募集情報ー短期大学部

▽短期大学部科目等履修生図書館司書課程

○入学時期・受付期間(平成30年度)

出願書類の受付は、下記の通り行っています。(日曜、祝日、夏期休業、冬期休業(12/28〜〜1/5)、特別休業日は窓口出願はできませんので、事前にご確認ください。)

受講時期 受付期間 備 考
春学期生

(前期学習期間 4/1〜9/30
後期学習期間 10/1〜3/31)

12月20日〜4月28日
(必着)
4月1日付入学許可(在学期間4/1〜3/31)になりますが学習は随時開始できます。
*ゴールデンウィークスクーリングの受講を希望する方は、3月16日までにご出願ください。
秋学期生

(前期学習期間 10/1〜3/31
後期学習期間 4/1〜9/30)

7月2日〜10月31日
(必着)
10月1日付入学許可(在学期間10/1〜9/30)になりますが学習は随時開始できます。
※冬期スクーリングの受講を希望する方は、10月12日までにご出願ください。

※入学手続き完了後、スクーリングの申込みが可能となります。スクーリング申込みはそれぞれ申込期間がありますので注意してください。

※受講条件のあるスクーリング科目については、上記期日までにご出願いただいても受講できない場合があります。ご了承ください。

○選考方法

書類選考のうえ入学を許可します。(入学試験はありません)

なお、願書が到着次第、順次入学判定を行います。選考結果は、願書受付後3週間以内に通知します。

※出願書類に不明な点や確認したい点がある場合は、志願者本人との面談を実施させていただくことがございます。

※不許可の理由についての問い合わせには一切回答しません。

※出願書類はこちらからご請求下さい。

正科生の募集について

学 科

募集人員

取得できる卒業資格・教員免許状・資格
保育科
500名
(男女共学)
・短期大学士(保育)
・幼稚園教諭二種免許状
・保育士資格(200名)
・図書館司書資格
・社会福祉主事任用資格

※募集人数は春学期生と秋学期生の合計です。(2年次編入学は若干名)

 

・正科生(1年次)

(1)高等学校または中等教育学校を卒業した方、および卒業見込みの方☆

(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した方、および修了見込みの方

(3)外国において、学校教育における12年の課程を修了した方、および修了見込みの方☆
またはこれに準ずる方で文部科学大臣の指定した方(事前審査が必要です)

(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した方、および修了見込みの方☆

(5)専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方

(6)文部科学大臣の指定した方(昭和23年文部省告示第47号)

(7)高等学校卒業程度認定試験規則(平成17年文部科学省令第1号)により文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験に合格した方、および合格する見込みの方で、入学年度4月1日現在18歳に達する方(旧規程による大学入学資格検定合格者を含む)

(8)その他大学において、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した方と同等以上の学力があると認められた方

☆春学期入学生は平成30年3月卒業(修了)見込み、秋学期入学生は平成30年9月卒業(修了)見込みの方になります。

※教員免許状、各種資格を取得する場合は、実技・実習に支障のない方

・正科生(2年次編入学)

(1)大学・短期大学を卒業した方

(2)1つの大学または短期大学に1年以上在学し、30単位以上を修得して退学した方(通信課程はそのうち7単位以上をスクーリング科目で修得していること)

※教員免許状、各種資格を取得する場合は、実技・実習に支障のない方

※短期大学で保育士資格を取得する場合は、1年次入学となります。

※卒業見込み、退学見込みでの出願はできません。

 

下記に該当する人は二重学籍となるため正科生として入学することはできません。

・学校教育法第1条に定める高等専門学校、短期大学、大学、大学院に在籍している方

・文部科学大臣の指定する教員養成機関等に在籍している方

※科目等履修生は二重学籍にはなりません。

○修業年限

・正科生(1年次)   3年(最長在学年限6年)

・正科生(2年次編入) 2年(最長在学年限6年)

短期大学部科目等履修生図書館司書課程

○受講資格

次のいずれかに該当する方

(1)大学、短期大学、もしくは高等専門学校(5年制)を卒業した方(外国の大学卒業の方は不可)

(2)大学に2年以上在学し、62単位以上を修得して卒業が見込める方(中途退学の方は不可)

○在籍期間

1年間 

ただし、単位を修得できなかった場合、1年間に限り継続することができます。その場合、継続申請書の提出が必要となります。

○短期大学部科目等履修生の募集について(平成30年度)

出願書類の受付は、下記の通り行っています。(日曜、祝日、夏期休業、冬期休業(12/28〜1/5)、特別休業日は窓口出願はできませんので、事前にご確認ください。)

受講時期 受付期間 備 考
春学期生

(前期学習期間 4/1〜9/30
後期学習期間 10/1〜3/31)

12月20日〜4月28日
(必着)
4月1日付受講許可(在籍期間4/1〜3/31)になりますが学習は随時開始できます。
※ゴールデンウィークスクーリングの受講を希望する方は、3月16日までにご出願ください。
秋学期生

(前期学習期間 10/1〜3/31
後期学習期間 4/1〜9/30)

7月2日〜10月31日
(必着)
10月1日付受講許可(在籍期間10/1〜9/30)になりますが学習は随時開始できます。
※冬期スクーリングの受講を希望する方は、10月12日までにご出願ください。

