2018/11/20

文化祭~聖徳にこにこまつり~(1120)

こんにちは

学生サポートセンターの仲野です☆

11月ももう半ばを過ぎました。。
来月は「師走」。

三田のセイトクは実習も文化祭も終わり
一段落しています。

さて、今日はそんな1年生の文化祭の様子です。

1部1年生、1部1年生は入学して半年が過ぎました。
幼稚園の先生や、保育士になるために、専門の知識、技術を学んでいます。

入学当初はなにも知らなかった1年生ですが
授業や実習を通して、先生にちゃんと近づいています。

人形劇は劇だけでなく、手遊びや絵本、紙芝居など、
30分、子どもたちの前で先生をします。

1

253a0330

2

子どもたちの思いがけない掛け声や、つっこみだって勉強になります

5

子どもたちの真剣なまなざしや、楽しそうな顔が
演じているほうは見られないのが少し残念(><)

6

こんなに必死になっているのに

7

でも、終わった後の子どもたちの笑顔は、やっぱり嬉しい☆

3

だけどこれも、
打ち合わせや練習を重ねたから。
指人形も手作りだけど、台本だって手作りなんです。

8

台本の手直しを幾度となく繰り返しながら、完成しました。

9

子どもと遊ぶコーナーは、遊びのルールを共有しなくてはいけませんし、
一人一人の子どもにかける言葉も違います。

253a04642

dsc_1676

4

12

11

こうやって子どものいる「現場」のようなところで学ぶ事が
どれだけ勉強になる事か!!

ちなみに、1部2年生は完全に幼稚園でのお手伝いになります。

13

準備や休憩時間にもちょっと余裕がみられるのは私だけではなかったはず(笑)

準備中、カメラの前でふざけて、幼稚園のお手伝いに来てくださっているお父様に笑われる・・

0

子どもより夢中になって、私に気づかない

14

と、2年生になると心の余裕も出てくるのかもしれませんね。

1年生はこの1か月間、時間がない中様々な企画を進行してきました。
必ずしもすべてがうまくいったとは言えないかもしれませんが
聖徳大学幼児教育専門学校は、実際の就職先でうまくいくように、
こういった場を設けています。
学校でたくさん失敗を繰り返して、現場に強くなっていきます。

10

結局、子どもたちの笑顔が成功の証なんですよ♪

2018/10/30

卒業生からの便り~ステキエピソード9(1030)

こんにちは

学生サポートセンターの仲野です。

秋が一気に深まってきましたね。

セイトクは、昨日、2年生と3年生が実習から戻ってきて、
先生への巡回の挨拶やら、実習の報告などで大賑わいでした♪
みんな生き生きとしていて、一皮むけて帰ってきた様子が伺え、
充実した実習になったんだと感じました(ホッ)

さて、卒業生からの便り~ステキエピソード~のお時間です

=これまでのステキエピソード=

卒業生からの便り~ステキエピソード1~勤続の話

卒業生からの便り~ステキエピソード2~教え子の話

卒業生からの便り~ステキエピソード3~現場から離れて・・・

卒業生からの便り~ステキエピソード4~教え子からのメール

卒業生からの便り~ステキエピソード5~教え子の成人

卒業生からの便り~ステキエピソード6~娘の決意表明

卒業生からの便り~ステキエピソード7~成長の姿というご褒美

卒業生からの便り~ステキエピソード8~幸せ発見~

今回のエピソードは

前回は子どもを抱えた教え子に街で声をかけられたというエピソードでしたが、
今回は上を行きました。

なんと、16年前に担任をしていた子の保護者!です。

e382b9e38386e382ade382a8e38394e382bde383bce38389_edited-1
2017.6 仲良くチームワーク

【聖徳っ子さん】

今日の、エピソードです。

『聖徳っ子せんせーーー!』と、マックの駐車場から呼ばれ
自転車をとめたら、16年前に担任をした子どもの保護者!!

私たち変わらないね!なんて励まし合い?ました。
当時23歳。あの頃は、生意気なこと言っちゃったりしたよね
ママからしたら不安もあったでしょー。
なんて、改めて担任させてもらったお礼を伝えました。

そしたら、
『先生たちが仲良く 保育してくれていたのを知ってるよ!
それだけで、安心できた。最高だった!!』

と、お世辞か!?と思うほど笑、話してくれました。

仲良く
チームワークのことですね。

仲良く
日頃をふりかえり、愚痴が多かったかなー。余裕なかったなー。なんて。

何年たっても学びます

とりとめなく書きました。みてくださり、ありがとうございました♪

【ナカノ】

聖徳っ子さん♪

いつもステキエピソードありがとう☆

16年振りなんて、ほんと、先生という仕事は素晴らしい職業だよね!

