学生インタビュー

古屋 恵実

短期大学部 保育科 卒業
古屋 恵実さん 

お花屋さんから、もうひとつの夢だった保育士へ。
さまざまな出逢いが、夢の実現に導いてくれた。


30歳をひとつの転機と考え、入学を決意


 高校卒業後、生花店に就職して9年たった27歳の時に、もうひとつの夢だった保育士になるために、聖徳大学に入学しました。自分の中で、30歳をどのように迎えるかと考えはじめたのがきっかけでした。
憧れていたお花屋さんに正社員として就職し、仕事も覚え、充実した毎日を送っていたのですが、お花屋さんとしての自分の将来像をなかなか描けずにいたのです。また一方で、このまま保育士になるという夢をあきらめていいのかといった葛藤があり、やらずに後悔だけはしたくないという思いで、入学を決めました。

「時間はつくるもの」と、自分に厳しく


 入学した以上は、絶対3年間で資格を取って卒業するという強い意志で臨みました。ピアノが課題というのがわかっていたので、入学前から近所のピアノ教室に通いました。生花店のほうは、社長のご好意とご協力により、社員からアルバイトという形に切り替え、午後からの勤務にしていただいたので、午前中を有効に使いました。短時間集中を心がけ、勉強30分、休憩15分、ピアノ15分のサイクルを毎日繰り返し、加えて週3〜4回は仕事に行く前にピアノ教室に通うようにしました。
正直、くじけそうな時もありましたが、そんな時は、資格を取得して卒業式に出席している自分を想像したり、同じ目標で一緒に頑張っている友人のことを思ったりして、モチベーションを上げました。というのも、入学式でかけがえのない友人との出逢いがあったのです。年齢も同じで自宅も静岡と近県。さらに、彼女も3年間で資格を取得するという固い決意で入学。話しているうちにすっかり意気投合し、その後はスクーリングの時には同じホテルで相部屋するまでの仲になりました。切磋琢磨しながら頑張りあえた彼女の存在は大きかったですね。

周りの人に支えられ、夢を実現


 今働いている保育園は、2回目の実習でお世話になった園なんです。アットホームな雰囲気で先生方が皆さん親切でやさしく、一番働きたいと願っていたところなので、園長先生にお誘いいただいた時は本当にうれしかったです。それも正規採用でしたから。
振り返ると、いろんな出逢いがあって、さまざまな方に支えられ、今の自分があるのだと感じています。一歩踏み出す勇気をくれた家族。娘のように夢を応援していただいた生花店の社長。時間はつくるものと言って姉のように叱咤激励してくれたピアノの先生。そして、運命的に出逢った友人をはじめ、お互いに刺激しあい、励ましあった学友たち。入学は、多少遅かったかもしれませんが、それは決して遠回りではなかったと思っています。社会を経験したからこそ、周りの人に恵まれ、自分を律して頑張れたのですから。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

秋山 春菜

短期大学部 保育科 卒業
秋山 春菜さん 

聖徳での学びを活かし、
子どもたちが楽しみながら成長できる環境を提供していきたい


 アルバイトをしながら将来の進路を考えていたとき、昔から憧れていた幼稚園の先生になりたいという思いが強くなりました。保育所で保育補助の仕事を始め、働きながら学べる通信教育で資格取得を目指すことを決意したんです。聖徳大学短期大学部を選んだのは、卒業と同時に幼稚園教諭二種免許状と保育士資格の両方を取得できるから。保育や幼児教育の現場経験が豊富な先生方から直接指導が受けられる機会が豊富なこと、学習を続けるサポートがしっかりしていることも決め手になりました。
子どもの心身の発達や、子どもへの対応など保育や幼児教育の現場で必要となる専門知識や技術を修得。聖徳で学んだことを、保育補助の仕事ですぐに実践できたので、理解を深めながら学習を続けられました。
現在は、私立幼稚園で担任として勤務。おゆうぎ会や運動会などの行事を一緒に楽しんだり、手紙をもらったりと、子どもたちとの絆がどんどん深まるのを感じます。その子らしく楽しく育っていける環境を提供できる幼稚園教諭となることが今の目標。生涯を通してこの仕事を続けていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

成田 静香

短期大学部 保育科 卒業
成田 静香さん 

保育の専門知識で子どもたちの成長をサポートし、
信頼される保育者を目指したい


 美容室の受付業務を担当していましたが、お子さん連れのお客様も多くいました。身近で子どもたちを見ているうちに「子どもと触れ合える仕事に就きたい」と、転職を決意。保育園で保育補助として働き始めました。1年ほど経つと、保育の仕事に自信が持てる専門的な知識や技術を修得したいとの思いが強くなり、働きながら学ぶために聖徳大学短期大学部に入学。リーズナブルな学費に加え、勤めていた保育園に聖徳の卒業生がいたことも決め手に。保育分野での実績が安心感につながりました。
聖徳のカリキュラムは、実践力を養える科目が充実。修得した知識や技術をすぐに保育補助の仕事で実践。理解を深めながら学ぶことができました。
現在は、小規模保育園で0歳児・1歳児の保育を担当。一人ひとりの子どもとじっくり向き合いたいと希望していた私にとっては最高の環境です。今後の目標は、聖徳の幼保特例制度学習を利用して、幼稚園教諭免許状も取得すること。聖徳で修得した専門知識や技術を活かし、子どもたちはもちろん、保護者の方々からも信頼される保育士を目指したいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

吉田 志畝

短期大学部 保育科 卒業
吉田 志畝さん 

同じ目標を持った仲間に出会えたことで、夢に向かって頑張れました。


 妊娠をきっかけに前職を辞め、その後はパートをしながら育児に専念していました。ある時、保育園に子どもを迎えに行った際、自分の子どもが保育園の先生や友達と自由に遊んでいる姿を見て、たくさんの子どもたちと関われる「保育士」にとても魅力を感じたのです。それがきっかけで、保育士を目指そうと聖徳に入学しました。印象に残っているのはスクーリングです。特に「児童文化供廚任蓮▲哀襦璽廚瓦箸某遊膳爐鬚弔るのですが、パペットから台本まで3日間ですべてを仕上げます。人見知りの私は、グループワークに戸惑いもありましたが、共同作業を通じて次第に仲良くなり、切磋琢磨する関係を築くことができました。これからも、いい意味でライバルとしてお互いを高め合っていけたらと思います。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

木村 加奈

短期大学部 保育科 在学
木村 加奈さん 

自宅学習とスクーリングで資格取得に近づいていると実感。
初心者だったピアノも弾けるようになりました。


 富山の保育所で保育補助として働いています。職場の保育士さんたちの姿に憧れを持ち、自分も資格を取りたいと思うようになりました。何校か通信制の大学を調べ、卒業までの年数や学費、スクーリングの日数などを比較して聖徳を選びました。ピアノは入学してからはじめたものの、練習を重ねて弾けるようになってきました。これは、入学して良かったと思うことの一つです。また、保育の場面に応じた具体的な対応も学べるため、実務で積極的に実践しています。卒業までの3年間は長い道のりだと思っていましたが、自宅学習とスクーリングで資格取得に近づいていると実感しています。将来は保育所のほか、児童養護施設や障がい児施設も視野に入れながら、卒業まで学びを深めていきたいです。


ページTOPへ ▲