聖徳大学 > 大学紹介 > 3つのポリシー
大学・短大概要 ABOUT SEITOKU
大学・短大・大学院
  • 大学・短大概要トップ
  • 学長からのメッセージ
  • 歴史と現状
  • 人間教育「和」
  • 3つのポリシー

    • 聖徳大学3つのポリシー
    • 聖徳大学大学院3つのポリシー
    • 聖徳大学短期大学部3つのポリシー
  • 単位互換制度
  • 聖徳大学出版会
3つのポリシー(教育経営方針「聖徳が求めるもの」)
  • 聖徳大学

聖徳大学では、学則に定める教育目的を果たすため、学部・学科ごとに教学経営の基本方針となる学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)の3つの方針を、次のとおり定めています。

聖徳大学

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)−実践力を備えた女性の育成−

聖徳大学は、聖徳太子の「和」の精神を建学の理念とし、円満な人格を備え、広い見識と専門性、創造性を有する「実践力のある女性」の育成という教育目標を掲げ、これを具現化することを意図したカリキュラム(教育課程)編成をしている。このカリキュラムにおいては、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修め、実現力・実践力・人間力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)−2つの柱で人間性と専門性を養う−

教育目標を実現するために、すべての学生に提供する「全学共通科目」と各学部学科の「専門教育科目」の二つを大きな柱としている。全学共通科目では、多彩な領域と礼節を学び、専門性にとらわれない幅広い視野と豊かな人格形成の基本を育成するカリキュラム、専門教育科目では、それぞれの学部学科の教育目標に合わせ、理論と実践を体系的に学ぶ段階的カリキュラムを編成している。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)−聖徳大学・短大の求める人材−

聖徳大学では、本学の教育理念を理解し、本学における学修を通して、礼節や広い見識と創造性を育み、さまざまな課題を解決するために、自ら考え行動する意欲を持った女性を求めている。

  • 児童学部
  • 児童学科 学士(児童学)
  • 心理・福祉学部
  • 心理学科 学士(心理学)
  • 社会福祉学科 学士(社会福祉学)
  • 文学部
  • 文学科 学士(文学)
  • 【改組前の人文学部に関して】
  • 人間栄養学部
  • 人間栄養学科 学士(栄養学)
  • 看護学部
  • 看護学科 学士(看護)
  • 音楽学部
  • 演奏学科 学士(音楽)
  • 音楽総合学科 学士(音楽)
児童学部

児童学科 学士(児童学)

> 児童学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

小学校教諭・幼稚園教諭・保育士として活動できるために必要な知識と技能を備え、幼児・児童の教育を通してわが国の発展に貢献できる人材を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 児童学に興味・関心を持ち、子どもたちに関する専門的知識と理論および技能を修得している。
2) 児童学を論理的、実践的に考究し、子どもの問題を多面的に捉えて問題解決ができる。
3) 児童文化、児童心理、児童教育、社会福祉教育に関して深い理解を持った社会人となり、社会に貢献できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 児童学を総合的に学ぶことによって、将来、その能力を幅広く活かせるための基礎を作る。
2) 児童学の理論および実践能力を修得するために不可欠な専門科目を設定する。
3) 教職に関する専門的な知識、実践的知識、および技能を総合化する実習を行う。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を満たす者を入学させる。
1) 子どもについて興味・関心を持ち、理解しようとしている。
2) 子どもに関する問題に取り組む積極性と豊かな教養を身につけようとする意欲を備えている。
3) 心身ともに健全である。

PAGE TOP
心理・福祉学部

心理学科 学士(心理学)

> 心理学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

今日ますます深刻化する日常生活や学校教育をとりまく心理的・社会的諸問題に対応できる専門的学識・技能と問題解決能力を備えた人材を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 人間の心と行動を研究する心理学の基礎知識と方法を修得しており、職場や家庭など日常生活で直面する心理面の問題解 決に取り組むことができる。
2) 人間関係に関する知識・スキルを身に付けており、それを職業面で活用し展開できる。
3) 大学院における心理学の教育研究に参加できる力を修得している。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 心理学の基礎を学び、心と行動にかかわる諸要因を理解できる。
2) 心と行動にかかわる現象を科学的方法により明らかにする力をつける。
3) 心理学の理論と技法を、自己及び他者、社会の諸現象の理解に応用できる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 心理学の学習を目指す明確な動機と意欲がある。
2) 人間に関する関心と理解力を持っている。
3) 自分と異なる考えや価値観を持つ人とも良好な人間関係を作ることができる。
4) 人の心や行動について学ぶにふさわしい倫理観を有する。

PAGE TOP

社会福祉学科 学士(社会福祉学)