※入学手続き完了後、スクーリングの申込みが可能となります。スクーリング申込みはそれぞれ申込期間がありますので注意してください。

※受講条件のあるスクーリング科目については、上記期日までにご出願いただいても受講できない場合があります。ご了承ください。

○選考方法

書類選考のうえ入学を許可します。(入学試験はありません)
願書が到着次第、順次入学判定を行います。選考結果は、願書受付後3週間以内に通知します。
※不許可の理由についての問い合わせには一切回答しません。
※出願書類はこちらからご請求下さい。

○教育訓練給付金について

聖徳大学では図書館司書課程科目等履修生を1年間で修了した場合、国から受講料の20%(最高10万円)が支給されます。
受講料(入学金+受講料)×0.2=支給額(支給額の上限は10万円)
支給対象者は「雇用保険の一般被保険者」「雇用保険の一般被保険者であった方」で5年以上の勤務経験がある方が対象です。ただし離職している場合は、いくつかの条件があります。※詳しくはハローワークでご確認ください。
※教育訓練給付金の希望者は、春学期生は2月末、秋学期生は8月末までに出願してください。

○図書館司書資格を科目等履修生で取得する場合

開講科目一覧にもあるように、図書館司書資格を取得するためには、通信科目9科目(18単位)、面接授業(スクーリング)科目6科目(8単位)の計15科目26単位の修得が必要となります。納付金の納入が確認されると、通信科目の教材(9科目)が送付されますので、まず「生涯学習概論」を学習し、レポートを作成し提出することになります(1単位1課題、1600字が原則)。レポートを必要単位数分提出し合格した後、科目終了試験を受験し、これに合格することにより単位が認定されます(科目終了試験は年10回開催、1回の試験で3科目まで受験できます)。
 スクーリングは、ゴールデンウイーク(5月)・夏期(8月)と冬期(12月)・春期(3月)に本学で開講されます。スクーリングは1科目3日間連続して開講されますので、当該授業のすべての時間に出席し、かつスクーリング試験に合格することによって単位が認定されることになります。また、スクーリングを受講する条件として、「情報資源組織演習機Ν供廚離好ーリングを受講するためには「情報資源組織論」の単位を、「情報サービス演習機Ν供廚鮗講するためには「情報サービス論」の単位を事前に修得済みであること、「図書館サービス特論」を受講するためには同時期までに「情報サービス演習機廚鮗講することが必要となります。1年間ですべての科目を修得するためには、計画的に学習を進めましょう。

図書館司書資格以外の目的の科目等履修生

○受講資格(男女共学)

高等学校を卒業した方、またはこれと同等以上の学力があると認められる方

○在籍期間

在籍期間は1年間です。
ただし、単位を修得できなかった場合、1年間に限り継続することができます。その場合、継続申請書の提出が必要となります。


目 的 内 容

教養のため

本学通信教育部で開講している授業科目から、教養等のため学びたい科目を選択して自由に履修することができます。なお、正科生として入学された場合、科目等履修生として修得した単位は既修得単位として認定されます(大学入学資格を有する場合)。
また、半年間のおためし学習Choi-Sも別途ご案内しております。

教員免許状を取得する

基礎資格を基にして、教員免許状を取得するには、次の場合があります。

(1)学歴を基礎資格とする場合(免許法第5条別表1による方法)
取得を希望する教員免許状の課程認定を有する大学もしくは短期大学を卒業の方で、教職単位に一部不足があり、その単位を充足するために履修を希望する方

※「教職実践演習」「幼児教育実習」を含めた科目の履修を希望する方は、科目等履修生では受講できません。
正科生として入学してください。

(2)教員としての実務経験年数を基礎資格として、上級免許状を取得する場合(免許法第6条別表3による方法)
現職の教員で、勤務年数を基礎として、上級の免許状の取得を希望する方

◎上記による教員免許状の授与申請は、現職の方は勤務する学校の所在地の都道府県教育委員会に、現職でない方は居住地の都道府県教育委員会に事前に相談をして、履修する科目の確認をお願いします。確認をした都道府県教育委員会に各自が申請(個人申請)することになります。

(3)保育士資格を所有し、3年以上の勤務経験があり、幼稚園教諭免許を取得するための履修を希望する方
幼保特例制度学習を別途ご案内しております。

保育士資格を取得する

(1)指定保育士養成施設の卒業生で、卒業時に保育士の科目を一部修得しないで卒業し、保育士資格の取得を改めて希望する方→具体的な科目は学生募集要項85頁.86頁をご覧ください。

※「教職実践演習」「保育実習」を含めた科目の履修を希望する方は、科目等履修生では受講できません。正科生として入学してください。

※科目等履修生として保育士資格を取得するには、保育士養成施設としての指定を受けた施設の卒業生に限ります。

※指定保育士養成施設卒業証明書の交付は、卒業した保育士養成施設が行います(本学が行うものではありません)。

(2)幼稚園教諭免許取得者で保育士試験(筆記試験)に対応する教科目の履修を希望する方
→具体的な科目は学生募集要項84頁をご覧ください。

(3)幼稚園教諭免許所有者で、3年以上の勤務経験があり、保育士資格を取得するための履修を希望する方
幼保特例制度学習を別途ご案内しております。

図書館司書資格を取得する

大学・短期大学・高等専門学校(5年制)卒業の方、もしくは大学に2年以上在学し62単位以上修得して卒業が見込める方(中退は不可)で図書館司書資格の取得を希望される方は、学生募集要項87頁.88頁をご覧ください。

※現場実習や実習科目については科目等履修生は受講できません。


ページTOPへ ▲

  1. 詳しい内容を掲載している
    学生募集要項も同封

  2. 短大の募集情報の疑問や
    不安にお答えします。