学生インタビュー

宮原 健

人文学部 日本文化学科(現:文学部 文学科) 卒業
宮原 健さん 

自分が何もしなければ、何も変わらない。
楽しいことも、大変なことも中身の濃い6年間でした。


このままでいいのか、葛藤していた会社員時代


 昔からスポーツが好きで、将来はプロゴルファーを目指そうと地元でもゴルフの強い大学に進学しました。しかし、入学早々イメージとは異なる部活動の実態に直面し、大学を辞めてプロを目指すことに。それだけでは生活も厳しかったため、会社に入り仕事もしていました。会社では重要なポジションを任せてもらったりしていたものの、「これが本当にやりたいことなのか」という疑問はぬぐえずにいました。そんな時、当時よく聴いていたラジオ番組で、いじめに苦しんでいる子どもたちが多いことを知り、教師になれば、自分一人の力でも、悩んでいる子どもたちを救えるかもしれないと、教員免許取得を考えるようになりました。

あらゆる可能性にチャレンジし奮闘した6年間


 思い立ったらすぐ行動派の私は、さっそく仕事をしながら教員免許取得が可能な方法を探しました。もう4月末で、ほとんどの大学は募集が終わっていたのですが、聖徳大学は奇跡的に締切前で申し込むことができたのです。入学当初は、好きな社会で教員免許を取ろうと考えていたのですが、採用枠などの現状から先生のすすめもあり、国語の道にすすむことに。入学してすぐは、学習の仕方がわからず、思うように単位を取ることができなかったのですが、スクーリングを通して仲間ができ、情報交換をする中で、学習のペースをつかめるようになりました。通信教育は、自分が動かなければ何もすすまない、逆に、自分次第でどうにでもなる、と体感しました。最終的に6年かかってしまいましたが、今は、6年間での経験は一つもムダではなかったと思います。

一人ひとりの力を伸ばしてあげられる教員を目指して


 千葉県の教員採用試験を受けようと考えていたのですが、年齢的に受験できないことが判明。しかし、他都道府県で3年実務を積めば、千葉県でも働くことができるとわかり、まずは生まれ故郷の大阪で教員生活をスタートさせました。中学校で国語の教師をしていたものの、家庭の事情で急遽千葉県に戻ることに。教育に携わっていたかったので、千葉県内で講師登録をしたところ、現在の職場で働いてみないかと声をかけていただきました。ここでは、教員として大切にしたいと思っていた「一対一の関わり」が主体です。今までの経験や聖徳で学んだことを活かして、一人ひとりのサインを見逃さずに伸ばしてあげられる、そんな教員になっていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

鈴木 裕美

人文学部 英米文化学科(現:文学部文学科) 卒業
鈴木 裕美さん 

英語力を高め、ハワイ勤務を実現させたい。
密度の濃い授業を支えに、夢を達成。


憧れの海外勤務を目指し、英米文化学科に入学


 家族が旅行好きだったため、子どもの頃から慣れ親しんでいた旅行会社を志望し、現在まで約10年間勤務しています。当時から海外勤務、ハワイを希望していました。気候が良く、心優しい人々が暮らす常夏の島が大好きだからです。入社4年目にそのチャンスをいただいたのですが、英語力がネックとなり、夢は叶いませんでした。その後、ハワイで語学を学んでいた時、日本でも通信教育で英語を学ぶことができる大学があると友人から聞き、帰国後、聖徳大学に3年次編入で入学しました。

英語に対する意識を変えた、充実した授業


 実はもともと英語は苦手で、海外の方とお話しする時は緊張してしまうほどでした。そのため、暗記した英文をそのまま話すことが多かったのです。そんな私にとって、スクーリングでの音声学の授業は、画期的なものでした。というのも、英語は海外の方と気持ちを通じあうための“コミュニケーション”ツールだということを教えられたのです。一見大げさとも思われるボディーランゲージなども含めて、先生の指導通りに発音していくことで、その日の授業を終える頃には照れもなくなり、英語が自然と口をついて出るようになっていたのです。自分でもびっくりするほどのうれしい驚きでした。レポートやスクーリングでしっかりと基礎知識を学んでいたので、語彙力が自然と身についていたのも大きかったと思います。
札幌在住ですが、通学のハンディも感じませんでした。普段は自宅で学習を行ない、スクーリングの期間は仕事から離れ集中して勉強する。こうしたメリハリのついた学習スタイルが効果的だったようです。レポートなどもスクーリングで知り合った友人たちとインターネットを通じてやりとりをしていたので、一人で孤独に勉強をしているというさみしさはありませんでした。