> 社会福祉学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代社会に生起する社会福祉の課題に対応するために必要な知識と技術、高い倫理観を身につけた、地域社会作りのリーダーとして活躍できる人材を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 社会問題に関心を持ち、福祉的課題を発見・設定する能力を有する。
2) 社会問題を論理的・多面的に考え、判断しながら問題解決ができる。
3) 社会福祉に関して十分な理解を持った職業人となり、仕事を通して社会に貢献できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 社会福祉の変革に対応できるよう、専門的な知識や技能を高める。
2) 国家試験・教員採用試験等を視野に入れ、社会福祉のリーダーとして活躍できる能力を育成する。
3) 福祉施設のみならず地域社会作りの担い手となれる力を育成する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 相手の立場を考え、人の痛みを解ろうとする気持ちを有する。
2) 冷静な目で状況を判断し、客観的に判断を下す能力を身につけたいと考えている。
3) 人が好きで、人とのコミュニケーション能力を高めたいと考えている。
4) 自己の能力や技術を高め、社会に貢献したいと考えている。

PAGE TOP
文学部

文学科 学士(文学)

> 文学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

文学部では、豊かな文化的教養と人間性、コースの専門性を身につけ、それらをもって社会に貢献できる自立した女性(人材)を育成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 英語・英文学コース、日本語・日本文学コース、歴史文化コース、書道文化コース、キャリアコミュニケーションコース、図書館情報コースの分野において、専門的職業人として活躍するのに必要な能力を有する。
2) 広い視野と優れた識見、柔軟な思考力と行動力を有する。
3) 豊かな人間性と倫理観を有し、自立した女性(人)として社会に貢献できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科およびコースの教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 全学全学科共通科目を設け、学生に人間形成を実践し基礎能力育成する教育を行う。
2) 学科を統合するコア科目群を設け、広域的教養教育、キャリア教育、リテラシー教育を行う。
3) 英語・英文学コース、日本語・日本文学コース、歴史文化コース、書道文化コース、キャリアコミュニケーションコース、図書館情報コースそれぞれの分野において、その専門性を高めるために必要な科目を精選し、体系的に配置・開設する。
4) 日本語・日本文学コース、歴史文化コース、書道文化コース、図書館情報コースについては、それらを横断する共通科目群を設け、日本文化として包括される領域に共通する専門的基礎を学修させる。
5) 各コースそれぞれの専門科目及び他のコースの専門科目の履修を容易にするために選択科目を配置・開設する。
6) 各コースの開設授業に、柔軟な思考力と豊かな発想力、かつ課題解決能力と表現力を身につけるための内容を盛り込む。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 自分の潜在能力を伸ばし、自己の可能性に挑戦していみたいと考えている。
2) 自分の言葉について、広い関心と探究心を持っている。
3) 豊かなコミュニケーション力を発揮して、幅広い専門的知識を活かしたいと考えている。
4) 現代社会の様々な課題と向き合って、自ら考え行動する意欲がある。

PAGE TOP
人間栄養学部

人間栄養学科 学士(栄養学)

> 人間栄養学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

栄養・食の問題の解決を目指す質の高い管理栄養士・栄養教諭を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 専門職業人としての意識と責任感が身についている。
2) 管理栄養士に必要な知識と技能が身についている。
3) 問題の本質を見抜き、適切な解決策を提案できる創造的思考力と、問題の解決に向けた行動をとる実践力が身についている。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 異文化の理解・社会情勢や自然・文化への理解とともに情報活用力・生涯学習力を育てる。
2) 管理栄養士に必要な知識や技能を学修させる。
3) 論理的思考力・コミュニケーション能力・チームワーク・リーダーシップ・創造的思考力を育成する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 管理栄養士になるという強い意欲と決意を持っている。
2) 生物や化学が好きで、筋道を立てて物事を考えることができる。
3) 明るくはきはきとして、人との交流を大切にし、人間性豊かで、礼節を重んじる。

PAGE TOP
看護学部

看護学科 学士(看護)

> 看護学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

看護を要する人々のために、また、市民の健康を守るために、自らを律し、チームの中で主体的に考えながら実践することができる、凛とした専門職女性を育成することを目的としており、以下の知識・能力を有するに至った者に学位を授与する
1)豊かな人間性を有し、看護職者に必要な品性を備えている。
2) 看護実践に必要な専門的知識・技術を修得し、それに基づいた判断力と課題解決力、対話による合意形成力を有する。
3) 保健・医療・福祉・教育などの他職種との連携を図り、いつ・どこでも・誰にでもケアが提供できる基礎的能力を有する。
4) 地域の特性と健康課題を探求し、実践できる能力を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 4年間の教育を通じて看護職者に必要な基礎的能力から看護実践に必要な総合的かつ専門的な知識と技能が修得できる教育課程を編成する。
2) 学生一人ひとりが人間的に成長すると同時に、看護に求められる豊かな人間性と問題解決力の基本を育成する全学共通並びに学部共通の科目群を配置する。
3) 高度な医療と地域の看護に従事できる実践力を育成する看護学領域の科目群を配置する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 看護への意欲をもつ。
 ・看護に関心があり、保健・医療・福祉分野に貢献したいと考えている。
 ・地域の健康問題に関心がある。
2) 人間性豊かなコミュニケーションを大切にする。
 ・生命の大切さ、人間の尊厳を理解できる。
 ・他者への思いやりがあり、人間の弱さを共感的に理解できる。
 ・他者の言葉に耳を傾け、気配りが行き届く優しい関係を築ける。
 ・外国人と会話できる英語力の基礎を有する。
3) 数理的課題を解決する基礎力をもつ。
 ・適格な文章読解力と判断力をもつ。

