学生インタビュー

則竹 利香

児童学部 児童学科 幼稚園教育コース
(現:幼稚園教員養成コース) 卒業

則竹 利香さん 

日本での資格も改めて取得し、対応に自信が持てるようになりました。


子どもにも英語にも関わりたい。一般企業から留学を経て転身


 大学の英文学科を卒業後、子ども関連企業に就職しましたが、英語を活かせる職種ではなく、英語にも子どもにも関われる仕事に就きたいとキャリアチェンジを目指しました。オーストラリアの大学で教育学部幼児教育学科を卒業して、帰国後、国内のプリスクールで3年半勤めたのですが、やはり日本での資格も取っておきたいと、学び直すことを決心したのです。とはいえ、子どもたちと接する現場を離れることは考えられなかったので、フルタイム勤務をしながら学べるよう、聖徳の通信制を選びました。 当時の目標は、「必ず2年で卒業する」とまでは考えず、「何年かかっても絶対に卒業すること」でした。仕事中は全力で子どもたちに関わりたかったので、先輩方から助言いただいたような1日何時間と決めて勉強するというスタイルは私には難しかったからです。私は私なりに、勉強は自分のペースでできる時にできるだけやろうと決めて取り組みました。

学んだことを職場で実践する日々。在学中は毎日が充実


 私の場合、幼児教育を最初に学んだのは文化もカリキュラムも違う海外でしたが、聖徳在学中はすでに保育の現場にいたため、学んだ学説をどのように役立てるかをすぐに実践の場で考えることができ、とてもわかりやすいものでした。勉強して、実践の場でまた学びなおすという毎日は、とても充実していました。それにスクーリングでは先生方に、私が日ごろ感じていた仕事中の不安点についてアドバイスをいただき、「間違ったことはしていないんだ、大丈夫」と自信を持つことができたのも、とても心強かったです。

入学前と比べていちばんの変化は対応に自信が持てたこと


 卒業後、知識を得たぶん、私自身の子どもに対する接し方や保護者対応にも変化が生まれたように思います。現在、1歳から6歳までのエイジミックスのクラスで10人くらいを見ているのですが、年齢別の能力や社会性の差異などを学んだおかげで、それぞれの子どもに対して関わり方を変えていけるようになったと思います。 子どもへの対応の仕方も、注意を促すだけではなく、時にはじっくり話してみようなどと選択肢が増え、臨機応変に対応できるようになりました。それに、こちらが自信を持って接しているからか、子どもとも信頼関係が築けているような手応えを感じています。とりわけ、保護者の方の質問にも自信を持って答えられるようになったのは、大きな成長かなと思います。保育の知識が多ければ多いほど、保護者の方は安心してくださるので、聖徳での学びがとても役立っています。今後も、子どもたちからも、保護者の方にも信頼される保育士を目指していきたいです。現在の職場は「教育者は学びつづけたほうがいい」という考えのもと、勉強を応援してくれる環境です。だからこそ卒業できたと感謝していますし、今後も何らかの形で学びつづけていけたらと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

中村 留美子

児童学部 児童学科 児童保育コース
(現:保育士養成コース)卒業

中村 留美子さん 

保育士を目指して聖徳を選んだのは実務だけでなく理論から学べるため。
深い理解が得られ、技術も身についた今、聖徳での学びのありがたさを痛感しています。


保育補助の時とは違い今はクラス運営の面白さを感じます


 現在、都内保育園で2〜3歳児クラスを担当しています。4年前に会社を辞め、大学に通いながら保育補助として働きはじめました。当時と比べると、資格を持った今はクラス運営を任され、日々の活動に自分の考えを反映できる面白さを感じます。それに、子どもにとって担任の先生は一番安心できる存在らしく、頼られているなと実感できるのも、やりがいにつながっていますね。

実務だけでなく理論から学べて、意欲に満ちた2年間


 以前は営業職だったのですが、子育てをしている中で、子どもに関わる仕事がしたいと思うようになり、思い切って転職を決意したんです。臨床心理士と迷いましたが、人と直接関わるほうが楽しそうだなと、保育士を目指しました。聖徳を選んだのは、何事も納得したい性格の私としては、実務だけでなく理論も学べる4年制大学だったこと、また通信制で、最短2年で資格が取れるという点も大きなポイントでした。「よし、2年で資格を取ってやろう!」と意欲的になれたので、科目単位も年度の前半にほぼ取れました。ただ実習に関しては、事前指導の受講計画が滞ってしまい、時間的な余裕がなくなってしまったのは反省点ですね。結果的に間に合わせることができたのは、事務の方の強力なサポートがあったおかげです。本当に感謝しています。

