免許・資格

免許・資格の取得について

免許・資格は、卒業後社会へ旅立つためのパスポート。
聖徳大学・短大では、それぞれの学科・コースで免許・資格の取得を念頭に置いたカリキュラムを用意し、特別講座などを通して一人ひとりのやる気をバックアップします。

免許・資格の卒業後の社会生活における価値が高まっています。

終身雇用や年功序列といった慣例は既に過去のものとなり、個人の実力が問われる時代となりました。即戦力となる専門的な技能や知識、そしてその職業への意欲を証明してくれる資格の有無は、企業などの採用合否の判断基準となる場合も多く、その重要性は年々高まっています。

免許・資格はどの大学でも、専門学校でも取れるわけではありません。

免許や資格の取得には、学歴制限があるものも数多くあります。特に教育職に就くには、4年制大学あるいは短期大学などの所定の科目の単位を取得し、免許状を有してなければなりません。
目標とする職業がどのような資格を必要とするのかをよく調べ、確かな進路を選びましょう。

聖徳では一人ひとりの免許・資格取得のサポートをしています。

それぞれの学科・コースで資格取得を念頭に置いたカリキュラムが選択できるよう、工夫をしています。さらに、資格取得のための特別講座も開講し、一人ひとりのやる気を強力にバックアップ。毎年多くの学生が受講して、優秀な成果を収めています。

聖徳大学・短大で取得できる免許・資格一覧

[業種別]聖徳大学・短大で取得できる免許・資格

就職実績

就職・試験合格など豊富な実績をご紹介します。

免許・資格の種別について

教員免許状

学校の先生になるために必要な免許です。文部科学省が定める単位を大学や短期大学などで修得し、教育実習や介護等体験などを受ければ取得することができます。一種免許状は4年制大学卒業程度を基礎資格としており、二種免許状は短期大学卒業程度が基礎資格です。一種と二種で職務上の差異はありませんが、就職後、上位の免許状の取得を求められることがあります。

受験資格

該当する学科・コース・ブランチで所定の単位を取得することで、受験が可能になります。
その後、試験を受け、合格することで資格を取得することができます。

登録資格

該当する学科やブランチで所定の単位を取得することで、資格に登録するための条件の一部を満たすことができます。

国家資格

国の法律に基づいて知識や技術が判定され、一定水準以上に達していることを証明される資格です。

任用資格

特定の業務に就く時に必要となる資格です。業務に就くまで資格とは認められませんが、就職や配属の際の条件となる場合があります。

公的資格

財団法人や社団法人、日本商工会議所などが試験や講座を実施し、所管する省庁またはその大臣が認定する資格です。

民間資格

特定企業などの民間団体・機関が実施し、認定する資格です。

TOP