HOME > 学校生活 > 校長室だより

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

校長室だより

2014年12月の校長室だより

平成26年度 学校だより 12月号

 

           子どものノートから

                   ―感じたこと・考えたことを綴る大切さ― 

 

                 聖徳大学附属小学校  校長 佐藤 幸雄

 

 先月の学校だよりに、メタ認知活動の大切さを述べましたが、そこに次のように書きました。一部引用します。

「本校では日々の学習でも、長期休業でも文章で自分の考えたことを綴ることを大切にしていますが、自分の心を言葉で外部に表現する活動は、もう一人の自分を仮構して本然的な自分を見つめる行為なしにはできないことです。その見つめる過程では反省、考察、修正などメタ認知ならではの活動が活発に行われているでしょう。」

 授業の中で、教材を通して本時のめあてを学習していくわけですが、その活動を主体的にして思考力や表現力を育てるために「書く」という方法はたいへん効果的です。また学習が振り返りやすく担任が児童の認識を把握するのにも大いに役立ちます。

今回は、その実際の日々の授業で、児童が綴っている学習ノートやワークシートから幾例かを紹介してみましょう。(図とか絵などは略します)

 

  1. 国語「しらせたいな・見せたいな」の観察文メモから

    1. きょう学校でチューリップのかんさつをしました。

    2. きゅうこんのいろはしろとちゃいろとおれんじとあかときいろです。もようはまるとななめのもようがあります。

    3. 大きさは小さいです。かたちはさんかくです。おもさはおもいです。

    4. かわはぱりぱりしています。中はつるつるしています。

       

  2. 国語「物語:お手紙」初めの感想から

     がまくんはかわいそうだと思いました。どうしてかというと一どもお手紙をもらったことがないからです。かえるくんはやさしいなと思いました。わざわざがまくんにお手紙を出すなんてぼくはめんどうでそんなことしません。だからやさしいと思うのです。ぼくはかえるくんのようなやさしい人になりたいです。

     

  3. 算数「小数」その表し方の学習ノートから

     1.8を1といくつと見たり、0.1の何こ分と考えたりすると、いろいろな表し方ができる。私が今日びっくりしたことは、文(※問題は)は図でも表せるし、式でも表せるということです。私はわり算なんてできないと思ったらできました。それにいつまでも計算したら、いつかせい数になるということも分かりました。

     

  4. 国語「説明文:アップとルーズで伝える」の本文への書き込みから

    (※書き込みとは、本文を話し合いの前段階で一人読みして、感じたこと考えたことを本文横に書き込んでいく学習のこと。サッカー中継をカメラのアップとルーズ(遠くから)の工夫でおもしろく伝える説明文)

     見ているひとにとってはやっと始まるから、一番最初にける人はテレビカメラが「アップ」になっている。両チームともしんけんになっている様子が分かる。アップよりも全体が見えるようにしているのがルーズ。ルーズよりももっと近くで見られるのがアップ(テレビカメラが近づく)。作者が読んでいる人に問いをかけている。

     この学習をして思ったことは、アップとルーズの大切さです。アップは人の感じょうがよく見られて、ルーズは周りの様子が見られます。どちらもテレビなどではすごく大切だと思います。

     

  5. 算数「多角形:五角形の内角の和」の学習ノートから

     自分の考え:スパッと三角形3つに分けて三角形の内角の和=180度なので3つで、

    180×3=540° 540° 森谷さんの考え:四角形の内角の和360°と三角形の内角の和180°をたした。360+180=540  岩崎くん:自分と同じ。五角形に対角線を引くと三角形が3つできるので。180×3=540  小川さん:五角形の中心から線を引き三角形を5つにする。180×5=900 900-360=540 小川さん②四角形1つと三角形3つに分けた。360+180×3=900 900-360=540  求め方が1つしか思いつかなかったのでもっといろいろな考え方を思いつきたいです。

     

  6. 理科「酸水溶液」学習ノートから

     自分の考え:液体の酢酸とそれを水でうすめた酢酸水溶液とならより濃い酢酸の方が炭酸カルシウムは溶けると思います。確かにとはいえないけれど、きのうの実験でクエン酸の水溶液の時発生がびみょうだったからです。濃いのならもっと反応が大きいんじゃないかと思います。 人の考えを聞いて:酢酸の量が多いので炭酸カルシウムとたくさんむすびつくだろう。二酸化炭素ができる時に、水もできるから水溶液の方がいいのかなと思った。濃い方がいいのか薄い方がいいのか迷った。 結果・様子・確か・新?:酢酸水溶液の方が溶けるということでした。理由は原液が水に溶けて水溶液になると酸性になるからです。水溶液のほうが炭酸カルシウムが溶けてにごりが消えて透明になりました。あと、すごくくさかったです。先生はよく平気だな、慣れていると思いました。

     





校長室だよりのトップページ