HOME > 学校生活 > 施設・設備紹介

学校生活

  • 施設・設備紹介
  • 教員紹介
  • 登下校対策・安全対策
  • 年間行事
  • 放課後スクール
  • 制服ガイド
  • 校長室だより
  • 教員研修日誌
  • 校内ギャラリー

学校生活

施設・設備紹介

たくさんの本物に触れる機会を多く作り、いろいろな体験・経験を通して子どもたちが成長するよう配慮しています。

気になる施設にマウスを合わせると、施設名が表示されます。
クリックすると、各施設の特徴・紹介へジャンプします。

聖徳大学付属小学校 校内図

教室

横のつながりを作りやすく教師の目をクラスの外にも行き届きやすくするために、子どもたちが学ぶ普通教室は壁で仕切らず、ワークスペースでつながっています。学年として活動する劇や、合唱の練習、またはミニ展覧会の実施など様々な用途で使えるようになっています。

▲ 校内図に戻る

教室

食堂(じきどう)

ここで毎日全校児童約350名が一堂に会して、学年枠を超えて活動する「明和班」ごとにテーブルを囲んで会食をとります。礼法で学ぶマナーを、会食で実践しています。

▲ 校内図に戻る

食堂(じきどう)

礼法教室

引き締まった気持ちで授業に臨めるよう、玄関から床の間、障子、土壁にいたるまで正式な日本建築で作られています。授業を受けるために履き替えた清潔な白の靴下で、檜の香る部屋に入るとき、洗心されたこころで教えを受ける気持ちになります。

▲ 校内図に戻る

礼法教室

ふれあい広場

大壁画「生命の樹」の前に広がる吹き抜けのスペースです。床には床暖房が入り、登校して教室に入る前の時間や休み時間などにおしゃべりをしたり、みんなで一緒に遊んだりしています。

▲ 校内図に戻る

ふれあい広場

グラウンド

トラックを除いて芝が全面に敷かれているので、安心して思い切り遊ぶことができます。職員室がグラウンドの前面に配置されているので、どんなときも教員の目が行き届きます。

▲ 校内図に戻る

グラウンド

木登りの樹と校庭の樹木

秋楡(にれ)の大木をわざと斜めに植えて、子どもたちが木登りを楽しめるようにしています。また、教科書に出てくる樹木を全種類校庭に植えて、本物の観察・体感が可能です。

▲ 校内図に戻る

木登りの樹と校庭の樹木

図書室

朝の読書タイムとは別に、読書をもっと身近に習慣づけられるよう、図書室は本が読みやすい雰囲気を重視して、室内をレイアウトしています。絵本から辞典まで約1万冊を取り揃えています。

▲ 校内図に戻る

図書室

コンピュータ室

一人1台使えるコンピュータを使って、各自の興味に応じた調べ学習や、学習成果のまとめなどができます。

▲ 校内図に戻る

コンピュータ室

体育館

子どもの膝への負担を軽減するために、体育館の床にはスプリングが入っています。また各種競技施設や、運動器具もたくさん揃えて、健康な体をつくる場所となっています。

▲ 校内図に戻る

体育館

プール

夏はたくさん水に親しんで遊べるよう、外のプールがあります。プールはみんなの楽しみな授業の一つです。

▲ 校内図に戻る

プール

守衛室

校門では守衛さんが24時間、安全を守っています。「ICタグ」により、児童が正門を通過すると、保護者にメールが届く仕組みになっています。

▲ 校内図に戻る

守衛室

聖徳の子農園(隣接地)

勤労を体感する教育の一環として、専用農園にて明和班で作物を育てています。みんなで力を合わせて協働し、協調性を養います。

▲ 校内図に戻る

聖徳の子農園(隣接地)