PAGE TOP
音楽学部

演奏学科 学士(音学)

> 演奏学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

演奏及び舞台表現に必要な理論と実技を身につけ、優れた感性と表現能力を持った演奏家、舞台表現者の育成を目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 音楽に関する豊かな知識と、得意な分野の専門的知識・理論および実技を修得している。
2) 自己の音楽的課題を明確にし、理論と実践(実技)を結びつけた主体的学習ができる。
3) 専門的職業人としての演奏家、舞台表現者を目指し、その使命感と責任感を養い、さらに社会人として適切な行動ができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 将来、演奏家、舞台表現者としての多岐にわたる社会的活動の基礎となる音楽理論、音楽史、ソルフェージュなどを学ぶ。
2) 音楽の専門分野に特化した音楽専門実技と理論を学ぶ。
3) 音楽専門職業人として活躍するための力を養成する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 入学後の学修に必要な基礎学力および実技能力を有する。
2) 音楽に関する事象に対して広い視野で論理的に考察できる。
3) 音楽を解釈し、的確に表現することの喜びを伝えることができる。
4) 人間と文化への関心を持ち、演奏表現、および音楽教育を通じて社会へ貢献しようとする意欲がある。

PAGE TOP

音楽総合学科 学士(音学)

> 音楽総合学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

音楽を広く総合的視野からとらえ、現代社会が求める職業的音楽能力を育成するために必要な理論と実技を身につけた優れた音楽理論家、音楽教育者及び音楽療法士の育成を目的としており、以下の能力・態度を有するに至った者に学位を授与する
1) 自己の音楽的課題を明確にし、理論と実践(実技)を結びつけた主体的学習ができる。
2) 音楽社会を巡る様々な課題について考察し、適切な対応ができる。
3) 専門的職業人としての音楽家、音楽教育者を目指し、その使命感と責任感を養い、さらに社会人として適切な行動ができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 将来、作曲家・編曲家・教育者・研究者等としての多岐にわたる社会的活動の基礎となる音楽理論、音楽史、ソルフェージュなどを学ぶ。
2) 音楽の専門分野に特化した音楽専門実技と理論を学ぶ。
3) 音楽専門職業人として活躍するための力を養成する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 入学後の学修に必要な基礎学力および実技能力を有する。
2) 音楽に関する事象に対して広い視野で論理的に考察できる。
3) 音楽を創作、制作し、的確に表現することの喜びを伝えることができる。
4) 人間と文化への関心を持ち、教員免許をはじめとする各分野の資格を取得して、社会へ貢献しようとする意欲がある。

PAGE TOP
  • 人文学部
  • ■平成25年4月 文学部へ改組。現設置学科の情報として掲載しています。

生涯教育文化学科 学士(生涯教育学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

生涯学習社会における専門家として、文化の発展に寄与できる人材を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 生涯学習社会における専門家に必要な知識と技能を有する。
2) 社会に貢献できる地域づくりの「プロデューサー」ないしは生涯学習社会の総合的コーディネーターとして求められる資質・能力を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 生涯学習、社会教育および文化関係の知識と技能を高める。
2) 社会に役立つ企画力、実行力、コミュニケーション能力を養成する。
3) 生涯学習施設実習をはじめ、ボランティア、まちづくり、そして文化活動など体験的な学習を行う。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような学力・経験を有する者を入学させる。
1) 生涯学習、社会教育および文化に関する基礎的な学力を有する。
2) ボランティア活動や生徒会・部活動・地域のイベント活動などの経験を有する。

PAGE TOP

女性キャリア学科 学士(経営)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

ビジネス社会のニーズに対応し、ビジネス社会で活動するのに必要な知識と技能を備え、主体的に活動できる自立した女性を養成することを目的としており、以下の見識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) ビジネス社会の問題を理解する見識を有する。
2) ビジネス社会の問題を多面的・論理的に捉え、自分の意見を形成し、解決策を考えることができる。
3) 社会人に必要な使命感や責任感を持ち、目標を実現することができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) ビジネス社会のニーズに対応できるよう、専門的な知識や技能を高める。
2) ビジネス社会の問題について、自分の意見を形成し、解決策を考える能力を鍛える。
3) 積極性・協調性・責任感・忍耐力などの人間力を鍛え、専門的な知識や技能を総合化する半年のインターンシップを行う。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) ビジネス分野を学ぶ意欲と基礎学力を有する。
2) 他人の考えや感じ方を理解し、対話を深めることができる。
3) 半年のインターンシップに耐える心身の諸条件を満たしている。

