ホーム幼稚園のご案内ごあいさつ年間行事子育て支援よくあるご質問
メインフォト

課外教室

書道教室

 低い年令から字を書く事により、脳細胞の発達を高め、落ち着きと集中力を養います。
 幼稚園児は、硬筆と毛筆を行います。まず、鉛筆の持ち方、左手の置き場所、姿勢などを習得させ、正しい字を書けるようにします。簡単なひらがなから少しづつはじめますので、全く書けないお子様でも安心して入会できます。個人差がありますので、能力に応じて各々進め方は異なりますが、五十音が書けるようになりましたら8マスのノート二頁位、季節の短文などを書いたり、年長になりますとカタカナも教えます。
 小学校入学までにひらがな、カタカナが正しく書けるようになります。このように、ひらがなカタカナを学ぶことによって、自然とお子様の成長を感じることができるでしょう。
  
  

ピアノ教室

1人20分の個人レッスンになり、保護者の方が付き添っていただきます。レッスンの始まりに「お願いします」終わりに「ありがとうございました」のあいさつをして礼儀を指導します。メロディーを歌いながらドレミの勉強をして、譜読みをひとりでもできるように指導します。教師の弾くピアノに合わせて手をたたいたり、ゆっくり歩いたりして、簡単なリズムの練習をします。
 2年に1回、3月の最初の日曜日に聖徳大学メディアホールにて発表会を開催します。普段の練習の成果が本番に発揮されるので、毎回のレッスンを大切に、技術だけでなく、精神面(ひとつの曲を仕上げ、難曲に挑戦しつつ各自なりに弾ける様になったという達成感)もレッスンします。


  

スポーツ教室

年少中クラス:
 とにかくなんでもやってみようとする時期です。いろいろな器具を使い、からだを動かすことの楽しさを教えます。また順番を守る、話をきくなどのルールも理解させます。

年長クラス:
 運動能力が全面開花、大きく伸びる時期です。基本的な運動能力・運動神経を伸ばし、いろいろなことにトライしながら身のこなしが自由で器用な子どもに育てます。

主な指導種目:
 徒手運動、マット、跳び箱、平均台、鉄棒、ボール、縄跳び、ゲーム、その他

その他:
 不定期に保護者の見学を実施しています。また、希望者には夏のキャンプやウィンタースポーツに特別価格で参加できます。
  
  

個人情報保護方針 お問い合わせ