免許、資格の取得なら、サポート充実の聖徳大学 総合女子大学 聖徳大学・短期大学部・大学院のニュースを紹介するページです。−聖徳大学は、保育、管理栄養士養成、教員養成の分野で高い実績を誇る総合女子大学です。各種免許、資格の取得をサポートします。 http://www.seitoku.jp/univ 2019-10-17T09:04:30+01:00 text/html 2019-10-15T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 ルーマニアのクラウディア・ボボーチャ陸上競技選手との交流会が行われました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1525  10月11日(金)、東京オリンピックへの出場が決定しているルーマニアのクラウディア・ボボーチャ選手(陸上女子1500メートル)が本学を訪れ、学生たちが歌や折り紙のプレゼントなどで歓迎しました。  これは、「オリンピック・パラリンピックおもてなし交流会」として、日本ルーマニアスポーツ文化交流協会、松戸市の東京オリンピック・パラリンピック推進課の方々の協力のもとで開催されたものです。  学生たちは初めて見るオリンピック選手に興味津々な様子で、普段どのような練習をしているのかなどたくさんの質問を浴びせていました。ボボーチャ選手は終始笑顔で質問に答え、大会への意気込みを語っていました。また、茶道部員による茶道体験も大変喜んでいただきました。  ボボーチャ選手の今後のご活躍を心より祈念しております。 text/html 2019-10-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 台風19号の影響に伴う大学院・大学・短期大学部の授業の休講について http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1520 台風19号の影響に伴う大学院・大学・短期大学部の授業の休講について 台風19号の影響および交通機関の計画運休に伴い、10月12日(土)の授業は終日休講といたします。 また、事務室の取り扱いを含め全学休業となりますのでご注意ください。 不要不急の外出を避け、安全確保につとめてください。 text/html 2019-10-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 北関東支部総会・保護者会の中止について http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1521 北関東支部総会・保護者会の中止について 10月13日(日)の実施予定の北関東支部総会・保護者会は、台風19号の影響および交通機関の計画運休に伴い中止とさせて頂きます。 なお、次の日程により「後援会茨城県支部総会及び大学・短期大学部保護者会」、「後援会東京地区支部総会及び大学・短期大学部保護者会」並びに「後援会千葉県支部総会及び大学・短期大学部保護者会」を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願いいたします。   ・後援会茨城県支部総会及び大学・短期大学部保護者会     ・後援会東京地区支部総会及び大学・短期大学部保護者会        日 時:令和元年11月 3日(日)        会 場:聖徳大学(千葉県松戸市岩瀬550)     ・後援会千葉県支部総会及び大学・短期大学部保護者会        日 時:令和元年11月24日(日)        会 場:聖徳大学(千葉県松戸市岩瀬550)  当日の日程は両日とも以下のとおりです      支部総会・保護者会:12時30分        ・学長より教育方針        ・後援会活動報告        ・卒業生の体験発表等      個人面談:13時55分~      就職相談・写真:              (1)11時00分~12時30分              (2)13時55分~      詳細は、改めてご案内させていただきます。 text/html 2019-10-09T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 大学後援会常任評議員会(10/12)の中止について http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1519 台風19号の影響により、10月12日(土)実施予定の大学後援会常任評議員会は、安全を優先し中止させていただきます。 text/html 2019-10-08T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 採用情報を更新しました(英語常勤講師・児童学科助手募集) https://www.seitoku.jp/gakuen/saiyou/index.htm text/html 2019-10-01T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 千葉県立松戸向陽高等学校と高大連携に関する協定を締結 http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1514  聖徳大学・聖徳大学短期大学部はこのたび、千葉県立松戸向陽高等学校と高大連携に関する協定を締結しました。  松戸向陽高校は、千葉県内唯一の福祉に関する専門学科(福祉教養科)を有する高校です。聖徳大学心理・福祉学部社会福祉学科では、高校側の要請に応え、専門的な知識や技術を持った教員を派遣し、高大連携授業等を行っています。  10月1日(火)、松戸向陽高校にて協定締結式が執り行われ、川並弘純学長と奥山眞壽美校長が協定書に調印しました。  奥山校長は「福祉社会がプラットフォーム型になっていく中で、生徒たちが地域で活躍できるように育てていきたい」と意気込みました。川並学長もそれに応え、「このような連携協定を結べることをとてもうれしく思っている。互いのノウハウを共有しながら、さらに成長していきたい」と今後の取り組みに期待を寄せました。  [主な交流・連携活動内容] 1.