臓病のうち、冠動脈疾患(狭心症や心筋梗塞など)に対する低侵襲カテーテル治療は、デバイスの進化や術者の技術・知識の向上によりほぼ成熟しました。最近は、構造的心疾患(structural heart disease: SHD)、つまり弁膜症、先天性心疾患、心筋症など、冠動脈以外の器質的な心臓病に対する新しいカテーテル治療が話題となっています。  現在の日本国内での治療対象は、人工心肺下の外科的手術が高リスクと判断された症例(高齢者や心臓以外に併存疾患のある方)のみですが、将来的には欧米と同様に、より若年者や中等度~低リスク層へと適応が拡大されると考えられています。あの「スナイプ」は実在するのでしょうか ■チラシはこちら text/html 2018-07-21T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 第51回SEITOKU夏期保育大学を開催します~テーマ「ともに拓く 保育の新時代」(定員600名・要事前申込み) https://www.seitoku.jp/soa/kakidai/ text/html 2018-07-20T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 児童学研究所講演会「障がいのある子どもたちへの支援の現場」を開催します(無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1349 聖徳大学児童学研究所では、下記の講演会を開催します。 ◇日 時  平成30年7月20日(金)16:25~17:55 ◇会 場  聖徳大学1号館2階(1219教室) ◇テーマ  「障がいのある子どもたちへの支援の現場~アフリカ、ケニアで子どもたちに寄り添って~」 ◇講 師  公文 和子 氏 ◇参加費  無料(定員200名・事前申込不要)  シンガーソングライターさだまさし氏の名曲で、2015年に映画にもなった「風に立つライオン」。今から約50年前、JICAの前身、海外技術協力事業団から東アフリカの国ケニアに派遣された日本人医師が主人公です。主人公のモデルとなった日本人医師から代々手渡されてきた「希望」のバトンを、新たな形で引き継いでいる女性がいます。その方が、本講演の講師、公文和子先生です。  公文先生は、途上国で欠けている障がいのあるお子さんやそのご家族に対する包括的ケアを行う療育事業「シロアムの園」を立ち上げられました。ケニアから帰国されているこの機会に、女性が国際協力の場で活躍する重要性も含め、ケニアでのご経験を語っていただきます。 ≪講師経歴≫  和歌山県生まれ、東京育ち。1994年北海道大学医学部を卒業後、北海道大学小児科医局入局。北海道大学医学部大学院で学位取得後、さらにリバプール熱帯医学校熱帯小児医学修士取得。東チモール、シエラレオネ、カンボジアでの病院勤務を歴て、2002年より現在まで、ケニアで医療活動を続けている。  16年間在住するケニアでは、JICA(国際協力機構)専門家・非政府非営利団体の活動などを通して、HIV分野の人材の育成、コミュニティや医療施設におけるマラリア・HIV・結核対策、日本政府とケニア国保健分野への協力・他ドナーとの調整、保健システム強化、小児臨床などさまざまな分野で活動を行った後、3年半前にケニアの障がい児のための療育事業「シロアムの園」を設立。 ■チラシはこちら text/html 2018-07-07T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 言語文化研究所主催研究発表会「英語の単語の意味と日本語訳における誤解」を開催します(無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1340 聖徳大学言語文化研究所では、下記の研究発表会を開催します。 ◇日 時  平成30年7月7日(土)13:30~15:00 ◇会 場  聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)5階051教室 ◇テーマ  「英語の単語の意味と日本語訳における誤解-接尾辞“-able”の意味と用法並びに「アオハラ」等を例にして-」 ◇講 師  竝木崇康(聖徳大学文学部教授) ◇参加費  無料(定員40名・事前申込不要) ◇主 催  聖徳大学言語文化研究所 ◇協 力  聖徳大学文学部  最近は SDGs (sustainable development goals: 持続可能な開発目標)という表現の中で多く目にすsustainableあるいは sustainability という英語の単語は、日本ではだいぶ前から「持続可能(な)」あるいは「持続可能性」と訳されることが多い。しかし、英語の接尾辞-able の意味を厳密に分析すると、これらは適切な表現とは言えない。  本発表においては、生産的な接尾辞である -ableが付加された単語を詳しく分析したうえで、この接尾辞が持つ複数の下位意味 (submeanings) を検討し、sustainable は「維持可能な」と訳すべきであり、sustainability は「維持可能性」と訳すべきであるということを主張する。