聖徳大学 > 大学紹介 > 3つのポリシー
大学・短大概要 ABOUT SEITOKU
大学・短大・大学院
  • 大学・短大概要トップ
  • 学長からのメッセージ
  • 歴史と現状
  • 人間教育「和」
  • 3つのポリシー

    • 聖徳大学3つのポリシー
    • 聖徳大学大学院3つのポリシー
    • 聖徳大学短期大学部3つのポリシー
  • 単位互換制度
  • 聖徳大学出版会
3つのポリシー(教育経営方針「聖徳が求めるもの」)
  • 聖徳大学短期大学部

聖徳大学短期大学部では、学則に定める教育目的を果たすため、学科ごとに教学経営の基本方針となる学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)の3つの方針を、次のとおり定めています。

聖徳大学短期大学部

1. 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

聖徳大学短期大学部は、1933年に創立された東京聖徳学園の建学の精神である「和」を教育理念としています。本学は、この理念を社会に創造的に活かしながら、常に新しい教育に挑戦するとともに、時代を超えて求められる多様な他者への尊敬と共感を大切にする人間性を備えた女性を様々な世界に輩出しています。
現代社会は、政治・経済・文化のグローバル化が進み、個人・社会の価値観が多様化・複雑化し、きわめて多くの複合的な問題に直面しています。このような変化の激しい社会において、人間の尊厳を見失わず、自ら新たな問いを立て多様な他者と協働しながら新たな価値を生むための力の育成が求められています。
聖徳大学短期大学部は、時代をリードする教育改革を進め、互いの価値観を共感的に受け止める確かな人間性、グローバルかつローカルな視点と学際的な洞察力、社会で発揮できる専門性の高い実践力をもつ人を着実に育成し、調和ある社会の発展に貢献しています。
聖徳大学短期大学部は、上記の教育理念に基づいて、以下の四つの教育目標を掲げます。
【教育目標】
1.他者を思いやる協調性とともに、凛として生き抜いていくための確かな人間性を育成する。
2.自己分析力、論理的思考力、自己管理能力を活かし、個別学問領域を超えたアイディアや洞察力と多面的な問題発見・解決力を育成する。
3.専門分野に関する理論・知識・技能を修得し、理論と実践を結びつけて社会で発揮できる専門性の高い実践力を育成する。
4.グローバルな視野を備え地域で活躍できる専門性の高い実践力を発揮して、自分なりの価値を見いだし、自らの意思で一歩を踏み出すことのできる女性を育成する。
聖徳大学短期大学部では、こうした教育目標に基づいて、以下の能力を備えた人材を育成します。
【学修成果】
1.一流の文化・芸術がもつ普遍性と固有性を感受し、グローバルで多様な価値を受け止めることができる。
2.思いやりと慎みの心をもって相手の立場に立ち、集団の中で自立した行動をとることができる。
3.自己や事象を客観的かつ論理的に考察することができ、自己の生き方をデザインすることができる。
4.個別学問領域を超えたアイディアや洞察力を活かし、自己の確立を図ることができる。
5.専門分野に関する知識・技能を体系的に学び、理論と実践を結びつけて主体的に課題を解決することができる。
6.専門領域に関わる理論と知識と技能を結びつけて、グローバルかつローカルな視点をもって、多様な実際的かつ実践的な問題や課題に主体的に、かつ協働して取り組むことができる。
聖徳大学短期大学部では、以上の学修成果を達成するために編成された教育課程において所定の単位を修得した人に、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

