HOME > 学習内容 > 理数系の取り組み

学習内容

理数系の取り組みについて

本校は、公立小学校と主要4教科(国、算、理、社)の授業数を比較すると、6年間でおよそ1.2倍!知的好奇心・理解力を深めるため、圧倒的な授業時間数を設定しています。
聖徳の理数系科目の取り組みについて、インタビュー形式でまとめました。

理数系の取り組み

「理数系への取り組み」紹介動画

算数

公立の1.3倍の授業時間を確保

算数の公立小学校の時間数比較グラフ

公立小学校の1011時間に対し、本校は1394時間


徹底した基礎・基本づくりと、発展問題を準備し「考えを発展させる力」を指導しています。

児童が自力で問題を解決するためには内容を理解し、解決の見通しを立て、方法を検討し、答えを導かなければなりません。

独自のカリキュラム

6年生2学期前半で教科書を終了させます。単元ごとに応用・発展問題に挑戦させるカリキュラムを組んでいます。

コース別授業

5、6年生の算数および国語は、通常授業の他に、「コース別授業」を展開し、児童おのおののペースに合わせた授業を行っています。

講師には本校教員に加え、進学塾との連携による外部講師も指導にあたります。
普段の授業とは異なったスタイルで児童の関心を高め、よりハイレベルな科目の習熟を図ります。

コース別授業
理科

圧倒的な授業時間を確保

理科の公立小学校の時間数比較グラフ

公立小学校の405時間に対し、本校は525時間


観察と実験を中心に、考え、予想する科学的思考を養います。

子ども達の「なぜだろう」と不思議に思う気持ちを大切にし、科学的リテラシーを養うために、観察や実験の指導に重点を置いています。

専科学習の導入

理科専属の教員と、系統性のある指導計画を立てることにより、実験や観察の時間を中心に、興味・関心を膨らませ、自ら疑問を 解くチカラを養う授業を展開しています。

独自のカリキュラム

学習指導要領に準じたオリジナルの教材を学校独自に研究・開発し、6年生1学期までには教科書の学習を終わらせ、発展実験や自由研究、入試対策に充てるカリキュラムを採用しています。

世界で一冊のノート(チャンピオンノート)

ただ先生の板書を書き写すのではなく、まずは自分の考えを整理し次にみんなの意見を聞き、自分の考えを練り 、そして、実験後結論をまとめる。

思考のプロセスを磨くノートの書き方を指導しています。

チャンピオンノート