学生インタビュー

秋永 美恵子

課程正科生 修了生[養護教諭一種]
秋永 美恵子さん 
長崎県教員採用試験合格

自分らしいスタイルを模索しながら、頼れる養護教諭を目指し、奮闘中です。


子どもたちの悩みに寄り添いたいと養護教諭の道を視野に


 大学時代は、スポーツ心理学を学んでいました。教職科目も受講していたのですが、受講するうちに、教育に興味が湧き、「教員を目指したい」と思うようになりました。私の進学した大学は、スポーツに関することを幅広く、さまざまな角度から学ぶことに重きを置いていたので、教員を目指す上で、もっと教育についていろいろ学びたいと、大学院進学を決意。大学院2年次に、長崎県の教員採用試験に合格し、修了と同時に、中学校で保健体育の教員として働きはじめました。 3つの中学校を経験し、不登校の子やうまく人間関係を築けない子など、さまざまな子どもたちと出会う中で、担任として、保健体育の先生として、というよりも、養護教諭という違うアプローチで、悩みを抱えた子どもたちをサポートしたいと思うようになったのです。しかし、すぐ行動、というよりは必要な費用や情報収集など、徐々に準備をはじめました。

思い切って教員を退職。目標は、2年での免許取得


 中学校では、部活の顧問もしていたので、土日も学校にいることが多く、仕事をしながらでは中途半端になってしまうと思い、覚悟を決め一旦教員を辞めることにしました。聖徳に決めたのは、学習環境が充実していると感じたから。本当は、大学で毎週開催されている養護教諭採用試験対策講座にも通いたかったのですが、当時も長崎に住んでおり、参加が困難でした。そこで、スクーリングの際に講座担当の先生に相談したところ「遠慮せずに言ってくれたら準備するから」とお声がけいただき、さまざまな都道府県の過去問をいただいたり、講座で使用しているプリントをいただいたり、手厚くサポートしていただきました。

自分なりに工夫を重ね、頼れる養護教諭へ


 先生方にサポートいただいたり、スクーリングで出会った仲間たちと励まし合ったり、すべてを力にして、目標どおり2年で養護教諭の採用試験に合格することができました。養護教諭としてはじめての職場が今の小学校です。もちろん、教員として小学生とふれあうのもはじめてなので、子どもたちの発言や行動に驚くこともたびたびあります。例えば、頭をおさえながらお腹が痛いと言ったり、なんでもないと言いながら、本当はとげが刺さっていたり。しかし、「あの時先生が言っていたのはこのことか」とスクーリングでの先生のお話がとっさに結びつき、冷静に考えられることもありました。こういった子どもたちのサインを見落とさないよう、自分なりに工夫して子どもたちとふれあう機会をつくるようにしています。その一つが、毎朝の校門での挨拶です。今の小学校は、登下校で使用する門が一ヶ所なので、校門に立ち、気になる子には積極的に声をかけ、必要だと感じたら、保健室で話す時間をつくるようにしています。まだ、養護教諭としてのキャリアはスタートしたばかりですが、聖徳で学んだことや、自分で調べてみていいなと思ったものを積極的に取り入れながら、自分の養護教諭としてのスタイルを確立できればと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

泉水 春那

課程正科生 修了生[養護教諭一種]
泉水 春那さん 
千葉県教員採用試験合格

強い意志を持って取り組み、念願の「養護教諭」に。
子どもたちの明るい笑顔に、毎日幸せな気持ちになります。


学校中の生徒を見られるよう やすらぎと学びの場に目指したのは養護教諭の道


 大学卒業後、講師として中学校に赴任し、特別支援学級を担任することになりました。私にとって、先生になることも、特別支援学級を見ることも、すべてがはじめてのことで、何をするのも手探り状態でした。障がいへの知識もあまり無く、どのような対応をとるべきなのか、大人になった時の生活能力を養うためにはどのような支援をしたらいいのか、確信を持てずにいました。また、副担任をしていた学年でも、人間関係をうまく築けずにトラブルを起こしたり、親との関係や進路に悩んでいたりなど、さまざまな悩みを抱えている生徒たちを多く目の当たりにしました。そこで、クラス単位ではなく、学校全体という規模で生徒たちの健康面や精神面を見られるよう、「養護教諭」を目指そうと決意しました。