また -ableという接尾辞が実は2種類あると考える根拠や、-ability という語尾を含むさまざまな表現の興味深い点についても述べる。さらに英語の -ableが付加された表現に対応することが多い、日本語の「~可能な」という表現との比較を行い、なぜ日本では英語の-able で終わる単語の意味を誤解しやすいのかを明らかにする。加えて「セクハラ」や「アルハラ」、「マタハラ」等の、省略を受けた日本語表現の例についても述べる。 ■チラシはこちら text/html 2018-07-01T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 「アートパーク11 まつどパラレルワールド」を開催します―(参加費無料、幼児・小学生・親子で参加可) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1335 「アートパーク11 まつどパラレルワールド」を下記のとおり開催します。 日 時:平成30年7月1日(日) 10:00~15:00  ※小雨決行。雨天の場合7月15日(日)に延期 場 所:松戸中央公園 参加費:無料 ◎幼児、小学生、親子で参加OK ◎汚れてもいい服装でお越しください。 ◎マナーを守って造形あそびを楽しみましょう。 ◎駐車場は用意しておりません。各自公共交通機関等をご利用ください。 主 催:聖徳大学児童学研究所、聖徳大学生涯学習研究所 共 催:聖徳大学児童学部児童学科、聖徳大学短期大学部保育科 後 援:松戸市、松戸市教育委員会 企 画:聖徳大学児童学部児童学科 大成ゼミ・関口ゼミ・西園ゼミ、祓川ゼミ、聖徳大学短期大学部保育科 北沢Gr・永井Gr・岩崎Gr、聖徳大学美術部、写真部、聖徳大学短期大学部総合文化学科ファッションブランチ、千葉大学木下勇研究室、保育園きぼうのたから、保育園きぼうのつばさ、KEYAKIDS、松戸子育てさぽーとハーモニー、じゅんびしつ、松戸まちづくり会議、クリエイティブまつど工房、松戸市立中学校美術部有志、PARADISE AIR <お問合せ> 聖徳大学生涯学習研究所 TEL 047-365-5691 〒271-8551千葉県松戸市松戸1169 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)6階 ※当日の実施の有無、活動内容はこちらのブログhttp://artpark.exblog.jp/でご確認ください。 text/html 2018-06-16T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 教員のための心理学講座3「生徒のやる気をちょっとだけ高めるためにできること」を開催します(無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1329  聖徳大学大学院臨床心理学研究科、聖徳大学心理・福祉学部心理学科、聖徳大学心理教育相談所では、下記の心理学講座を開催します。  勉強する気が起きない。進路をきめなきゃいけないけど決めきれない。このような問題は「やりたくない課題と現状」を生徒がどのように捉えているか、という認知のの問題と言い換えることができます。  劇的にやる気を高めることができる特効薬はありません。ですが、今抱えている課題や状況に対する生徒自身の認知や理解をちょっとだけ修正することは可能です。  この講座では、生徒のやる気や意思決定を少しだけ後押しできるような心理学に関するお話を紹介いたします。 ◇日 時  平成30年6月16日(土)13:00~15:30 ◇会 場  聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)12階 ◇テーマ  「生徒のやる気をちょっとだけ高めるためにできること」 ◇講 師  矢口幸康(聖徳大学大学院臨床心理学研究科准教授) ◇参加費  無料(定員50名・事前申込不要) ◇主 催  聖徳大学大学院臨床心理学研究科/聖徳大学心理・福祉学部心理学科/聖徳大学心理教育相談所 ◇後 援  松戸市教育委員会 ■チラシはこちら text/html 2018-05-26T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 音楽学部声楽・オペラコース主催「林康子客員教授公開講座~イタリアの音楽と声~」を開催します(一般聴講可・入場無料) http://www.seitoku.jp/events/20180526_hayasiyasuko.pdf text/html 2018-05-26T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 音楽学部演奏学科 声楽・オペラコース&ミュージカルコース主催「平成30年度公開講座」を開催します(無料) http://www.seitoku.jp/events/2018_music_klokaikoza.pdf text/html 2018-05-13T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 「看護フェスタ2018 by 聖徳大学看護学部」を開催します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1315  聖徳大学看護学部では、地域の方々に、健康に過ごすための生活についてともに考え、看護について広く知っていただくことを目的として、昨年に続き「看護フェスタ」を開催します。