HOME > 学校生活 > 校内ギャラリー

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

校内ギャラリー

校内ギャラリーについて

書く、つくる、生み出す、まとめる、表現する・・・
子ども達の様々な「学びの成果」をぜひご覧ください。

12月14日(金)、聖徳小学校にベトナムからお客様がいらっしゃいました。

海外からのお客様をご案内するとなると・・・附属小では「礼法・明和班・会食」は欠かせない見学ポイントになります。

授業見学では1年生の図工と国語、4年生の礼法、3年生の英語を見学していただきました。

教室授業の見学では、真っ先に壁のない教室に驚かれたそうです。

途切れることのない質問に案内の校長先生は時間配分にご苦労されたそうです。

礼法は折形を見学したいとのご要望があったので4年生は「祝いかぶとの包み」を作成しました。

大きな紙1枚から小さな紙幣包みを作成することに驚いていたご様子です。

礼法では2・3年生とボランティアの4・5年生が手作りのお土産を作成してお渡ししました。とても喜んでいただけたようで嬉しいです。

また、当日も追加でお土産を作って直接渡すことができた児童がいました。思いがけないコミュニケーションに子どもたちの達成感はひとしおです。

会食時にも箸包みと箸置きを用意しておもてなしをしました。退室の際に「これ、持って帰ってもいい?」というようなことを言われていた児童もいました。手作りのものを目の前でお持ち帰りいただけて嬉しそうでした。

会食時には高学年のおもてなしの様子と低学年をお世話する様子を見て、立ち居振る舞いにお褒めのお言葉をいただきました。

IMG_2848lite2.jpg

今回の学校見学の最高の評価は「ベトナムからでも入学できますか?」というご質問ではないでしょうか。

聖徳小の教育実践をお気に入りいただけた一日になりました。

 

 

 



附属小学校が毎年全校で応募している「てのひら文庫賞」読書感想文コンクール。

今年もたくさんの児童が入賞しました。

応募総数155,375点の中から、本校では30名が受賞しました。

優良賞(全国3位の成績で、各学年3名しか入賞しない賞です)、4年 高橋すみれさん、6年 森本彩希子さん。

佳作賞、1年 加藤僚哉くん、吉内悠浩くん、3年 清水怜奈さん、4年 関口美桜さん、5年 古頭真衣さん、6年 上田夢乃さん、金本真侑さん、北川美雨さん。

このほかにも奨励賞を受賞した児童が20名!

 夏休みを使ってたくさん読み返し、読み込み、たくさん書き直しをしたことでしょう。

 本当によくがんばりました。 

また、学校賞として参加した960校の中から全国2位の成績である優秀校(全国で3校しか入賞しません)に選ばれました。参加した全児童の力を合わせての受賞です。ちなみに優秀校は7年連続での受賞になります。6年生は1年生の頃からずっと受賞し続けていることになります。

通学途中の読書や朝読書、隙間時間の読書、聖徳の子は本当によく本を読みます。

今年の成果は毎日のコツコツとした積み重ねの結果です。



トナカイからの贈り物

12/12(水)の音楽朝会は、とつじょトナカイが現れ、クリスマスコンサートとなりました。

IMG_2630litelite.jpg


大喜びの聖徳の子たちは、音楽専科の檜貝道郎先生に似たそのトナカイといっしょにクリスマスの歌を歌いました。

IMG_2636litelite.jpg

IMG_2663litelite.jpg


さらにトナカイから素敵な演奏のプレゼントがありました。

演奏の動画はこちらへ(YouTube)

IMG_2661litelite.jpg


檜貝先生とトナカイは仲良しだそうなので、演奏のお礼や感想をぜひ檜貝先生に伝えてみてください。クリスマスイブにお家に来てくれるかもしれません。

(広報部主任/長谷川)



2学期最後の校内表彰が行われました。


第3回松戸市立博物館アワード/自由研究部門 博物館賞・優秀賞

IMG_2879litelite.jpg


実用英語技能検定/準2級合格

英検準2級は高校中級レベルです。

IMG_2886litelite.jpg


第86回全国書画展覧会/特選・銀賞

IMG_2889litelite.jpg


三須吉隆校長先生からは「2学期にできるようになったことを振り返ってみましょう」というお話がありました。

IMG_2891litelite.jpg


「一年の計は元旦にあり」といいますが、冬休みに目標を立て取り組んでみると、来年の今頃にはそれが叶っているかもしれません。

(広報部主任/長谷川)



<< BACK3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13