モチベーションを高めながら甘えることなく計画的に学習


 仕事も続けながら免許取得を目指していたので、職場と同じ千葉県にある聖徳大学に決めました。平日は疲れて帰宅することも多かったので、1週間単位で学習スケジュールを組み、平日にできなかった学習は土日に確実に終わらせるように心がけました。「また来週やればいいや」と先延ばしにしてしまうと、今後も甘えが出てしまうと思ったので、これだけは徹底して継続しました。自分一人での勉強は苦しい時もありましたが、スクーリングで出会った仲間と連絡を取り合うことで、行き詰まっているところや勉強方法について共有し、改めて「頑張らないと」とモチベーションを高めながら続けることができました。また、友だちだけではなく先生方にも丁寧にサポートしていただきました。特に米元先生には、通学課程の学生と一緒に採用試験の面接練習をしていただいたり、とてもお世話になりました。

子どもたちにとって、保健室を やすらぎと学びの場に


 養護教諭となった今、子どもたちが健康で元気よく登校している姿を見ることが一番嬉しいことです。児童全員が、毎日明るい笑顔で過ごせるためには、自己管理能力を育てていくべきだと考えます。そのためには、「どうしたらよかったんだろう?」と考えさせることを心がけています。日ごろから、子どもたちに、「転んだら傷口を水道で洗ってくるように」と何度も言い聞かせています。けがをしてしまった子が、また同じようなけがで保健室に来た時に、自分でできる限りの応急処置をしてきた姿に成長を感じています。保健室は子どもたちにとってやすらぎの場であるだけではなく、学びの場でもあります。私自身も子どもたちと一緒に成長し続けていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

平林 めぐみ

課程正科生 修了生[養護教諭一種]
平林 めぐみさん 
東京都教員採用試験合格

働きながらでも養護教諭を目指せることを知り、迷わず受講。
ゆくゆくはカウンセリングもできる養護教諭になりたい。


心強く感じた手厚い教員採用試験の対策サポート


 私は大学生の頃から養護教諭を目指していたのですが、在学していた学科では養護教諭の免許が取れなかったので半ば諦めていました。でも、通信教育なら働きながらでも養護教諭を目指せるということを知り、迷わず受講を決めました。聖徳は教員採用試験の対策サポートも手厚いと聞いていたので、とても心強かったです。

自分で勉強する習慣がつくのも、通信教育ならではの魅力


 私は文章を書くのが得意ではなかったので、通信教育を通して文章力がとても鍛えられました。自分で勉強する習慣がつくのも、通信教育ならではの魅力だと思います。通信教育は自分次第ですので、やった分だけどんどん伸びます。学ぶ意欲さえあれば、聖徳の先生方も通信・通学生関係なく教えてくださいます。それに図書館などの設備も充実しているので、学べる環境はしっかり整っています。
 また、私の場合は都立高校での健康診断のボランティア活動に参加させていただき、実際の養護教諭の仕事を見学したり、体験したりすることができました。

実際の現場に活かされている聖徳の実践的な学び


 それと、スクーリングもとても勉強になりました。特に印象に残っているのは「実習事前指導」です。先生方から直接指導を受けながら、実際の現場を想定したさまざまな仕事を体験できました。具合の悪い子どもたちとの接し方や検診器具の使い方など、多くの学びが実践で活かされています。
 私は現在、都内の大きな小学校で働いています。今は心を病んでしまっている子どもが昔に比べて多いので、非常勤のカウンセリングの先生と連携しながら仕事に励んでいます。ゆくゆくはカウンセリングもできる養護教諭になって、たくさんの子どもたちをサポートしていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

佐藤 陽子

課程正科生 修了生[小学校教諭一種]
佐藤 陽子さん 
千葉県教員採用試験合格

学んだことを実践しながら、より充実した指導をしていきたいです。


 聖徳へは、学生時代から慣れ親しんだ雰囲気で学びたいという思いと、「保育の聖徳®」の実績から入学を決めました。授業は、実践的な知識や技術を学べる科目が豊富で、すぐに現場で役立つ内容ばかり。例えば、「生活機廚離好ーリングでは、どんぐりコマを上手に回すコツを教えてもらいました。当時、小学校の補助教員として働いていたので、職場で子どもたちに教えてあげたらすごく喜んでくれて。聖徳で学んだことを職場で実践しながら身につけていくことができました。現在の職場には、道徳や体育など、得意な分野をお持ちの先生が多くいらっしゃるので、学んできたことを活かしながら、私自身も「これだ!」という専門性を身につけ、自信を持って子どもたちを指導していきたいと思っています。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

