聖徳の特色 Feature ご挨拶

学園長・理事長 川並弘純

本学園は、創立以来、次の時代に活躍できる有能な女性の育成を目標に、常に教育環境・教育内容の充実を図ってまいりました。

もちろん、そのすべての方策の根底には、創立者川並香順・孝子両先生と前学園長川並弘昭先生が育み続けてまいりました建学の理念「和」の精神が脈々と息づいていることはいうまでもありません。

学園長・理事長 川並弘純

創立65周年を迎えた平成10年、聖徳大学大学院の開設をもって、創立者両先生が念願しておりました、幼稚園から大学院までの一貫教育を確立するに至ったのであります。ここに聖徳学園は、女子教育の一つの理念を具現化いたしました。

そしてここから「新世紀に羽ばたく有為な人間の育成」を命題とする、本学園の新たな第一歩が始まると確信しております。

校長 川並芳純

中学・高校の6年間は人生の中でもっともみずみずしい感性を持ち、人として伸びる時期です。

この時期に何を経験し、学び、考えるかによって、子どもの未来は大きく変わります。だから私たちは、生徒一人ひとりの未来を見据えます。
社会に出てから輝かしい未来を築いていけるように。そんな願いをこめて聖徳女子だからこそ実現できる女子教育を実践してきました。
本校は学校法人東京聖徳学園創立50周年記念事業の一貫として、思いやりの心と品格を備えた女性の育成を目指し昭和58年4月に開校しました。建学の精神を「和」とする本校は、地域や隣接都県在住の皆様の「ゆるぎない女子教育を」という声に支えられ、30年以上の歴史を刻んでいます。

校長 川並芳純

「和」の精神とは、校名の由来ともなる聖徳太子の十七条憲法の第一条「和を以て貴しとなす」を指します。
私たちは「『和』とは人と人との調和であり、個人と社会との調和、人と自然との調和のことですよ。」と生徒たちに伝えています。
「人と人との調和」「個人と社会との調和」「人と自然との調和」を実現するために必要なもの、それは「相手を思いやる心」です。
本校では開校以来、相手を思いやる気持ちを表す方法として「礼法」の授業を全学年必修で履修しています。礼法のカリキュラムは小笠原流礼法宗家、小笠原敬承斎先生監修のもと「なぜそのように振る舞うのか」という、作法の生まれることになった原理原則を学ぶように作られています。
単に立ち居振る舞いや作法を形式的に覚えるものではありません。相手に最大の敬意を払うために人々が作り上げてきた形が礼法であるということを、実習を通じて身につけていきます。

創立以来、変わらぬ理念「和」を守りつつ、私たちは社会や教育環境の変化に合わせて学校教育に取り組んでまいりました。
昨今、学力の三要素が「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・協調性・多様性」と定義し直されたことに基づき、本校では平成31年度より、中学校・高等学校共に「S(スーペリア)探究コース」と「LA(ランゲージアーツ)コース」を新設します。
S探究コースでは、「探究」を軸に置き、医学部や難関国立大を目指し、課題の発見と解決を繰り返して主体性のある「探究する力」を身につけます。探究の一番の効果は、生涯学び続けていく姿勢が身につくことです。すべての教科に活用して学力を高めるのはもちろんのこと、「自己実現」をしていくための揺るぎない力となります。
LAコースでは「英語」を軸に置き、言語スキルの向上を目標とし、「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能の、「話す」技能の習得を「コミュニケーション力」と「プレゼンテーション力」に分けて、英語5領域としてスキルを徹底的に高めていきます。授業ばかりでなく、学校生活のさまざまなシーンで英語を用い、豊かな表現力を習得します。そして生徒一人ひとりが身につけた英語力を進路実現につなげていきます。

聖徳女子ならではの学びの環境の中で、生徒たちはやがて自分自身のキャリア形成と探究を関連づけていき、生涯にわたって学び続け新たな知の創造をする「聖徳流21世紀型スキル」を身につけます。
心を磨き、知性を獲得し、卒業後も生涯にわたって「知の冒険=探究」を続けながら、自己実現を果たしていく――これこそが私たちが目指す教育のあり方なのです。

トップページに戻る