学生インタビュー

鈴木 憲和

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
鈴木 憲和さん 

働きながら社会福祉士の資格を取得。
大きな自信につながりました。


ジョブコーチの仕事で芽生えた社会福祉への興味


 元々社会福祉に関わる仕事をしていたわけではなく、関東の大学を卒業後は、出身の静岡で一般企業に就職しました。しかし、リーマンショックの影響を受けたことをきっかけに、これからは組織が倒産しても自分は倒れない生き方をしようと、自宅近くの視覚障がい者のための支援施設でボランティアをはじめたのです。ジョブコーチの仕事をする機会を得たのはその時です。施設で浜松に拠点を置くNPOの方と知り合い、限られた期間ですがNPOでジョブコーチをすることになりました。ジョブコーチとは、障がいを持つ方を民間企業に就業支援して定着させる仕事です。この経験がきっかけとなり、社会福祉に興味を持ち、いろいろな方と出会って、人と人をつなげていきたいという思いが強くなりました。「人とネットワーク」を軸に社会福祉の仕事を調べすすめる中で、医療ソーシャルワーカーという職業に行きつきました。そんな時、現在の職場の求人広告に医療ソーシャルワーカーの文字を見つけたんです。もちろん、その時点では医療ソーシャルワーカーに必要な社会福祉士の資格は持っていません。でも、「必ず社会福祉士の資格を取ります!」と断言し、採用してもらいました。

“背水の陣”と思い勉強の日々。無我夢中でやり遂げました


 私は4年制大学を卒業しているので、資格取得には3年次編入学が最短ルートと考えて通信制の大学を探しました。聖徳を選んだ決め手は、学務課の方の親身な対応です。働きながら本当に資格が取れるのか不安を感じていたので、毎日のように電話で相談させていただいていたのですが、細かな質問にも親切に答えていただけて卒業までの見通しが立ったので、聖徳への入学を決意しました。入学後は、職場に資格取得を宣言していたため、毎日が“背水の陣”と思い、必死で勉強しました。仕事と大学での単位取得、そして国家試験の勉強を毎日つづけるのは大変なことでしたが、なんとかやり遂げて試験に合格できました。合格は、社会福祉の世界で働いていく上で大きな自信になったと思います。また、スクーリングで得た仲間たちはかけがえのない存在です。自分の勉強方法が不安な時相談したり、過去に社会福祉士の試験を受けたことがある方から情報収集したりと、大きな心の支えになりました。

医療ソーシャルワーカーとして人と人をつないでいきたい


 現在、介護士として3年以上の実務経験を積んだところです。食事や入浴など、入居者さんの日常生活のお世話や服薬の管理などをしています。入居者さんやご家族の喜ぶ顔を見ると、今まで経験してきた営業職のような達成感とはまた違ったやりがいを感じます。そして、社会福祉士の資格取得から少し時間はかかりましたが、先輩のもとで実務を学びながら医療ソーシャルワーカーとして働く予定です。まずは、患者さんや家族の方々の相談を通して、社会福祉の世界で着実にレベルアップしていきたいです。今も「医療ソーシャルワーカーとして人と人をつなぎたい」という思いは変わりません。その思いを胸に経験を重ね、ゆくゆくは医療の枠に捉われず新しいことにも挑戦していきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

仲山 君子

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
仲山 君子さん 

社会福祉士と精神保健福祉士、2つの資格を取得。
専門性を高めたことで自信を持って仕事に取り組んでいます。


父の介護を機に福祉の仕事へ将来のため、専門職を目指す


 福祉の仕事に関心を持つようになったのは、亡くなった父の介護がきっかけです。介護保険についての知識がもっとあれば父にとっても、介護する母にとっても助けになったのではないか―という後悔の念から介護福祉士の勉強をはじめました。介護保険事業所で半年ほど事務職に就き、養成校で資格を取得。そして白井市社会福祉協議会で働くことになりました。社会福祉協議会は地域福祉を担う組織です。連携するのは専門機関や専門職の方ばかり。自らの知識不足を痛感したことで、養成校時代に興味を持った社会福祉士の資格を取り、困っている人たちの助けになりたいと思うようになりました。

系統立てて学び、知識を修得友人の励ましも大きな支えに


 社会福祉士になるには福祉系の大学を卒業しなければなりません。仕事や家庭のことを考えると通信教育しかないと思っていたので、スクーリングで自宅から通えて、周囲に卒業生がいた聖徳を選びました。土日に集中してレポートを書くため、平日に教科書を読み、図書館に足を運び、さらに職場に置いてある福祉関係のパンフレットを活用しました。福祉の学びは関連する部分が多いので、介護保険、地域福祉など同じ分野を同時に勉強したことで効率的に知識が身についたと思います。スクーリングも充実していて、一人で学習することの多い通信教育において、仲間と行うロールプレイングといった実践的なものから得るものは大きかったです。入学当初はスクーリングや実習の多さに出席できるか心配でしたが、職場の理解と仲間の励ましに助けられ、3年間で社会福祉士に加えて精神保健福祉士の資格を取得しました。