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の指定する授業科目への科目等履修生の受け入れ 2.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の各種公開講座への受講生の受け入れ 3.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の教員による松戸向陽高等学校への出張講義 4.教育についての情報交換および交流 text/html 2019-10-01T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 学園広報誌「聖徳フラッシュ」の最新号(104号/10月1日発行)を掲載しました https://www.seitoku.jp/about/flash/index.shtml text/html 2019-09-27T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 毒蝮三太夫客員教授の記事が「サンデー毎日」に掲載されました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1517 【雑誌掲載情報】  聖徳大学心理・福祉学部社会福祉学科 客員教授の毒蝮三太夫先生の記事が、9月24日発売の「サンデー毎日 10月6日増大号」に掲載されています。本学の事についても触れられていますので、ぜひご覧ください。 ■サンデー毎日 http://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2019/10/06/(外部リンク) text/html 2019-09-25T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 佐藤しのぶ客員教授&森島英子教授公開講座」開催中止のお知らせ http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1510 11月3日(日)に予定されておりました 音楽学部演奏学科公開講座「佐藤しのぶ客員教授&森島英子教授 公開講座」は、都合により中止となりましたのでお知らせいたします。 <お問合せ先> 聖徳大学音楽学部事務室 Tel. 047-703-0111(直通) text/html 2019-09-24T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 2020年4月 音楽学部に「音楽学科」を開設します http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1509  聖徳大学は、現在の音楽学部演奏学科と音楽総合学科を改組し、2020年4月に「音楽学科」を開設します(本年8月に文部科学省に届出受理されました)。  音楽学科は、新たに「メジャー制」を導入します。学ぶ内容が初めから決まっている「コース制」や「専修制」とは異なり、「プロ・アーティスト」「音楽表現」「音楽教育」「音楽療法」の4つのメジャー(領域)から中心的に学びたい領域を決め、豊富な選択科目によって、自分だけの学びをカスタマイズすることができます。  音楽を愛するすべての人に開かれた学びを提供します。  詳細は、本学音楽学部ホームページをご覧ください。  https://faculty.seitoku.ac.jp/music/ 【音楽学部音楽学科の概要】  名称:音楽学部音楽学科  開設時期:2020年4月  学位:学士(音楽)  入学定員:60名 text/html 2019-09-19T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 ドミニカ共和国大使が本学を表敬訪問されました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1506  9月18日(水)、ドミニカ共和国のドミンゲス大使が本学を表敬訪問されました。  同国は、松戸市が東京五輪におけるホストタウンを務めており、児童学科スポーツ健康コースをはじめとして本学の教員・学生ともさまざまな交流があります。  大使は、聖徳学園建学記念館、川並弘昭記念図書館、聖徳博物館などの施設見学をされ、「素敵な学びの園である」と大変喜ばれていました。  また、新元号「令和」を揮毫した茂住菁邨文学部講師が新たに揮毫した書が、フォトスポットとして設置されているのをご覧になり、菅義偉官房長官を真似てポーズを取る一幕もありました。  東京オリンピック・パラリンピックに向けて、さらに機運が高まった一日となりました。 text/html 2019-09-13T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 学校法人東京聖徳学園における中等教育段階の学校改革について http://www.seitoku.jp/files/20190913_kaikaku.pdf text/html 2019-08-27T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 採用情報を更新しました(社会福祉学科助手募集) https://www.seitoku.jp/gakuen/saiyou/index.htm text/html 2019-08-21T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 船橋市立船橋高等学校と高大連携に関する協定を締結 http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1496  聖徳大学・聖徳大学短期大学部はこのたび、船橋市立船橋高等学校と高大連携に関する協定を締結しました。  相互の交流・連携を通じて、高校生の視野を広げ進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、大学の求める学生像および教育内容への理解を深めることを目的としています。  8月20日(火)、船橋高校にて協定締結式が執り行われました。