PAGE TOP

英米文化学科 学士(文学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

相互理解の手段としての言語運用能力を備え、グローバルな視点でものを考え、正しい自己表現のできる人材を養成することを目的としており、以下の知識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 英米の歴史・文化・文学・語学に対する深い理解と専門的知識を身につけている。
2) 物事を正しく認識し、深く考え、日本語はもとより英語でも的確に自己表現ができる。
3) 国際感覚を養い、英語の運用能力を高めている。
4) 国際人としての責任や使命を自覚し、協調性に富み、良好な対人関係を維持し、社会人として適切な行動ができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 英米の文化や言語、環境や情報について専門的な知識を身につける。
2) 英語を読む・書く・聞く・話す能力を向上させる。
3) 英語の実践力が身につく海外研修や留学を行って、国際的感覚や協調性を養う。
4) 英語による思考力と自己表現力を養う。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識や能力を持っている。
2) 英語を学ぶことを好み、技術面での向上を望んでいる。
3) 英語圏での語学研修や留学を志向し、国際感覚を身につけ、見聞を広めることを望んでいる。
4) 言語・文化・歴史・自然などに深い関心を持ち、社会との関わりに積極性が認められる。
5) 他者との関わりに積極的であり、対話を通して相互理解に努めようとする態度が認められる。

PAGE TOP

日本文化学科 学士(文学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

日本文化を深く理解するとともに、それを通じて国際的感覚を磨き、広い視野と優れた見識、豊かな人間性をもって社会に貢献できる人材を育成することを目的としており、以下の知識・能力を有するに至った者に学位を授与する。
1) 日本文化に関して広い視野と優れた見識を有する。
2) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学いずれかの分野において、専門的知識・能力を有する。
3) 自立した女性として社会に貢献できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 日本文化について幅広く学ぶ。
2) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学の専門的な基礎学力を強化する。
3) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学の専門性を深める。
4) 日本文化に関して、柔軟な思考力と豊かな発想力を身に付ける。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するため、以下のような条件を持つ者を入学させる。
1) 日本文化について深い関心を有する。
2) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学いずれかの分野において、勉学の意欲と入学後の修学に必要な基礎学力を有する。
3) 大学生活に耐えることができる心身の諸条件を満たしている。

聖徳大学、聖徳大学短期大学部では、学則に定める教育目的を果たすため、大学・短大は、学部・学科ごと、大学院は、研究科・専攻ごとに、教学経営の基本方針となる学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)の3つの方針を、次のとおり定めています。

聖徳大学短期大学部

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)−実践力を備えた女性の育成−

聖徳大学短期大学部は、聖徳太子の「和」の精神を建学の理念とし、円満な人格を備え、広い見識と専門性、創造性を有する「実践力のある女性」の育成という教育目標を掲げ、これを具現化することを意図したカリキュラム(教育課程)編成をしている。このカリキュラムにおいては、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修め、実現力・実践力・人間力を備えた学生に卒業を認定し、学位を授与する。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)−2つの柱で人間性と専門性を養う−

教育目標を実現するために、すべての学生に提供する「全学共通科目」と各学科の「専門教育科目」の二つを大きな柱としている。全学共通科目では、多彩な領域と礼節を学び、専門性にとらわれない幅広い視野と豊かな人格形成の基本を育成するカリキュラム、専門教育科目では、それぞれの学科の教育目標に合わせ、理論と実践を体系的に学ぶ段階的カリキュラムを編成している。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)−聖徳大学・短大の求める人材−

聖徳大学短期大学部では、本学の教育理念を理解し、本学における学修を通して、礼節や広い見識と創造性を育み、さまざまな課題を解決するために、自ら考え行動する意欲を持った女性を求めている。

保育科 短期大学士(保育)
総合文化学科 短期大学士(デザイン)(ファッション)(情報)(フード)(トラベル・観光)(文芸・言語)(健康教育)
保育科

保育科 短期大学士(保育)