自分のコンプレックスまで解消された実技のスクーリングは印象的でした


 今こうして現場に出てみると、苦手だった図工や音楽、体育など実技科目の大切さがよくわかります。クラス運営にとても役立っていますし、私にとっては物事の根源を学べたことも良かったです。例えば美術で、絵とは本来、個性の表現であり上手下手はないのだと学び、私自身が抱いていたコンプレックスから解放されたのです。おかげで気負わずに指導できるようになりました。また聖徳のピアノは、保育のための独特の難しさがあり、経験者でも苦労します。それも大変だった分、リズム感が身につきましたし、どんな場面で弾いても緊張しなくなりました。聖徳大学はピアノが厳しいと聞いているかもしれませんが、自分の想いを強く持って入学したら、きっと応えてくれる大学です。しっかりとした気持ちと目標を立てて、真正面から向かっていけば想いは叶います。皆さんも希望に向かって頑張ってもらえたらと思います。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

齋藤 友梨

児童学部 児童学科 児童保育コース
(現:保育士養成コース)卒業

齋藤 友梨さん 

「保育の聖徳(R)」で修得した専門知識を活かし、
子どもたちの成長をサポートしたい


 地方自治体の音楽隊の嘱託職員として働いていましたが、契約期間は最長5年まで。ニーズが高く、安定した仕事に就きたいという思いもあり、高校時代の第二の夢だった保育士に挑戦することを決意しました。保育士の国家試験は難関なので、受験なしで卒業と同時に資格を取得できる通信制大学で学ぶ道を選択。中でも聖徳大学を選んだ理由は、「保育の聖徳(R)」としての実績の高さ。聖徳で保育士や幼稚園教諭になった友人も多く、より実践的に保育を学べる環境も決め手になりましたね。
 卒業と同時に保育士資格を取得し、現在は公立保育園で0歳児の保育を担当しています。保育や子どもの発達など専門知識はもちろん、スクーリングで修得した実践的なスキルがあるからこそ、子どもたちにも自信を持って接することができています。できなかったことができるようになったり、歩き始めたり。子どもたちの成長を間近で感じられる毎日は、とても充実しています。目指しているのは、子どもたちからも保護者の方々からも信頼される保育士。一生の仕事として、長く続けていくつもりです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

北上 雅美

児童学部 児童学科 幼稚園教育コース
(現:幼稚園教員養成コース)卒業

北上 雅美さん 

自分の想いに素直になって飛び込んだ保育士への道。
聖徳での学びが、夢を現実にする力を育んでくれた。


勉強に専念するために、企業勤務から派遣社員へ


 入学前は、地元新潟の企業で働いていました。もともと、幼い頃から年下の子どもに本を読んであげるほどの子ども好きで、保育士にも憧れを持っていましたが、成長するにつれ興味が移り変わり、さらに、地元で安定した仕事に就きたいという想いから前職の企業に就職。企業で働く中で、あらためて保育士への想いがつのり、やらずに後悔だけはしたくないと、資格取得にチャレンジすることにしました。学費のためにも働きながら学ぶ環境が必須でしたが、勉強時間やスクーリングの日程を考慮して企業は退職。時間の融通がきく派遣社員登録をしたうえで、聖徳大学通信教育部に入学しました。

通学と変わらない厳しさに育まれた現場で活きる実践力


 聖徳はピアノが厳しいと言われていますが、それは通信でも同じでした。以前ピアノを習っていたこともあり、初めての試験も自信をもって臨んだのですが、結果は不合格。譜面どおりに弾けた自信はあったので、問題点を探るために大学で販売しているオリジナルのピアノ補助教材DVDで研究しました。自分の演奏とDVDの演奏を見比べることで、ただ間違いなく演奏するのではなく、子どもがリズムを感じられるように付点やスタッカートをしっかり意識して演奏することが大切だということがわかりました。こうした経験のおかげで、”保育者としての演奏技術”が身についたと思います。
この他にも、現場で必要な力をしっかりと身につけられたと思います。実習ではじめて赤ちゃんのおしめを替えることになった時も、スクーリングで教えてもらったことを思い出しながら取り組むことで、動揺することなくスムーズに対応できました。通信教育のスクーリングという限られた時間の中で、必要な知識・技術を学ぶことができ、聖徳を選んで本当に良かったと思います。

子どもたちが教えてくれる自分自身の成長


 現在の職場では、1歳児クラスを担当しています。1歳と言っても子どもたちは大人のことをよく見ているので、配属したての頃は新人の私の言うことはあまり聞いてくれませんでした。この時思い出したのが、大学時代の保育実習。実は、保育実習の時子どもたちとうまく信頼関係を築くことができず、話を聞いてもらう状況をつくれなかったのです。この経験もあり、配属後は、まず子どもたちに信頼してもらえるように、常に真剣に向き合うことを心がけていました。配属から半年程度経った今、子どもたちが話を聞いてくれることが増え、少しずつですが信頼関係を築けていることを実感しています。今後は、大学で身につけた力と、現場での経験をふまえ、自分なりの保育士像をつくっていきたいと思います。幸いこの職場にはベテランの保育士さんがたくさんいらっしゃるので、さまざまな形の保育を観察しながら、日々成長していきたいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