聖徳大学短期大学部では、学修成果を体系的に達成するために、全学共通科目と専門教育科目の教育課程を以下の方針に基づいて編成しています。
【教育課程編成の方針】
I 全学共通科目
全学共通科目は、「聖徳教育科目」、「教養科目」、「外国語科目」等から構成しています。
「聖徳教育科目」は「小笠原流礼法基礎講座」と「聖徳教育」から編成し、聖徳学園の建学の精神「和」に基づいた本学独自の人間教育を目的とし、確かな人間性を育成します。
「教養科目」は、文化、社会、自然、身体・精神などに関わるグローバルかつ複合的な諸現象や多様な問題状況に向き合い、個別学問領域を超えたアイディアや学際的かつ多面的な洞察力と学術を総合した問題解決力を育成します。
「外国語科目」等は外国語および的確な情報によるコミュニケーション・スキルを育成し、グローバル社会に対応できるコミュニケーション能力を育成します。
II 専門教育科目
学科の教育目的を達成するために専門性の高い実践力を育成する教育課程を編成しています。その編成は次の基本方針に基づいています。
1.学科の専門性を習得するために不可欠な学術的な基礎力を育成します。
2.現代的課題に対応した専門的理論と知識を学び、問題・課題解決のための基礎力を育成します。
3.充実した演習・実習科目を設定し、実際場面における問題・課題解決を通して実践力を育成します。
4.専門職業人として自立し、優れた感性と表現力、柔軟な思考力と行動力を備え、卒業後の現場で生きる専門性の高い資質・能力を育成します。
【教育課程実施の方針】
全学科において、全学共通科目と専門教育科目の学修成果を効果的に達成するために、授業計画(シラバス)を作成して以下の教育課程実施の方針を示し、質の高い学習過程を展開しています。
1.「到達目標」、「学修成果」、「評価の要点」を明示し、実施しています。
2.卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び他の授業科目との関連を明示しています。
3.授業方法として能動的な学び(アクティブ・ラーニング)を導入し、深い学びを促進しています。
4.毎時間の「身につく資質・能力」と「予習・復習」時間を明記し、その実施を促進しています。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

聖徳大学短期大学部は、総合大学という特質を活かして、変化の激しい社会を生き抜いていくための確かな人間性、どのような社会であっても不可欠な自己分析力、論理的思考力、自己管理能力、個別学問領域を超えたアイディアや洞察力と多面的な問題発見・解決力、そしてそれらを発揮して主体的にかつ協働して課題に取り組める、社会で発揮できる聖徳ならではの専門性の高い実践力をもつ人の育成を目指しています。
聖徳大学短期大学部はこうした目的を理解し、それを達成できる資質をもった人を求めています。具体的には、次のような人を求めています。
1.学びを通して、自己の成長を実現したいという強い意欲をもっている人。
2.学びを通して、社会に貢献する夢をもっている人。
3.学内外で必要なコミュニケーション力などの基礎を備えている人。
4.授業に主体的、創造的、協働的に取り組むことができる人。

聖徳大学短期大学部ではこのような人を受け入れるために、多様な受験機会を用意しさまざまな入学試験を行っています。こうした試験においては、各学科での学習に必要な技能、知識、基礎的な学力、主体的な判断力、創造的な考えを表現できる力、仲間と協働して学びを作っていく力などについて、書類審査(調査書、推薦書など)、実技試験、学力試験、面接などを組み合わせて総合的に評価します。


保育科

第一部・第二部
1. 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

聖徳大学短期大学部保育科は、理論と技術を兼ね備え、実践力に優れた多くの保育者を社会に輩出してきました。現代社会においては、個人・社会の価値観の多様化が進み、子どもを取り巻く環境も大きく変化し、保育現場では、これまで以上に質の高い教育・保育と、地域の課題解決に積極的に取り組める人材が求められています。
保育科では、現代社会の問題・課題にも対応できるよう、社会人として、保育者として、礼節、豊かな人間性、高度な専門的知識・技能を身につけ、子どもの教育・保育に関わる専門家としての情熱や使命感をもった保育者「次代をつくる“保育のエキスパート”」を養成します。
【教育目標】
保育科は、上記の教育方針に基づいて、以下の三つの教育目標を掲げます。
1.礼節と思いやりの心、豊かな人間性、保育者としての使命感や責任感を育成する。
2.保育実践に必要な論理的思考力、判断力、表現力、他者と連携・協働する力等、理論と実践力を育成する。
3.子育ての支援を通じて、地域に貢献できる力を育成する。
【学修成果】
保育科では、上記の教育目標に基づいて、以下の能力を備えた人材を育成します。
1.他者を尊重し、保育に関わる人たちと良好な人間関係を構築することができる。
2.保育者の職務内容を理解し、使命感、責任感をもって保育に取り組むことができる。
3.子どもの遊びや生活、発達について理解し、さらに、保育者に求められる表現・技能等を修得して、一人ひとりの子どもに適切な援助をすることができる。
4.子どもの発達や実態を踏まえて指導案を作成、実践し、その振り返りと改善ができる。
5.他者と協働して地域の保育課題に取り組み、提案、発信ができる。
保育科では、以上の学修成果を達成するために編成された教育課程において所定の単位を修得した人に、卒業を認定し、短期大学士(保育)の学士を授与します。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