> 保育科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幼児教育に関する理論と技術を幅広く勉学することにより、保育に必要な専門的力量および実践的指導力を身につけ、社会の一員として適切に行動することができる幼稚園教諭または保育士の養成を目的としており、以下の知識・能力・人間性を有するに至った者に学位を授与する。
1) 子どもおよび幼児教育に対する情熱・使命感・責任感を身につけている。
2) 保育に関する専門的知識を修得している。
3) 課題探求能力を持ち、理論と実践を結びつけた主体的な学習ができる。
4) 保育専門職にふさわしい実践的な技能と表現力を身につけている。
5) 人間関係調整力を持ち、「チームに貢献できる力」を身につけている。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下のような方針に基づく教育課程の編成・実施を行う。
1) 幼稚園・保育所等の現場に通用する教育力を養うため、理論とともに実技・実習を重視する。
2) 「聖徳教育」「礼法」を基礎とした教養教育、幼児教育に関する専門教育、創造力と表現力を育成する表現教育、人間関係調整力や課題探求能力を育成する教育、専門的知識や実践的指導力を学ぶ実習教育等を有機的・発展的に結びつける。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するため、以下のような条件を有する者を入学させる。
1) 入学後の修学に必要な基礎学力を有する。
2) 子どもと積極的にかかわり、活動する行動力がある。
3) ピアノ・表現遊び・創作舞踏などに親しみ、意欲的に学ぼうとしている。
4) 人間・社会・自然・文化などにかかわる諸問題に関心を持ち、社会に積極的に貢献する意欲がある。
5) 他者と積極的にコミュニケーションをとり、協調してものごとに取り組む態度が見られる。

PAGE TOP
総合文化学科

総合文化学科 短期大学士(デザイン)(ファッション)(情報)(フード)(トラベル・観光)(文芸・言語)(健康教育)

> 総合文化学科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

デザイン・インテリア、ファッション、ITコミュニケーション、フード・調理、製菓、観光・ホテル、文芸・編集、図書館司書、養護・保健、幼児栄養のいずれかのブランチ(専門分野)において専門的知識と技能を身につけ、広い視野を持って社会に自立できる女性の育成を目的としており、以下の能力を有するに至った者に学位を授与する。
1) 現代社会で女性として自立できる能力を身につけている。
2) 修得した能力を基にして新たな課題に挑戦できる力を有する。
3) 広い視野を持ち、他者の立場を理解して物事を判断できる能力を身につけている。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学科の教育目的を達成するために、以下のような方針に基づく教育課程の編成・実施を行う。
1) 人文科学系および自然科学系の各総合講義を履修し、基礎学力を養う。
2) 卒業後の社会生活に備え、二年間を通じて「キャリア導入」「自己探求」「仕事探求」「社会探究」からなるキャリア教育プログラムを実施する。
3) 広い視野を身につけるため、所属するブランチ以外の科目を自由に選択・履修することができるフレキシブルな学習システムを採る。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

学科の教育目的を達成するため、以下のような条件を有する者を入学させる。
1) いろいろなことにチャレンジする意欲を有する。
2) 自分の能力を伸ばすために日常の努力を惜しまない気力を有する。
3) 将来の活躍を目指し、自分の可能性を追求する積極性を有する。

聖徳大学、聖徳大学短期大学部では、学則に定める教育目的を果たすため、大学・短大は、学部・学科ごと、大学院は、研究科・専攻ごとに、教学経営の基本方針となる学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)の3つの方針を、次のとおり定めています

聖徳大学大学院

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)−実践力を備えた女性の育成−

聖徳大学大学院は、建学の理念「和」に基づく高い倫理観と協調性を有するとともに、深い専門性と豊かな独創性をもって学術の進歩、社会の発展に貢献できる研究者・教育者・高度専門職業人の育成を目的としており、専門分野における先端的知識、優れた研究能力、高潔な人格を備えた者に学位を授与する。

2.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)−2つの柱で人間性と専門性を養う−

大学院における教育・研究目的を実現するために、理論と実践の調和を図りながら、専門性、学際性、独創的研究能力を涵養・伸長するカリキュラムを編成・実践する。後期課程にあっては、学位論文指導を充実させて国際水準の研究成果を導く。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)−聖徳大学・短大の求める人材−

建学の理念を理解するとともに、大学院での学修・研究に必要な専門知識、研究能力および意欲を有し、かつ各研究科が要求する資質・態度を有する者を入学させる。

  • 教職研究科
  • 教職実践専攻 教職修士(専門職)
  • 児童学研究科
  • 児童学専攻 博士前期課程 修士(児童学)
  • 児童学専攻 博士後期課程 博士(児童学)
  • 臨床心理学研究科
  • 臨床心理学専攻 博士前期課程 修士(心理学)
  • 臨床心理学専攻 博士後期課程 博士(心理学)
  • 言語文化研究科
  • 日本文化専攻 博士前期課程 修士(日本文化)
  • 日本文化専攻 博士後期課程 博士(日本文化)
  • 英米文化専攻 博士前期課程 修士(英米文化)
  • 英米文化専攻 博士後期課程 博士(英米文化)
  • 人間栄養学研究科
  • 人間栄養学専攻 博士前期課程 修士(栄養学)
  • 人間栄養学専攻 博士後期課程 博士(栄養学)
  • 音楽文化研究科
  • 音楽表現専攻 博士前期課程 修士(音楽)
  • 音楽教育専攻 博士前期課程 修士(音楽)・修士(音楽療法)