塩野谷 果林

児童学部 児童学科 幼稚園教育コース
(現:幼稚園教員養成コース) 卒業

塩野谷 果林さん 

幼児期の体作りの大切さを感じ、夢は教職から幼児教育の道へ変化。
学びを保育の現場で活用しながら、自分の成長を少しずつ感じています。


 体育大学で健康スポーツ学を専攻し、卒業後は幼児体育を行う一般企業への就職を考えました。でも教職への夢が再燃して、それも幼少期の体作りの大切さを感じて幼児教育の道へ進もうと決心。保育補助として働きながら資格取得を目指すことにしました。聖徳は通信の歴史があって安心でしたし、説明会で卒業生から具体的な話を聞いて、「皆さん不安を乗り越えて卒業したんだ」と思うと私にもできると確信が持てました。経験豊富な先生方の教えは保育の現場ですぐに役立つものばかりで、最近は任せてもらえる仕事の幅が広がったように感じます。将来、一人ひとりに合った対応ができる保育のスペシャリストになれるよう、今は多くを学び、自分の言動を振り返りながら、少しずつ成長していきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

山西 麻美

児童学部 児童学科 幼稚園教育コース
(現:保育士養成コース) 在学

山西 麻美さん 

子どもの成長や行動に興味が湧き進学を決意。
新しい知識を吸収し“学ぶ喜び”を実感しています。


 4年制大学を卒業後、地方公務員として市役所に勤務しています。自身が子育てをするうちに、子どもの成長や行動に興味が湧き、2年間休職して児童保育を学ぶことにしました。せっかく勉強するのであれば保育士の資格も取りたいと考え調べたところ、聖徳は「保育の聖徳(R) 」と呼ばれるほど実績があることを知り、入学を決意。自宅での学習は、子どもが学校へ行っている間や就寝後など、平日中心にすすめています。新しい知識を得られる毎日で、“学ぶ喜び”を実感しています。日々の子育てにも活かせることが多く、「もっと早く学びはじめておけばよかった」と思うほどです。復職後は、児童福祉関連の部署に異動を希望しており、聖徳で学んだことを新たなフィールドで活かしたいと考えています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

灰原 海斗

児童学部 児童学科 児童教育コース
(現:小学校教員養成コース) 在学

灰原 海斗さん 

スクーリングで同じ夢を追いかける人たちに出会い、
小学校教員の免許取得に向け、さらにやる気が出ました。


 福岡の高等専門学校を卒業後、就職した新聞の印刷会社で千葉に配属になりました。現在は印刷工場に勤務しながら、小学校教諭を目指して勉強中です。転職を考えたのは、小学校教諭の知人から仕事の話を聞き興味が湧いたから。小学校教諭一種の免許を取得するため、通信制の大学を調べていて聖徳を知りました。決め手になったのは、入学説明会です。1対1での対話は質問しやすく、ていねいな説明は安心感があり、すぐに入学を決意しました。通信制ということで「一人で頑張ろう」という気持ちが強かったのですが、スクーリングで同じ夢を目指す人たちに出会えたのは大きな収穫です。さらにやる気が出ましたし、励みになっています。免許を取得した後は福岡に戻り、教員採用試験を受ける予定です。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

眦 芽衣

児童学部 児童学科 幼稚園教育コース
(現:幼稚園教員養成コース)卒業

眦 芽衣さん 

現場に役立つ知識と技術を身につけて「子どものプロ」を目指します。


 保育補助として働きながら、保育士資格と幼稚園教諭一種の取得を目指しています。聖徳の学びは現場での実践に力を入れていることを実感できます。特に、ためになったと思ったのが「保育の心理学」です。最初は子どもと接するときに戸惑うことがありましたが、子どもの発達や行動についての心理を実例によって学ぶことにより、子どもの立場で考えることの大切さに気付きました。ケンカをしたらどういう言い方をしたらよいか、子どものどんなところを理解すればよいかなど、私自身、考えながら取り組むようになりました。大好きな子どもについて勉強することは楽しいです。学んだことを仕事に活かしながら、保育に関する知識と技術を持った「子どものプロ」を目標に、子どもが安心できる先生になりたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

清水 敦子

児童学部 児童学科 児童保育コース
(現:保育士養成コース)卒業

清水 敦子さん 

Choi-S受講で入学を決意。教える姿勢を学び、信頼されるレスナー※を目指します。


 長年、自宅で音楽教室を開講していますが、子どもの大学入学を機に自分自身のスキルアップを考え始めました。まずは家庭と仕事に加え勉強までできるかを見極めるため、Choi-Sを受講してみたのですが、達成感と仲間の存在に支えられ修了後は迷わず入学を決めました。大学では、実際の教育現場に携わってこられた先生方から受講できるので大変貴重です。特に「保育は人なり」の言葉は心に深く残っています。保育者そのものが保育であるという教えで、人との関わり方や教える姿勢を仕事に活かしていきたいです。これからは、保育士を目指す生徒さんにも信頼されるレスナーであること、また音楽指導を通じて特別な配慮が必要な子どもたちへの福祉活動なども行ないたいと考えています。
※ピアノ指導者のこと。


ページTOPへ ▲