皆様のご参加をお待ちしています。 ■ちらし(PDF)はこちら ◇名称  看護フェスタ2018 by 聖徳大学看護学部 ◇日時  平成30年5月13日(日)10:20~13:00 (受付 9:45~) ◇会場  聖徳大学3号館 ◇参加費  無料(事前申込不要) ◇主催  聖徳大学看護学部 ◇後援  松戸市、松戸市教育委員会、松戸商工会議所 ◇協力  聖徳大学大学院看護学研究科、聖徳大学看護学研究所、聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) ◇プログラム  ☆10:20~11:00 オープニング・ミニ講演   「どうしたら防げる認知症!-若いときからの対策が大事-」   講師:水戸美津子(聖徳大学看護学部長)  ☆11:00~13:00 体験コーナー・相談コーナー   ・骨の健康や血管の健康を測定   ・いつまでもお元気で!「体操」   ・看護学科教員(看護職)と健康相談   ・ストレスチェックコーナー   ・患者ロボット演習体験   ・ちびっこユニフォーム試着体験   ・赤ちゃん抱っこ体験コーナー 他 ※「看護フェスタ2018by聖徳大学」は、松戸市の「まつど健康 マイレージ」対象プログラム(5マイル)となります。  「まつど健康マイレージ」については、下記URLをご覧ください。 http://www.city.matsudo.chiba.jp/iryoutoshi/healthcare/kenko_mileage/index.html ※聖徳大学看護学部ホームページは、下記URLをご覧ください。 https://faculty.seitoku.ac.jp/nursing/ text/html 2018-04-21T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)オープニングセレモニーを開催します http://www.seitoku.jp/soa/soa_opening.pdf text/html 2018-03-09T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 平成29年度学位記授与式・卒業証書学位記授与式のお知らせ http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1291 平成29年度学位記授与式・卒業証書学位記授与式を下記の通り挙行いたします。                     記 【日時】  <1日目> 平成30年 3月 9日(金) 9時 30 分より  大学院   児童学研究科  博士後期課程・博士前期課程   臨床心理学研究科  博士後期課程・博士前期課程   音楽文化研究科  博士後期課程・博士前期課程   教職研究科  専門職学位課程  大 学   児童学部  児童学科   心理・福祉学部 心理学科 社会福祉学科   音楽学部  演奏学科 音楽総合学科 <2日目> 平成30年 3月10日(土) 9時 30 分より  大学院   言語文化研究科  博士後期課程・博士前期課程   人間栄養学研究科  博士後期課程・博士前期課程  大 学  文学部  文学科   人間栄養学部  人間栄養学科   看護学部  看護学科  短 大   保育科  総合文化学科  専攻科  大学院(通信) 児童学研究科 博士後期課程・博士前期課程  大 学(通信) 児童学部 心理・福祉学部 文学部 人文学部  短 大(通信) 保育科 【場所】川並香順記念講堂 ※ご家族の方の座席は、講堂1階及び2階にご用意しております。  会場内にはクロークはございませんので、荷物はお手元にお持ちください。  学内には駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください。 【お問い合わせ先】    学生支援課・通信教育学務課    TEL 047-365-1111(代)                                              以上 text/html 2018-03-03T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学×新京成電鉄「スプリングコンサート2018」を開催します(無料・申込み不要) http://www.seitoku.jp/events/20180303_springconcert.pdf text/html 2018-02-24T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 言語文化研究所 研究発表会・シンポジウム「英米文学の名作を読む」を開催します。 http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1285 聖徳大学言語文化研究所主催研究発表会・シンポジウムを下記の通り開催いたし ます。  