音楽専攻 博士後期課程 博士(音楽)

教職研究科

教職実践専攻 教職修士(専門職)

> 教職研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学部段階で培われた教職教育の基礎の上に、総合的な人間力、より高度な教育的実践力および研究能力を育成するとともに、教育者としての優れた人格性を陶冶することを目的としており、以下の学識・能力・人格を有するに至った者に学位を授与する。
1) 子どもの教育に当たる土台としての総合的な人間力を備えている。
2) 教育に関する確かな知識、高い技能、豊かな表現力を身につけている。
3) 専攻分野の高度な専門的知識・技能を修得している。
4) 実践的研究者としての態度と能力を身につけている。
5) 指導者教員としての要件を満たすことによって、指導者教員となる基礎ができている。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

専攻の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 子どもに対する愛情と理解を基礎に、総合的な人間力を高める。
2) 教育の専門家として、確かな実践的力量を身につける。
3) 〈重点領域〉の学修によって、高度な専門性を修得させる。
4) 総合実習を通して課題解決能力を高め、実践的研究の力量を磨く。
5) 指導者教員としての学識・識見と人格性を備えさせる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

専攻の教育目的を達成するため、以下のような条件を有する者を入学させる。
1) 子どもに対する愛情が豊かで、その基礎理解を有し、入学後の修学に必要となる基礎的な知識や実技能力を備えている。
2) 物事を多面的かつ総合的に、また客観的かつ論理的に考察することができる。
3) 他人の意見によく耳を傾けることができ、また自分の考えを分かりやすく伝えることができる。
4) 積極的に他者とかかわり、協働してことに当たる協調性に優れている。
5) 人間・教育・文化・自然などに関する諸問題に深い関心を持ち、積極的な社会貢献への意欲を持っている。

PAGE TOP
児童学研究科

児童学専攻 博士前期課程 修士(児童学)

> 児童学研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

子どもの多面性と全体性の両面から児童問題を深く研究し、長期的かつ総合的な視野に立って子どもの発達と教育問題に取り組める専門家、次の世代を担う子どもたちを育てるというテーマにおいて、実際的な社会貢献ができる実践的指導者や研究者を養成することを目的としており、以下の学識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 児童について多角的に考察することができる能力・態度を身につけている。
2) 専修コース(児童学、心理学、保育学)のそれぞれで要求される専門的な知識・理解を修得している。
3) 高度専門職業人または研究者として社会に立てる実践能力・研究能力を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 児童を多角的に考察することができる能力・態度を育成する。
2) 専修コース(児童学、心理学、保育学)における学修を中心として、幅広い能力・態度の育成を図る。
3) 特定の研究主題についての研究を計画的に進める力を伸長させる。
4) 心理学コースについては、「学校心理士」「臨床発達心理士」の受験資格を取得するための科目を配する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、次のような条件を満たす者を入学させる。
1) 専修コース(児童学、心理学、保育学)のそれぞれで要求される知識・理解を身につけている。
2) 研究科での学習に耐える体力・意欲を持っている。

PAGE TOP

児童学専攻 博士後期課程 博士(児童学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 児童学分野の研究者・高度専門職業人として自立した活動を行うのに必要な深い知識・理解を有する。
2) 新しい課題を解決できる優れた研究能力を有することが、現在の研究水準を超える研究成果によって証明できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1) 児童を多角的に考察することができる、より高度な専門知識を修得する。
2) 実際的な社会貢献ができる、より高度な実践能力を身につける。
3) 新しい課題を解決できる優れた研究能力を伸長させる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 前期課程の3コース(児童学、心理学、保育学)にかかわる研究主題を持っている。
2) 研究目的を達成するために必要な専門知識、研究能力および研究意欲を備えている。

PAGE TOP
臨床心理学研究科

臨床心理学専攻 博士前期課程 修士(心理学)

> 臨床心理学研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

心理臨床の高度な理論的・実践的能力と豊かな人間性を兼ね備えた人材(臨床心理士)、臨床心理士の指導者・スーパーヴァイザーとして専門家の養成を担える人材、深い学識と高度な研究能力を有する研究者の育成を目的としており、以下の学識・能力・人間性を有するに至った者に学位を授与する。
1) 高度専門職業人としての臨床心理士に必須の理論的・実践的能力、豊かな人間性を有する。
2) 心理臨床的課題に対する研究能力を有し、研究に発展が期待できる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 臨床心理学研究の基本を必修する。
2) 臨床心理学的な理論と取り組みについて体系的・総合的に学修できる。
3) 実習事例・スーパーヴィジョンにより、心理臨床の実践力が修得できる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、以下のような条件を有する者を入学させる。
1) 臨床心理学分野の高度専門職業人を目指す明確な動機と意欲を有する。
2) 人間に関する深い関心と理解力を有する。
3) 柔軟で安定した人間関係能力を有する。
4) 社会人としての良識と状況に対する洞察力を有する。
5) 対人援助の専門家として必須の倫理観を有する。

