カリキュラムー大学院

聖徳大学

児童学専攻博士前期課程

「保育学」、「児童教育学」、「児童心理学」、「児童福祉・保健学」、「児童文化学」の5領域の科目に、共通科目と関連科目を組み合わせた編成となっています。修了に際しては
(1)「必修科目」4単位
(2)「選択必修科目」から「主領域」の基礎論を含む6単位以上
(3)「主領域」から8単位以上
(4)「他の4領域」と「関連科目」から計12単位以上、合計30単位以上
の修得が必要です。

領 域 授業科目 単 位 通 信 面 接
(スクー
リング)
幼専免 小専免 学校心理士
共通科目
(必修)
課題研究(修士論文) 4      
共通科目
(選択必修)
保育学基礎論 2        
児童教育学基礎論 2    
児童心理学基礎論 2        
児童福祉・保健学基礎論 2        
児童文化学基礎論 2        
児童学研究法特論(機 2      
児童学研究法特論(供 2      
保育学
(選択)
保育史特論 2      
保育社会学演習 2    
乳幼児発達心理学演習 2    
家庭教育特論 2        
育児相談特論 2        
保育課程特論 2      
障害児保育特論 2      
児童教育学
(選択)
幼児教育学特論 2        
児童教育史特論 2    
児童教育社会学演習 2  
比較児童教育学特論 2    
生涯学習特論 2        
生徒指導・進路指導 2    
生徒指導・進路指導演習 2  
児童心理学
(選択)
児童発達学特論(機 2  
児童発達学特論(供 2  
発達臨床学演習 2
児童発達評価論 2  
児童発達評価演習 2
児童福祉・
保健学
(選択)
地域福祉学特論 2        
児童生理学特論 2        
児童栄養学特論 2        
児童保健学演習 2      
児童文化学
(選択)
児童文化学特論 2      
児童音楽特論 2    
保育表現特講 2      
保育表現演習 2      
関連科目
(選択)
児童臨床教育学演習 2  
障害児心理学特論 2  
教育心理学特論 2  
学校心理学特論 2      
学校カウンセリング 2  
学校カウンセリング演習 2
臨床心理学特論 2  

※関連科目は、学校心理士受験資格取得のための科目を中心に開講
◎「幼稚園教諭専修免許状」を取得する者は、幼専免に※を付された科目より24単位以上を修得すること。
◎「小学校教諭専修免許状」を取得する者は、小専免に※を付された科目より24単位以上を修得すること。
◎「学校心理士(受験資格)」を取得する者は、学校心理士に※を付された科目すべてを履修すること。(要実務1年)


博士後期課程

■修了のための必要条件
  博士後期課程に3年以上在籍し、所定の授業科目の単位を8単位以上修得し、かつ、所定の研究指導を受けたうえ、博士論文の審査及び最終試験に合格する必要があります。

■児童学研究科博士後期課程の教育課程

区分 科目名 単 位



児童教育学特殊研究
4
児童発達学特殊研究
4
保育学特殊研究
4



児童保健学特殊研究
4
児童福祉学特殊研究
4
児童文化学特殊研究
4
保育マネジメント特殊研究
4
教科内容学特殊研究
4

※選択した研究領域科目より4単位以上、それ以外の科目より4単位以上、計8単位以上必修

■科目の履修について
  各科目の単位は4単位です。開設科目8科目の中から、選択した研究領域科目(児童教育学、児童発達学、保育学の各特殊研究)より1科目(4単位)と、それ以外の7科目より1科目(4単位)以上、計2科目(8単位)以上を履修します。


ページTOPへ ▲

  1. カリキュラムも掲載された
    学生募集要項も同封

  2. 大学院のカリキュラムに
    ついてもご説明します。