【教育課程編成の方針】
保育科では、学修成果を体系的に達成するために、全学で共通に展開する科目(全学共通科目)と、それらを基礎とし相互に密接に関連しながら専門性の高い実践力を育む専門教育科目の教育課程を編成しています。
専門教育科目については、以下の方針に基づいて編成しています。
1.子どもを理解する力を育成する科目群を設定し、教育・保育・心理・福祉・保健等の学修を通じて、子どもを広く理解し、その成長発達について考察する力を育成する。
2.表現技能を育成する科目群を設定し、感性を磨き、豊かに表現する力を高め、保育実践力を育成する。
3.保育を創造する力を育成する科目群を設定し、保育の内容への理解を深め、指導力を育成する。
4.保育現場で学ぶ科目群を設定し、実習指導や実習を通じて、子どもを真に理解しようとする姿勢と保育実践力、対人関係能力を育成する。
5.地域で学ぶ科目群を設定し、フィールドワーク等を通じて、保育者として地域の保育課題に取り組む姿勢を育成する。
【教育課程実施の方針】
保育科では、学修成果を効果的に達成するために、以下の教育課程実施の方針を示し、学生が自らの長所を発見し伸長できる学修を展開しています。
1.実習指導、地域で学ぶ科目等において自己評価を導入し、学生が自らの達成度を確認し、それを教員と共有し、以後の学修に活かすことにより、学修効果を高める。
2.地域で学ぶ科目群においては、地域社会におけるフィールドワークを実施し、学生が主体的・体験的に学修することにより、実践的な学びを促進する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

保育科では、豊かな人間性を備えた保育者、理論と実践力を備えた保育者、地域に貢献できる保育者を養成することを教育目標として掲げ、教育目標の達成のために、充実した教育課程を編成しています。保育科の教育目標を理解し、カリキュラムの学習に積極的に臨む人を、受け入れます。
具体的には、次のような知識・技能、思考力・判断力・表現力等の能力や、主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度、明確な目標をもつ人を求めています。
1.教育、保育、福祉に関心をもち、保育者になる意欲がある。
2.子どもや子どもを取り巻く環境に関心をもち、自分の考えを述べることができる。
3.文章を理解し、考え、それをまとめる力を身につけている。
4.身体表現、造形表現、音楽表現等の活動を積極的に楽しむことができる。
5.グループ学習、課外活動やボランティア活動等で、仲間と協働して学習ができる。