塚本 寛人

課程正科生 修了生[小学校教諭一種]
塚本 寛人さん 
千葉県教員採用試験合格

ずっと夢だった小学校教諭へ。
聖徳で学んだことを、現場で活かしていきたい。


職業体験担当になったことが入学にふみきるきっかけに


 大学卒業後、銀行に勤務していましたが、「小学校の先生になりたい」という小学生の頃からの思いがずっと胸の奥にありました。そんな中、小学生を対象にした職業体験を担当することに。どうしたら銀行のことを楽しみながら知ってもらえるのか、小学生たちが驚くようなプログラムを準備したり、当日、銀行を案内して、小学生と一緒に時間を過ごす中で、「先生になりたい」という気持ちが「先生になろう」という決意へと変わっていきました。通信教育で教員を目指せる大学を検討していた際、聖徳の通信教育に通っていた先輩や、保育士の母や姉からのすすめもあり、聖徳大学を選びました。また、最短で教員免許を取得し、少しでも早く働きたかったので、課程正科生として入学することにしました。

経験豊富な先生方によるユニークな授業


 聖徳は、実際に教育現場で活躍されていた先生が多く、その先生方から直接指導を受けられるのはとても魅力的です。今でも鮮明に覚えている授業のひとつとして「算数科教育法」があります。なんと、先生が現役の小学校教諭だった頃の授業を映像で見ることができたのです。その授業は、小学校2年生の算数だったのですが、問題の解き方や答えを教科書どおりにすぐ教えるのではなく、とことん考えさせ、子どもたちから答えを引き出すというテクニックに衝撃を受けました。重要なのは、正しい答えを教えることではなく、子どもたちが自分の力で、しっかりと授業内容を理解することだと気付かされました。現在、ちょうど小学校2年生を担任していて、もうすぐ、この授業と同じ単元を学習する予定なので、学んだテクニックを実践してみたいと思っています。

同じ目標を持つ仲間と乗り越えた採用試験


 大学主催の教員採用試験特別講座に参加し、約5ヵ月、筆記試験と面接の対策をしました。入学前は、通信教育というと一人で黙々と勉強するというイメージがありましたが、特別講座では、通学課程の学生とも交流する機会があり、同じ夢を持つ仲間がたくさんできました。試験に関する情報を交換したり、励まし合ったり、同じ目標に向かって努力する仲間がいたからこそ、最後まで頑張れたのだと思います。ここで出会った仲間とは今でも連絡を取り合っていて、予定を合わせて会うこともあるんです。今では、みんな小学校教諭や講師として活躍しているので、近況を報告したり、意見を交換したりしながらお互い刺激し合っています。夢を叶えることができた今、子どもたちにとって、学校が楽しい思い出でいっぱいの場所になるようにしたい、という新たな目標ができました。そのためにも、聖徳で学んだことを活かして、子どもたちが笑顔になるような体験を生み出していきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

田崎 歩

課程正科生 修了生[中学校教諭一種・高等学校教諭一種(英語)]
田崎 歩さん 
埼玉県教員採用試験合格

実践的なスクーリングで「教える」スキルを着実に修得。
社会人経験を活かしてキャリア教育にも携わりたいです。


 海外事業プロジェクトを行う企業の営業職を経て、フェアトレードの会社で働いていました。ボランティア講座の講師や後輩指導を経験する中で、「教育」の仕事に携わりたいという気持ちが強くなりました。英語教師を選んだのは、世界中の人々とつながることができる英語の魅力を伝えたいと考えたからです。聖徳の魅力は、教員経験が豊富な先生方の直接指導が受けられること。実践を重視したスクーリングで、「教える」ための専門知識やスキルを無理なく身につけられました。教員採用試験対策も充実していて、自信を持って試験に臨むことができ、合格を勝ち取ることができました。社会人経験を活かしてキャリア教育にも力を入れ、学習面でも生活面でも生徒をサポートできる教員を目指したいです。


ページTOPへ ▲