• 聖徳大学
  • 最新情報
  • ニュース一覧
  • “観光立国日本を支える人材育成”聖徳大学生涯学習研究所・生涯教育文化学科が「国内旅程管理主任者」資格取得研修を共催しました。

最新情報

最新情報
  • ニュース一覧
  • PICK UP一覧
  • イベント関連一覧
  • 入試関連一覧

“観光立国日本を支える人材育成”聖徳大学生涯学習研究所・生涯教育文化学科が「国内旅程管理主任者」資格取得研修を共催しました。

2011年02月05日 大学アイコン


旅程管理業務に必須の基礎知識が解りやすくまとめられています


2日間に渡る研修の後、受講者全員が筆記試験に合格しました


時に自慢の茨城弁を交えながら、優しく丁寧にお教えいただきました

 聖徳大学生涯学習研究所・人文学部生涯教育文化学科が「国内旅程管理主任者」資格取得研修を2月5日(土)〜6日(日)の間、聖徳大学生涯学習社会貢献センター(本学10号館)5階教室にて旅行各機関と共催しました。
 
現在旅行業者の主催するツアーには必ず1人の旅程管理主任者が添乗することが義務付けられています。『国土交通大臣登録研修機関』で「旅程管理研修」を修了し、添乗経験を有した資格取得者が「旅程管理主任者」となりますが、この国内旅程管理主任者はそのうちの国内旅行に関する資格となります。

なお、「国内旅程管理主任者」資格の取得が可能な大学は本学を含め全国で僅か2校、本学生涯教育文化学科から既に40名超の資格取得者を輩出しています。また、一定の語学力が要求され、国内・海外旅行の両方に添乗可能な「総合旅程管理主任者資格」の取得について、独自に研修を受講して筆記試験をクリアした本学生涯教育文化学科の学生4名が、現在韓国で実地研修に励んでいます。

 当日は、観光庁認定の研修機関である株式会社新旅行資格会を主宰し、有限会社関東旅行センター(茨城県つくば市)の代表取締役である奥沢恒男氏を講師にお招きして研修を実施しました。日本への観光旅行者の一例として、昨年100万人の中国人が訪日しましたが、観光庁では観光立国日本を目指し将来的に中国から1500万人の観光客受け入れを目標とする中、国内の添乗員不足は明らかであり、「旅程管理主任者」養成が急務であることを訴えていました。
 
「旅程管理主任者の資格取得とは、旅行業界の人材育成に留まらず、文部科学省が推進するキャリア教育の一環でもあります。また就職活動についても、資格の有無はその結果に大きく影響するものです。学生の皆さんの夢である旅行業界への就職に向け、この研修がその一助になればと願っています。」(株式会社新旅行資格会・奥沢恒男代表取締役)

「生涯教育文化学科の学生が普段から学んでいる観光学やまちづくりに関する授業は、『旅のもてなしプロデューサー』『国内旅程管理主任者』資格の取得を目指す一貫したカリキュラムとして機能しています。これらはいち社会人としての『もてなす心、力・コーディネート力』を養成することにも繋がっています。学生の皆さんについては、これらの資格を取得して将来観光業界で活躍していただければと願っています。」(聖徳大学生涯学習研究所・丸屋沙樹子助手)

【問い合わせ先】
聖徳大学生涯学習研究所
http://tunagari.jp/
NPO法人全国生涯学習まちづくり協会
http://machi-ken.jp/
株式会社新旅行資格会(観光庁長官登録「旅程管理」研修機関第24号)

TOP