HOME > 学校生活 > 校長室だより

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

校長室だより

「マラソン大会」

校長 三須吉隆

本日、マラソン大会を開催し、出走したすべての児童に完走証を渡すことができました。

20171128194741-effd3831cb39b621d996df7a1229d81c5f5dccc4.JPG一人一人が、最後まで走り抜きました。がんばってやり遂げた成果に、ぜひ自信を持ってほしいと思います。

20171128194832-1a477d720d5f844312f3bcac98ac81360a43573e.JPG1年生は初めての、そして6年生は小学校生活最後のマラソン大会でした。この大会の間じゅう、応援席から暖かい声援が響いていました。6年生の出番になった時は、1年生から自然と「班長、がんばれ」という声が上がりました。他者の努力を心から応援することができる子ども達の姿は、本当に素晴らしいものでした。

20171128195113-8d9c288a793743949296002b8b3e401bf67a8752.JPG身体も心も大きく成長した子ども達。本日の経験をこれからの学校生活でも生かしていけるよう、励ましてまいります。



校長 三須吉隆

マラソン大会の会場である、附属女子中高グラウンドの本日の様子です。

20171127194131-1776434af05553f40cdb0324a908bc91c7ab742d.JPG明日は、いよいよマラソン大会の本番です。先週から、子ども達は一生懸命練習をしています。全力を出して走ると、どの子も苦しいことでしょう。そのため、「これ以上はだめだ...」と思ったところで、諦めてしまいそうになるかもしれません。「もう終わりにしてしまおう」ではなく、「いや、もう一歩、がんばってみよう!」と考える。その時、心が鍛えられます。マラソン大会は、身体も心も成長させる大きなチャンスです。明日は、がんばる子ども達を、皆様とともに精一杯応援したいと思います。

20171127194506-8bb5704e4c2a29e396882d41f3aeb104a77f53a7.JPG



全校朝会<表彰朝会>

校長 三須吉隆

20171127193053-55f2cf44f37e8da1af29b926a26237090d1ddbf1.JPG本日の朝会では、まず、書写のコンクールで入賞した児童の表彰を行いました。前回の全校朝会では、表彰を受ける子、そのがんばりを讃える子、それぞれの態度についてお話しいたしました。名前を呼ばれたときのよい返事、そして精一杯の拍手を嬉しく思います。

今朝は、全校朝会の前に、先日の千葉県私立小学校教員研修会の講師の先生からお電話があり、子ども達へのお褒めの言葉をいただきました。公開授業での子ども達の、全力で学ぶ姿にたいへん感動されたとのことでした。開会式に先駆けてお見せした全校ページェントの歌声についてもお褒めいただきました。運動会の歌、七夕の歌など、様々な歌を歌いますが、元気な歌は元気に、優美なメロディの歌は美しく響かせ、それぞれの歌に合わせて、考えた「賢い歌い方」をしていたのが印象に残っているとのことでした。歌声については音楽科の檜貝先生も熱心に指導にあたっており、それに応えてくれた子ども達のことも誇らしく、本当に嬉しいお言葉でした。子ども達が様々な経験を通して学んだこと、できるようになったことを、これからも継続できるよう励ましてまいります。

20171127193814-6f814767a6c45dbe7f456b48742db11b0d802885.JPG



全校朝会<表彰朝会>

校長 三須吉隆

本日も、朝会で表彰を行いました。

20171113133353-a38552cb883614a41b41f174ca415446a1c7b3fd.JPG先日、吹奏楽クラブの代表児童がアンサンブルコンテストに参加し、日頃の努力が認められ、金賞と銀賞を受賞することができました。また、夏休みの書写コンクールで優秀な成績を収めた児童も、全校児童の前でそのがんばりを表彰することができました。さらに、本校児童全員で取り組んでいる「漢字検定」の団体内優秀者にも賞を贈りました。今回表彰された子ども達には、がんばったことに自信を持って、これからも様々なことに前向きに取り組んでいってほしいと思います。

20171113133627-74fc4564bf91af792763635bbdbfce25e64a33b8.JPG表彰を見守る子ども達も、精一杯の拍手でお祝いしていました。拍手に心をこめて友達のがんばりを讃えるということもすばらしいことであり、大切なことです。何事も、続けていくことで本当の自分の力になります。今後もすべての子ども達の努力の継続を、支えていきたいと思います。



<< BACK4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14