資格取得で仕事の不安が解消。今後も学びを継続することを決意


 現在は地域福祉の推進をはかる、さまざまな仕事に関わっています。スタッフをまとめたり、利用者のご自宅に出向いて支援したり。資格を取得し、専門的な知識を得たことで専門職の方とも自信を持って連携することができるようになりました。心の病を抱えた方の支援にも「じっくり話を聞いて、本当の心の内を知るようにしよう」など事例に応じて対応できるようになったと思います。また、担当している広報誌の編集では、聖徳のレポート作成で培った要点をつかむ技術が役立っています。大学卒業後もさまざまな研修やセミナーに参加しています。今後もコツコツと学びを深めていきたいです。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

芝田 明子

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
芝田 明子さん 

社会福祉士を取得したことで
仕事の幅が広がっています!


 介護福祉士の資格を持っていましたが、より専門性を高めるために社会福祉士の取得を決意。最短期間で取得が目指せる養成校もありますが、学ぶならしっかりと学びたいと、大学で学ぶ道を選びました。聖徳に入学したのは、知名度の高い大学だったから。アクセスも便利で、スクーリングに通いやすいことも魅力でしたね。
 仕事を続けながらの学びでは、辛いこともあり、やめようかと思ったことも。そんなときに支えてくれたのが、聖徳で出会った仲間や先生方です。さまざまな職業、幅広い年齢層の仲間たちが励ましてくれたり、先生方が親身になってサポートしてくださったり。人とのつながりの大切さを実感しながら学べました。社会福祉士を取得し、利用者さんに展開できる情報や選択肢も増え、さまざまなアプローチができるようになりました。仕事の幅も広がっています!

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

菊田 康友

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
菊田 康友さん 

メリハリをつけた学習と
卒業後の目標が合格の決め手


 聖徳に入学したのは、通信教育でニーズの高い福祉系の国家資格が目指せることに魅力を感じたから。リーズナブルな学費も決め手になりましたね。私の勉強法は、仕事が休みの日に集中して取り組むこと。メリハリをつけた勉強が、私には合っていました。国家試験前は、過去問題を中心とした問題演習を徹底。最初は4〜5割しかできなかったけれど、何度も取り組むうちに合格ラインを超えるように! 共に学ぶ仲間たちと励まし合うことで、大学の勉強も、国家試験も乗り越えられました。
 現在は更生保護施設で就労支援を担当。聖徳での学びで更生保護施設の役割を知ったときから、その施設で支援が必要な方々をサポートしたいという目標を持って学んでいました。国家試験合格はもちろん、その先の目標があったからこそ、通信教育での学びを頑張ることができたと感じています!

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

余田 志津枝

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
余田 志津枝さん 

仲間たちの頑張る姿が
不安を消してくれました


 実は入学まで1年くらい悩みました。「通信教育での学びを続けられるのだろうか」と考えてしまって……。けれども、福祉の専門的な知識を深めたいという気持ちに後押しされ、入学を決意しました。
 入学後も不安はありました。最初の1年はレポート提出なしのスクーリングを受講するくらいで、あまり勉強をしていなくて。スクーリングで出会った仲間たちと交流するうちに「勉強しなくては!」と意欲がわいてきたのです。当初は社会福祉士の取得のみを目指していましたが、仲間の頑張りに刺激され、精神保健福祉士の取得も目指すことにしました。聖徳は国家試験の合格率が高いのも魅力です。先輩方や仲間たちが次々に合格して 卒業していく姿を見ていると、「次は自分!」と思え、モチベーションもアップ。聖徳ならではの環境と仲間たちの支えで、2つの資格を取得できました!

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

竹林 明子

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
竹林 明子さん 

子育て中の仲間やママ友、
先生方の存在が心の支えに!


 上の子が小学校へ、下の子が幼稚園へ入ったのを機に、通信教育部に入学。「ずっと関心を持っていた福祉を学ぶなら、今やらないと!」という気持ちが強くなり、すぐに勉強を始めたいと、秋入学を選びました。
 育児と学習の両立で重要なことのひとつは、周囲の理解。科目終了試験では家族に子どもの面倒を見てもらったり、スクーリング参加のときにはママ友たちに学校行事などの活動をサポートしてもらったりと、周囲の方々に助けられながら学習を続けました。聖徳でも私と同じように子育て中の仲間や先生がいたことが心強かったです。
 いろいろな方の支えもあり、2年で卒業、社会福祉士資格を取得という目標を実現。現在は福祉職として障害者の方々のサポートに携わっています。ゆくゆくは障害を持つお子さんと、そのご家族を支援していきたいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