このような受験生を受け入れるために、多様な受験機会をもち、入学試験では、個別面接、書類審査(調査書、推薦書など)、学力試験などを組み合わせて総合的に評価します。

総合文化学科

1. 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

聖徳大学短期大学部総合文化学科は、「専門的知識と技能とを身につけ、広い視野を持って社会に自立できる女性の育成」を教育理念とし、この理念を社会に創造的に活かしながら、常に新しい教育に挑戦し、時代に求められる自立した女性を輩出してきました。
政治・経済・文化のグローバル化、社会の価値観の多様化が急速に進む現代社会は、多くの多面的・複合的な問題に直面しています。そうした中で求められているのは、自ら課題を設定して解決策を示し、多様な他者と協働して新たな価値を創出できる人材を育成することです。
総合文化学科は、デザイン・インテリア、ファッション、健康・食育、フード・調理、製菓、観光・ホテル、文芸・メディア、図書館司書、ITコミュニケーション、地域創生、現代教養の11の専門ブランチを設け、自己の生き方を考える力や課題解決力をもち、地域社会を漸進的に変えていく実践的な力を有する女性を育成し、調和ある社会の発展に貢献していきます。
【教育目標】
総合文化学科は、教育理念に基づいて以下の四つの教育目標を掲げます。
1.他者を思いやる協調性と豊かな感性、確かな礼節を身につけた“和”の心を育成する。
2.幅広い教養に基づく多様な視点から現代社会における課題に自らアプローチし、論理的に解決策を模索できる問題発見・解決力を育成する。
3.主体的に自己の生き方を判断し、デザインできる自立した女性を育成する。
4.幅広い専門性と学際性を併せもつ体系的な知識・技能を修得し、理論と実践を結びつけて主体的に現代社会及び地域社会の課題を解決できる高度な実践力を育成する。
【学修成果】
総合文化学科は、教育目標に基づいて、以下の能力を備えた人材を育成します。
1.思いやりと礼節心をもって他者と関わり、円滑な人間関係を形成することができる。
2.幅広い教養に基づいた多様な視点から物事を考えるとともに、実社会で必要とされる基礎的な英語によるコミュニケーションとプレゼンテーションができる。
3.自己を客観的に分析・表現し、かつ自己の生き方を省察してデザインすることができる。
4.専門分野及び専門分野を越えた学際的な知識・技能、ICTの活用を通じて多面的・複合的な社会問題や地域の課題を思考・実践し解決することができる。
以上の学修成果を達成するために編成された各専門分野別の教育課程において所定の単位を修得した人に卒業を認定し、短期大学士(デザイン、ファッション、健康教育、フード、トラベル・観光、文芸・言語、情報、生活デザイン、教養)の学位を授与します。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

【教育課程編成の方針】
総合文化学科では、学修成果を体系的に達成するために、全学で共通に展開する科目(全学共通科目)と、それらを基礎とし相互に密接に関連しながら実践力を育む学科共通科目、高度な専門性を育む専門教育科目の教育課程を編成しています。
学科共通科目と専門教育科目については、以下の方針に基づいて編成しています。
1.学科共通科目
(1)キャリアデザイン力やビジネス社会で活躍できる力を身につける科目群
「キャリア実践演習U・V」を通じて日本語活用能力及び数的処理能力を培い、就業への基礎学力を身に付けます。「キャリアスタディ」では、コミュニケーション力などのコンピテンシー(仕事力)を育成します。また、簿記等の専門基礎科目により生涯にわたってビジネス社会等で活躍するための基礎的能力を育成します。
(2)学際的な知識・技能やICT の活用能力を身につける科目群
他ブランチの専門教育科目、複数ブランチ間の共通科目の履修を通じて、専門分野を越えた学際的な知識・技能を育成します。また、専門基礎科目(情報技術)を通じてICTを活用して問題を発見し解決できる能力を育成します。
(3)他者と協働しながら地域社会の問題の発見・解決に挑戦する科目群
「社会貢献の理論と実践」「地域貢献活動の実践」の科目で、地域社会へ向けた問題解決のための企画・提案や情報発信をグループで協力して行うことにより、企画・提案力、情報発信力、他者と協働する力などを育成します。

2.専門教育科目
(4)専門分野における知識・技能を身につける科目群
各ブランチの専門教育科目(必修・選択)を通じて、専門分野における知識・技能を体系的に学修し、理論と実践を結びつけて課題解決を主導できる力を育成します。各ブランチにおける専門教育科目編成の方針は次のとおりです。

