学校心理士

■学校心理士(受験資格)※要実務1年 大学院アイコン

 問題に直面している子どものカウンセリングや心理療法などによる直接援助を行うことはいうまでもなく、子どもを取り巻く保護者や教員、学校に対して「学校心理学」の専門的知識と技能をもって、心理教育的援助サービスを行うことを目的とします。 学校心理士は5つの学会(日本教育心理学会、日本特殊教育学会、日本発達障害学会、日本発達心理学会および日本LD学会)が運営母体とする学会連合資格「学校心理士」認定運営機構が資格認定を行っています。 なお、学校心理士の受験資格を取得するためには、1年以上の学校心理学に関する専門的実務経験※が必要となります。

※専門的実務経験……幼児・児童・生徒を対象とした学校・学級不適応、不登校、いじめなどのカウンセリングあるいは教育相談、心理検査の実施とそれに基づいた診断、LDの指導などの、発達的支援が必要である方への個別的援助及び子どもの援助に関わる教員・保護者・学校組織へのコンサルテーションなどの実践活動をいう。


ページTOPへ ▲

  1. 取得可能な免許・資格について
    ご紹介しています

  2. 取得可能な免許・資格に
    ついてご説明します。