聖徳大学言語文化研究所では、「英米文学の名作を読む」をテーマに研究を続け ており、その研究成果を、毎年、研究発表会やシンポジウム等を通じて発表してま いりました。  今年度は、下記の通り、3日程に渡って研究発表会・シンポジウムを開催いたし ます。  皆様のご参加をお待ちしております。 【第1回(研究発表会)】 日  時 :平成30年2月24日(土)13:00~15:00 会  場 :聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)12階 発 表 者 :宮内 泰彦(元聖徳大学兼任講師) 演  題 :E.M.フォースター『ハワーズ・エンド』       ―散文と情熱の虹の架け橋― 司  会 :原 公章(元日本大学教授) 【第2回(研究発表会)】 日  時 :平成30年3月17日(土)13:00~15:00 会  場 :聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)12階 発 表 者 :小山 努(聖徳大学兼任講師) 演  題 :T・ハーディ『ダーバヴィル家のテス』       ―ストーンヘンジとキリスト教を巡って― 司  会 :藤井 繁(聖徳大学名誉教授) 【第3回(シンポジウム)】 日  時 :平成30年3月24日(土)13:00~15:00 会  場 :聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)12階 発表者(1) :藤井 繁(聖徳大学名誉教授) 演  題 :『L・ハーン』の怪奇文学―「おしどり」と「雪女」を巡って 発表者(2) :天野 暁子(聖徳大学兼任講師) 演  題 :『デイヴィッド・コパーフィールド』再考 発表者(3) :武田久子(聖徳大学兼任講師) 演  題 :D.H.ロレンス『狐』再考―マーチの視点を中心に 司  会 :藤井 繁(聖徳大学名誉教授)        (※司会者はチラシの記載内容から上記に変更となりました) ■研究発表会のチラシはこちら ■シンポジウムのチラシはこちら text/html 2018-02-20T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 第4回千葉県COC+合同シンポジウム「大学教育と地域創生~産官学金協働による地域づくり~」を開催します(無料・要事前申込み) http://www.seitoku.ac.jp/chizai/event/2018/02/12779/ text/html 2018-02-10T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 児童学研究所 子どもの発達シンポジウム「タバコのない社会で生きる健やかな世代を育てるために」を開催します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1278 聖徳大学児童学研究所主催シンポジウムを下記の通り、開催いたします。 第12回 子どもの発達シンポジウム 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、 タバコのない社会で生きる健やかな世代を育てるために 日  時 : 平成30年2月10日(土)13:00~17:00 会  場 : 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 申  込 : 不要 費  用 : 無料 ■チラシはこちら 【プログラム】 原田 正平(聖徳大学児童学研究所長) 「なぜ子どもと家庭をタバコから守らなければならないのか   ~子どもの発達の観点から~」 加治 正行(静岡市保健所長) 「子どものための防煙・卒煙」 鈴木 修一(国立病院機構下志津病院小児科医長) 「中学生における受動喫煙防止教育」 平野 公康(国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ対策支援部研究員)       ※現在、厚生労働省健康局健康課 たばこ対策専門官 「タバコ広告・後援活動とお人好しの日本人」 text/html 2018-02-03T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 比較言語文化意味論シンポジウム「諸言語の色彩語彙とその文化」を開催します(無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1276 比較言語文化意味論シンポジウム「諸言語の色彩語彙とその文化」を下記のとおり開催します。 日 時:平成30年2月3日(土)13:00~16:00 会 場:聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館)14階 申込み:不要 費 用:無料 パネラー:  林 史典(聖徳大学言語文化研究所長)  森 貞美(聖徳大学児童学部児童学科准教授)  ピーター ヴィンセント(聖徳大学語学教育センター教授)  アラン メドウズ(聖徳大学語学教育センター准教授)  クリスティアン ブティエ(聖徳大学言語文化研究所准教授)  アダウト ジニーズ(聖徳大学語学教育センター准教授)  李 哲権(聖徳大学文学部文学科准教授) 司 会:北村 弘明(聖徳大学言語文化研究所教授) 【内 容】  松や椿などの常緑樹が古来「不変・永遠」のイメージを持つのに対し、落葉樹はその色が季節の変化を映し出します。  