<デザイン・インテリアブランチ>学位:短期大学士(デザイン)
デザイン・インテリアに関する基礎的な表現技術や設計技法、コンピューター上での表現技法などを学ぶ科目を体系的に配置し、住環境をデザインする能力を育成します。
<ファッションブランチ>学位:短期大学士(ファッション)
ファッションの造形やコーディネート、アパレル設計等に関する知識と技能及び衣料管理士取得のための科目を体系的に配置し、ファッションデザインの能力を育成します。
<健康・食育ブランチ>学位:短期大学士(健康教育)
心身の健康管理や食育に関する科目を体系的に配置し、社会人及び家庭人として健康づくりをサポートできる能力を育成します。
<フード・調理ブランチ>学位:短期大学士(フード)
食品や食品衛生に関する知識、調理技術、健康に関する知識、世界文化遺産「和食」に関する食文化などの科目を体系的に配置し、食と調理の専門家を育成します。
<製菓ブランチ>学位:短期大学士(フード)
フランス菓子やパン制作に関する科目、食品の衛生に関する科目、各種菓子の制作に関する科目を体系的に配置し、製菓・食品業界で活躍できる能力を育成します。
<観光・ホテルブランチ>学位:短期大学士(トラベル・観光)
観光・ホテルに関する知識・技能、旅行業務について理解を図る科目、英語でコミュニケーションの取れる会話科目を体系的に配置し、ホスピタリティーマインドを育成します。
<文芸・メディアブランチ>学位:短期大学士(文芸・言語)
日本語による表現技能、古典の知識、メディアリテラシー、創作活動に関する知識と実践、編集技術を学ぶ科目を体系的に配置し、創造的感性と編集デザイン力を育成します。
<図書館司書ブランチ>学位:短期大学士(文芸・言語)
図書館情報資源、情報検索技術、児童サービス、情報リテラシーに関する科目を体系的に配置し、図書館司書として必要な情報の分析・処理に関する知識と技能を育成します。
<ITコミュニケーションブランチ>学位:短期大学士(情報)
ICTに関する知識や技能、情報の構成、大量のデータから情報を抽出する技能などを学ぶ科目を体系的に配置し、企業社会で活躍できる情報技術者の能力を育成します。
<地域創生ブランチ>学位:短期大学士(生活デザイン)
公共政策や安心・安全な地域づくりに関する科目、地域の文化・歴史に関する科目を体系的に配置し、地域社会の課題を解決し、地域づくりに貢献できる能力を育成します。
<現代教養ブランチ>学位:短期大学士(教養)
現代の文化・芸術、ビジネス・英会話、安全・防災、健康と福祉に関する科目を体系的に配置し、現代社会の課題解決に活かす実践力や判断力を育成します。
【教育課程実施の方針】
総合文化学科では、学修成果を効果的に達成するために、「授業計画(シラバス)」及び「教育課程」に以下の教育課程実施の方針を示し、質の高い学修課程を展開しています。
1.授業方法として、学生自らが作品制作・発表などを行う能動的学習手法(アクティブ・ラーニング)を幅広く導入し、深い学びを促進しています。
2.地域貢献に関わる授業では、グループワーク、PBL(課題解決型授業)、サービスラーニングを実施するなど、多様な授業手法を導入し、学習効果をより高めています。
3.一年次秋学期より専門分野の変更ができる柔軟な履修体制を展開しています。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

総合文化学科では、ディプロマ・ポリシーの【学修成果】で示した目的を理解し、達成できる資質をもった人として、次のような入学者を求めています。
1.二年間の学修を継続するための基礎知識をそなえ、情報機器の基本的操作技能を学んでいる人。
2.文章を読解し表現する日本語運用力、数的処理を含む論理的思考力が認められる人。
3.ボランティア活動、サークル活動などの経験を通じて地域貢献への関心をもつ人。
4.クラブ活動等に主体的に参加し、他者と協働するコミュニケーション能力を備えた人。

総合文化学科ではこのような人を受け入れるために、多様な受験機会を用意し入学試験を行っています。こうした試験においては、本学科での学修に必要なコミュニケーション力、基礎的な学力、論理的な思考力、協調性、主体性などについて、書類審査(調査書、推薦書など)、学力試験、面接などを組み合わせて総合的に、かつ多面的に評価します。

資料請求はこちら

TOP