Home » 学校概要 » ご挨拶

ご挨拶

学園長・理事長川並弘純

本学園は、創立以来、次の時代に活躍できる有能な女性の育成を目標に、常に教育環境・教育内容の充実を図ってまいりました。

もちろん、そのすべての方策の根底には、創立者川並香順・孝子両先生と前学園長川並弘昭先生が育み続けてまいりました建学の理念「和」の精神が脈々と息づいていることはいうまでもありません。

創立65周年を迎えた平成10年、聖徳大学大学院の開設をもって、創立者両先生が念願しておりました、幼稚園から大学院までの一貫教育を確立するに至ったのであります。ここに聖徳学園は、女子教育の一つの理念を具現化いたしました。

そしてここから「新世紀に羽ばたく有為な人間の育成」を命題とする、本学園の新たな第一歩が始まると確信しております。

学校長川並芳純

「和」を教育理念に掲げ、取手聖徳女子だから実現できる教育を。

中学・高校の6年間は、人生の中でもっともみずみずしく、人として伸びる時期でもあります。この時期に何を経験し、学び、考えるかによって、子どもたちの未来は大きく変わります。だからこそ私たちは、生徒一人ひとりの未来を見据えます。社会に出てから、輝かしい未来を築いていけるように。そんな願いをこめて取手聖徳女子だからこそ実現できる女子教育を実践してきました。

本校の始まりは今から30余年前、昭和58年4月にさかのぼります。学校法人東京聖徳学園の創立50周年記念事業の一つとして開学しました。教育理念に掲げた「和」は、聖徳太子が十七条憲法の第一条にうたった「和を以って貴しとなす」に由来します。この和の精神に基づき、女子校というフィールドを通して、「思いやる力」「かなえる力」「助け合う力」の3つを伸ばすことを主眼に置いたカリキュラムを構成しています。そして、「生徒一人ひとりの女子力の向上」を目指した教育により、人生を輝かせるための力(=女子力)を養成します。私たちが考える女子力とは、「社会に出た時、明確なビジョンを持ち、自立できる力」「まわりの人間に必要とされ、頼りにされる力」「新たな可能性を発見し、広げていく力」。この考えに基づき、「女子教育」と「学力伸長」を教育の軸に掲げています。

教育理念の「和」の考えは、創立以来、変わらずに大切にしてきたこと。週に一回、正課の授業として「小笠原流礼法」を学ぶ時間を設けているほか、各学年の生徒が所属する「友和班」の活動を実施。毎日の清掃活動などを通して、年齢の差を超えた絆を深めています。加えて、入学直後の学習オリエンテーション合宿や北蓼科高原での体験学習など、宿泊を伴う行事も多く実施。これらすべての取り組みを通じて、本校の生徒たちは「相手を思いやる心」や「礼儀、立ち居振る舞い」を育み、「ともに力を合わせて何かを成し遂げること」の尊さを実感しています。

難関大学へも多数進学。進学校としての輝かしい実績。

一方、教育の軸である「女子教育」と「学力伸長」に関しては、取手聖徳女子らしい“生徒の心に寄り添った教育”を実践しています。本校は文部科学大臣より指定を受け、「女性キャリア」という女子教育プログラムに取り組んでいます。社会とかかわる活動、職業や自己の将来にかかわる活動など、主体的かつ協働型の学びを通して、品格と行動力を兼ね備えた女性を育成しています。

また、将来の目標があっても、「私には難しい」と最初から諦めてしまう生徒も少なからずいます。そのような生徒に対して、取手聖徳女子の教員はこう問いかけます。「最初から高くそびえ立つ山を登るのは難しいかもしれない。けれど、毎日の積み重ねで、少しずつ進んでいくことならできるはず。私たちと一緒に一歩ずつ山を登っていきましょう」と。

そして、生徒の進路希望に応じて段階的に進行する学習プログラムを用意し、生徒の学力にあわせたきめ細かい指導を展開。通常授業をコース別に行い、1年生から習熟度別の授業を実施しているほか、朝学習や放課後・休暇中にも特別補講、補習なども行っています。特に個人補習は好評で、職員室内に生徒たちが学ぶスペースを設置。休み期間中も解放し、いつでも相談できる環境を整えています。

和の精神を重んじた教育を行い、生徒の心に寄り添いながら、目標実現に向けたサポートをしていること。取手聖徳女子らしい教育環境の中で、いつしか生徒たちは自信を抱き、凜とした表情で将来の夢を語るようになります。課外活動や学校行事にも全力に取り組み、かけがえのない思い出を育んでいくのです。

取手聖徳女子で過ごす日々が、あなたの心を育てる栄養となる。

今、取手聖徳女子の卒業生は、国公立大学や難関私立大学をはじめ、希望する大学に進学しています。過去数年の進学実績をご覧いただければ、本校の教育の成果がご理解いただけるでしょう。

これから先、取手聖徳女子に進学する皆さんにも、本校でたくさんの経験をし、学びを得て、たくさんの友だちをつくってもらいたいと思います。仲間たちと協力し、何ごとも一生懸命取り組んでください。こうした経験の一つひとつが、あなたの心を育てる栄養となり、女子力を高めていきます。

そして、友だちや先生、先輩との間に生まれた「絆」は一生の宝物になるでしょう。私たちはこれからも、心のつながりを大切にする伝統を守りながら、皆さんと出会う日を楽しみに待っています。

TOP