石渡靖之校長と川並弘純学長は、この協定を機にこれまで以上にキャリア教育に力を入れ、互いに実りあるものにしていこうと話し、握手を交わしていました。 [主な交流・連携活動内容] 1.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の指定する授業科目への科目等履修生の受け入れ 2.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の各種公開講座への受講生の受け入れ 3.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の教員による船橋高等学校への出張講義 4.教育についての情報交換および交流 text/html 2019-08-01T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 学園広報誌「聖徳フラッシュ」の最新号(103号/8月1日発行)を掲載しました https://www.seitoku.jp/about/flash/index.shtml text/html 2019-07-30T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 採用情報を更新しました(人間栄養学科助手・総合文化学科副手募集) https://www.seitoku.jp/gakuen/saiyou/index.htm text/html 2019-07-29T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 「第52回SEITOKU夏期保育大学」を開催しました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1488  7/27(土)、「第52回SEITOKU夏期保育大学」を開催し、「からだとこころを育む」をテーマに、現場の保育士や幼稚園教諭などを対象とした実践的な研修を実施しました。  今年はオープニング公演として、児童学科の卒業生有志らによる創作ダンス「美女と野獣」が特別に行われました。卒業研究で発表した内容を夏期保育大学用に再構成したものです。ダイナミックな踊りに会場からは惜しみない拍手が送られました。  全体会では、発育発達学や学校保健学を専門とする中村和彦氏(山梨大学教育学部長・大学院教育学研究科長)を迎え、「健やかな育みのために―子育てと教育のリテラシー」と題した講演がありました。  中村氏は、幼少児期の運動の在り方や、遊びの必要条件として「時間」「空間」「仲間」に加え遊びを支える「プレイリーダー」の存在が重要であることなど、子どもが豊かな心と健やかな体を育むために必要なことについて強く訴えました。  その後は、保育のスキルアップの方法などを学べる13テーマでの分科会が行われました。講師や受講者同士の活発な交流が行われ、充実したひとときとなりました。 text/html 2019-07-19T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 「朝日新聞EduA」に本学の記事が掲載されました―幼稚園教員・保育士採用全国トップ 聖徳大学の「実践力」 http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1484 「朝日新聞EduA」7月14日(日)発行号に本学の記事が掲載されました。 ―幼稚園教員・保育士採用全国トップ 聖徳大学の「実践力」 ■「朝日新聞EduA」 WEB版はこちら(外部リンク) text/html 2019-07-17T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 看護学部による「第4回ナース・スチューデント認証式~看護師になるための決意式~」を開催しました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1486  7月13日(土)、看護学部3年生による「第4回ナース・スチューデント認証式」を開催しました。これは、9月下旬から約5カ月間の本格的な臨地実習を開始するにあたり、医療に携わる者としての使命感を自覚し、看護学生として最善のケアを提供するという決意表明の儀として行ったものです。  式では、キャンドルサービスならびに「認証バッジ」の授与が行われました。学生たちはキャンドルの灯りのもとで、命を預かる者としての自覚と責任を持ち、気品と実践力のある凛とした看護師を目指すことを誓いました。  川並弘純学長より、「保護者をはじめ、これまで支えてくれた人への感謝の心を忘れず、看護の道を歩んでいってほしい。自信を持って一歩を踏み出してください」と激励の言葉がありました。 text/html 2019-07-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 附属女子中学校ゴルフ部が関東大会初優勝の喜びを松戸市長に報告--8月に全国大会へ http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1480  聖徳大学附属女子中学校ゴルフ部が、6月に行われた関東中学校ゴルフ選手権大会団体の部(女子)において優勝し、全国大会への進出を決めました。  これにともない、7月10日(水)、出場した生徒4名が川並芳純校長と顧問の内山泉美氏とともに本郷谷健次松戸市長を表敬訪問しました。  生徒たちは、関東大会で強豪校の5連覇を阻止し、創部29年目にして念願の初優勝を飾ったことなどを、喜びとともに報告しました。  現在、ゴルフ部は15人。卒業生で現在プロゴルファーとして活躍する木村彩子選手の背中を見ながら、日々練習に励んでいる様子などが語られました。  本郷谷市長から「将来の夢は?」などと質問されると、4人ともに「将来はプロを目指す」と答え、父親の影響で3歳からゴルフを始めたという松原さんは「いつか賞金女王になることが目標」と目を輝かせました。  市長は今回の健闘を称え、「全国大会でも優勝を目指して頑張ってほしい。皆の活躍に市民も喜ぶと思う」とエールを送りました。  全国中学校ゴルフ選手権大会(団体の部・個人の部)は、8月5日(月)から10日(土)まで、セントラルゴルフクラブNEWコース(茨城県)にて開催されます。 