見事、難関の面接をパスし、夢を達成


 卒業後は、英語で臆せず話すことができるようになったので、仕事に対する意識も大きく変わりました。ハワイ州政府観光局やホテルの方々と話す時、もちろん、みなさん日本語が話せるのですが、少しでも英語で話すことで距離がぐんと縮まります。語彙力もついたので、ビジネスの場で通用する英語を話せるようになりました。そして、一番うれしかったのは、念願のハワイ勤務が決まったことです。海外勤務には就労ビザの取得が必須ですが、そのための大使館の面接をパスできたのです。ハワイにどんなことを貢献したいかなどを、暗記した英文ではなく、自分の言葉で話すことができました。英語は気持ちを通じあうためのツールと学んだからこそできたことだと実感しています。これからも、こうした気持ちを忘れずに、お客様への思いやりを大事にしたサービスをハワイでも続けていけたらと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

坂 龍一

人文学部 英米文化学科(現:文学部文学科) 卒業
坂 龍一さん 

ストレートで東京都教員採用試験合格。
聖徳での学びが今の私に直結しています。


 アメリカの大学で社会学を学んだあと、帰国してから教員を志して入学しました。きっかけとなったのは、大学生時代、夏休み期間などに日本でやっていた塾講師のアルバイトです。生徒と接することや指導することにやりがいを感じ、英語の教員免許取得を目指そうと決意。塾講師のアルバイトだけでなく、空調関係の会社を営む家業を手伝う必要もあったため、通信教育での学習は、私にとってベストな選択だったと思います。東京都教員採用試験合格後、現在、都内の高校で英語科教諭として働いています。聖徳大学は、さまざまな学科があり、資格取得が目指せるだけでなく、教育システムもしっかりしていて心強い大学です。ここでの学びが今の私に直結していて、すべての学習に意味があったと思います。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

松本 智美

人文学部 日本文化学科(現:文学部文学科) 卒業
松本 智美さん 

卒業と同時に、教育実習でお世話になった高校で、講師として働き始めました。


 短大を卒業後、就職して働くうちに、6歳から続ける書道を活かして人の役に立てる仕事がしたいと考えるようになりました。書道の教員免許を取得するため、収入を維持しながら学べる通信制大学を選びました。書道に関する専門的な科目や、実技の科目が多かったというのが、聖徳を選んだ大きな理由です。
いつでもすぐに勉強にとりかかれるように、常に教科書や本、タブレット端末などを持ち歩き、休日だけでなく、会社の昼休みや就寝前なども、少しでも時間があればレポート作成や科目終了試験の勉強にあてていました。仕事と家事をこなしながらだったので、勉強にあてられる時間が少なかったように思いますが、だからこそ集中して効率よく勉強することができたと思います。
卒業と同時に、教育実習でお世話になった高校で非常勤講師のお話をいただき、長年勤めた会社を退職して教職に就くことを決めました。書道という好きな分野で人の役に立ちたいという夢に近づくことができ、感謝の気持ちでいっぱいです。今後は教員採用試験にも挑戦しながら、さらに活動の場を広げていくために勉強していきたいと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

利川 翼

人文学部 英米文化学科(現:文学部文学科) 卒業
利川 翼さん 

スクーリングで出会った仲間に支えられ念願の英語教師になることができました。


 アメリカの大学を卒業し、英語力を活かした仕事を求めて民間企業に就職したものの、なかなかチャンスに恵まれず、本当は何をしたいのか考え直し、英語を教える仕事がしたいと思うようになりました。さまざまな形で教師になる方法を調べていたところ、聖徳大学の通信教育なら最短2年で教員免許状がとれること、海外大卒でも入学手続きが簡単なことがわかり入学を決めました。スクーリングでは、年齢もバックグラウンドも違う人たちと仲良くなることができ、話すたびに刺激を受けていました。卒業した今でも、教員採用試験のことや仕事の情報交換など連絡を取り続けています。1人ではあきらめていたかもしれない夢も、仲間に支えられて叶えることができ、聖徳大学に入学して本当によかったと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

