聖徳の特色 Feature ご挨拶

学園長・理事長 川並弘純

本学園は、創立以来、次の時代に活躍できる有能な女性の育成を目標に、常に教育環境・教育内容の充実を図ってまいりました。

もちろん、そのすべての方策の根底には、創立者川並香順・孝子両先生と前学園長川並弘昭先生が育み続けてまいりました建学の理念「和」の精神が脈々と息づいていることはいうまでもありません。

学園長・理事長 川並弘純

創立65周年を迎えた平成10年、聖徳大学大学院の開設をもって、創立者両先生が念願しておりました、幼稚園から大学院までの一貫教育を確立するに至ったのであります。ここに聖徳学園は、女子教育の一つの理念を具現化いたしました。

そしてここから「新世紀に羽ばたく有為な人間の育成」を命題とする、本学園の新たな第一歩が始まると確信しております。

校長 川並芳純

本校は学校法人東京聖徳学園の創立50周年を機に、思いやりの心と品格を備えた女性の育成を目指し、昭和58年4月に開校しました。建学の精神を「和」とし、人生でもっともみずみずしく、人として伸びる時期に、自立心や社会で活躍するために大切な、「女子教育」と「学力向上」の2つを高める教育を行っています。
「女子教育」とは、心の美しい女性、自立できる女性を育てることです。

校長 川並芳純

聖徳独自の女子教育、セカンドカリキュラムで「思いやりの心」を養い育てるとともに、マナーや人間関係、教養を育てます。

「学力向上」とは、とことん学習の面倒をみることです。
一人ひとりの将来をみつめて、多角的な指導を徹底し、「伸ばすカリキュラム」やさまざまな学習プログラムで、希望の進路を実現します。これが聖徳ならではの教育です。

聖徳には、自分の中の夢を発見し、育て、開花させるための環境が用意されています。友だちをたくさん作り、先生とも自分の「明日の話」をたくさんして、夢を育ててください。教職員一同は、生徒たちの夢の実現をしっかりと支えていきたいと思います。

トップページに戻る