春は萌え 夏は緑に 紅の まだらに見ゆる 秋の山かも  索漠たる冬山の景色は、春の訪れとともにみずみずしい浅緑に彩られます。やがて深緑の夏。その深い緑は、秋が深まるにつれて紅や黄をちりばめた錦のような美 しさに・・・。  『万葉集』巻10の「秋の雑歌」に〈山を詠む〉として収められたこの歌は、日本の四季の移ろいを色彩の変移を通して見事に描き出しています。  私たちの視覚世界は、形象と色彩によって成り立っていますが、別けても色彩は、この歌のように、深く人の心に染み入る感情を伴います。一体、外国語は、そんな色彩をどのような言葉で表し分け、そして、そこにはどんな感覚・感情が潜んでいるのでしょう。  日本語と韓国語・英語・フランス語・ポルトガル語・中国語を比較して考えます。 ■チラシはこちら text/html 2017-12-16T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学×新京成電鉄「クリスマスチャリティコンサート」を開催します(無料・申込み不要) http://www.seitoku.jp/events/20171216_Christmas.pdf text/html 2017-12-16T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 SOA開設25周年記念・香和会創立50周年記念 特別講演会&演奏会を開催します―第1部:田村隆氏講演/第2部:音楽学部ミニコンサート(要事前申込み) http://www.seitoku.jp/events/20171216_soa_lecture.pdf text/html 2017-12-15T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学言語文化研究所主催「社会人になるための実践敬語」を開催します(学内向け) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1255  聖徳大学言語文化研究所主催「社会人になるための実践敬語」を下記のとおり開催します。  日 時 : 平成29年12月15日(金)5限(16:25~17:55)  会 場 : 聖徳大学 1323教室(1号館3階)  対 象 : 本学学生および附属高校生  申 込 : 不要  費 用 : 無料  講 師 : 林 史典 先生(聖徳大学言語文化研究所長) 【講師より】  敬語は、常識と品位ある社会人になるための必須アイテムです。日本語の世界では、円滑なコミュニケーションを図るのにも、良好な人間関係を築くのにも、敬語が重要な役割を果たすからですね。  でも、その基本を理解していない人、使い方に自信のない人が少なくありません。外国語から見た日本語の敬語は複雑・難解ですが、私たち日本人はそんなに難しく考える必要はありません。少し関心を持つだけで自信がつき、敬語上手になることができます。  この講演では、実際の場面を想定して、敬語の仕組みから使い方、留意点までわかりすく解説します。 【講師プロフィール】  林 史典(はやし ちかふみ)  聖徳大学言語文化研究所長  筑波大学名誉教授・元文化審議会委員(国語分科会長)。  筑波大学教授、筑波大学副学長などを経て現職。専門分野は日本語学。 ■チラシはこちら text/html 2017-12-12T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳学園シリーズコンサート「第九の夕べ」満席のお知らせ http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1267 シリーズコンサート第34回 聖徳学園「第九の夕べ」 公演日:平成29年12月12日(火)開演18:15 おかげさまで満席となりました。誠にありがとうございました。 なお、誠に申し訳ございませんが当日の座席券はございません。 ご不明な点等ございましたら音楽学部事務室までご連絡下さい。 〈問合せ先〉 音楽学部事務室 047-703-0111 text/html 2017-12-12T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 第34回 聖徳学園シリーズコンサート「第九の夕べ」を開催します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1248 第34回 聖徳学園シリーズコンサート「第九の夕べ」のお知らせ 日時:平成29年12月12日(火) 開演18:15 会場:聖徳大学川並香順記念講堂 指揮:山本 真 管弦楽:東京交響楽団 ソプラノ:宮部 小牧 アルト :磯地 美樹 テノール:望月 哲也 バリトン:青戸 知 合 唱 :聖徳学園“第九”合唱団、日本声楽家協会 ※鑑賞をご希望の方は入場整理券1,000円が必要となりますので、 経理課(聖徳大学8号館4階)へお越しください。 