お知らせ

部活動合宿報告【マーチングバンド部・アニメーション部】   




部活動合宿報告【マーチングバンド部・アニメーション部】



各部活動の夏期合宿が実施されました。
学校ホームページの「部活動紹介ページ」に指導の先生方により各部の夏合宿の様子が紹介されております。

先生方の掲載記事を転載し、マーチングバンド部・アニメーション部の夏合宿の活動の様子を紹介いたします。




【マーチングバンド部】

森田先生マーチングバンド部 部活動掲載記事

→  合宿 in 秩父



7月31日(月)~8月3日(水)まで、埼玉県秩父市で合宿を行いました!

移動を含めて4日間、楽器隊は合奏・ガードは振り付け、みっちり練習できました。


IMG_0211.JPG




IMG_0214.JPG



マーチングバンドは、マーチ(行進)するだけの競技ではありません。

フィールドの中で移動し、フォーメーションを組みながら演奏します。

みんなの動きがばっちり決まったときは圧巻の迫力です!




IMG_0239.PNG

IMG_0240.PNG



たくさん練習した後は、みんなでご飯。
おいしいご飯はみんなを笑顔に、練習をよりよいものにします。




20170802192634.JPG




20170802192753.JPG


みんなお疲れ様でした!

大会に向けてこれからが本番です! 

気を引き締めて頑張っていきましょう!!






【アニメーション部】

 
夏合宿紹介記事 学校HP 森先生掲載記事


   → アニメーション部合宿の様子と自己発見

   → アニメーション部 校内合宿




アニメーション部は例年、夏に校内合宿をしています。

今年も3泊4日しました。

 

「アニメーション部って合宿するの?! え、しかも3泊4日も?!」

「何してるの? ひたすらアニメを見てるの?」

など。

このようなお声をこの合宿中、沢山いただきました。

私も最初は合宿で何するのかわからず、そう思いました。

以下の写真やレポートでい色々な事が伝われば幸いです。

 

まず、今年の夏は聖徳祭で展示するイラストを描きました。

B2サイズのイラストボードに描きました。

B2サイズはB5のノート8冊分の大きさです。

例年より大きなサイズに今年は挑戦しました!

(私が発注を間違えたとは口が裂けても言えない。)


 

鉛筆で下書きをして・・・(これでだいたい半日以上かかる。)


IMG_3262.JPG

 

色を塗ります!



IMG_3247.JPG

 

IMG_3235.JPG


(アクリル絵の具を使う部員もいれば・・・)

 


IMG_3238.JPG

(色鉛筆を使う部員も・・・)

 

たまにアクシデントも!!!


IMG_3233.JPG



「先生~!腰のあたりにパレットに出そうとした白い絵の具がついちゃいました!
同じ色作れるかな?どうしよ!」

 


IMG_3239.JPG


という時に同じ色を作るコトが私の今回の仕事でした。

 

今回の合宿で私は部員に感謝していることがあります。

それは自分が知らなかった得意分野を部員のおかげで発見出来たことです。

私はこの合宿で、自分自身が同じ色を再現したり、
色彩を細かく判別することが出来るのに気づきました。

絵を描く合宿に何故3泊4日もいるのか。

第一の理由に見本と同じ色を再現するコトに時間がかかる点です。

さらに大変大きなボードなので絵の具が途中で足りなくなったりします。

そうすると、もう一度同じ色を作るコトができなくて、、、
やる気も損なわれて、、、ということが何回もありました。

 

高校卒業以来、アクリル絵の具と筆に触れていなかった私は
最初は高見の見物で部活に参加していました。

ですが試しに参加してみたらその再現する難しさと
集中力が必要なことがわかりました。


そして上記に述べたような自己発見が出来ました。

部員が「先生!この色でいいかな?どうかな?」

と頼ってくれた事がうれしかったです。

 

 

IMG_3258.JPG

 


IMG_3249.JPG

 


IMG_3251.JPG

 


IMG_3264.JPG

 


IMG_3236.JPG

 

 

3泊4日で絵が完成した生徒が3人もいました!

中には夜中の3時くらいまでかけて描いていた生徒もいます。

普段はこんなに大きなボードに描くことはありません。

一人だったら途中であきらめてしまうかもしれません。

このように粘り強く絵を描くことが出来るのは,

部活で部の人と交流をしながらだからかな?と思います。

部活って良いなと思いました。

 

これらの絵は聖徳祭で展示します。

実際に彼女たちの絵を目の前にして見ると迫力がありますよ。

近くで見たり、遠くで見てみると努力の形跡がわかります。

ぜひ見てください。