宇野 幸子

人文学部 日本文化学科(現:文学部文学科) 卒業
宇野 幸子さん 

日本の文化や歴史の知識を活かして、「童話を作る」という長年の夢を叶えたいです。


 入学前は専業主婦をしていたのですが、子どもが社会人になり、自分自身の人生を振り返った時に、前々から興味のあった日本の文化や歴史をしっかり学んでみたいと思うようになりました。いくつか大学を検討する中で、聖徳大学が一番、私の学びたい日本文化の内容が充実していると感じて入学しました。
いろは歌の成立などを学んだ、「日本語の歴史」などの日本文化の科目もとても勉強になったのですが、一番心に残っているのは、たくさんの学生さんとコミュニケーションをとりながら創作ダンスとポーランドの民族舞踊を踊った、体育の授業です。民族舞踊については、ただ踊るだけでなく、ポーランドの歴史に触れながら、実際に身をもって体験することができました。この授業をきっかけに、日本の文化や歴史についてもっと深く学びたいと、今まで以上に強く思うようになりました。
卒業後には、「童話を作る」という長年の夢を叶えたいと思っています。聖徳で学んだ日本の文化や歴史の知識を活かして、勉強としてではなく楽しいお話として、子どもたちに読み聞かせのできるような童話を作りたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

伊澤 瞳

文学部 文学科 図書館情報コース 卒業
伊澤 瞳さん 

現代の図書館が抱える問題を考察しながら、
実務に活かせる知識が身につくので、とても興味深いです。


 もともと本が好きで、文学を学びたいという気持ちを抑えきれず、仕事を辞めて入学しました。聖徳なら通信でいろんな資格が取れますし、経済的にも魅力でした。今は図書館員として働きながら学んでいますが、図書館の現実問題を考察するスクーリングでは、現場で理解しておくべきさまざまなことが学べて非常に面白かったです。私は通信制のメリットとして、自分のペースで自分自身と向き合いながら学べる点に意義を感じています。好きなことを勉強できている今の幸せを思うたび、モチベーションが上がり、学習モードにスイッチが入りますね。文学科はたくさんの分野の勉強ができるので視野が広がります。未来への希望も広がっているので、道をひとつに絞らず、自分の可能性を模索しながら将来を決めていきたいと思います。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

宮坂 亜由香

文学部 文学科 英語・英文学コース 在学
宮坂 亜由香さん 

言葉遣いや教職員としてのあり方なども修得中。
英語力というスキルを活かして日本の教育界で活躍したいです。


 アメリカで生まれ育ち、25歳の時に日本に来ました。現在は、長野県原村の唯一の中学校で英語指導補助員を務めると共に、自宅で小学生に英語を教えていますが、もっと生徒と直接的に関わり、ネイティブの英語や国際感覚を教えたいと思い、教員免許状の取得を目指して進学しました。聖徳では、アメリカで習ったことを異なる視点を用いて日本語で学び直すこともあり、知的好奇心が満たされています。また、言葉遣いや教職員としてのあり方など基本的なことについて学べるのも、入学して良かったと思える点です。入学当初は中学校教諭を目指していましたが、英語力という自分のスキルをさらに活かせる職業として、大学で教鞭をとることを検討中です。将来は、2つの母語を持つバイリンガルの教職員として活躍したいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

松崎 麻由

文学部 文学科 図書館情報コース 在学
松崎 麻由さん 

本と子どもに関われる仕事に大きなやりがいを感じています。
資格取得のために学んだ知識は日々の仕事にも活きています。


 元々、本と子どもが好きで、3年前、専業主婦から決意も新たに、市の図書館指導員として小学校に勤務しています。この仕事を長くつづけたくて図書館司書の資格を取ろうと入学しました。聖徳の通信制は3年次編入学の場合、最長5年の在学期間があるので、子育てと仕事をしながら無理なくつづけられるのが魅力です。学習は効率的にすすめることを心がけ、まずはポイントだけ覚えて、あとで全体像を再構築していくのが自分流。入学してから仕事への理解も深まり、例えば目録の利用方法など、職場での対応がスムーズになりました。今は資格取得という目標ができたので毎日が充実しています。まだまだ勉強中ですが、焦らず無理せず挑戦しつづけ、本を通じて子どもたちと関わっていきたいと思っています。


ページTOPへ ▲