歴史作家の河合敦氏を迎え、聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)が平成30年度オープニングセレモニーを開催しました

2018年04月23日 大学アイコン


河合敦氏


ミニ・コンサート「春のときめき」


 聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)は4月21日(土)、平成30年度オープニングセレモニー(開講式)を開催し、SOA会員や地域の方々などおよそ1,200人にご来場いただきました。
 開会に際し、川並弘純学長は「学園創立85周年、創立者生誕120周年という記念すべき年にあたり、このように多くの方々にお越しいただき大変ありがたい。これからも地域に愛される学園でありたい」とお礼の挨拶を述べました。

 【第1部】では、歴史研究家で歴史作家の河合敦氏による講演会が行われました。「西郷、龍馬、松陰と明治維新150年」と題し、幕末維新の激動期に活躍した西郷隆盛、坂本龍馬、吉田松陰、勝海舟などについて、その逸話をわかりやすく、時折ユーモアも交えながら語られました。
 偉人たちの名言を引用しつつ、「人は一生に一度大きなチャンスが巡ってくるが、チャンスをつかむには勇気が必要」など、人の生き方についても説かれ、会場が感動に包まれました。

 【第2部】では、本学音楽学部によるミニ・コンサート「春のときめき」が行われました。モーツァルトのアリア〈彼に眼を向けなさい〉 K.584や、プッチーニの歌劇《蝶々夫人》より〈ある晴れた日に〉など、約1時間にわたる素晴らしい演奏で観客を魅了しました。

--------------------------------------------------------------------------
SOAは会員制ですが、どなたでも入会、講座受講ができます。また、会員制の講座のみならず入会金不要の1日講座も多数用意しています。ぜひご参加ください。

▼SOA公開講座のご案内はこちら
http://www.seitoku.jp/soa/

ページの先頭へ