text/html 2019-07-11T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 採用情報を更新しました(社会福祉学科助手募集) https://www.seitoku.jp/gakuen/saiyou/index.htm text/html 2019-07-08T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 『鯖燻アヒージョ』が「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」の地域共創部門において準グランプリを受賞! http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1479   7月6日(土)、地方に隠された宝物を選ぶ「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」が開催され、昨年12月頃に聖徳大学短期大学部総合文化学科フード・調理ブランチ2年生(当時)と千葉県南房総市の食品加工所「アルガマリーナ」が共同開発した『鯖燻アヒージョ』(燻製サバのオイル漬け)が、地域共創部門において見事準グランプリを獲得しました。  「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」は、地方のグランプリを勝ち上がった団体による全国大会で、今回は27団体から出品がありました。  当日は、アルガマリーナの金高社長と商品開発にあたった佐藤理子さん(2019年3月卒業)が商品のプレゼンテーションを行い、その後試食も行われました。  審査員の方々からは、地方の事業者と学生とのコラボレーションによって、学生ならではのアイデアが生かされた商品が生まれた点や、魚が苦手な子どもたちはもちろん、食が細くなりがちな高齢者にとってもご飯やパンとともに気軽に食べやすく、幅広い年齢層に受け入れられる点が評価されました。 ■関連記事:学生たちが開発した『鯖燻アヒージョ』が6/9(日)放送のフジテレビ「千葉の贈り物」で紹介されます ■関連記事2(外部リンク):聖徳大学短期大学部学生が企業と共同開発した『鯖燻アヒージョ』が「南房総名品づくりグランプリ」で準グランプリを受賞 -- にっぽんの宝物 JAPANグランプリに参加決定 text/html 2019-07-03T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 週刊「文教ニュース」7月1日号に、本学が展示している墨書「令和」に関する記事が掲載されました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1475 文部科学情報 週刊「文教ニュース」7月1日号に、本学が展示している墨書「令和」に関する記事が掲載されましたので、ぜひご覧ください。 ■記事のPDFはこちら text/html 2019-07-01T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 聖徳生の書いた記事が千葉日報に掲載されました「CHIBA UNIVERSITY PRESS」 https://career.seitoku.ac.jp/2019/07/01/%e8%81%96%e5%be%b3%e7%94%9f%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%84%e3%81%9f%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%81%8c%e5%8d%83%e8%91%89%e6%97%a5%e5%a0%b1%e3%81%ab%e6%8e%b2%e8%bc%89%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/ text/html 2019-06-25T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 読売新聞(6/25付)に、本学が展示している墨書「令和」に関する記事が掲載されました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1473  6月25日付の読売新聞朝刊に、本学が展示している墨書「令和」に関する記事が掲載されました。  菅官房長官が新元号発表時に掲げた書「令和」は、本学文学部の茂住菁邨(修身)先生が揮毫したものです。  茂住先生がその後新たに揮毫した「令和」の書が、現在本学クリスタルホール入り口に飾られていることや、複製を手に持って記念撮影できることなどが紙面で紹介されています。ぜひご一読ください。 掲載紙: 読売新聞 25面 地域(東葛) 発行日: 2019年(令和元年)6月25日 ■読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20190624-OYT1T50257/ 関連記事:新元号「令和」文学部の茂住菁邨先生が揮毫---落款した書を大学に寄贈(一般閲覧可・記念撮影スポットあり) text/html 2019-06-13T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 千葉県立流山おおたかの森高等学校と高大連携に関する協定を締結 http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1469  聖徳大学・聖徳大学短期大学部はこのたび、千葉県立流山おおたかの森高等学校と高大連携に関する協定を締結しました。  相互の交流・連携を通じて、高校生の視野を広げ進路に対する意識や学習意欲を高めるとともに、大学の求める学生像および教育内容への理解を深めることを目的としています。  6月13日(木)、流山おおたかの森高校にて協定締結式が執り行われ、勝井洋一校長と川並弘純学長が協定書に調印しました。 [主な交流・連携活動内容] 1.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の指定する授業科目への科目等履修生の受け入れ 2.