吉田 貴美

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
吉田 貴美さん 

チーム医療の一員であるソーシャルワーカーとして
患者様の自立を支援していきたい


 家庭環境などに問題を抱える子どもたちを支援したいと、福祉の世界へ。保育士資格・幼稚園教諭免許状を取得し、児童養護施設で勤務していましたが、ソーシャルワークを専門的に学ぶ必要性を実感。働きながらでも社会福祉士・精神保健福祉士の同時取得が目指せる聖徳へ入学しました。
 聖徳は先生方や仲間たちと直接会える機会が豊富。福祉現場で必須の「人間力」「コミュニケーション力」が自然と身につく環境です。スクーリングでは、ロールプレイ形式など体験型の演習で実践力も修得できました。
 通信教育は学習のモチベーションを維持するのが難しい面も。けれども、仲間たちとのつながりが私を支えてくれました。試験対策などの情報を交換し合ったり、励まし合ったり。社会福祉士・精神保健福祉士の2資格を取得できたのも、仲間の支えのおかげです。
 現在はリハビリテーション病院のソーシャルワーカーとして、患者様やご家族の相談に対応し、退院後の自立までを支援しています。より多くの経験を積み、社会的弱者と呼ばれる方々を一人でも多くサポートしていきたいと思います。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

肱岡 敬子

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
肱岡 敬子さん 

自分らしさを尊重する就労支援を目指して。
学びを深めて、実務に活かしていきたいです。


 航空会社に勤めていましたが、母子家庭となり、出張や拘束時間の長い勤務が困難に。夫の闘病中に福祉サービスに支えられた経験から、福祉職への転職を決意しました。育児と両立するため、通信教育での学びを選択。聖徳を選んだ決め手は、国家試験合格実績の高さです。福祉を専門的に学べることに加え、手厚い国家試験対策も魅力でした。聖徳では、福祉の分野で著名な先生方から直接指導が受けられる機会が豊富。体験型の演習などで興味を深めながら、実践的な知識や技術を修得できました。
通信教育は、1人で取り組む姿勢(個人プレー)とともに、大学スタッフの方や仲間たちと影響し合う部分(チームプレー)も大切。苦楽を分かち合った仲間の存在が大きな支えになりました。
 福祉の現場で働く今、メンタル面のサポートの重要性を実感し、カウンセリング資格や精神保健福祉士資格の取得を目指して学び続けています。聖徳で修得した専門性と航空会社で培ったキャリアを活かした活動が今後の目標。問題を抱えて悩んでいる女性たちが、その人らしく輝けるようサポートしていきたいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

寺本 久子

心理・福祉学部 社会福祉学科 卒業
寺本 久子さん 

産婦人科での看護師経験を活かし、
生命の大切さを伝えられる養護教諭を目指したい


 看護師として大学病院の産婦人科や救急外来での勤務を経験。2人目の子どもの出産を機に、医療処置が必要な子どもがいる学校へ赴く巡回看護師になりました。学校の保健室でさまざまな子どもたちと触れ合う中で、学校での仕事に関心を持ち、看護師の資格を活かせる養護教諭を目指すことを決めました。
巡回看護師の仕事と育児、そして学びを並行するため、通信で学べる聖徳大学に入学。最短2年で養護教諭一種免許状を取得できること、リーズナブルな学費も聖徳を選んだ理由です。
現在は、肢体不自由児を対象とした特別支援学校の養護教諭として勤務しています。医療的ケアを行う看護師さん、担任の先生と連携して、一人ひとりの生徒に対応。その子の持てる力を、どう成長につなげていくかを考えながら、子どもたちの成長を見守る毎日はとても充実しています。
 養護教諭の経験を3年以上積むと、授業を担当できるようになります。産婦人科病棟での経験を活かして性教育にも力を入れていきたいと考えています。生命の大切さを教えられる養護教諭を目指したいですね。

ページTOPへ ▲

学生インタビュー

菅原 雅子

心理・福祉学部 社会福祉学科 養護教諭コース 卒業
菅原 雅子さん 

ケアが必要な子どもたちにとって安心できる存在になってあげたいと
看護師から養護教諭を目指しています。


 子どもの頃、体が弱かった私にとって保健室の先生は大きな存在でした。養護教諭に憧れたものの、まずは医療現場で実践を積もうと看護師になり、出産・子育てを経た今、再び夢に向かって聖徳に入学しました。看護師とは違い、養護教諭は教育する役目を担うので、医療の面でも異なる視点から改めて学ぶことが多く、グループ討議ではメンバーそれぞれの仕事経験に基づいた意見が聞けて、毎回新しい発見があり刺激的です。また現在、巡回看護師として小中学生と接しているのですが、小学生でも深刻な悩みを抱えていることを知り、精神保健福祉士の資格取得も目指すことにしました。かつての私自身がそうだったように、子どもたちに心身共に安心できる場所をつくってあげられるよう頑張りたいです。


ページTOPへ ▲