最新情報

最新情報
  • ニュース一覧
  • PICK UP一覧
  • イベント関連一覧
  • 入試関連一覧

聖徳大学音楽学部が「SEITOKU☆ミュージカル」を開催しました。

2011年02月06日 大学アイコン


アメリカの高校生のリアルな日常を等身大に演じました


「レ・ミゼラブル」“宿屋の主人”のワンシーン


「オペラ座の怪人」“それだけが私の願い”学生への模範ともなる河野正幸教授と栗田真帆先生による華麗な歌声

 聖徳大学音楽学部が「SEITOKU☆ミュージカル」を2月6日(日)、聖徳大学2号館奏楽堂にて開催しました。
 
この「SEITOKU☆ミュージカル」とは、舞台・音楽表現法A(ミュージカル)履修生による研究発表として、本学音楽学部教員とともにミュージカルコンサートを企画上演したものであります。当日は、アメリカの人気テレビ番組として2006年より放映されている「ハイスクールミュージカル」や古典劇として名高い「レ・ミゼラブル」、本学教員が出演した「ウエストサイド物語」「オペラ座の怪人」など、幅広く多彩な演目が上演されました。以下に当日のプログラムを明記します。

●学生中心のプログラム
「ハイスクールミュージカル」
みんなスター!
最高のパートナー
ボップ・トゥ・ザ・トップ

「レ・ミゼラブル」
夢やぶれて
心は愛に溢れて
オン・マイ・オウン
宿屋の主人
民衆の歌

●先生方によるプログラム
「ウエストサイド物語」より 素敵な気持ち
「レ・ミゼラブル」より 人影のない部屋
「オペラ座の怪人」より それだけが私の願い
「ポーギーとベス」より 俺にはないものばかりだぜ!
「キス・ミー・ケイト」より ソー・イン・ラブ
「アニーよ銃をとれ」より あんたにゃ負けない
「蜘蛛女のキス」より 蜘蛛女のキス

「私は声楽(オペラ)コースの学生ですが、ミュージカルの授業を何度か見学したことがあります。今回本番を初めて鑑賞し、みんなとても成長していたと感じました。大学の音楽学部はミュージカルの研修所と違い、踊りや歌唱力にばらつきがあるものですが、先生方のご指導や学生自身の努力もあって、レベル差を感じさせない素晴らしい演技でした。また舞台転換についても非常に素早く、不快さを感じさせないものだったと思います。」(ミュージカルを観覧した学生)

「今回で5回目のSEITOKU☆ミュージカルとなりましたが、昨年着任された斉藤恵理先生の卓越したダンス指導もあり、学生のレベルが劇的にアップしました。本学では平成24年度より舞台総合表現コース・ミュージカル専修からミュージカルコースへと改組いたします。これは、千葉・茨城など北関東エリアの大学では本学が唯一であり、ミュージカルの基礎・メソッドを学ぶ貴重な学びの場として、ミュージカルステージを目指す多くの学生へ今まで以上に良質な教育を提供できるよう努めたいと存じます。」(本学音楽学部演奏学科・鳥井俊之准教授)

【問い合わせ先】
本学教務課音楽グループ

TOP