1. Top>
  2. 学科紹介>
  3. 保育科第1部 (昼間部・2年制)>
  4. 授業内容

学科紹介

  • 保育科第1部 (昼間部・2年制)
    • 1部生の1日
    • カリキュラム
    • 授業内容
    • 先輩へのインタビュー
  • 保育科第2部 (夜間部・3年制)
  • 卒業生からのメッセージ
  • 聖徳教育
  • 実習
  • グループ活動の重要性
  • 学校行事&年間スケジュール
  • セイトク日記
  • セイトクカレンダー

保育科第1部 (昼間部・2年制)

授業内容

授業で養う実践力 - 日々、積み重ねていくチカラ。

音楽I:一人ひとりのレベルにあわせた指導!

まったくの初心者でも安心です。個々のレベル別に指導を行っていくので、着実に上達することができます。これまで、入学したときは音符も読めなかったのに、卒業する頃には歌いながら弾けるようになった学生もいました。もちろん、厳しく指導することもあります。すべては卒業後のため。子どもたちの歌声や気分にあわせて、元気よく歌いながらピアノが弾ける力を身につけます。

音楽Iの授業について学生に聞きました
授業には個人指導の時間があります。一人ひとりのクセや間違えやすい箇所について、指導を受けることができます。私は1年生のときに左手をよく間違えていて、先生から「いきなり両手で練習するのではなく、まずは片手ずつ練習してみなさい」と指導してもらいました。

児童文化II:人形劇は、大きな声で、感情を込めて表現。

紙芝居や人形劇など、遊びの技術を学びます。これらは、子どもたちの心や体の発達に大きな影響を与えるもの。そのためにしっかりと理論を学ぶ必要があります。

児童文化III:学ぶのは、日本の伝統文化「折り紙」あそび。

セイトクで大切にしている「折り紙」。1枚の紙がいろいろな形に変わる。それは子どもにとって大きな驚きであり、創造する力を伸ばす重要な科目なのです。

  • こんな作品も折り紙で作れます!

  • 学んだことを活かした創作作品!

専門体育I・II 子どもたちのお手本となる「せんせい」を目指す。

子どもはダンスやおにごっこなど、遊びを通して成長します。この授業では、子どもに遊びの楽しさを伝える「せんせい」に必要な身体表現を学び、子どもと楽しく遊べる「せんせい」を目指します。

子どもの食と栄養:食事は身体と心の成長にとって重要です。

成長とともに変化していく乳幼児の食事。調理実習や教材作りを行いながら知識と技術を身につけます。

聖徳教育III 保育者としての必要な心構え。

子どもたちを取り巻く環境が大きく変わったことで、それぞれが抱えている問題も大きく変化しています。まずはその内容を知り、保育者としての第一歩を学びます。

ページトップへ

保育士・幼稚園教諭を目指すなら聖徳大学幼児教育専門学校
〒108-0073 東京都港区三田3-4-28 
TEL:03-5476-8811(代表) FAX:03-5476-8820