HOME > 学校生活 > 校長室だより

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

校長室だより

2019年4月の校長室だより

校長 三須吉隆

本日、第34回「入学式」を挙行いたしました。新1年生の保護者の皆様、お子様の晴れのご入学、誠におめでとうございます。あいにくの雨天ではありましたが、式場内は晴れやか。厳かで和やかな素晴らしい式となりました。

20190410171210-809aba0adce6c8d4665f2a1e547c99aede0e5bb4.jpg

20190410171243-c09520ae8667800309d5cc418625a6332f813fa5.jpg

私からは保護者の皆様に、お祝いとともに「感謝と敬意」をお届けいたします。式中、保護者の皆様に向けて贈られたお祝いの言葉への「ありがとうございます」のお返事は本当に素晴らしく、あいさつを大切にしている「聖徳の精神」をご自身の姿で表してくださいました。新1年生のお返事も、終始元気一杯。きらきら輝いていました。

教育は、保護者・子ども・教師が、互いに敬意を持って働きかけ合い、心を響かせ合ってこそ、それぞれのよさが発揮されるものです。本日は、その「大きな第一歩」「素晴らしい第一歩」を実感いたしました。

20190410171451-3dc29a0744c2e885e7c1145ed54a333b369589b5.jpg

20190410171547-43e3a7b866737655f479bb5860b3d5e070370d7c.jpg

20190410171641-e7d3ce0a011d24d4533686e8ba4b1f1f87cc5ef5.jpg

20190410171929-63bc2837592a1419cd427829676872726a1806d6.jpg

式後、あらためて、保護者の皆様の本校の教育へのご期待に応えるべく、教職員全員で誠心誠意尽力することを決意いたしました。

明日からの新1年生の登校が、心から楽しみです。



校長 三須吉隆

323日~327日の日程で、新6年生とともに「シンガポール修学旅行」に行ってまいりました。天候にも恵まれました。シンガポール特有の猛烈なスコールも体験できました。が、運よく屋内にいる時間帯でした。

20190406123750-a5222e1cecd3eed44ed4fcc74904d28e69e566c6.jpg

「マリーナベイサンズホテル」の屋外展望スカイデッキでは、青空のもと文字通り絶景を目に焼きつけました。それだけでなく、港の沖に停泊する船舶・タンカーの数に驚き、国の貿易の力に繋げて発言する子もおり、感心いたしました。「動物園見学」は昼夜にわたり(夜はナイトサファリ)、昼、夜それぞれの動物の生態を、楽しく驚きをもって観察いたしました。広大な敷地を活用した、より実際に近い自然の中での動物たちの姿を目の当たりにすることができました。ケージのような視界を遮るものはありません。動物たちとの間にあるのは幅広水溝のみです。お土産の時間も十分取れました。渡す相手を想い、優しい心で楽しそうに選んでいる姿は、とても微笑ましかったです。

20190406123843-706d0dd6c6b123786c05aeb0050415d420288b0c.jpg

「シンガポール日本人会訪問」では、代表の方から国の歴史や急成長の理由等をていねいにご講話いただき、質問の一つひとつにも分かりやすく答えていただきました。「鋭い質問ですね!」とお褒めの言葉もいただきました。学びの多い有意義な時間となりました。

20190406124136-b2a760029912cf0fa224b8cceadeda9265adea62.jpg

20190406123946-824d82bf549bfad1be06fdd6dddc8e1c51229fb1.jpg

20190406124024-6214fb0c22065d7bed74fa27055329760ab53c00.jpg

 「南洋小学校」では、温かい歓迎を受けました。最初は緊張していた表情も交流を通して笑顔に変わっていきました。「ドラゴンボート」や「ランゴリ」(サンドアート)という新鮮で楽しい文化の学びと交流が経験できました。持参した手作りの礼法作品の贈り物も、大変喜んでいただけました。

 最終日には、この修学旅行の振り返りと総まとめの発表会がありました。「自分の言葉」で、「学び」「感動」「感謝」のちりばめられた素晴らしい発表をつくり上げていました。

20190406124252-bad421a35c9c9e661243e8211569616f10ef5ec3.jpg

今回沢山の見学学習をともにし、子どもによって興味関心は実に多種多様であると感心いたしました。各々に個性豊かに感動や喜びを発見していました。子どもたちの、この湧き上がる素直な感動の一つひとつを大切にいたしました。やはり「本物体験」は素晴らしい学びを生み出します。お陰様で、有意義な5日間をやり遂げることができました。支えてくださった全ての方々に深く感謝いたします。

この修学旅行を経験して、一回りも二回りも、大きく逞しく成長した新6年生の、最高学年としての活躍を大いに期待しております。



20190406105335-1189c668d25cc7cbae00d03ce2b242d1bb7d5db8.JPG

校長 三須吉隆

本日、第1学期 始業式を挙行し、2019年度がスタートいたしました。それぞれが一学年ずつ進級した「自覚と喜び」に溢れる姿が集まった「ふれあい広場」は、子どもたち自身でつくり上げた凛とした空気で満ち溢れました。私からの「頑張りましょう!」の呼びかけへの返事の力強さにも感動いたしました。決意が表れておりました。また、2年生から6年生が、皆で心を整えて立礼した時の「衣擦れの音」の美しさにも感動してしまいました。まさに「和の心」。すぐその場で皆を褒め称えたのは、言うまでもありません。新年度初日とは思えない厳かなものでした。

厳かで静かな中に、皆の「熱い意欲」が満ちており、一人ひとりの成長が大いに期待できると確信いたしました。

頭と身体は一人でも鍛えることはできます。しかし、「心」は人と人との関わり合いの中でこそ磨かれます。「つながり合い」「関わり合い」を取り入れ授業を展開する、附属小学校での学びの価値がここにあります。本年度も一つひとつをていねいに、附属小学校ならではの、「和」の力に満ちた教育実践を進めてまいります。





校長室だよりのトップページ