聖徳の学習カリキュラム

思い描く未来を着実に実現するために、聖徳では3つのクラスを用意しています。

S選抜クラス|国公立、最難関私大を目指すための6PROGRAMS

学習の流れ|基礎基本の徹底とスピード(高校の先取り学習)キャリアプログラムの実践

高校の学習システムはこちら

確かな学力の定着

  • 基礎学力の徹底した習得と先取り学習による「早慶上理」以上の大学受験対策
  • 理数スーパーアカデミア(実験重視型授業)

和の精神と日本文化を次世代に継承できる人材の育成

  • 小笠原流礼法師範による高位許状授与にむけた6年間必修授業
  • 伝統文化継承と言語表現活動重視の聖徳書道メソッド

健全な身体、強靭な意志の涵養

  • 自己実現力向上のための部活動必修参加
  • 決断力と行動力を備えたリーダーの育成

国際的視野の拡大

  • SEITOKU英語集中プログラム
  • 多様な国際社会に対応する国際交流プログラム。

言語能力の育成(表現力と理論的思考力)

  • 自己表現活動に結びつく情操教育(作品制作・教科活動の発表)
  • 論理的思考の確立を目指した教科活動(発表会・ディべート)

SEITOKU(キャリアレッスン・プログラム)

  • 将来の職業理解と自己実現のための体験型学習
  • 各種検定(英検・TOEIC・漢検・数検・硬筆検定など)の上級資格取得
  • 国際教養としての芸術鑑賞プログラム

選抜クラス|国公立、難関私大を目標にした学習中心 学習のポイント

学習の流れ|中1 徹底した基礎学力の定着 中2~3 受験に備えた学習スタート I類:国公立 II類:私立

※ 音楽科を選択する生徒のために、1~3年次の放課後に「音楽教室」を行っています。

※「音楽教室」には普通科対象の保育コースもあります。

高校の学習システムはこちら

難関大学への進学を目指すクラスです

  • 学習内容や受験対策が充実しているだけでなく、6年間を同じ仲間と過ごすことにより目的意識も学習意識も高まります。将来の目標実現に向かってのモチベーションの持ち方や向上心の引き出し方や目標実現に向けて特別に組まれたカリキュラムで学習を継続します。

中学3年生時より難関大学への受験に備えた学習がスタート

  • 選抜クラスは高校はI類・II類となり、高校2年生時からは国公立大学を目指すI類、または難関私立大学を目指すII類とわかれ、それぞれ文系進学と理系進学のカリキュラムを履修します。高校1年生の夏には3泊4日の学習合宿を実施。3教科の受験対策を徹底します。

ゼミ・スーパーゼミ

  • 外部大学の受験を希望している生徒のためにゼミを開講しています。
    このゼミは放課後(中学は7限目、高校は7・8限目)及び休業中に行われています。学力の向上だけでなく、長期休業中の学習習慣を保つための一助となるよう実施しています。中学では3教科、高校では5教科です。
    また、ゼミを選択している生徒の中から上位クラスの生徒を選抜して、スーパーゼミを行っています。
    中学3年次から高校3年次まで3教科の補習を実施しています。

東大生学習コーチ(難関大学受験希望者対象)

  • 高校2・3年生のスーパーゼミの中から選抜された難関大学受験希望者を対象に、現役東大生をコーチに招いて、5人程度の少人数制で主に土曜日、年間30回のゼミを行っています。
    受験経験が生徒により近い現役東大生のコーチに、勉強だけでなくその方法や生活サイクル、モチベーションの保ち方なども教えてもらうことで向上心を引き出し、目標実現のための具体的な計画を立て、それを実行します。

進学クラス|聖徳大学をはじめとする私立大学への進学を目指す 学習のポイント

学習の流れ|中1~2 徹底した基礎学力の定着 中3 聖徳大学や他大学の進学に備えた学習スタート III類

※ 音楽科を選択する生徒のために、1~3年次の放課後に「音楽教室」を行っています。

※「音楽教室」には普通科対象の保育コースもあります。

高校の学習システムはこちら

中高一貫教育のメリットを最大限に活かしたカリキュラム

  • 確かな学力と豊かな人間性を養う
  • 35の部活動に積極的に参加
  • 将来の進路目標実現に向けた基礎力徹底重視の学び

在学中の公的資格取得の奨励

  • 漢字検定・数学検定・硬筆検定などの3級以上の級位を必修取得
  • 英検合格に向けた「英検CAT」の活用
  • 選択演習としての開講講座を数多く開設し、英検やTOEICなど上位級の資格取得を目指す講座も設置

理解力アップと苦手科目克服

  • 家庭学習の方法を指導、自学自習意欲を促す
  • 普段の授業ではわかりにくかった内容も丁寧に指導

SSS(seitoku support system  聖徳サポートシステム)

  • 中学時の学習サポートとして、英語・国語・数学の3教科で、学習到達度に応じての補習を行うシステムです。家庭学習の方法について指導をし、自学自習ができるように促します。原則として火曜日・木曜日・金曜日の放課後に50分間の指名補習を行い、普段の授業ではわかりにくかった内容も先生方が丁寧に教えてくれます。理解力アップと苦手科目克服につながります。

聖徳大学との連携を計った「高大連携授業」

  • 希望に応じて聖徳大学の授業を受講し、履修した単位は、聖徳大学・短期大学部への入学時には修得単位として認定されます。さらに、選択演習としての開講講座も数多く開設し、英検やTOEICなどの検定試験の上位級の資格取得や将来の進路実現に直結する選択講座なども設置。聖徳大学附属小学校での教育観察実習等は将来の小学校教員志望者向けの講座です。

トップページに戻る