メニュー

聖徳大学附属小学校

礼法教育

「和」の教育の根本は、他者を思いやり、いたわることです。本校では、それを小笠原流礼法を通じて6年間、毎週1時間学びます。

礼法で身につけたいこと

礼法 専任 安野和子先生
礼法 担当
見神 美菜先生

人間の根本になる"自分を律する強いこころ"と"相手を大切にする優しいこころ"を子どものころからしっかり身につける、というのが本校の礼法教育の目的です。
子どもたちが礼法の授業で学んだ箸の使い方や玄関先でのマナーなどを、実際に家族や親戚の方たちに褒められたという話を聞かせてくれるのが、教える立場としては一番嬉しいことです。
学校の外に出てもふだんの生活の中でしっかりと実践してくれることを目標としています。

小笠原流礼法とは

聖徳大学付属女子中学校3年 薮崎清圭さん

武士の作法として受け継がれてきた、相手に対するこころを、目に立たない自然なかたちで表すことが小笠原礼法の本質です。
学校では、伝来の礼法の中から現代にも生かせる礼法を選びカリキュラムを構成します。

礼法の年間カリキュラム

低学年

「立つ」「座る」という基本姿勢や正しいお辞儀などの作法を学ぶ。

中学年

礼法の本質的な理解のため、日本人のこころのあり方などを学ぶ。

高学年

思いやるこころをかたちにし、高度な礼儀作法でのおもてなしを学ぶ。

礼法許状「若葉の伝」を授与
聖徳大学付属女子中学校3年 薮崎清圭さん

6年間の授業を終えると卒業時に全員に、小笠原流宗家より、礼法許状「若葉の伝」が授与されます。

関連ニュース

関連情報
指導方針 | 学年別学習カリキュラム  | 授業内容  | 理数系の取り組み | 礼法教育 | 明和班について | 会食(昼食)・食育 | 中学受験に向けて  | 合格中学校一覧