出願資格・選考方法

私費留学生特別奨学生入試 ※夜間主、第二部は実施していません。

成績優秀者には入学金を免除いたします。
なお、私費留学生特別奨学生入試において、奨学生の対象とならなかった場合、奨学生に準ずる成績優秀者には、私費留学生特別入試として合格とみなします。

1、出願資格

次の項目の全てを満たす女性であること。

  1. 日本の国籍を持たない人で、外国において通常の過程による12年の学校教育を修了し、かつ、その国において大学入学資格を有する(見込み)人、またはこれに準ずる人で文部科学大臣の指定した人
  2. 進学または勉学を目的として日本に居住、もしくは居住予定の人で入学手続後、入管法による「留学」の在留資格を取得できる人
  3. 日本留学試験『日本語』270点以上を取得した人、または日本語能力試験N1(1級)に合格した人

2、選考方法

児童学部[児童学科(昼間主)]、心理・福祉学部[心理学科、社会福祉学科]、文学部[文学科]、短期大学部[保育科第一部、総合文化学科]

  1. 1.書類審査
  2. 2.作文
  3. 3.面接・スピーチ

人間栄養学部[人間栄養学科]

  1. 1.書類審査
  2. 2.作文
  3. 3.化学および生物
  4. 4.面接・スピーチ

音楽学部[演奏学科、音楽総合学科]

  1. 1.書類審査
  2. 2.作文
  3. 3.実技等
  4. 4.面接・スピーチ
  • 作文については「日本の文化」、「自分の進路」、「日本で学びたいこと」などに関連した課題が出題される。
  • 文学部文学科書道文化コースは、上記に加え書道(実技)を課す。
  • 音楽学部演奏学科、音楽総合学科の実技等についての詳細は、音楽学部学科コース別入試実技等課題を参照すること。
PAGE TOP

私費留学生特別入試 ※夜間主、第二部は実施していません。

1、出願資格

次の項目の全てを満たす女性であること。

  1. 日本の国籍を持たない人で、外国において通常の過程による12年の学校教育を修了し、かつ、その国において大学入学資格を有する(見込み)人、またはこれに準ずる人で文部科学大臣の指定した人
  2. 進学または勉学を目的として日本に居住、もしくは居住予定の人で入学手続後、入管法による「留学」の在留資格を取得できる人
  3. 入学後の学習、研究に支障がない程度(原則として日本留学試験『日本語』200点以上の取得者。または日本語能力試験N2(2級)以上の合格者)の日本語能力を有する人

2、選考方法 Ⅰ方式またはⅡ方式を選択してください。

  • Ⅰ方式:日本留学試験を利用する方法
  • Ⅱ方式:日本語能力試験を利用する方法

児童学部[児童学科(昼間主)]、心理・福祉学部[心理学科、社会福祉学科]、文学部[文学科]、短期大学部[保育科第一部、総合文化学科]

  1. 1.書類審査
  2. 2.日本語(Ⅰ方式:日本留学試験 Ⅱ方式:日本語能力試験N2(2級)以上)
  3. 3.作文
  4. 4.面接

人間栄養学部[人間栄養学科]

Ⅰ方式:
  1. 1.書類審査
  2. 2.日本語(日本留学試験)
  3. 3.理科[化学・生物](日本留学試験)
  4. 4.作文
  5. 5.面接
Ⅱ方式:
  1. 1.書類審査
  2. 2.日本語(日本語能力試験N2(2級)以上)
  3. 3.化学および生物
  4. 4.作文
  5. 5.面接

音楽学部[演奏学科、音楽総合学科]

  1. 1.書類審査
  2. 2.日本語(Ⅰ方式:日本留学試験 Ⅱ方式:日本語能力試験N2(2級)以上)
  3. 3.作文
  4. 4.面接
  5. 5.実技等
  • 詳細については必ず入試要項をご覧ください。
  • 学生支援課では、出願前の受験相談を随時行っています。また、希望学科の教員との事前面談(要予約)が可能です。
  • 大学院入試につきましては本学園大学院HP をご覧のうえ、詳細は学生支援課までお問い合わせください。
PAGE TOP
ホームへ