聖徳大学は、日本で初めて3つの大学認証評価機構全ての認証評価で基準に適合していると認定された大学となりました。

2016年03月10日 大学アイコン
日本初!!
この度、聖徳大学は、日本で初めて3つの大学認証評価機関全ての認証評価で基準に適合していると認定された大学となりました。


 平成14年に学校教育法の一部が改正され、平成16年度からすべての大学は、教育研究水準の向上に資するため、教育及び研究、組織及び運営並びに施設及び設備の総合的な状況について7年に1度、文部科学大臣の認証を受けた者(認証評価機関)による評価を受けることが義務付けられました。
(学校教育法第109条、学校教育法施行令第40条)

 聖徳大学(千葉県松戸市/学長川並弘純)は、次の通り大学の認証評価機関として文部科学大臣の認証を受けている3つの認証評価機関(公益財団法人大学基準協会、独立行政法人大学評価・学位授与機構、公益財団法人日本高等教育評価機構)全てにおいて認証評価を受け、基準に適合(基準を満たしている)との評価を得ました。
1.平成20年度に公益財団法人大学基準協会、
2.平成23年度に独立行政法人大学評価・学位授与機構、
3.平成27年度に公益財団法人日本高等教育評価機構

 これにより聖徳大学は、全国で初めて全ての認証評価機関から教育研究の諸活動が日本の高等教育機関として充分な水準にあることが認められた大学になりました。
 聖徳学園では、これまでも学園が設置している全ての学校において、より質の高い教育サービスを提供する仕組みの構築に努力を傾け、平成15年の学園創立70周年を期に、これまで学園が築き上げてきた独自の取り組みを体系化し、「聖徳リアライズシステム(SEITOKU REALISE SYSTEM)」を構築しています。
 このシステムは、国際規格の「ISOの品質マネジメントシステム(ISO 9001)」の規格に適合するものとして、ISOの認証を取得しています。

 聖徳大学は、このシステムによる大学の自己点検・評価活動を行っており、その結果を基にして各評価機関に自己点検評価書を提出して認証評価を受け、認定を受けたものです。
 今後も、本学独自の自主的・自律的な自己点検・評価の仕組みを発展させ、大学としての教育の質の保証と本学の使命・目的及び教育目標の実現に向け、継続的な自己点検・評価によって、教育研究活動等の一層の充実に取り組んでまいります。

 なお、聖徳大学短期大学部についても、一般財団法人短期大学基準協会の第三者評価(認証評価)の第1クールの初年度(平成17年度)、第2クールの初年度(平成24年度)にこの第三者評価を受け、適格と認定されています。


ページの先頭へ