地域の親子向けに「保育者のたまごのおはなし会」を開催しました―短期大学部保育科―

2017年04月10日 短大アイコン
 聖徳大学短期大学部保育科では、保育所や幼稚園、子育て支援施設と連携して、授業の中で地域貢献活動に取り組んでおり、保育者としての専門的技能や態度を身につけた地域貢献活動のエキスパートを目指しています。

 3月25日(土)、保育科学生による「保育者のたまごのおはなし会」を本学こども図書館で開催しました。授業の中で地域貢献活動を学んだ学生が、実践の場として、地域の親子向けに絵本の読み聞かせや歌、手遊びを行いました。

☆保育者のたまごのおはなし会の様子はこちら


 また、地域の子育て支援の拠点として、松戸駅前の聖徳大学10号館では、「松戸子育てカレッジ」を開設。保育科の教員による地域の親子向け講座「おやこで“ゆるりん”講座」を開催しています。
 3月24日(金)に開催した際のテーマは「いっしょにおどろう」。親子一緒に楽しく踊っている様子をご覧ください。

☆「いっしょにおどろう」の様子はこちら

☆保育科のホームページはこちら

ページの先頭へ