23歳っていったら、まだ卒業してそんなにたっていない頃。
わたしもそのくらいの時は生意気だったなぁ(笑)
でも裏を返せばきっと、それくらい、その仕事に真剣だったってこと。

チームワークって大切だし、周りには伝わるんだね。
ちゃんと保護者には良さが伝わっていた。
逆もそうってことだよね…

私なんか、未だに愚痴も多いし、
今となっては不満なんてどんどん上司に言っちゃう(笑)
そのかわり、下の子達の不満も受け止めているつもりだけど。。

「何年たっても学ぶ」大切だよね。

その気持ち、絶対忘れないで!

聖徳っ子さんのステキエピソード、たのしみになってるから、
いつでも「とりとめなく」ご報告くださいね☆

P.S.
今日はこれから「保育表現研究発表会」なんだぁ♪

————————–

地元とは言え、本当によく色んな方々に会う卒業生です。

チームワークすなわち「和の心」は聖徳の教育理念でもあります。
保育士、幼稚園教諭は一人ではできない仕事です。
一人ひとりが、一人ひとりを思いやり、助け合い、協力して
保育、教育を行わなくてはなりません。
その中の誰か、一人でも「私に合わせればいい」と思ったら、
それはチームワークではなくなります。
和の心が必要なんです。上下は関係ありません。

聖徳っ子さんは恵まれた環境でしっかりと育ち、
それをしっかりと、後輩にも、子どもにも、引き継いでいそうですね。

さて、次回は
聖徳っ子さんに、このホームページに、今まで頂いたエピソードを載せたい!
とお願いしたときの会話。
その中に、「そんなこともあるのか!」とびっくりするエピソードが・・・

次回は11月末の更新予定です☆
お楽しみに♪

2018/10/26

卒業生の活躍 ~保育士から絵画療法士~(1026)

こんにちは
学生サポートセンターの仲野です。

先日、業生がひょっこり遊びに来てくれたんです♪

卒業してもう随分経ちます。
すごく久しぶりで、(卒業振り!!)当時の思い出話や、現在のお話をしました。

今は保育士ではなく、違う仕事をしているとの事。
なかなか興味深いお仕事だったのでここで紹介させていただきますね♪

保育士、幼稚園教諭の経験を経て、「絵画療法士」として活躍しているそうです。
絵画教室(Art教室)を開いていて、描いた絵から子どもの心理を読み取ったり、
カウンセリングやマタニティーアートなんかもしているそうです。

「療法」とか「カウンセリング」って書かれていると、
「うちの子は病気じゃない」って思われがちなのだそうですが、そういうのとまた違います。
聖徳の「保育の心理学」「発達心理学」でも
「絵から読み取る子どもの心理」みたいな授業内容があるように、
子どもが知らずのうちに何気なく描いた絵の色や内容から、
どのような事を考え、どのような深層心理があるのかがわかったりします。

「何かの病を治す」とか、「精神的に病んでる」というものではなく、
もっと気軽なものだと言っていました。

彼女はもともと「絵画」の学校に通った後、聖徳大学幼児教育専門学校に入学してきました。

自分の持っている知識や技術を存分に生かして活躍の場を広げているなんて、すごいなと思います。
結婚をして、お子様もいらっしゃいます。
様々な経験がある卒業生の活躍を、学校としてもぜひ応援していきたいと思います!

Art教室の他には、幼稚園、保育園、小学校から依頼を受けて
出張講座をしたりもしているんですって!
「アートと心」
・先生向けの講座
・子どもと一緒に作品制作
・壁画や看板作成

以上のような依頼も受け付けているようですので、興味のある方はぜひコンタクトを!

20181026_195243-2

空架ぐるぐるの木 Art教室
https://kuuka.crayonsite.net/

空架shop(ミンネ)
アクセサリー、スマホケースなど
https://minne.com/kuu-ka

ブログ
http://gurugurunoki.work/

Facebook
https://www.facebook.com/kuukakuuka/