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の各種公開講座への受講生の受け入れ 3.聖徳大学・聖徳大学短期大学部の教員による流山おおたかの森高等学校への出張講義 4.教育についての情報交換および交流 text/html 2019-06-10T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 前ハワイ大学教授リンダ・フジカワ氏らによる特別授業が行われました http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1467  6月5日(水)、本学の「英語1」の授業に、前ハワイ大学コミュニティ・カレッジ教授のリンダ・フジカワ氏、ISLAND PACIFIC ACADEMY学校長ジェラルド・テラマエ氏、リーン・テラマエ氏を迎え、特別授業が行われました。  ハワイ大学コミュニティ・カレッジは、本学が海外の機関との間で初の国際交流協定を結んだ大学で、1997年の締結以来様々な学術交流を行い、密接な関係を育んできました。  今回は、児童学科1年生および人間栄養学科1年生を対象にPBL(Project Based Learning)を取り入れた授業が行われました。  児童学科の授業では、一人ひとり紙袋でパペット(人形)を作り、パペットを動かしながら英語の自己紹介を行いました。学生たちは、子どもと接する際のコミュニケーションの幅は無限であることを学んでいました。  ジェラルド・テラマエ氏から、「子どもたちは目を輝かせて学校に来ます。子どもたちは好奇心のかたまりです。皆さん、子どもの気持ちを理解できる教育者になってください」と激励の言葉がありました。  人間栄養学科の授業では、「心のレシピ」と題してグループワークを行いました。3グループに分かれ、人間が生きていく上で大切なことについて、エピソードを交えて英語で発表しました。  リンダ・フジカワ氏から、「皆さんには、新たな気づきを大切にしてこれからも自信を持って自己表現してほしいと思います。異なる意見を否定せずに認め合いましょう。自分の核となる『マインド』がしっかりあれば、素晴らしい人生となります」と心温まる言葉が贈られました。 text/html 2019-06-05T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 新元号「令和」文学部の茂住菁邨先生が揮毫---落款した書を大学に寄贈(一般閲覧可・記念撮影スポットあり) http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1466  去る4月1日、菅義偉官房長官が墨書「令和」を掲げ、新元号が発表されました。この書は、本学文学部文学科書道文化コース兼任講師の茂住菁邨(もずみせいそん)先生が揮毫したものです。  6月5日(水)、茂住先生が川並弘純学長を訪問し、新たに揮毫し落款した書と「令和」の典拠である『万葉集』を書いた書を贈呈しました。額縁は、菅官房長官が新元号発表時に使用したものと同種のものです。  今回贈られた書は、多くの方に見てほしいとの思いから、本学8号館(クリスタルホール)の入り口に飾られています。また、複製を実際に手に持って記念撮影できるスポットも用意しました。    茂住先生は、「漢字かな交じり書法」「漢字作品制作法」の授業を通学課程ならびに通信教育課程で担当しています。「漢字作品制作法1」の授業では、いわゆる一般的な書の技法ではなく、書を芸術的な創作作品に昇華するべくその制作方法を学ぶことができます。  関連記事を学園広報誌「聖徳フラッシュ」102号(6月1日発行号)の1面にて紹介していますので、ぜひご覧ください。 ■「聖徳フラッシュ」102号(6月1日発行号)(PDF) ---------------------------------------------------  茂住先生の授業は、本学通信教育部でも受講できます。興味のある方は、気軽に本学通信教育部までお問い合わせください。 <お問い合わせ先> 聖徳大学通信教育部(共学) TEL 047-365-1200(直通) http://www.seitoku.jp/tk/ text/html 2019-06-03T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 学生たちが開発した『鯖燻アヒージョ』が6/9(日)放送のフジテレビ「千葉の贈り物」で紹介されます http://www.seitoku.jp/news/detail.shtml?id=1465  聖徳大学短期大学部総合文化学科の学生たちが企業と共同開発した『鯖燻アヒージョ』が、フジテレビの番組「千葉の贈り物~まごころ配達人~」にて紹介されます。下記日程で放映される予定ですので、ぜひご覧ください。 ■番組名 フジテレビ「千葉の贈り物~まごころ配達人~」 ・番組公式サイト  https://www.fujitv.co.jp/chiba_okurimono/ ■放送日 6月9日(日)午前8:55~9:00 ※放送内容は、千葉県のウェブサイトからも期間限定でご視聴いただけます。 https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/net-tv/okurimono/index.html ≪鯖燻アヒージョとは≫  燻製サバを細かく刻み、ドライトマトやニンニクと一緒にオイル漬けしたもの。総合文化学科フード・調理ブランチの学生が食品加工所「アルガマリーナ」と共同で開発し、2019年2月3日に開催された「第3回南房総名品づくりグランプリ」では見事準グランプリを獲得。「ごはん、パン、パスタにも合い、さまざまな料理に使える」などと評価された。南房総市内の道の駅などで販売中(2019年6月3日現在)。 text/html 2019-06-03T12:00:00+01:00 http://www.seitoku.jp/univ/news 学校法人東京聖徳学園 採用情報を更新しました(助手・副手募集) https://www.seitoku.jp/gakuen/saiyou/index.htm