なお、当日のチケット販売はありません。 ご不明な点等ございましたら音楽学部事務室までご連絡ください。 〈問合せ先〉 音楽学部事務室 047-703-0111 ■チラシはこちら お問い合わせ:聖徳大学 教育支援課音楽支援グループ        電話 047-703-0111 text/html 2017-12-10T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 「ジュニア夢カレッジ3~プロから学ぶお仕事体験」を開催します(無料・要事前申込み) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1261 生涯学習研究所主催「ジュニア夢カレッジ3~プロから学ぶお仕事体験」を開催します。 日時:平成29年12月10日(日)10:00~16:00(9:30受付開始) 場所:聖徳大学松戸キャンパス 他 対象:小学4年生~中学生 費用:無料 申込:事前申込み制(11/24(金)メール必着・定員を超えた場合は抽選) ■チラシ(PDF)はこちら 表面 裏面 【お仕事一覧】 新聞記者(8名)/パティシエ(15名)/音楽療法士(20名)/幼稚園教諭・保育士(20名)/建築士(20名)/心理カウンセラー(10名)/管理栄養士(10名)/看護師(20名)/医師(15名)/養護教諭(15名)/図書館司書(20名)/グラフィックデザイナー(10名)/鉄道職員(10名)/弁護士(20名) 【タイムテーブル】  10:00~11:00 開講式、オリエンテーション  11:00~14:15 職業体験・昼食  14:15~16:00 成果発表会・閉講式  ※昼食は各自でご用意ください。  ※詳細は、後日送付する参加票をご確認ください。 【申込み方法】 Eメールでお申込みください。件名に「ジュニア夢カレッジ3参加希望」、本文に下記(1)~(9)をもれなくご記入ください。 メール送り先:frontier@seitoku.ac.jp (1)参加希望者名(ふりがな) (2)郵便番号・住所 (3)電話番号 (4)学校名・学年 (5)性別 (6)保護者氏名・緊急連絡先 (7)第1~第3希望職業 (8)ご希望に添えなかった場合は、他の職業でもいいですか? はい/いいえ (9)撮影の可否 はい/いいえ (研究や広報に使用する場合があります) ・応募締切:平成29年11月24日(金)17:00受信分まで ※2日以内(土日・祝日を除く)に受信完了メールをお送りします。届かない場合はお問合せください。 ・結果発送:平成29年11月28日(火)発送 ※12月1日(金)までに届かない場合は、お問合せ先までご連絡ください。 <お問合せ先> 聖徳大学生涯学習研究所 〒271-8551千葉県松戸市松戸1169 聖徳大学生涯学習社会貢献センター(聖徳大学10号館6階) TEL:047-365-5691 E-mail:frontier@seitoku.ac.jp 窓口受付時間:平日9:00~17:30 URL: http://www.tunagari.jp/ Facebook:facebook.com/seitokusyougai text/html 2017-12-05T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 児童学研究所主催講演会「医療的ケアの必要な子どもを地域で支えるには」を開催します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1262 児童学研究所主催講演会を下記の通り、開催いたします。 医療的ケアの必要な子どもを地域で支えるには ~真の意味でのインクルーシブ保育・教育~    日 時 : 平成29年12月5日(火) 16時25分~17時55分  会 場 : 聖徳大学 香順メディアホール  申 込 : 不要  費 用 : 無料  講 師 : 下川 和洋 先生         【下川和洋先生プロフィール】  1988年 東京学芸大学卒業   同 年  東京都立村山養護学校勤務  1999年 東京都立府中養護学校勤務  現在、NPO法人地域ケアさぽーと研究所所属、女子栄養大学大学院等非常講師 【講演概要】  「医療的ケアが必要な子どもと学校教育」についての専門家である下川和洋先生 に講演をお願いしました。下川先生は、1988年から都立村山養護学校などの現場で 経験を重ね、2000年に最初の著書「医療的ケアって大変なことなの?」(ぶどう社) をまとめた頃から、気管切開はしているが肢体不自由や知的障害を伴わない子ども 達の、保育所利用や小中学校への就学・進学の相談を受けるようになり、今でいう インクルーシブ保育・教育に早い時期から関わっておられます。今回はそうした経 緯や現状での課題などをお話しいただきます。 ■チラシ(PDF)はこちら 児童学研究所主催講演会「医療的ケアの必要な子どもを地域で支えるには」 text/html 2017-12-02T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学音楽学部・聖徳大学大学院音楽文化研究科「第19回定期演奏会」を開催します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1260 聖徳大学音楽学部・聖徳大学大学院音楽文化研究科「第19回定期演奏会」開催のお知らせ 日時:平成29年12月2日(土)14:00開演(13:30開場) 会場:聖徳大学川並香順記念講堂 主催:聖徳大学音楽学部 共催:聖徳大学SOA音楽研究センター ※鑑賞をご希望の方は入場整理券500円(全席自由席)が必要となりますので、音楽学部事務室までご連絡ください。なお、当日券もございます。 〈問合せ先〉 音楽学部事務室 047-365-1111(大代) ■チラシはこちら text/html 2017-11-22T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳大学言語文化研究所主催「聖徳大生のための読解力・聴解力の基礎」を開催します(学内向け) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1254  聖徳大学言語文化研究所主催「聖徳大生のための読解力・聴解力の基礎」を下記のとおり開催します。  日 時 : 平成29年11月22日(水)5限(16:25~17:55)  会 場 : 聖徳大学 香順メディアホール(1号館3階)  対 象 : 本学学生および附属高校生  申 込 : 不要  費 用 : 無料  講 師 : 林 史典 先生(聖徳大学言語文化研究所長) 【講師より】  私たちに必要な情報は文字や音声を通じて伝えられます。もしも、それを読み取る力、聞き取る力に欠けると大変ですね。そのことが、勉学を進めたり、新しい技能を身につけたり、 …自分を進化させることの大きな妨げになってしまいます。高度に情報化された社会では、溢れる情報の中から如何に効率よく大切な内容を取り出せるか。まさに、その力が問われているのです。  読解力や聴解力は、いろいろな文章を読み、いろいろな話を聞くという行為、つまり経験の中からでなければ育ちません。  この講演では、すでに自分の中にある読解力・聴解力を高めるための方法について、実例を用いながら解説します。 【講師プロフィール】  林 史典(はやし ちかふみ)  聖徳大学言語文化研究所長  筑波大学名誉教授・元文化審議会委員(国語分科会長)。  筑波大学教授、筑波大学副学長などを経て現職。専門分野は日本語学。 ■チラシはこちら text/html 2017-11-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 第53回聖徳祭 『革命!集いし輝く女性たち』 を開催します(11/11~11/12・「千産千商」同時開催) http://www.seitoku.jp/events/seitokusai.pdf text/html 2017-11-04T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 音楽学部ミュージカルコース主催「吉岡小鼓音講師 公開講座~劇団四季で主役をつとめて~」を開催します (一般聴講可・入場無料) http://www.seitoku.jp/events/20171104_kokaikoza.pdf text/html 2017-10-28T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 生涯学習研究所主催 平成29年度課題別研究会「データでみる女性の社会的孤立」を開催します (無料・事前申込み不要) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1236 聖徳大学生涯学習研究所主催 平成29年度課題別研究会 「データでみる女性の社会的孤立ー夜の世界で働く人々のセカンドキャリアー」を開催します。 ○日時:平成29年10月28日(土)16:30~18:00 ○場所:聖徳大学生涯学習社会貢献センター(10号館)12階  (千葉県松戸市松戸1169) ○参加費:無料(事前申し込み不要) ○講師:角間惇一郎 氏  一般社団法人 Grow As People (GAP) 代表理事 ○コーディネーター:  ・川口 一美(聖徳大学 心理・福祉学部社会福祉学科 准教授、聖徳大学 生涯学習研究所 研究員)  ・佐藤 可奈(聖徳大学 心理・福祉学部社会福祉学科 講師、聖徳大学 生涯学習研究所 研究員)  近年、社会的孤立に陥りやすい新たな属性として、風俗業界で働く女性が注目されていることを皆さんご存知でしょうか?  一般社団法人Grow As People(GAP)代表理事である角間惇一郎氏は、風俗産業に関わる女性のセカンドキャリア支援、調査研究、情報発信等を行い、「どんな状況でも孤立せず、望めば次にいける社会」の実現を目指し、活動しています。  本研究会では、2017年2月にGAPが発行した『夜の世界白書2016年版』データから、風俗産業で働く女性を取り巻く状況及びGAPの活動を角間氏よりご講演いただき、社会的孤立解消に向け、私たちや社会はどうあるべきかについて考えたいと思います。 ■PDFはこちら