Home » 在校生の保護者の皆様へ

在校生の保護者の皆様へ

後援会活動

本校の後援会活動は、「建学の精神に基づき、本校の隆盛と発展を期するために行い、本校と会員及び会員相互の資質の向上並びに協調と親和を図ること」を目的としています。この目的は開校以来変わらず、保護者の会の活動は円滑に運営されてきました。

本部役員会・評議員会・各種委員会(平成7年度発足)・支部会(平成6年度発足)・同好会などを通じて、後援会員の「学習」や「実践」というテーマのもと、熱心な活動が行われてきました。平成10年度以降は「誘いあい参加する後援会活動」「学びあい実践する後援会活動」という新しいスローガンのもとで、さらなる内容の充実を図っています。

後援会活動の原点は、親と教師が子どもの人権を尊重しつつ、力を合わせて子どもの幸福実現のために協力し合うという、純粋な気持ちにあります。こどもの健全な成長を親と教師が協力し合って支援してゆく、そこから真の教育が生まれるのです。教育の場は学校に限らず、家庭や地域もその重要な場であるのです。

昨今、家庭における教育力の低下が指摘されています。このような現実を正面から捉え、後援会では多くの保護者が支部会や委員会に参加でき、研修できるような企画を数多く用意しております。多くの方々の積極的な参加があってこそ、意義のある運営ができるものであることは言うまでもありません。
また、後援会活動には本校全教職員が関わりを持ちます。共に学びながら、充実した活動ができればと考えています。

後援会評議員会は各学級から2名選出された学級評議員および支部長、サークル部長、および本部役員10名で構成されます。定例会は評議員会が年3回、役員会年6回です。学校から委嘱をうけて、後援会総会や聖徳祭・体育祭の支援などの任にあたっています。

お知らせ

後援会、部員募集中!

後援会各部の部員を募集しております。保護者の部活動です。
詳しくは、後援会総会資料に同封されておりますご案内やお誘いをご覧ください。

  • 礼法部
  • 文化部
  • ゴルフ部
  • コーラス部
  • 俳句の会

インフルエンザ発症時の対応について

  • 37.5℃以上の熱があった場合には、登校を控え、経過を見て医師の診察を受けさせてください。
  • 家族の中に感染者が出た場合、本人が発症しておらず健康な場合は、マスクをして登校させてください。
  • 基礎疾患のある人は、重症化する恐れがあるため、発熱がなくても体調がすぐれないときには登校を控えさせてください。

出席停止について」も併せてご覧ください。

治癒証明書のダウンロードはこちら(PDF)

メール配信システムへの登録について(お願い)

メール配信システム、テスパへの登録をお願いいたします。
登録には、クラスごとのパスワードが必要です。詳しくは担任にお問い合わせください。

出席停止について

お子様が学校保健法で学校伝染病に定めらた感染症に罹患した場合…

  • ① 保護者の方が、電話で学校に連絡をしてください。
  • ② 必ず医療機関で受診し、医師の判断をあおいでください。
  • ③ 病状が回復し、医師の許可がおりてから、再登校して下さい。
  • ④ 医師に治癒証明書を記入してもらい、学校に提出してください。
  • ⑤ 担任、保健室を経由し、学校長の判断のもと、出席停止扱いとなります。
  • ⑥ 学校保健安全法の改定により、インフルエンザの出席停止期間が変わっております。
    旧:解熱後2日を経過するまで ⇒ 新:発症から5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

治癒証明書

治癒証明書のダウンロードはこちら(PDF)

● 学校伝染病と出席停止の期間

どのような病気か

感染症予防のために…普段から気をつけましょう!

  • ① 栄養と休養を十分にとり,普段から体力をつけ,抵抗力を高めておきましょう。
  • ② 感染症が流行しているときには,人ごみを避けましょう。
  • ③ マスクを着用しましょう。極小のウイルスは防げませんが,マスクで喉(のど)や鼻の湿度を保つことで感染しにくくなります。
  • ④ 手洗いとうがいを,こまめに行いましょう。外出の後,食事前は必ず。
  • ⑤ 適度な温度,湿度を保ちましょう。こまめに部屋の空気を入れ替えは大切です。
  • ⑥ インフルエンザなどは,その予防接種を受けましょう。

奨学金

各種奨学生の募集についてお知らせいたします。

  • ◆ 各種奨学生の募集については,県または各種団体から募集があった都度,各クラスで掲示および口頭にて生徒にお知らせしています。
  • ◆ 希望される方は,クラス担任を通じて,奨学生担当教員までお申し出ください。
  • ◆ 奨学金の予約申請をしている方は,その旨お申し出ください。
  • ◆ 申し出期限を過ぎますと,申請ができなくなりますので,早めにお申し出ください。
  • ◆ わからない点がありましたら,遠慮なく,奨学金担当教員,または担任までお問い合わせください。

TOP