「学び」のスタイル

→学習スタイル編へ

入学スタイル編
目的や経歴に合わせて選べる最短距離の取得方法

正科生(1年次入学)

正科生授業風景 正科生授業風景2

 高等学校を卒業した方や、高等学校卒業程度認定試験に合格した方などは、1年次入学となります。

【大学】
 修業年限は4年で、8年まで在籍できます。(再入学制度あり)最低124単位以上を修得し卒業すると、「学士」の学位を取得できます。

【短大】
 修業年限は3年で、6年まで在籍できます。(再入学制度あり)卒業すると「短期大学士(保育)」の学位を取得できます。

正科生(2年次編入学)

 すでに短期大学もしくは大学を卒業している方、1つの大学・短期大学に1年以上在学し30単位以上を修得している方などが対象です。入学後の願い出により、30単位まで単位が認定されます。
※短期大学部で保育士資格を希望する場合は、1年次入学となります。

 すでに他の大学・短期大学を卒業している方、文部科学大臣の定める基準を満たした専修学校専門課程を卒業した方は、学科を超えて3年次に編入学することができます。出身学科などにかかわらず62単位が一括認定されます。修業年限は2年で、5年まで在籍できます。最低62単位以上を修得し卒業すると「学士」の学位を取得できます。

 大学(日本の大学/新制4年制)や短期大学の卒業生が、その卒業資格(基礎資格)を活かして、教員免許状や学芸員資格を取得する課程です。3年次に編入学し、教職・資格に必要な科目と実習のみを修得、課程を修了(自主退学)することにより、教員免許状・学芸員資格を取得することができます。なお短大卒で教員一種免許状取得を希望する方は、「課程正科生」ではなく「正科生」として3年次に編入学する必要があります。

科目等履修生授業風景

■実務経験を活かして教員二種免許状を一種免許状へ(大学)
  現職の教員の方で「教員二種免許状」をお持ちの方は、勤務経験年数を基礎資格として、必要単位数を修得することにより、「教員一種免許状」を取得することができます(免許法第6条別表3による)。

■現在所有する教員免許状を基に、他教科の免許状を取得(大学)
  現在、中学校または高等学校の何らかの教科の免許を有している方は、所有する免許状を基礎資格として、科目等履修生として必要単位を修得することにより、他教科の免許状を取得できます(免許法第6条別表4による)。

■実務経験を活かして隣接校種の教員免許状を取得(大学)
  平成14年7月より、教員普通免許状を取得後3年以上の勤務経験を有する方は、隣接校種(例:幼稚園と小学校、小学校と中学校)の普通免許状を希望する場合、比較的少ない単位数で取得できるようになりました。教育実習は必要ありません(免許法第6条別表8による)。

■教養のため(大学)
  本学通信教育部で開講している科目から、教養等のため学びたい科目を1科目から選択して履修することができます(実習など除く)。正科生として入学した場合、科目等履修生として修得した単位を既修得単位として認定も可能です。

■幼稚園教諭免許所有者で保育士試験(筆記試験)に対応する教科目の履修を希望大学・短大
  平成22年度の保育士試験より、幼稚園教諭免許を持っている方は、筆記試験の科目について、「指定保育士養成施設」において試験に対応する科目を修得した場合、筆記試験科目が免除されます。

※ 詳細は「学生募集要項」でご確認ください。

 幼稚園教諭免許を持っていて、保育士資格を持っていない方、保育士資格を持っていて、幼稚園教諭免許を持っていない方、3年以上かつ4320時間以上の実務経験のある方は8単位の学習で取得できる特例制度学習がございます。 詳しくはこちら

 正科生として入学する前に学習を試してみたい方や興味のある科目を学習してみたい方に向けたコースです。 詳しくはこちら

 大学、短大を卒業している方、または大学に2年以上在学しており62単位以上を修得して卒業が見込める方、高等専門学校(5年制)を卒業した方は、図書館司書の専門科目26単位を修得し課程を修了することにより、「図書館司書資格」を取得できます(大学在学中の方は大学を卒業した後の取得となります)。この課程は「教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定講座」となっています。

※ 詳細は「学生募集要項」でご確認ください。


ページTOPへ ▲

  1. 各スタイルの詳細を
    パンフレットでご紹介

  2. 3年次編入・科目等履修…
    最適なスタイルを知りたい