PAGE TOP

臨床心理学専攻 博士後期課程 修士(心理学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 臨床心理士の指導者に必須の高度な理論的・実践的指導力を修得している。
2) 臨床心理士の指導者・スーパーヴァイザー、自立した研究者に必要な深い学識と技量、優れた研究能力、人間性を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1) 人間を理解しようとする深い洞察力と、多面的思考に基づく統合的実践力を身につける。
2) 学際的な研究の深化と、過程論や方法論に止まらない総合的な実践力の伸長を図る。
3) 現実の臨床心理的課題に対応できる優れた感覚と高度の研究能力を育成する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 後期課程における研究に必要な高度の専門知識を有する。
2) 課程修了に必要な優れた研究能力、旺盛な研究意欲を有する。

PAGE TOP
言語文化研究科

日本文化専攻 博士前期課程 修士(日本文化)

> 言語文化研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

現代性・国際性・学際性等の面から日本文化の構造と特質およびその歴史的意義を深く究明し、日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学の分野において日本文化の進展に貢献できる人材の育成を目的としており、以下の学識・能力を有するに至った者に学位を授与する。
1) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学の分野において高度な専門的知識を有する。
2) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学の分野において研究を深化・発展させることができる独創的研究能力を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 日本語学、日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学各分野における専門性を深化させる。
2) 広い視野に立って日本文化の本質を究明する。
3) 各分野の研究課題を解決することを通じて、学術的貢献ができる研究能力を身につける。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学いずれかの分野において要求される専門的基礎知識と研究能力を有する。
2) 明確な研究目標と強い研究意欲を有する。

PAGE TOP

日本文化専攻 博士後期課程 博士(日本文化)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 日本文化の領域における自立した高度専門職業人として社会に貢献できる、より高度な知識・技能・能力を備えている。
2) 日本文化の学術研究に貢献できる高度な研究能力を、現在の研究水準を超える研究成果をもって証明することができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1) 現代性・国際性・学際性等の面から、日本文化を深く究明する。
2) 広い視野と豊かな独創性をもって専門性をより深化させる。
3) 高度な研究能力を育成するとともに、高いレベルでの学術的貢献を行う。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 日本語学・日本文学・日本歴史学・書道文化学・図書館情報学いずれかの分野において要求される高度の専門知識を有する。
2) 博士の学位論文を完成させることができる、優れた研究能力と旺盛な研究意欲を有する。

PAGE TOP

英米文化専攻 博士前期課程 修士(英米文化)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英米文化・英米文学・英米語の構造と特質を究明し、英語を中心とする外国語の高い運用能力、英米文化についての深い学識と高度な研究能力を有する人材の育成を目的としており、以下の学識・能力・態度を有するに至った者に学位を授与する。
1) 国際的感覚を養い、英語の運用能力を高め、専門領域の事項について英語で意見を述べることができる。
2) 研究課題を明確にして主体的な研究活動ができ、自己の責任や使命を自覚した適切な行動をとれる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

専攻の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 英語の運用力を向上させる。
2) 英米の文化・文学・語学における専門性を深化させる。
3) 専門分野の研究課題を解決することを通じて、研究能力を高める。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 英語圏の言語・文化・歴史などに深い関心を有する。
2) 入学後の学修に必要な十分な学力を有する。
3) 前期課程での学修に必要な意欲と研究感覚を有する。

PAGE TOP

英米文化専攻 博士後期課程 博士(英米文化)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 英米の文化・文学・語学に対する深い理解と専門的知識を身につけ、自己の研究課題を明確にして高度な研究活動ができる。
2) 自己の責任や使命を自覚し、高度専門職業人・研究者として第一線の活躍ができる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1) 高度専門職業人・研究者として必要な、英語による思考力と表現力を強化する。
2) 高度な研究能力を育成し、高いレベルでの研究成果を導く。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 英語圏の言語・文化・歴史などに深い関心と十分な知識・理解を有する。
2) 明確な研究計画を持ち、強い研究意欲と優れた研究能力を有する。

PAGE TOP
人間栄養学研究科

人間栄養学専攻 博士前期課程 修士(栄養学)

> 人間栄養学研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

幅広い教養と学識の上に立って、人間の心、身体、栄養を総合的に研究する教育・研究者ならびに高度専門職業人の養成を目的としており、以下の学識・能力を有するに至った者に学位を授与する。
1) 人間栄養学を文化、食物科学、栄養科学の3方面から理解するとともに豊かな専門的学識を修得している。
2) 広い視野に立った精深な学識を有するとともに、専攻分野における研究能力が認められる。
3) 実地に役立つ実践的指導力が育成されている。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するために、以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
1) 人間栄養学の背景または基礎となる自然、人間、社会、文化等に対する豊かな理解と認識が得られる。
2) 人間栄養学の専門領域を食物科学と栄養科学の2研究領域に分けることによって、各自の研究を効率的に推進させる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、次のような条件を有する者を入学させる。
1) 大学院博士後期課程への進学、または専門職業人を目指す意欲と決意を持っている。
2) 目的とする分野の研究を進めるのに必要な基礎・専門能力を持っている。
3) 諸外国の文献調査と論文作成に必要な語学力を持っている。

PAGE TOP

人間栄養学専攻 博士後期課程 博士(栄養学)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 人間栄養学の教育研究を、国際レベルで独立して実践できる能力が認められる。
2) 人間栄養学の課題に対して、大局的かつ実践的な提言や問題解決のできる能力を有する。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1) 前期課程の2研究領域をそのまま継承して、それぞれ自分の研究をより深化させる。
2) 各自の専門領域を軸に演習および専門科目を履修して、研究領域の幅を広げる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 大学等の教員・研究者、または高度専門職業人を目指す意欲と決意を持っている。
2) 目的とする分野の研究をすすめて課程を修了するのに必要な高度の専門知識・研究能力を持っている。
3) 諸外国の文献調査と論文作成に必要な語学力を持っている。

PAGE TOP
音楽文化研究科

音楽表現専攻 博士前期課程 修士(音楽)

> 音楽文化研究科

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学部において養われた基礎の上に立ってさらに高度に専門的実力を研磨し、質の高い音楽活動を展開することを目指すと同時に、その能力を学際的に応用し、広く社会に貢献しうる音楽家、研究者を養成することを目的としており、以下の成果が見られる者に学位を授与する。
1) 社会の音楽的環境の変化や様々な面において音楽の要求に応えられ、より広い領域を視野に収めた優れた音楽家を目指すための研究成果が見られる。
2) 高度に専門的実力を研磨し、質の高い音楽表現活動を展開できる研究成果が見られる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するために、学士課程からの継続性に配慮しながら以下の点を重視した教育課程の編成・実施を行う。
学部において作曲技法、演奏実技等を多方面から学修した成果に基づきつつ、その根幹となる音楽理論、演奏理論の学術的研究、表現技術の深化を図る。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

研究科の教育目的を達成するため、次のような条件を有する者を入学させる。
1) あらゆる場面での要求に応えうる創作家を目指している。
2) 様々な演奏の場面に適応できる演奏家を目指している。

PAGE TOP

音楽教育専攻 博士前期課程 修士(音楽)・修士(音楽療法)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 文化を背景にした音楽の効用を考察し、学校教育における今日的課題や生涯教育の意義目的を反映した研究成果が見られる。
2) 音楽が人間の幸福・健康に役立つという社会的ニーズに応えられるための音楽療法分野の研究成果が見られる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学部において学んだ作曲、演奏等の技能と知識を包括し、より高度な知識と音楽技術を修得して、音楽教育、音楽療法、音楽研究の各分野においてより発展的な教育研究を展開する。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 学校教育をはじめとする、総合的な音楽教育に関わる職務に就くことを目指している。
2) 音楽を人間の幸福及び健康維持と増進のために役立てようとする音楽療法の研究を目指している。

PAGE TOP

音楽専攻 博士後期課程 博士(音楽)

1. 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

1) 音楽における表現領域を拡大し、さらに新しい表現の場を創出しうる研究成果が見られる。
2) 社会のあらゆる面で音楽文化を推進させ指導的立場に立てる研究成果が見られる。
3) 音楽芸術の総合的教育を展開できる教育者としての研究成果が見られる。
4) 音楽療法の分野における高度な研究成果が見られる。

2. 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

前期課程における音楽表現専攻及び音楽教育専攻の各コースの研究課程を継承し、いずれのコースの履修者もそれぞれ自分の専門とする研究をさらに深化させる。

3. 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

1) 音楽大学等の修士課程(博士前期課程)で作曲の専門教育を受け、さらに高度な作曲・編曲に関する実技を修得し、学識を深めようとしている。
2) 音楽大学等の修士課程(博士前期課程)で演奏の専門教育を受け、さらに演奏実技に関する研究を深めようとしている。
3) 音楽大学等の修士課程(博士前期課程)で専門教育を受け、あるいは、介護・福祉関連の修士号を持ち、さらに音楽療法の研究を志している。
4) 音楽大学等の修士課程(博士前期課程)で音楽教育を専攻し、さらに音楽教育に関する研究を行い、高度な学識を得ようとしている。

資料請求はこちら

PAGE TOP

TOP